身体の芯からポカポカ&汗冷え知らず!モンベルの機能性インナー「ジオラインM.W.」を徹底調査

2022/01/04 更新

<モンベル>の機能性アンダーウェアシリーズより、汎用性抜群の「ジオラインM.W.」を徹底調査。軽いのに身体の芯からポカポカ。たくさん汗をかくシーンでも汗冷え知らずのドライな着心地は、クセになること間違いなし!気温が下がる春先や秋冬登山、スノースポーツで着用できるインナーを探しているなら是非チェックを。

制作者

kimi

長野県在住。1人と1匹の息子を育てるママライター。浅間山の麓でやんちゃ兄弟と共に、日々野山を駆け巡る。スノーボードが好きすぎて、夏に雪を求めてニュージーランドへ短期留学した経験あり。2017年からスノボのオフトレと称して始めた登山にハマる。出産前は栃木や上信越の百名山が中心、現在は子どもと楽しめる近所の山や散策路が中心。2022年は息子の白馬デビューを計画中。

kimiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:筆者

秋冬~春先のインナー選び。ポイントは【保温力&速乾力】

秋山 登山
出典:PIXTA
標高差や天候の変化、静と動を繰り返す行動によって、夏場でも汗冷えリスクが高い登山。特に暑い時季には、速乾力を重視したスポーツ・トレーニング用機能性インナーを愛用している人が多いと思います。

しかし、外気温がグッと下がる秋冬~春先のインナー選びには、注意が必要。
たくさん動き回って大量にかいた汗が、冷たい風に吹かれて一気に冷えるという危険な状況を回避するためにも、“保温力・速乾力の両方”を兼ね備えていることが、重要なポイントになります。

保温力&速乾力のバランス抜群!頼れるインナー「ジオラインM.W.」

モンベル ジオラインM.W ラウンドネックシャツ&タイツ.
出典:mont-bell(/
そこで今回ご紹介するのが、モンベルの機能性インナー「ジオラインM.W.」。身体を包み込むような保温性の高さはもちろん、蒸れにくさ、速乾性もハイレベル。春先や秋冬の登山、スノースポーツでの汗冷え対策も万全です。

ジオライン 3種 比較
提供:mont-bell
このジオラインシリーズは、主に生地の厚さごとにL.W.(ライトウェイト)、M.W.(ミドルウェイト)、EXP.(エクスペディション)の3種類が展開されています。
その中でも今回ご紹介するのが、中厚手のM.W.(ミドルウェイト)

最大の特長は、「ポカポカと包まれるような暖かさ」

ジオラインM.W. 厚み
撮影:筆者
「ジオラインM.W.」の最大の特長といえば、やはり保温力の高さ。
袖口から手を入れてみると、若干透けて見えるくらいのメッシュ感で、風が通ってスース―しそうにも思えますが、あえて空間を作ることで暖かい空気をしっかりと蓄えてくれる構造になっています。
モンベル ジオライン 保温構造
提供:mont-bell
モンベル ジオラインM.W. ラウンドネックシャツ 暖かさイメージ 
画像提供:mont-bell(編集:筆者)
また、ジオラインの繊維にはセラミックが練り込まれており、体から出る熱を再利用。遠赤外線効果でポカポカと包み込まれるような暖かさが続きます。
実際に気温5℃を下回るような寒さの日も「コートやダウン無しでも平気!」と言っても過言ではないくらい、接地面の大きい背中部分を中心に暖かさを実感することができました。

汗冷え知らず!サラリとした着心地が持続

秋 登山 立山
出典:PIXTA(秋山登山のイメージ)
モンベルのジオラインシリーズは、独自加工により素早い吸汗性&拡散性を実現。登山やスノースポーツで汗をかいても、嫌なムレ感や肌に張り付くような感じはなく、サラリとした着用感が続くのが特徴です。
ジオライン 吸汗性
提供:mont-bell
保温性が高いだけのインナーだと、風が吹いた時に身体の芯からヒューッと冷えるような感じがしますよね。しかし風の強い日にモンベルの「ジオラインM.W.」を着用してみたところ、暖かさの鎧を被ったレベルに、汗冷え知らずで驚き。まさに、向かうところ敵なしといった感じでした。

ただその分、肌が出ている首の部分などはかなり冷えを感じるので要注意。手持ちのネックウォーマーなどで調整したり、同じく「ジオラインM.W.」のハイネックシャツの購入も検討してみてください。

ロングスリーブシャツも2時間で乾く!驚異の速乾力

ジオライン 速乾性
提供:mont-bell
ジオラインの優れた速乾性は試験データで実証済みですが、このデータはあくまでも、ジオラインシリーズで最も薄手の生地を用いて、「10cm×10cmの生地に一定量の水を垂らして吊り干し」した際の結果。

今回は「ジオラインM.W. ラウンドネックシャツ(メンズ)」一枚が、実際にはどのくらいの時間で完全に乾くのかを検証してみました。
平均室温平均湿度乾燥時間
19.5℃23.5℃2時間10分
※洗濯機で洗濯・脱水し、ハンガーで吊り干し
太陽の光や風の当たらない屋内で吊り干し、筆者が触って「完全に乾いた」と感じるまでの時間を計測しました。
結果は、2時間10分。ただ、1時間40分程経過した段階で、わきの下や袖口などは若干湿っていたものの、体幹部分はほぼ乾いていました。太陽の光や風の当たる場所、暖房の効いた部屋などで干せば、これ以上に速乾性を発揮してくれそう。
夜干して次の朝にはしっかり乾くので、泊まりでの登山やスキーに行く際の荷物の軽量化にも役立ちますね。

こんな悩みも解決!汗臭&静電気抑制効果に注目

秋冬シーズンの2大悩み、着込んで汗がこもることによる「ニオイ」と、空気の乾燥による「静電気ビリビリ」問題。
この地味なストレスも、ジオラインシリーズならば解消に一役買ってくれます。

制菌効果でニオイ抑制?効果はいかに。

汗ニオイ イメージ
出典:PIXTA(汗臭のイメージ)
大量に汗をかいた後に発生するイヤな臭い、気になりますよね。ジオラインシリーズには、この臭いのもととなる菌を抑制する制菌加工が施されています。
筆者は普段から汗臭があまり気になるタイプではないので、正直なところ、この制菌効果によるニオイの抑制については判断が難しいところでした。
ただ、皮脂・汗臭の抑制に特に効果を発揮するようなので、普段から汗をかくとツーンとしたり、皮脂臭が気になる…という人は、効果を実感しやすいかもしれませんね!

ビリビリ軽減!静電気が起きにくい仕様

ニット 静電気 イメージ
出典:PIXTA(静電気のイメージ)
空気が乾燥する寒い季節、衣服着脱の際にビリビリしたり張り付いたり、地味にイライラ……なんてことも。
ジオラインシリーズは、生地の縫いあわせにカーボン繊維を用いることで、常に自然放電状態をキープ。静電気による不快感を軽減してくれます。

筆者は結構な静電気ビリビリ人間なのですが、確かに普段からジオラインの着脱時に静電気の不快感ほぼゼロ。ただし、ニットなどの帯電しやすい素材のウェアと重ね着する場合には、静電気が起きやすいので注意!

「ほどよい厚み&軽~い着心地」がクセになる!

ジオラインM.W. ラウンドネックシャツ 着用画像
撮影:筆者
薄すぎず、厚すぎず、程よい厚みで、とにかくフワリと軽い着心地がクセになるジオラインM.W.。春先や秋冬登山、夏の高山テント泊など、幅広いシーンで活用したくなる一枚です。

ただし、あくまでもアンダーウェア。1枚でロンTのように着用しようとすると、ブラックでも若干の透け感が。暖かい季節ならば一枚でも行けそうではありますが、色味や光の当たり具合によってはかなり透けてしまう可能性も。Tシャツなどと重ねて着用するのが無難です。

実際に着用した着心地

筆者が実際に冬の屋外で着用し、走ったり歩いたり休憩しながら、6つの観点から着心地を評価。

ジオラインM.W. 評価表 重ね着で肩が凝りやすいタイプなのですが、この1枚は本当に軽い着心地で、冬の重ね着でも快適でした。
ジオラインの「軽くて薄いのに、暖かい」を実感すると、登山やスノースポーツをするときだけでなく、毎日着用したくなりますよ!

注意しておきたいポイント!「毛玉・傷・ほつれ」

ジオライン 毛玉、傷・ほつれ
撮影:筆者
着用&洗濯を繰り返していくうちに、袖口付近に毛玉が出来始めました。また右画像は、ひっかけてできてしまった傷がほつれてしまったもの。糸を引っ張ってしまうと、どんどん穴が広がってしまうので、注意が必要です。

この処理についてモンベルに問い合わせてみたところ、毛玉はその都度丁寧に除去。ひっかけた傷については、広がらないように縫い付けて使用するのが良い、とのこと。登山中に木の枝を引っかけたり、着脱の際に爪でひっかけてしまった……といった際の参考にしてみてください。

ジオラインM.W. ラウンドネックシャツ 平置き
撮影:筆者
他にも使っていて気になったアレコレを、モンベルに聞いてみました。商品選びの参考にしてみてください!

①サイズの選び方は?

身体をドライに保つためにもぴったりサイズを選ぶことが、やはり重要とのこと。
ゆとりのあるサイズの着用や、女性が男性モデルを着用すると、身体の形に添わない可能性もあるため、性能を最大限に発揮するためにもサイズはしっかり選びましょう。

②製品の性能を保つため、気を付けることは?

基本的には洗濯表示に従い、中性洗剤を使用して洗濯すれば問題ありません。
ただし、柔軟剤の使用は吸水性の低下に繋がるのでNG。洗濯する際は柔軟剤を使用しないように、ご注意を!

③買い替え時期は?

特に定めてはいませんが、生地がヘタってきたかな……と感じたタイミングで買い替えるのが良いとのこと。

ジオラインM.W.(中厚手)のラインナップ【メンズ】

ジオラインM.W. メンズモデル 一覧
画像提供:mont-bell(上段左から、下段左から

ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men's
提供:mont-bell
秋冬の登山やスキー、普段のインナーとしても活用しやすいラウンドネックシャツ。重ね着をしても、関節をスムーズに動かすことができます。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量170g
カラーブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)4,730円
ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. ハイネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. ハイネックシャツ Men's
提供:mont-bell
首元まで暖かいハイネックシャツは、寒い季節の登山やスノースポーツの強い味方。体温の調整もしやすいハーフジップ仕様です。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量175g
カラーブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)5,500円
ジオライン M.W. ハイネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. Vネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. Vネックシャツ Men's
提供:mont-bell
首元をすっきりと着こなせるVネックタイプ。クルーネックの窮屈さが苦手な人やシャツの下に着用したい人におすすめ!
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量160g
カラーホワイト(WT)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)5,280円
ジオライン M.W. Vネックシャツ Men’s

ジオライン M.W. タイツ Men’s

ジオライン M.W. タイツ Men's
提供:mont-bell
汗をかきやすい腰回り、おしり、太ももなども、ドライに保ってくれるタイツ。汗冷えを防いで、下半身も快適な暖かさが続きます。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量135g
カラーブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV)
サイズS、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)
価格(税込)4,620円
ジオライン M.W. タイツ Men’s

ジオライン M.W. ニーロングタイツ Men’s

ジオライン M.W. ニーロングタイツ Men's
提供:mont-bell
七分パンツのインナーとして使いやすい、ひざ下丈の二―ロングタイツ。ニッカホース(長い靴下)との相性も○。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量121g
カラーブラック(BK)、インディゴ(IND)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)3,630円
ジオライン M.W. ニーロングタイツ Men’s

US ジオラインM.W.タイツ Men’s

US ジオラインM.W.タイツ Men's
提供:mont-bell
ロングタイツの海外販売モデル。海外サイズのため、購入の際は、サイズ表を要チェック。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量158g
カラーブラック(BK)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)4,620円
US ジオラインM.W.タイツ Men’s

US ジオラインM.W.ニーロングタイツ Men’s

US ジオラインM.W.ニーロングタイツ Men's
提供:mont-bell
ニーロングタイツの海外販売モデル。海外サイズのため、購入の際は、サイズ表を要チェック。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量134g
カラーブラック(BK)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)3,630円
US ジオラインM.W.ニーロングタイツ Men’s

ジオラインM.W.(中厚手)のラインナップ【レディース】

画像提供:mont-bell(上段左から、下段左から

ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Women’s

ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Women's
提供:mont-bell
首回りが広めのラウンドネックシャツ。登山やスノースポーツはもちろん、普段着にも合わせやすいデザインです。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量123g
カラーブラック(BK)、コーラルピンク(COPK)、ペールラベンダー(PLLV)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)4,620円
ジオライン M.W. ラウンドネックシャツ Women’s

ジオライン M.W. ハイネックシャツ Women’s

ジオライン M.W. ハイネックシャツ Women's
提供:mont-bell
冷えやすい首元をしっかりカバーしてくれるハーフジップタイプのハイネックシャツ。高山への登山やスノースポーツに◎。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量134g
カラーブラック(BK)
サイズS、M、L、XL
価格(税込)5,280円
ジオライン M.W. ハイネックシャツ Women’s

US ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women’s

US ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women's
提供:mont-bell
ラウンドネックシャツの海外販売モデル。海外サイズのため、購入の際は、サイズ表を要チェック。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量146g
カラーブラック(BK)
サイズS、M、L
価格(税込)4,620円
US ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women’s

US ジオラインM.W.ハイネックシャツ Women’s

US ジオラインM.W.ラウンドネックシャツ Women's
提供:mont-bell
ハイネックシャツの海外販売モデル。海外サイズのため、購入の際は、サイズ表を要チェック。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量157g
カラーブラック(BK)
サイズS、M、L
価格(税込)5,280円
US ジオラインM.W.ハイネックシャツ Women’s

ジオライン M.W. タイツ Women’s

ジオライン M.W. タイツ Women's
提供:mont-bell
冷えやすい下半身を足首までしっかりカバー。ショートサイズも展開されているので、小柄な女性も安心です。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量109g
カラーブラック(BK)、コーラルピンク(COPK)、ペールラベンダー(PLLV)
サイズS、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)
価格(税込)4,400円
ジオライン M.W. タイツ Women’s

US ジオラインM.W.タイツ Women’s

US ジオラインM.W.タイツ Women's
提供:mont-bell
タイツの海外販売モデル。海外サイズのため、購入の際は、サイズ表を要チェック。
素材ジオライン®(ポリエステル100%)
平均重量125g
カラーブラック(BK)
サイズS、M
価格(税込)4,400円
US ジオラインM.W.タイツ Women’s

ジオラインM.W.(中厚手)のラインナップ【男女兼用】

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ 男女兼用

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ
提供:mont-bell
前傾姿勢になっても腰が露出しにくいロングテールデザインのサイクリング用アンダーウェア。風を受けて冷えやすい前面と肩から腕までは、中厚手の「ジオラインM.W.」ですが、熱がこもりやすい背面と脇は、薄手で速乾力の高い「ジオラインL.W」を採用した高機能モデルです。
汗かきの人、背中や脇のムレ感を解消したい人に。ただし、背面の保温性が低いため、寒い季節の登山であれば、低山での着用がおすすめ。
素材ジオライン®(ポリエステル)
平均重量153g
カラーブラック(BK)
サイズXS、S、M、L、XL
価格(税込)4,400円
ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ 男女兼用

快適な暖かインナーで、安心&安全な登山を!

11月 山歩き イメージ
出典:PIXTA
快適すぎて、毎日でも着用したくなる「ジオラインM.W.」シリーズ。アウトドア向けの機能性インナーを初めて購入する人にもオススメです。
安心安全な登山・スポーツは、快適なウェア選びから。登山やスノースポーツで、アンダーウェアの保温力や吸水性が落ちてきたな…と感じている人も、この機会に新調してみてはいかがでしょうか。

他のモデルもチェック!


こちらの記事もチェック


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ジオラインM.W. 厚み
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」