【絶品】名物はこれだ!一度は食べて欲しい「山小屋グルメ」

2019/11/08 更新

登山の楽しみと言えばやっぱり「食事」。自分で作るのも良いですが、せっかくなら訪れた山ならではのグルメも楽しみたいと思いませんか?そこで今回は、各地域の山小屋で名物になっている「山小屋グルメ」をご紹介します。豪華なディナーから絶品の朝食まで要チェックです!


アイキャッチ画像出典:Facebook/横手山ヒュッテ

山小屋はみんなのオアシス

山小屋 登山の楽しみはいろいろありますが、外せないものと言えば・・・そう「食事」
自分で作るのも良いですが、せっかくなら訪れた山ならではのグルメも楽しみたいと思いませんか?
そこで今回は、各地域の山小屋で名物になっている「山小屋グルメ」をご紹介します。

南関東エリアの名物グルメ

絶品の鍋焼きうどん|鍋割山・鍋割山荘

鍋焼きうどん
撮影:YAMA HACK編集部
神奈川県の丹沢エリアにある「鍋割山」と言えばこれ!鍋焼きうどんを目当てに登山する人も少なくありません。具がたくさん入ったうどんと、濃いめの汁が疲れた身体に染み渡ります。
鍋割山山荘
撮影:YAMA HACK編集部
丹沢エリアの玄関口「大倉」から片道約3時間半。鍋割山麓の林道終点には、鍋焼きうどんに使われる水が並べられています。鍋割山に行く際には是非、水上げのボランティアをしてから美味しいうどんをいただきましょう。

【小屋情報】
営業期間|基本的に通年(悪天候時など休業の場合あり)※月曜日、金曜日が定休日
営業時間|10:00~14:30
電話番号|0463-87-3298/090-3109-3737

鍋割山荘HP

絶妙な風味の「なめこ汁」|奥高尾・城山茶屋

城山茶屋のなめこ汁
撮影:YAMA HACK編集部
神奈川と東京の県境にある「小仏城山」。高尾山からだと、程よい距離を歩いてきた時に出てくるのがこの城山茶屋です。人気ナンバーワンメニューは「なめこ汁」。味噌ではなく「醤油仕立て」なのが大きな特徴。具材も裏高尾のお豆腐屋さんから仕入れてたこだわりの豆腐とお水を使用。ビールとの相性も抜群です。
出典:PIXTA
なめこ汁以外にも、おでんなど様々なメニューがあります。中でも「かき氷」も人気のメニューで、通常サイズに100円プラスするだけで「メガ盛り(城山盛り)」サイズになりますよ!

【小屋情報】
営業期間|冬場は土曜、日曜、祝日のみの営業
営業時間|10:00~16:00(平日)、9:00~16:00(土日祝)、23:30~翌16:00(大晦日)※夏場は17:00まで
電話番号|042-665-4933

北関東エリアの名物グルメ

畳の大広間でいただくお膳料理|那須岳・三斗小屋温泉 煙草屋旅館

三斗小屋温泉煙草屋旅館 食事 那須岳ロープウエイから、片道1時間半、山の中腹にある温泉旅館。こちらでは、畳畳の大広間でお膳料理がいただけるんです。
太鼓が夕食の合図で、大広間に並ぶお膳はまるで時代劇の食事風景のよう!素朴なお料理がまた風情を感じさせてくれます。
煙草屋旅館 山深い場所に建つ煙草屋旅館は、昭和レトロな趣のある佇まい。お料理以外にも、煙草屋旅館の自慢の露天風呂は囲いがなく、解放感抜群でおすすめですよ。

【小屋情報】
営業期間|4月下旬頃から11月下旬
電話番号|090-8589-2048
宿泊|1泊2食:9,000円(大人)

八ヶ岳・甲信越エリアの名物グルメ


インパクト抜群の鉄鍋ステーキ| 南八ヶ岳・赤岳鉱泉

赤岳鉱泉のステーキ
撮影:YAMA HACK編集部
冬になると小屋横にできる氷の巨大壁(通称:アイスキャンディ)が有名な南八ヶ岳の人気山小屋。こちらの看板メニューと言えばインパクト抜群の『鉄鍋ステーキ』。
厚みがあるお肉が山の中で食べられるなんて…他にはないとっておきの贅沢です。(※夕食のメニューは必ずステーキがでるわけではありません。豚しゃぶやシチューの時もあります。)
赤岳鉱泉
赤岳鉱泉の魅力は名物ステーキだけではありません。ランチには種類豊富なカレーやパスタ、売店ではワイン・ビール・日本酒・ウイスキーなどお酒の種類も豊富です!

【小屋情報】
営業期間|通年
電話番号|090-4824-9986
宿泊|1泊2食:10,000円

赤岳鉱泉・行者小屋

朝食のトーストが大人気|天狗岳・しらびそ小屋

しらびそ小屋
天狗岳へのアクセスが良好な場所にある「しらびそ小屋」。予約すると食べられるトーストが大人気なんです。このトース食べに宿泊するという人もたくさんいるほど。
まきストーブでこんがりと焼いたトーストに、コケモモとブルーベリーのジャムがベストマッチ!(※宿泊した人だけがオーダーできる特別メニュー)
しらびそ小屋 八ヶ岳の東側、稲子湯からカラマツの林を抜け、気持ちいい道のりを2時間ほど歩くと、みどり池という小さな池があります。そのほとりに建つしらびそ小屋は、どこか懐かしい雰囲気の漂う外観。静謐な森に囲まれたロケーションが印象的な山小屋です。天狗岳の頂上までは約3時間の道のりです。

【小屋情報】
電話番号|0267-96-2165
宿泊|1泊2食:8,500円(大人)※要予約

しらびそ小屋

日本一高い場所にあるパン屋さん|横手山・横手山ヒュッテ

横手山ヒュッテ 長野県と群馬県の県境にある「横手山」。山頂まではリフトやエレベーターを使えば誰でも気軽に行ける人気の観光地でもあります。その山頂のすぐ近くにあるのが「横手山頂ヒュッテ」。
” 日本一高いところにあるパン屋さん ” と呼ばれている超人気店で、朝から行列ができるほど。標高2,307mという高所で提供されるパンは、数量に限りがあるので売り切れ必至。レストランではパンだけでなく、きのこスープやボルシチスープなどもいただけます。
横手山頂ヒュッテ
出典:PIXTA
山頂エリアは平らで広く、北アルプスや富士山など360度の絶景が広がります。条件がそろえば雲海に出合えることも。大パノラマを眺めながらパンを頬張るのもいいですね。

【小屋情報】
営業期間|通年
営業時間(レストラン)| 9:30~14:30
電話番号|0269-34-2430
宿泊|1泊2食:12,960円~(大人)

焼き立てパンからお弁当まで|入笠山・マナスル山荘本館



南アルプス最北端の入笠山の肩にあるマナスル山荘本館。ビーフシチューも有名ですが、クロワッサンやデニッシュなどの焼き立てパンもおいしいと評判です。
また、宿泊者限定で、お弁当も用意してくれるんです。登山には贅沢すぎる豪華なお弁当も魅力的ですね!(※前日までの予約制)
マナスル山荘 ゴンドラリフトでかなり山頂付近まで登れるため、手軽にアクセスできるのも嬉しいポイント。また、愛犬と一緒に泊まることができるサービスがある珍しい山荘でもあります。

【小屋情報】
営業期間|通年
電話番号|090-7632-5292
宿泊|1泊2食:9,000円(大人)

マナスル山荘本館

北アルプスエリアの名物グルメ


山の中でケーキと言えば|燕岳・燕山荘

燕山荘のスイーツ
撮影:YAMA HACK編集部(リンゴのシブースト)
北アルプスの入門に最適とされる「燕岳」。山頂を目指す登山者でいつも賑わっているのが「燕山荘」。こちらにある「喫茶サンルーム」はケーキが食べられることでも有名。絶景を眺めながらいただくケーキはなんとも贅沢ですね。
燕山荘
出典:PIXTA
数ある山小屋の中でも「燕山荘」は特に人気があります。ハイシーズンにはかなりの混雑が予想されるので、宿泊する際には必ず予約しましょう。

【小屋情報】
営業期間|4月中旬~11月下旬(年末年始:12月中旬〜1月初旬)
電話番号|090-1420-0008
宿泊|1泊2食:10,000円~

燕山荘

大テラスでビール片手に|穂高岳連峰・涸沢小屋

涸沢小屋
「山小屋と言えばビール」なんてありがちですが、穂高岳連峰の麓にある「涸沢小屋」はちょっと特別。大テラスから涸沢カールや穂高岳連峰を眺めながら眺めながらいただくビールは別格なんです。おでんやもつ煮など、ビールにもっていこのメニューも外せません!
涸沢小屋
出典:PIXTA
北アルプスの中でも人気の高いエリアともあって、穂高連峰を目指す人や涸沢からの景色を楽しみに来る人など、多くの登山者で賑わっています。
夏の登山ハイシーズンだけでなく、秋の紅葉時期には大変な混雑が予想されるので、宿泊を希望する際には必ず予約を行いましょう。

【小屋情報】
営業期間|4月中旬~11月下旬
電話番号|090-2204-1300
宿泊|1泊2食:10,000円~
涸沢小屋

山小屋で“美味しい”ひと時を

絶景のテラス
出典:PIXTA
「食事」は登山の重要な楽しみの一つ。美味しそうなグルメは魅力的ですよね。日帰りでも泊まりでも、山小屋の名物を求めてお出かけしてみてはいかがでしょうか。

関連記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

横手山ヒュッテパン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部 生井
YAMA HACK編集部 生井

YAMA HACK編集部。大学時代に山岳部に所属し、縦走からクライミングまでオールラウンドに活動。トレイルラン・ボルダリング・沢登りなど、山を軸とした様々なアクティビティの魅力を発信してきます。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!