《おうちで簡単アウトドア》ホットサンドメーカー初心者がいろんなパンをはさんでわかった勝利の法則

2020/05/01 更新

在宅ワークでアウトドア欲求が溜まりにたまった編集部員。なんとか、家でもアウトドア気分を味わいと始めたのが「コンビニで売っているパンをただはさんでおいしいホットサンドを作る」ということ。今回はそんな少しくだらない企画を試行錯誤する様子をお届けします。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

”簡単”にアウトドア気分を味わう方法はないものだろうか・・・

家でビバーク
撮影:YAMA HACK編集部(家のベランダでマットと寝袋でアウトドアにふける)
YAMA HACK編集部でも在宅ワークが始まって数週間・・・。アウトドア不足を感じたので、体を動かしたり、ギアの手入れをしたり、ベランダで仮想ビバーク体験をしたりするもののどうしても拭いきれません。

何かいい方法がないかな?と考えてみた結果、家で眠っているアウトドアギアを使ってみる、という結論に達しました。

今回使ってみるのは、ホットサンドメーカー

トラメジーノ
撮影:YAMA HACK編集部
結婚祝いとしてもらったスノーピークのホットサンドメーカー「トラメジーノ」。人気アイテムなのでもらった時は大興奮。しかし、そのうれしさも束の間、4年間で1~2回程度使っただけで完全に宝の持ち腐れ状態でした。

「こんないいモノを眠らせておくわけにはいかない」と、在宅ワークで時間ができたことも助け、トラメジーノで朝ごはんを作ってみたのです。

意外と簡単!これはいいじゃないか・・・

ホットサンド
撮影:YAMA HACK編集部(記念すべきホットサンド第1号。ハムと玉ねぎとチーズ)
記念すべきホットサンド第1号は、冷蔵庫にあったものをはさんだ「クロックムッシュ風サンド」。
焼きたいものをはさむだけで、ちょっぴりおしゃれなアウトドア気分を楽しめることも高評価ですが、何よりプレスすることで安いパンでも美味しさアップする感じが良かったです。

溢れ出した”コンビニに売っているパンをいろいろとはさみたい!”願望

トラメジーノ
撮影:YAMA HACK編集部
挟んで焼くというそのシンプルな行為に魅力を覚えた筆者。そこで芽生えたのが
「コンビニに売っているパンなら山でもはさむだけだから、超簡単に美味しいものが食べられるのでは?
」という欲求。

ということで、コンビニで売っているパンをはさんで美味しいものを探すという旅が始まりました。
※「見た目がきれいでインスタ映えする」とかそういう企画ではないので、暇つぶしとしてお楽しみください

ネットで調べるといろいろな情報が出てきそうだったので、調べずに自分の探究心のみ使ってトライしました。
焼き時間は、弱火で3分~4分目安で焼いています。感想は完全に筆者独自の見解ですので、あしからず。

サクサク感マシマシ!?ふんわりメロンパン

メロンパン
撮影:YAMA HACK編集部
サクサクとした皮とふんわり食感が美味しいメロンパン。一体どんな進化を遂げるのでしょうか?
メロンパン
撮影:YAMA HACK編集部
それでは、はさまさせていただきます!

 

 

 

ん?なんか想像してたのと違う見た目・・・

メロンパン
撮影:YAMA HACK編集部
早速失敗?を感じさせる見た目。
しかし、食べてみると驚き!
表面のサクサク感は、プレスされてもなおサクサク
。むしろ表面が香ばしくなってサクサク感が増したように感じます。これは、砂糖をふりかけて表面を焦がすとさらに美味しさアップの予感。

予想外にうれしかったのが、パンのボソボソ感がプレスによって軽減されたこと。食べている時に奪われる口の水分量は、軽減されたような気がします。

3拍子揃ったベテラン選手、つぶあんぱん

つぶあんパン
撮影:YAMA HACK編集部
神戸屋、丹念熟成、三段仕込み・・・。3拍子揃ったそのおいしさは、張り込み中の刑事だけでなく、多くの人から信頼されています。
つぶあんパン
撮影:YAMA HACK編集部
それでは、失礼して。

 

 

 

またもやピンとこない、できあがり

つぶあんパン
撮影:YAMA HACK編集部
裏面はいい感じに焼けていましたが、正直ふっくら感がなくなっただけで、見た目はあまり変化がありません。

味に関しては、中の粒まであたたまって体温に近くなっているせいか、甘みを強く感じました。プレスしても粒が潰れていなかったのはつぶあん派としては救いでしたが、期待を超える変化はありませんでした。

惣菜パンの絶対王者!ウインナーパンが満を持して登場

ウインナーパン
撮影:YAMA HACK編集部
甘いパンが続いたので、惣菜パンの王道ウインナーパン選手を投入。しかも、贅沢にダブルウインナー!
学生時代、このパンに小腹を救われた人も多いのではないでしょうか?
ウインナーパン
撮影:YAMA HACK編集部
サイズをトラメジーノ側に合わせるために、半分におってサンド!

 

 

 

見た目はバッチリホットサンド!だけど・・・

ウインナーパン
撮影:YAMA HACK編集部
半分に折ったことで、見た目はバッチリ期待どおりのホットサンド。ウインナーもあたたまっていて、おいしい!のですが、期待を越えないというのが正直なところ。たしかにおいしいんだけど、元々これくらいはおいしいよね?というのが正直な感想です。

ここであることに気が付きました。
メロンパン、あんぱん、ウインナーパン。みんな元からしっかりと焼き目がつくくらい焼かれているパンなんです。なので、ホットサンドで焼いても変化が少なかったのでは?という仮説にたどり着きました。

シュワシュワ感がたまらない!進化系むしパン登場

蒸しパン
撮影:YAMA HACK編集部
続いては、むしパン。黄色く可愛い見た目とは裏腹に、そのカロリーは438kcalとハイカロリー。ザックの中で潰れても気にならないので、普段から登山のお供の菓子パンです。
蒸しパン
撮影:YAMA HACK編集部
「もともと焼いてあるパンは変化が少ない」という仮説を元にむしパンをサンド。果たして、この企画からも少しくらいの学びは得られるのでしょうか?

 

 

 

変化率は現在TOPクラス!果たしてお味は?

焼き蒸しパン
撮影:YAMA HACK編集部
もともと黄色くて柔らかかった蒸しパンが日焼けサロンに行ったが如く、こんがり小麦色に。

食べてみるとその美味しさに驚き!噛んだ瞬間は香ばしくなった表面のサクサク感が楽しませてくれ、その後に訪れるシュワシュワとした焼き蒸しパンの内部の食べ心地ったらもう。

元々のふわっと感は減ってしまっていますが、それと引き換えに手に入れたこの不思議な感じ。これぞ、この企画で期待していた”簡単に手に入る幸せ”です。

焼きカレーパンに、さらに焼きをいれてみよう!

カレーパン
撮影:YAMA HACK編集部
仮説からやっと成功体験を積んだ筆者が次に選んだのは、焼きカレーパン。名前ではすでに焼きが入っているが、まだまだ焼きを加えられる余白がありそうなパンです。
カレーパン
撮影:YAMA HACK編集部
先程の成功体験から、もう1つ学んだことがあります。それは「ふんわり」を圧縮することで、元々のパンから大きなギャップを生み出しやすいということ。それも、このパンを選んだ理由です。

 

 

 

見た目はバッチリ、気になるお味は?

焼きカレーパン
撮影:YAMA HACK編集部
予想通り表面はカリッと焼けていて、食感はサクサク。このパン、そもそものカレーがおいしすぎます。
「スパイシーなカレー」「表面はカリッ」「中はもっちもち」の走攻守が揃ったこのパンは、まさにインド料理屋でカレーとナンを食べているかのような錯覚を味わえます。

勝ちパターンが見えてきたので、最後は応用を利かせた焦がしショコラ

ショコラデニッシュ
撮影:YAMA HACK編集部
「焼きを加えられる余白」と「ふわふわ感」。ただコンビニで売っているパンをはさむだけの企画で、こんなPDCAサイクルを回すとは思っていませんでした。

2つの法則を元に最後に買ったのがヤマザキパンの「ホワイトデニッシュショコラ」。
ショコラデニッシュ
撮影:YAMA HACK編集部
このパンを選んだ理由は「中にチョコが入っている」という点。勝利の法則がわかったところで余裕がでてきたため、さらにチョコを焦がしてプラスαの加点をしようと考えました。

 

 

 

 

あれ?焦げてる?焼いている最中に漂うチョコの香り

焼きショコラデニッシュ
撮影:YAMA HACK編集部
焼いている最中に「ジュー」というチョコが焼けている音や、少し焦げたにおいがしたのでドキドキしましたが、その心配も無駄に終わりました。

チョコがなんとも濃厚な味わいになったことに加え、特筆すべきは焼きを加えられたデニッシュパン。サクサク感が間違いなくアップしています。美味です美味!

ブラックコーヒーで甘さをリセットしつつ食べると、無限に食べられるのでは?と錯覚するおいしさでした。

家の中でできるアウトドアを楽しんでみよう!

ホットサンド
撮影:YAMA HACK編集部
「果たして記事にして良いのか?」と途中で不安になることもありましたが、なんだかんだ自分でルールを決めて工夫するのは楽しかったです(内容は非常に薄いですが)。

毎日ホットサンドメーカーを使うことで今では、パンを挟む以外の料理を作ったりとホットサンドメーカー初心者から卒業できた気もします。
メスティンごはんを家でひたすら練習したり、シエラカップ1つで料理をしたりなど、ちょっとした工夫をする工程がアウトドアの楽しみだなと再確認できました。

今はなかなか山に行けない状況ですが、そんな時だからこそ家でできる自分なりのアウトドアを楽しむ時間にしてみませんか?
ホットサンドメーカーを使ったレシピを教えてください

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

トラメジーノ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 大迫
YAMA HACK編集部 大迫

YAMA HACK運営&記事編集担当。六甲山で山歩きをはじめ、関西・中四国の山を歩き回る。 燕岳の山頂でビビるほど高所恐怖症が酷い。 高度感を感じずに、ただひたすら歩き回るのが好きです。安全に気をつけてながら山を楽しむための記事をお届けします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!