唯一無二の存在感【水沢ダウン】特集|2021年人気モデル一挙紹介

2021/10/18 更新

デサントが手掛ける注目ブランド『水沢ダウン』。一着10万円前後する高級ダウンジャケットですが、メンズ・レディース問わず人気を集めています。今回はそのこだわりにフォーカスしていきます。人気モデルの「マウンテニア」や「アンカー」をはじめとする、2021年のラインナップとサイズ・口コミを紹介。限定モデルや別注ライン、販売店情報も要チェックです!

制作者

kimi

長野県在住。1人と1匹の息子を育てるママライター。浅間山の麓でやんちゃ兄弟と共に、日々野山を駆け巡る。スノーボードが好きすぎて、夏に雪を求めてニュージーランドへ短期留学した経験あり。2017年からスノボのオフトレと称して始めた登山にハマる。出産前は栃木や上信越の百名山が中心、現在は子どもと楽しめる近所の山や散策路が中心。2022年は息子の白馬デビューを計画中。

kimiのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ出典:facebook/DESCENTE ALLTERRAIN

水沢ダウンの魅力とは?

水沢ダウン スポーツブランドのデサントが手掛けるコレクション『オルテライン』。「Form follows function(形態は機能に従う)」をコンセプトに、機能性とムダのないデザイン性を融合させた独自の製品を展開しています。

オルテラインの代名詞とも言える水沢ダウンは、高額であるにも関わらず売り切れ続出。今回は、そんな水沢ダウンの魅力と人気モデルをご紹介します!

テクノロジー×職人技

水沢ダウン 水沢ダウンはその名の通り、岩手県奥州市にある「水沢工場」の職人の手によって作られています。

吸い付くようにフィットする着心地や快適性の追求など、こだわり抜いて生み出された水沢ダウンは他のダウンジャケットとは一線を画す存在。最先端技術と熟練した職人の高い技術によって、世界に誇れる品質の高いダウンが生み出されたのです。

「濡れに強いダウン」弱点を克服した独自の技術

水沢ダウンの加工技術 従来のダウンの弱点は、雨などの際に縫い目などの隙間から水が侵入すると、羽毛が濡れてしまうために保温力が損なわれてしまうことでした。

そこで、水沢ダウンはステッチを最小にとどめる熱圧着ノンキルト加工、縫い目を閉じる様に撥水用テープを接着したシームテープ加工といった技術を採用し、ダウンの弱点であった水濡れを克服。雨の日や雪の日でも安心して着用することができます。

暖かいたけじゃない。温度調節もばっちり

水沢ダウンベンチレーション ダウンなので当然保温性も気になるところ。

裏地には保温素材のヒートナビPT2を使用。光を効率よく吸収し熱に変換する仕組みと、身体から発する水分を熱に変える吸湿機能を兼ね備えているのでとにかく暖かいです!

これだけ高い保温性を有していると「暑すぎるのでは?」と感じてしまいますが、そんな心配は無用。温度の上昇を防ぐために、熱のこもりやすい場所にベンチレーションシステムを搭載しています。これにより「前を開けると寒いけど、汗による蒸れが不快だな」という時に体温調節が可能。空気の流れを考えた配置で内部の空気を循環される設計で、寒さだけでなく蒸れ対策も万全です。

抑えておきたい比較ポイント

水沢ダウン止水ファスナー これから紹介するモデルはどれも「ダウンジャケット」なので、防風・保温の基本性能は同じです。共通点は以下の通りで、前述した防水加工のテクノロジーは各モデルに採用されています。

比較する際には、フードの有無や丈の長さなどデザインの違いと、ベンチレーションやフードの調整機能といった機能の違いに注目してみてください。

【素材】
中わた(本体):ダウン90%/フェザー10%
裏地:ヒートナビPT2
【防水加工】
熱接着ノンキルト加工、シームテープ加工、止水ファスナー
【スペック】
耐水性:20,000mm
透湿性 :10,000g/㎡

【目安】
耐水圧とは「どの程度の水の圧力に耐えうる防水性か」ということを判断するの。一般的な傘の耐水圧は500mmと言われており、20,000mmであれば大雨にも耐えられます。
透湿性とは、ムレを外へ逃がす機能を数値化したも。24時間で衣服内の蒸気状態の汗を何グラム、生地の外に出すのかということを表しています。軽い運動で1時間あたり約500gの発汗量が一般的。

ダウンジャケット人気モデル7選

水沢ダウン 販売店 それでは人気のモデルを見ていきましょう。価格は8万円台~13万円台といずれも高額ですが、デザインや性能を見ても他メーカーにはない魅力がありますよ!

ハイスペックモデル|マウンテニア

水沢ダウン マウンテニア 水沢ダウンのなかでもハイスペックモデルで、毎年売り切れるほど人気のマウンテニア。基本性能はもちろんのこと、フードには水や雪がたまらない「パラフードシステム」を搭載。フロント部分には2列のジッパーとその間にメッシュ生地を配した「デュアルジップベンチレーション」を採用。外気を取り込み、衣服内にこもる熱や湿気を逃がすことで快適な着心地を実現しています。

高機能ながら、肉厚な質感のシンプルなデザインでカジュアルな着こなしを楽しめアウトドアからタウンまでマルチに対応。こちらはハーフコートモデルやレディースモデルもあります。
ITEM
水沢ダウンジャケット マウンテニア(メンズ)
サイズ:S、M、L、O、XO、XA

ブラックのMサイズを購入しました。173cm,62kgですがMサイズで丁度良く,サイズ選択に悩んでいて購入前の試着も難しいという方の参考になれば幸いです。デザインや機能面に関しては文句なしです!



ITEM
水沢ダウンジャケット マウンテニア(レディース)
サイズ:S、M、L

ロングセラーモデル|アンカー

水沢ダウン アンカー シンプルなデザインで、ブランドの初期から人気を誇るロングセラーモデル。デタッチャブル仕様のフードは用途により取り外しが可能で、丸みを帯びた首周りにボリュームがあるのが特徴的。

フロントには「デュアルジップベンチレーション」を搭載しているので温度調整もばっちり。こちらもコートタイプ、レディースモデルがあります。
ITEM
水沢ダウンジャケット アンカー(メンズ)
サイズ:S、M、L、O、XO

カナダグースに飽きたのでこちらを購入。
軽くてカナダグースより楽な感じで着れます。



ITEM
水沢ダウンジャケット アンカー(レディース)
サイズ:S、M、L

21FW新モデル|ゴアテックスアンビット

 
水沢ダウンジャケットの2021FW 新モデル「アンビット」。ゴア社が開発した高度な防水透湿性と耐久性を備えたGORE-TEX Fabricを水沢ダウンジャケットに初採用したこのモデル。普段使いはもちろん、アウトドアアクティビティなど様々な環境で活躍する一着です。
ITEM
水沢ダウンジャケット ゴアテックスアンビット
サイズ:S、M、L、O、XO

ストレッチモデル|ストーム

水沢ダウン ストーム 胸に施された「ストリームラインテクノロジー」が印象的なストーム。これは表地に付着する水をコントロールし、ポケットへの水の流れを軽減するためのもの。悪天候下での着用を考慮した「パラフード」や「デュアルジップベンチレーション」などの機能も備えています。

まさに、無駄なデザインを施さないオルテラインの真髄とも言えるモデル。
ITEM
水沢ダウンジャケット ストーム(メンズ)
サイズ:S、M、L、O、XO

ハーフコートモデル|マウンテニアHC

マウンテニアのハーフコートモデル。「BOAクロージャーシステム」や「デュアルジップベンチレーション」などを搭載し、水沢ダウンならではの機能性も十分。着丈が長くなっても余計な装飾が一切無い、すっきりとしたシルエットはどんなシーンにもなじみやすく、レディースにも人気があります。
ITEM
水沢ダウンジャケット マウンテニアHC(メンズ)
サイズ:S、M、L、O、XO


ITEM
水沢ダウンジャケット マウンテニアHC(レディース)
サイズ:S、M

2021年セレクトショップ別注モデル


JOURNAL STANDARD

【DESCENTE ALLTERRAIN】水沢ダウンジャケット マウンテニア

【DESCENTE ALLTERRAIN】DOWN COAT ANCHOR-HC【DESCENTE ALLTERRAIN】 MOUNTAINEER BIG:別注ダウン

EDIFICE

別注 水沢ダウン マウンテニア(メンズ)

ADAM ET ROPÉ HOMME

別注 MOUNTAINEER(メンズ)

SHIPS

【SHIPS別注】DESCENTE ALLTERRAIN: 水沢ダウン ANCHOR ロングレングス

Bshop

〈別注〉水沢ダウン ショートジャケット ANCHOR(メンズ)

〈別注〉水沢ダウン BIGショートジャケット(レディース)〈別注〉水沢ダウン ショートジャケット(レディース)〈別注〉水沢ダウン ミドルジャケット(レディース)

どこで買える?取扱店舗情報

水沢ダウン 取り扱い 直営店 別注 水沢ダウンは全国のデサント直営店「デサントブラン」や直営オンラインショップの他にセレクトショップなどでも取り扱っています。本格的なシーズンに突入し、非常に人気があるため売り切れのモデルが続出。早めにチェックするのが得策です。

デサント公式通販 デサントストアデサント オルテラインサイトショップ一覧

快適な着心地の水沢ダウンがやっぱり欲しい!

水沢ダウン マウンテニア  寒さにも雨・雪にも強く、美しいシルエットが魅力の水沢ダウンは、まさに世界に誇れるダウンジャケット。2019年新モデルからも目が離せません!売り切れ続出なので見つけたら即買い必至。レアなアイテムをゲットして、今年の冬は周りと差をつけちゃいましょう!


紹介されたアイテム

水沢ダウンジャケット マウンテニア(メン…
水沢ダウンジャケット マウンテニア(レデ…
水沢ダウンジャケット アンカー(メンズ)
水沢ダウンジャケット アンカー(レディー…
サイトを見る
水沢ダウンジャケット ゴアテックスアンビ…
水沢ダウンジャケット ストーム(メンズ)
水沢ダウンジャケット マウンテニアHC(…
水沢ダウンジャケット マウンテニアHC(…
サイトを見る

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」