冬期登山に持って行く防寒着の最適解?!軽くて暖かなモンベル「アルパインダウンジャケット」

2021/11/22 更新

冬山に携帯するダウンジャケットが欲しいなら、モンベルの「アルパインダウンジャケット」がぴったり。軽量性と保温性を両立し、撥水性や強靭性も兼ね備えた厳冬期登山対応の防寒着です。実際に着用し、特徴や着心地、使用感をチェックしてみました!


アイキャッチ画像撮影:筆者

高性能で軽量!モンベル「アルパインダウンジャケット」

アルパインダウンジャケット 斜め
撮影:筆者(身長176cm・体重75kg/着用サイズM)
冬山に携帯したい防寒着の代表といえばダウンジャケット。行動するときはバックパックの中にしまっていることが多いので、「携帯のしやすさ」は選ぶときのポイントになります。

でも軽量&コンパクトなだけでは「保温性」が心もとない……。そんな人におすすめなのが、モンベルの「アルパインダウンジャケット」です。

「携帯性」と「保温性」を両立!その特徴は?

アルパインダウンジャケット アップ
撮影:筆者
用途に合わせて多数のダウンジャケットを展開しているモンベルの中で、アルパインダウンジャケットは「冬季期登山にも対応する保温性」と「高い携帯性」を兼ね備えたモデル。実際に着用して、その特徴を探りました。

超高品質「800フィルパワー・EXダウン」は驚きのフカフカ感

アルパインダウンジャケット 後ろ
撮影:筆者
袖を通してみると、とってもフカフカ。なんだかダウンの寝袋をまとっているよう。この感覚は、中わたの「800フィルパワー・EXダウン」によるものです。
 
モンベルでは、800フィルパワー以上の超高品質ダウンを「EXダウン」と呼んでいます。「EXダウン」は、通常のダウンよりもダウンボール(羽毛)が大きい上、小羽枝(うぶ毛のようなもの)が多いのが特徴。暖かい空気をたくさん蓄えることができ、ダウンの復元力に優れています。
 
この「かさ高さ(※)」がフカフカ感を生み出し、冷気を遮断。少ない中わたで高い保温力をキープできるため、軽量化にも繋がっています。
 

※かさ高さ(ロフト)
ダウンのフカフカ感を専門的に表した用語。かさ高が大きければ大きいほど、より多くの空気を溜め込み、外部からの冷気を遮断する。この「かさ高さ」を数値化したのが「フィルパワー」。フィルパワーの数値が高いほど、かさ高が大きい。つまり、同じ量のダウンならフィルパワーが高いほうが空気を多く含むので、保温力が高くなる

 

アルパインダウンジャケット 携帯性1
撮影:筆者
かさ高が大きいということは、圧縮率も大きいということ。付属のスタッフバッグに詰めると、500mlのペットボトルより一回り大きい程度のサイズ感。バックパックにも問題なく入ります。

アルパインダウンジャケット 携帯性2
撮影:筆者(収納袋に入れた状態から、さらに圧縮できる)
しかもギュウギュウに詰まっているわけではないので、実際にはもっと小さくできます。こんなにコンパクトになるけれど、ダウンの持つ復元力が高いので着用するとかなりフカフカ。厳冬期の山でもしっかり防寒できそうです。

ボックス構造で保温性能を最大化

アルパインダウンジャケット ボックス構造1
撮影:筆者
ダウンウェアの場合、ダウンが偏らないように一定の間隔でブロック化していますが、アルパインダウンジャケットは独自の「ボックス構造」により、ロフトを大きく保っています。

ボックス構造
撮影:筆者
通常は左図のようなキルティング加工をされているので、縫い目付近のダウンは潰れてしまいます。

ボックス構造の場合、右図のように隔壁を作ることにより、潰れる部分を最小化。ロフトを大きく取ることで、より多くの空気を蓄え、ダウンの保温性能を最大限に発揮できるようにしているのです。

フカフカ感と暖かさの所以は、高品質ダウンによるものだけではなく、構造にも工夫があったのですね。

表地は薄手ながら丈夫で高撥水

アルパインダウンジャケット 表地
撮影:筆者
表地はかなり薄くて「大丈夫?」と思ってしまいましたが、同じ厚さのナイロンより2倍の強度を持つ「バリスティックナイロン」なので安心。しかも軽量&しなやかで、着心地も抜群です。

アルパインダウンジャケット 撥水効果
撮影:筆者
水をふりまいて1分程度待っても浸みこむことはなく、高い撥水性を持っていることがわかりました。

ダウンは水が浸みこむと一気に保温力が下がるので、撥水は必須の機能。雪山では不意に雪が付いてしまうことがありますが、これなら安心です。

首元・腰回り・手首の防寒にも抜かりなし

いくら高性能なダウンで保温していても、首元・手首・裾から寒風が入ってくると意味がありません。アルパインダウンジャケットは、その点もしっかり配慮されていました。

アルパインダウンジャケット 首元
撮影:筆者
首元はあごまで上がり、ネックウォーマーが必要ないほどの防寒性。しかも裏にはフリースのライナーが付いており、暖かで心地のいい肌当たりです。ファスナーのスライダーが当たる部分はフラップ付きなので、不快な冷たさがありません。

アルパインダウンジャケット 手首
撮影:筆者
手首はゴムとともにベルクロで調節できるようになっているので、しっかり締まります。

アルパインダウンジャケット 裾
撮影:筆者
裾はドローコードで絞ることができます。しかも、ポケットの中から引くことができる「リードインコード・システム」のため、フィット感の調整が簡単。グローブをしたままでも操作しやすいのがうれしいポイントです。防寒性を高める工夫に抜かりがありませんね。


裏フリースのポケットが、ハンドウォーマーとしても活躍

アルパインダウンジャケット ポケット
撮影:筆者
左右の腰ポケットはフリースのライナーが付いているので、手を入れるととても暖か。ファスナー付きなので大事なものを入れても落としません。

立体裁断で運動性も確保

アルパインダウンジャケット 立体裁断
撮影:筆者
ヒジは立体裁断なので腕の動きがスムーズ。動いてみても窮屈感はなく、着用したままの行動にも差し支えなさそうです。

厳冬期登山の携帯ダウンジャケットとしておすすめ

アルパインダウンジャケット
撮影:筆者
アルパインダウンジャケットを着てみて感じたことは、相反する「携帯性」と「保温性」をバランスよく取ったダウンジャケットだということです。
 
これ以上大きくなると携帯するのに躊躇してしまい、かといってコンパクト性にこだわり中わたの量を少なくすると、厳冬期の高山では保温力が物足りないでしょう。厳冬期に中~高山へ登山する際の休憩時用に適したモデルと言えます。
 
おすすめシーン・用途
・厳冬期登山に携行する防寒着(休憩時・停滞時用)として
 
秋冬登山の行動中にも使いたいなら、より水濡れに強い“化繊中わた”のジャケットを。モンベルでは「サーマランドパーカ」や「サーマラップパーカ」、「フラットアイアンパーカ」といったモデルが用意されています。

アルパインダウン ジャケット Men’s

アルパインダウンジャケット メンズ
提供:mont-bell
税込価格19,250円
素材表地:
(表面)20デニール・バリスティック®・ナイロン・リップストップ[はっ水加工]
(裏面)20デニール・ナイロン・タフタ
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量385g
カラー4色
サイズS、M、L、XL
収納サイズ∅13×24cm
 
モンベル公式|アルパインダウン ジャケット Men’s

アルパインダウン ジャケット Women’s

アルパインダウンジャケット ウィメンズ
提供:mont-bell
税込価格18,150円
素材表地:
(表面)20デニール・バリスティック®・ナイロン・リップストップ[はっ水加工]
(裏面)20デニール・ナイロン・タフタ
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量329g
カラー3色
サイズS、M、L
収納サイズ∅12×21cm
 
モンベル公式|アルパインダウン ジャケット Women’s

フード付きタイプもラインナップ

アルパイン ダウンパーカ
提供:mont-bell(左)メンズ、(右)ウィメンズ
アルパイン ダウンパーカメンズウィメンズ
税込価格20,350円19,250円
素材表地:
(表面)20デニール・バリスティック®・ナイロン・リップストップ[はっ水加工]
(裏面)20デニール・ナイロン・タフタ
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量414g372g
カラー4色3色
サイズS、M、L、XL
U/S、U/M、U/L、U/XL、U/XXL
(海外モデル)
S、M、L
U/S、U/M、U/L、U/XL
(海外モデル)
収納サイズ∅13×24cm∅12×22cm
 
モンベル公式|アルパイン ダウンパーカ Men’sモンベル公式|アルパイン ダウンパーカ Women’s

軽量コンパクト性を求めるなら「ライトアルパインダウンジャケット」

より軽量コンパクト性を重視した「ライトアルパインジャケット」も展開しています。

ダウンや表地の素材など基本性能はそのままに、中わた量や構造などを軽量化。保温性は「アルパインダウンジャケット」よりやや低くなります。

厳冬期以外の登山や、厳冬期でも低山登山用の携帯防寒着を探しているなら、選択肢に入れてみては。

ライトアルパインダウン ジャケット Men’s

ライトアルパインダウンジャケット メンズ
提供:mont-bell
税込価格16,940円
素材表地:20デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ[はっ水加工・帯電防止加工]
裏地:20デニール・バリスティック®ナイロン・タフタ[帯電防止加工]
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量312g
カラー4色
サイズS、M、L、XL
収納サイズ∅13×21cm
 
モンベル公式|ライトアルパインダウン ジャケット Men’s

ライトアルパインダウン ジャケット Women’s

ライトアルパインダウンジャケット ウィメンズ
提供:mont-bell
税込価格16,060円
素材表地:20デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ[はっ水加工・帯電防止加工]
裏地:20デニール・バリスティック®ナイロン・タフタ[帯電防止加工]
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量277g
カラー3色
サイズXS、S、M、L、XL
収納サイズ∅12×20cm
 
モンベル公式|ライトアルパインダウン ジャケット Women’s

フード付きタイプもラインナップ

ライトアルパインダウン パーカ
提供:mont-bell(左)メンズ、(右)ウィメンズ
ライトアルパインダウン パーカメンズウィメンズ
税込価格19,140円18,260円
素材表地:20デニール・バリスティック®ナイロン・リップストップ[はっ水加工・帯電防止加工]
裏地:20デニール・バリスティック®ナイロン・タフタ[帯電防止加工]
中綿:800フィルパワー・EXダウン
平均重量354g321g
カラー5色4色
サイズS、M、L、XLXS、S、M、L、XL
M-R、L-R(ゆったり)
収納サイズ∅13×22cm∅13×21cm
 
モンベル公式|ライトアルパインダウン パーカ Men’sモンベル公式|ライトアルパインダウン パーカ Women’s

同じく冬期登山対応の「アルチプラノダウンパーカ」との違いは?

アルチプラノダウンパーカとアルパインダウンパーカ
撮影:筆者(左)アルチプラノダウンパーカ、(右)アルパインダウンジャケット
一見すると似ている「アルチプラノダウンパーカ」と「アルパインダウンジャケット」。いずれも冬期登山に対応する保温性を備え、仕様も似たモデルです。
 
同じパーカタイプでスペックを比較してみると、下記のような違いがあります。
 
アルチプラノ
ダウン
パーカ
(ユニセックス)
アルパイン
ダウン
パーカ
(メンズ)
ライト
アルパイン
ダウン
パーカ
(メンズ)
税込
価格
33,000円20,350円19,140円
表地10デニール・バリスティック エアライト®
ナイロン・リップストップ
[はっ水加工・帯電防止加工]
20デニール・バリスティック®
・ナイロン・リップストップ
[はっ水加工]
中わた900フィルパワー
・EXダウン
800フィルパワー
・EXダウン
平均
重量
360g414g354g
収納
サイズ
∅14×25cm∅13×24cm∅13×22cm
フード取り外し可取り外し不可
(ジャケットを展開)
 
「アルパインダウンパーカ」の方がフィルパワーの数値は低いものの、表地が厚い&中わたの封入量が多いため保温性は「アルチプラノダウンパーカ」より少し高くなっています。重量は55gほど重くなりますが、収納サイズは一回りくらいコンパクト。着心地としては、「アルチプラノダウンパーカ」の方がより柔らかな印象です。
 
保温性や携行性に大きな差はありませんが、冬期登山ではわずかな重量差が大きく響いてくることも。冬期登山の中でも、バリエーションルートやテント泊など、ハードな山行をする人は、よりダウンの品質が高く軽量化を実現した「アルチプラノダウンパーカ」を選ぶと良いでしょう。シーンに合わせてフードを取り外せるのも利点です。
 
▼「アルチプラノダウンパーカ」についてはこちら
 
▼モンベルのダウンジャケットをもっと見る
 
▼モンベルの化繊中わたモデルをチェック

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

アルパインダウンジャケット 正面
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊しています。

  • COCOHELI ココヘリ入会金1000円OFF
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」