驚くほどしなやか!マルチに使えるパタゴニアの高性能パンツ「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」が凄い

2021/06/14 更新

パタゴニアの「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」は、ハーネス着用を意識した、高所岩稜帯登山対応のフルスペックパンツ。では、中低山で使ったらどんな感じなの?ということで、実際に山を歩いてみました。すると、意外な一面が・・・。


アイキャッチ画像撮影:筆者

高所登山対応のフルスペックパンツ「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」

高スペックで軽快!アルトヴィア・アルパイン・パンツ
撮影:筆者
パタゴニアの登山用パンツの中でも、ひと際高スペックな「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」。
ハーネスの装着を伴う岩稜帯の登山や高所クライミングにも対応し、様々な機能が実装されたフルスペックパンツです。

▼パタゴニアのパンツ5モデル履き比べ記事もチェック

「ってことは、中低山の山歩きにはオーバースペック?」
いえいえ、このパンツ、履けば履くほど虜になる機能がたくさんあるんです。

今回はそんな「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」について、実際に山を歩いてみたレポートを含めてお届けします。

アルトヴィア・アルパイン・パンツの特長は?

レポートの前に、「アルトヴィア・アルパイン・パンツ」の商品仕様や特長をチェックしておきます。
全商品
提供:パタゴニア公式サイト(メンズウィメンズ
カラー重量素材
メンズPlume Grey、
Black
340 g
(12 oz)
本体:
ドビー織りの4.7オンス・リサイクル・ポリエステル86%/ポリウレタン14%。
パネル:
4.5オンス・リサイクル・ナイロン85%/リサイクル・ポリウレタン15%。両素材とも4方向に伸縮し、
PFCフリーDWR加工(過フッ素化合物不使用の耐久性撥水コーティング)済み。
フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用
ウィメンズUpwell Blue、
Black
323 g
(11.4 oz)
パタゴニア公式 メンズ・アルトヴィア・アルパイン・パンツパタゴニア公式 ウィメンズ・アルトヴィア・アルパイン・パンツ

【パタゴニア公式サイト 製品概要】
軽量ながらフル機能を備えたソフトシェル・パンツ。高山の岩のロングルートや森林限界の上で終日動きつづけるために、耐久性を高めたデザイン。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用
引用:パタゴニア公式サイトより

動きやすいデザイン

メンズ・アルトヴィア・アルパイン・パンツデザイン
撮影:筆者
生地は薄く滑りがよく、ストレッチがよく効いています。特に注目したのは、膝に余裕がある立体裁断。また、無理なく体にフィットしたカットなど、体の動きをよく考えたデザインです。
見た目もなんだか「登れる人」感がありますね。

ハーネス着用を意識したポケット配置

メンズ・アルトヴィア・アルパイン・パンツポケット
撮影:筆者
ハーネス装着しても干渉しにくいバックポケットや、ハーネスの脚ループより下に配置したサイドポケットなど、クライミング仕様であることがよくわかります。

岩に擦れても平気な補強パネル

補強パネル
撮影:筆者
クライミング時に擦れやすい裾内側には、摩擦や摩耗から守る保護パネルを配置しています。

高いレベルの撥水性

撥水
撮影:筆者
高山ではどんな気象状況に遭遇するかわかりません。そのため、高いレベルの撥水性はとても嬉しい性能。
水を振りかけて1分ほど放置してみましたが、一向に浸水する気配がありませんでした(※)。
※あくまでも「撥水」であり、「防水」ではありません。雨天時はレインウェアが必要です。

もちろん環境に配慮した素材と工程

リサイクルナイロン
撮影:筆者 ※別製品のタグです。
パタゴニアと言えば、いち早く環境に配慮した製品作りを行っている企業。
アルトヴィア・アルパイン・パンツも、リサイクル素材や、PFCフリーDWR加工(過フッ素化合物不使用の耐久性撥水コーティング)や、さらに、フェアトレード・サーティファイドの縫製など、環境保護や労働者保護に観点に立った製品です。

実際に履いて山を歩いてみました

実際に履いて山を歩いてみました
撮影:筆者
それでは製品についてわかったところで、実際に山を歩いてみたレポートをお送りします。

とにかく軽い!足がどんどん前に進む

とにかく軽い!足がどんどん前に進む
撮影:筆者
良く伸びてしなやかな生地。・膝回りの立体裁断のせいか、足の運びが超軽い!どんどん歩いて行ける感覚で、いつもより軽快に気持ちよく歩けます。 傾斜がある場所でもよく膝が上がり、なんだか健脚者になった気分です。

なんなく岩を乗り越える

なんなく岩を乗り越える
撮影:筆者
優れたストレッチ性と、開脚性能。良く伸びて、すべりが良い生地なので、膝の曲がりに抵抗感はありません。
クライミング仕様のパンツなので当たり前ですが・・・。

薄いけれど安心感がある質感

薄いけど安心感がある質感
撮影:筆者
高山対応パンツのイメージとしては意外に薄い生地ですが、不思議と弱々しさを感じさせない風合い、安心感があります。風の中でもあまり冷たさを感じず、それでいて適度に通気性があります。
真冬を除く、3シーズン使用できそうです。

風が吹いてもバタつかないフィット性

風が吹いてもパタパタしないくらいフィット
撮影:筆者
当日は結構な強風でしたが、体にフィットするデザインのおかげで生地がバタつきません。 このバタつきは長く続くと疲れますが、このパンツなら風が強い稜線歩きもつらさが軽減されます。

結論:低山から高山までこれ一枚で大丈夫

低山から高山までこれ一枚で大丈夫
撮影:筆者
耐久性の高い生地、ハーネス対応など、登山用パンツとしてはほぼすべての要素をカバーしています。
実際に使ってみると、とにかく軽い!しなやかな着心地で、どこでも気持ちよく歩くことができます。低山から高山まで、様々な山行をするアクティブな人におすすめの一枚と思いました。

気になるのは価格の高さ

気になるのは価格の高さ
撮影:筆者
フルスペックのパンツという事もあり、「19,800円」と少しお高め。初心者にはちょっと手を出しにくい価格設定になっています。
しかし「いつかはあの憧れの山へ…」という目標があるのなら、決して高くはない買い物。汎用性の高いパンツが1本あると様々なシーンで活躍できるので、初心者のうちに買っておくのもいいかもしれませんね。

アルトヴィア・アルパイン・ライト・パンツとは何が違う?

メンズ・アルトヴィア・ライト・アルパイン・パンツ パタゴニアのラインナップに、よく似た名前の「アルトヴィア・アルパイン・ライト・パンツ」があります。”ライト”という事から、アルトヴィア・アルパイン・パンツの廉価版かと思いきや、実は、コンセプトが違う製品。
ライトは、イメージ的には”ジャージ”。裾のパネルやドローコード、および、前ファスナーを省略、また、生地の撥水性も少なめにするなど、よりライト(軽量化)にする為、機能をさらにシンプルにしています。
名前は似ていますが、ライトは「日帰りクライミング」や「ボルダリング」などに向いている製品です。間違えないようにしましょう。

アルトヴィア・アルパイン・ライト・パンツ

アルトヴィア・アルパイン・パンツならどこにでも登れる!

実際に履いて山を歩いてみました
撮影:筆者
筆者の登山は、ほとんど中低山。テクニカルなクライミングなどはやらないので、通常、アルトヴィア・アルパイン・パンツのようなクライミング仕様のパンツを選ぶことはありません。
今回、単なる好奇心で使ってみたのですが、こんなにも軽快な山歩きが楽しめるとは、正直、驚きました。
アルトヴィア・アルパイン・パンツならどこにでも登れる!そんな気持ちにさせるパンツです。

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

パタゴニア パンツ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」