ポップで機能的な「カブー」の帽子で、快適なトレイルを実現!

2021/05/18 更新

登山時に被る帽子、今のモノで満足していますか? もっと快適でオシャレなデザインをお探しなら、<KAVU(カブー)>のキャップやハット、チルバはいかがでしょう。目を惹くデザインがポイントになりつつ、アウトドアコーデにもタウンスタイルにも取り入れすいため、メンズ・レディース共に大人気なんです。おすすめモデルを紹介しますので、ぜひお気に入りを見つけてください。

制作者

ライター

emi

21歳の時に初めて登った北岳に感動!その後地元山梨や長野などの山々を仲間と登り、すっかり山好きになりました。鳳凰三山や穂高岳の様な有名な高山も大好きですが、現在は、近場の低山をのんびりハイクがちょうどいい感じ。これからは、簡単で美味しい山ごはんにチャレンジしたいです!

emiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ出典:楽天市場/イエノLabo

帽子が人気!<KAVU(カブー)>ってどんなブランド?

カブー
出典:Facebook/KAVU
帽子は登山時の必須アイテムで。今回おすすめするのは、機能性や実用性に富んだアウトドアブランド<カブー>の商品です。

“登山”というよりキャンプのイメージの強いカブーですが、その中でも今回は、登山時に役立つ帽子を厳選して紹介します。きっと次の山行に連れて行きたくステキな帽子が見つかるはず!

コンセプトは「限りなく視界良好!」

KAVU
出典:Facebook/KAVU
アメリカはシアトルをホームグラウンドとする<KAVU(カブー)>は、「限りなく視界良好」を意味する航空用語の「CAVE」の頭文字をもじったブランドネーム。その名のとおり、多忙な現代において人生を楽しく生きていきたい、すべての人達のためにアウトドアスタイルを提案しています。

現在ではアメリカをはじめ、世界15カ国以上で愛用されている人気ブランドです。

ブランドの始まりは「サンバイザー」

カブー
出典:Facebook/KAVU
アラスカで漁師を営んでいたカブーの創設者バリー・バーは、漁現場という過酷な環境でも耐えうる「サンバイザー」を開発したい、との熱意からカブーを設立。今ではウェアや小物をはじめ、豊富なラインナップが揃っています。

また環境にも配慮されたリサイクル素材を原材料として使用。機能性や耐久性にも優れ、斬新なデザインで多くの人々に愛されるアイテムを生み出すブランドとして人気です。

シーンやスタイルに合わせて帽子をチョイス

カブー
出典:Facebook/KAVU
カーブで取り扱う帽子は大まかに分けると、キャップ、ハット、チルバの3種類。それぞれに特徴があり、季節やシチュエーションによって適したモデルも変わってきます。

また、登山時は大量の汗をかくので、速乾性や通気性に富んだ素材を選ぶのがベスト。

キャップ|アクティブに動きたいときに

カブー ストラップキャップ 被りやすくコンパクトにもなり、どんなスタイルにも合わせやすいのがキャップ。急な天候の変化で雨が降った場合にも、キャップを被ったままサッとフードで覆うことも簡単。コシのあるつばは日差しを遮り、雨よけにも役立ちます。

ハット|紫外線対策やちょっとした雨よけに

カブー ハット キャップと違い周囲がつばで覆われているので、特に日差しを避けたい場合はハットがおすすめ。ちょっとした雨天時には雨よけになり、紫外線が大敵の女性にも人気です。あご紐が付いているタイプも多いので、突風時などにも安心。

チルバ|水辺のアクティビティや日差しが強い日に

カブー チルバ チルバと言えばカブーの代名詞。ハットよりもひさしが広く、傘タイプのチルバは頭部はもちろん身体全体の日よけとしても便利です。釣りやカヤック、フェスなどにも人気で、特に真夏の炎天下などには偉力を発揮してくれることでしょう。

カブーの帽子のサイズ感は?

ほとんどの帽子がユニセックスモデル。サイズ展開は、「S.M」「M.L」「ワンサイズ」などモデルによって異なりますので、頭回りの寸法をしっかり確認して選びましょう。

目を惹くデザインが豊富なキャップタイプ

カブーには様々な機能を持ったキャップが揃っています。キャンプやスポーツにはもちろん、たくさん汗をかく登山にもぴったりのモデルを紹介します。

カブーの定番!シンセティックストラップキャップ

軽量で速乾性にとても優れるシンセティック素材を使用したカブーの定番モデル。ナイロンのウェービングが付いており、カラーバリエーションの豊富さも人気の理由。登山はもちろん、ウォータースポーツやキャンプ、タウンなど様々なシーンで活躍してくれます。
ITEM
カブー シンセティックキャップ
サイズ:M、L(後頭部にてサイズ調整可能)
頭周り:[M]60-63、[L]61-64cm
素材:ナイロン100%

ロゴがかわいいです。ブラックを購入。他の方も書かれていますが少し浅い作りになっています。私は髪を結んでストラップのところから出そうと思っていますが、登山の強風に耐えられるか少し心配です。キャップ自体はとても軽く、手入れもしやすそうです。つばが大きめなので日よけ効果も期待出来そうです!


うれしい機能満載!シェルテックキャップ

遮熱・接触冷感・吸水速乾・軽量・UPF50+という、アウトドアシーンで頼れる機能を搭載したシェルテック素材を採用。「太陽と遊ぶ」の製品コンセプトの通り、日差しの下でもアクティブに楽しめるのはず。
ITEM
カブー シェルテックキャップ
サイズ:ワンサイズ
頭周り:53-56cm
素材:シェルテック

メッシュで快適!トレイルランナー

トレイルランナーは、帽子の中間部分がメッシュ素材で作られたアクティブなスポーツにピッタリなキャップ。素材も速乾性に優れており、メッシュがムレを防いでくれるので通気性は抜群。サイズ調整も可能です。
ITEM
カブー トレイルランナーキャップ
サイズ:M、L
頭周り:[M]58-61、[L]59-62cm
素材:ポリエステル100%



小さく折り畳めて便利!キャプンソフトビルキャップ

キャンプソフトビルキャップは、帽子のサイド部分がメッシュ素材を使用しており、登山時も快適に過ごすことができます。ナイロン製で速乾機能も高く、またツバの部分がソフトな素材のため不要時は小さく折り畳むことも可能です。
ITEM
カブー キャプンソフトビルキャップ
サイズ:M、L
頭周り:[M]56-59、[L]59-62cm
素材:ナイロン100%

登山はもちろんタウン使いにも!エアーメール

メッシュキャップにロゴパッチが配された、タウンスタイルにも合わせやすいシンプルなデザイン。6パネルで縫製され、背面はメッシュなので通気性もしっかり確保できます。
ITEM
カブー エアーメール
サイズ:ワンサイズ
頭周り:55-61cm
素材:ポリエステル100%

コーディネートのポイントに!タンブラー

どうしても地味になりがちな登山コーデ。ちょっぴり派手な柄も帽子なら取り入れやすく、アクセントにもぴったりです。気分も明るくなるはず。
ITEM
カブー タンブラー
サイズ:ONE SIZE
頭周り:54-57cm
素材:ポリエステル100%

登山の定番オシャレなハットタイプ

デザイン性に富み、登山スタイルをグレードアップしてくれるカブーのハット。登山時の紫外線対策にもハットは欠かせません。

どんなスタイルにも似合う!シンセティックバケットハット

カブーの帽子の中でも大人気のバケットハットは、軽量で速乾性にも優れているシンセティック素材を使用。調整可能なあご紐が付いているため風の強い日も安心です。柔らかい素材なので、コンパクトに丸めて収納することもできます。
ITEM
カブー シンセティックバケットハット
サイズ:S、L
頭周り:[S]55、[L]57cm
素材:ナイロン100%

機能的でデザインも斬新!ビーエフイー

ビーエフイーは、速乾性の高いポリエステル素材のサンハット。オシャレでポップな柄も新鮮で、人とは違う個性的なスタイルが楽しめるでしょう。調整できるあご紐も付いており、帽子をしっかりと固定できます。
ITEM
カブー ビーエフイー
サイズ:ワンサイズ
頭周り:60cm
素材:ポリエステル100%



最強の日よけハット!チルバ

カブーの帽子で忘れてならないのが、そのユニークなデザインとカラフルな色使いが魅力的なチルバ。水にも浮き、大きなブリムは日差しの強い夏の登山にも大活躍。あご紐で固定でき、ソフトな素材のため折り畳んでの持ち運びも可能です。
ITEM
カブー チルバ
サイズ:フリーサイズ(内側で調節可能)
頭回り:55-60cm
素材:ポリエステル100%

サイズは無段階のベロクロなので、どなたでもある程度かぶれます。
自分は釣りで使用する予定で、日除けにバッチリです。
素材的にも丸洗い出来るので、大変重宝しそうです。


カブーの帽子で気分上々!

カブー カブーの帽子はオリジナルセンスに溢れ、被る人の心を弾ませてくれるパワーがあります。さらに登山時にはその機能や実用性で、快適な山行のアシストもしてくれるでしょう。アウトドアシーンに合わせて、自分好みの帽子をカブーで探してみませんか?


紹介されたアイテム

カブー シンセティックキャップ
カブー シェルテックキャップ
カブー トレイルランナーキャップ
カブー キャプンソフトビルキャップ
カブー エアーメール
カブー タンブラー
カブー シンセティックバケットハット
カブー ビーエフイー

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

KAVUカブーの帽子(キャップ・ハット・チルバ)
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」