【NEWS】初のライチョウ保全ガイドライン「観察ルールハンドブック」が発行

2020/10/23 更新

世界初となるライチョウ観察ルールハンドブックが発行。日本アルプスガイドセンターと環境省とが共同で、ライチョウを観察する際のガイドラインを初めて明文化しました。観察時のマナーを統一化し、登山者が絶滅の危機にいるライチョウの保全について意識した行動をとることを目的としています。1人でも多くの登山者に読んで欲しい1冊です。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

世界初!ライチョウ観察のためのルールブック

ライチョウ観察ルールブック
全ての登山者がライチョウに遭遇したときに、最低限守るべきマナーやルールが記載されているハンドブックが発行されました。日本アルプス山域の登山情報を世界へと発信している「一般社団法人 日本アルプスガイドセンター」が環境省と共同して作成。

ライチョウの観察時におけるガイドラインが世界で初めて明文化されたものです。

国の特別天然記念物「ライチョウ」とは

出典:PIXTA
国の特別天然記念物として高山域を代表する野生生物ライチョウは、北アルプス乗鞍岳や立山周辺などに生息。氷河時代からの生き残りと言われ、日本の山岳信仰において神の鳥として敬われてきました。

登山者の無意識な行動が生態系を乱すきっかけに

出典:PIXTA
日本のライチョウは、地球温暖化をはじめ様々な要因によって近年その数が激減。1980年代から2000年代初頭にかけて、約3,000羽から約1,700羽まで減少したと言われ、絶滅を危惧されています。

その原因の1つとしてあげられたのが、登山者の増加による自然破壊。

登山道を踏み外してしまったり、ライチョウを追いかけてストレスを与えてしまったりと無意識のうちに彼らの生態系へ影響を与える原因となってしまいました。

ライチョウたちを守るために

出典:PIXTA
1羽でも多くのライチョウを守りたいと発行されたのが今回の「観察ルールハンドブック」。最低限のルールとマナーを決めて明文化することで、保全のため意識的に行動すること、それをより多くの人に共有できるようにと作成されました。

中身を少し覗き見!観察時の注意点は?

出典:PIXTA
人を外敵とは思っていないライチョウたち、逃げないからといって近づくのはNG。観察時の基本は刺激しないように一旦静止し、静かに距離を取ることです。

出典:PIXTA
ほかにもプロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さんのメッセージからはじまり、観察のルールや注意点、ライチョウの探し方のポイントなどをわかりやすく説明。

また雷鳥写真家である高橋広平氏の貴重な写真も掲載しているため、ライチョウたちの愛くるしい姿を見ながら、飽きずに読み進められるのもポイントです。

1人ひとりがライチョウ保全のための行動を!

出典:PIXTA
日本アルプスガイドセンターでは、今後ハンドブックを山岳ガイド関係者やツアー会社各所へ積極的に斡旋していく予定です。

1人でも多くの登山者がこのハンドブックを読んで、ライチョウの保全活動について考えるきっかけになると良いですね。

ハンドブックの内容はWebサイトでも公開しているので、気になる人はぜひコチラもチェックしてみてください。
ライチョウ観察ルールハンドブック

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
satomi
satomi

外遊び好きファミリーのママライターです。家族皆が笑顔で楽しくをモットーに週末はどこに行こうかと計画中♪大人も子供も楽しめるアウトドアに興味津々!自然を通じてたくさん遊び、たくさん学んで過ごしたいと思っています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!