濡れても暖かさキープ。パタゴニア「マイクロ・パフ」の実力と選び方を紹介!

2019/08/30 更新

パタゴニアが開発に10年をかけたという「マイクロ・パフ」シリーズ。ダウン並みの暖かさの化繊インサレーションを実現したとのことですが、それによってどんなメリットがあるのでしょうか? 今回は先行商品「ナノ・パフ」との違いや、モデル別の使用メリットなどをご紹介いたします。


開発に10年。ついにダウンと化繊の長所が合わさった!

防寒具はダウンか化繊か。悩んだことのあるひとに朗報です。ダウンのような軽さ・暖かさ・コンパクトさを持ち、それでいて水濡れに強い「化繊」があります。開発に10年。パタゴニアのマイクロ・パフを今回はご紹介します。
ダウンは軽く・暖かく、そしてコンパクトですが、濡れるとスペックが大幅にダウン! 汗をかく行動中のレイヤーには不向きです。その点、化繊は濡れに強く、すぐ乾きますが、暖かさはダウンに及ばず、重く、かさばるのが難点。

防寒は何を着ればいいの? そんな悩みに応えるのが今回ご紹介するパタゴニア「マイクロ・パフ」です。

暖かさの秘密は新素材の「プルマフィル」

パタゴニアは軽さ・暖かさ・コンパクトさ・耐水性を兼ね備えた防寒を10年追求し、2007年、新しい断熱繊維「プルマフィル」を開発しました。一本の繊維に糸がらせん状に絡まった構造で、質感・機能がダウンと似ていますが、それでいて、耐久性はダウンはもとより、なんとほかの化繊よりも強かったのです。

軽さの秘密はユニークな「キルト構造」

「キルト構造(縫製)」がユニークで、それ自体がファッショナブルなデザインのよう。ここに軽さの秘密が隠れています。
従来の縫製は時間が経過すると、ロフト内で化繊の偏りが生まれ、保温力低下を招いていました。マイクロ・パフのキルト構造は、断熱繊維の撚糸一本一本を固定し、保温力を持続させます。そして、少ない繊維で最大の保温効果を得られるため、化繊では抜群の「軽さ」を実現しました

お値段以上の違いはある?一番知りたい「ナノパフ」との比較

ナノパフとマイクロパフ
出典:パタゴニア(マイクロパフナノパフ
パタゴニアのジャケットはナノ・パフ(右)も有名。マイクロ・パフ(写真左)は値段が約7,000円高く、どちらを買うか迷うところです。今回はMのメンズジャケットでスペックを比較してみたいと思います。
軽さはナノ・パフが337g、マイクロ・パフが235g。100g軽く、山に「尾西の白米」を一食分だと考えると、けっこう違いますね!
次にシェルはナノ・パフが39.7g、マイクロ・パフが19.8g。マイクロ・パフはシェルが薄く、柔らかく、動いたときにシャカシャカ音が立ちませんが、ナノ・パフのほうが丈夫です。
最後に価格はナノ・パフが27,540円、マイクロ・パフが34,560円です。100gの軽さは大きいので、マイクロ・パフが高いのもうなずけます。
ジャケットMメンズマイクロ・パフナノ・パフ
重量235g337g
シェルの重量19.8g39.7g
価格34,560円27,540円
スペック上ではこのような違いがありますが、大きな違いとしてナノ・パフは環境に配慮したリサイクル素材が使われています

ナノ・パフは丈夫さと安定した性能が強み、マイクロ・パフは軽さと柔らかい質感がウリです。頻繁に山に行くならナノ・パフ、一般山行の行動服や、防寒着として使うなら、マイクロ・パフなど、用途によって選んではいかがでしょうか。

ベスト、ジャケット、フーディ。どれを選べばいい?

出典:PIXTA
現在マイクロ・パフにはジャケット、フーディ、ベストの3モデルがあります。
防寒着としてザックにいれるなら定番のジャケット。フーディほどかさばらず、ベストよりも暖かです。
オールシーズンならベストがおすすめ。夏でジャケットが暑すぎるとき、いちばん大事な体幹だけをしっかり保温できます。秋以降は厚手のアウトレイヤーを重ねると更にGOOD。
厳冬期メインならフーディ。保温をいちばんに考えると、首、頭を包む帽子は欠かせません。特に夜しっかり保温できることは体を休めることができます。

メンズ・マイクロ・パフ・ジャケット

メンズジャケット サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
重量:235g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥34,560
メンズ・マイクロ・パフ・ジャケット

ウイメンズ・マイクロ・パフ・ジャケット

ウイメンズジャケット サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
重量:207g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥34,560
ウイメンズ・マイクロ・パフ・ジャケット

メンズ・マイクロ・パフ・フーディ

メンズフーディ サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
重量:264g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥39,960
メンズ・マイクロ・パフ・フーディ

ウイメンズ・マイクロ・パフ・フーディ

ウイメンズフーディ サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
重量:227g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥39,960
ウイメンズ・マイクロ・パフ・フーディ

メンズ・マイクロ・パフ・ベスト

メンズベスト サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
重量:162g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥27,000
メンズ・マイクロ・パフ・フーディ

ウイメンズ・マイクロ・パフ・ベスト

ウイメンズベスト サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
重量:142g
シェル・裏地素材:パーテックス・クアンタム・リップストップ・ナイロン100%、DWR(耐久性撥水)加工済み
中綿素材:ポリエステル100%の65gプルマフィル
価格:¥27,000
ウイメンズ・マイクロパフ・ベスト

マイクロ・パフを着て山に行こう!

提供:instagram/raychell_29
マイクロ・パフはエポックメイキングな商品です。ダウンと化繊のいいとこ取りをした製品は今までありませんでした。軽さ、暖かさ、コンパクトさ、耐水性を兼ね備えたジャケットを、まずはパタゴニアのお店に行って試してみましょう。
素材の良さだけでなく、立体的なシェルエット、細部へのこだわりを体感できると思います。3種類のマイクロ・パフから用途に合うものを選んで、レイヤリングに役立ててみてください!
パタゴニア公式サイト

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
wakiko
wakiko

千葉生まれの神戸人です。山暦10年近く。 安全登山や登山技術専門です。 関東、富士山、神戸、中国で夏山と沢を楽しんでいます。 今年こそ六甲山を攻略するぞ!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!