秋の味覚!栄養満点ほくほく栗ごはん【目指せメスティンマニア!レシピ#17】

2018/11/09 更新

登山者に人気の山ごはんギア『メスティン』。そんなメスティンでありとあらゆる料理を作る、インスタグラムで人気の@mestinmaniaさんに、とっておきレシピを教えてもらいました! 今回は、栄養満点の栗ごはんです。

アイキャッチ画像提供:@mestinmania

 
View this post on Instagram
 

メスティンマニアさん(@mestinmania)がシェアした投稿


登山者に人気の山ごはんギア、トランギアの『メスティン』。インスタグラムで、そんなメスティンを使用したとっても美味しそうな料理の写真が大人気の@mestinmaniaさんに、とっておきのレシピを教えてもらいました。今回は、栄養満点!秋ならではのほくほく栗ごはんです。



材料(すべて適量)

材料
提供:@mestinmania

・お米 1合
・白米好きの雑穀(こだま食品)1袋
・生栗 10個程度
・塩 小さじ1
・酒 大さじ1/2

作り方

①生栗を剥く。(剥き方に関しては割愛)

栗ごはん
提供:@mestinmania
②ご飯1合を研ぐ。研いだお米に白米好きの雑穀1袋を入れ浸水する。

リベット
提供:@mestinmania
③浸水したお米に塩、酒、水を加え、リベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分よりも若干上に液量を合わせた後、剥いた生栗を入れ、軽くかき混ぜ蓋をする。(雑穀を入れているため、若干多めの水を加えています)

ポイント!
今回はこだま食品様の『白米好きの雑穀』を使用していますが、白米のまま炊いても美味しいです。またもち米を入れても良いと思います。水加減は白米やもち米を使用する場合は、そのままの水加減(リベットの丸ポチ半分)でOK。

④固形燃料1個(25g)で炊飯する。25gの固形燃料で1合が丁度美味しく炊けます。(寒い時期や外で炊飯する場合は必ずウインドスクリーンを使う!寒い日や強風時はOD缶での炊飯がおすすめです)

シェラカップ

提供:@mestinmania。
④固形燃料が消えたらタオルやメスティンケースなどで10〜15分保温して出来上がり

ポイント!
・きのこなどの具材を入れても良いと思います。
・塩に関しては、種類によって濃さが異なるため注意してください。私は自然塩の塩を使って作りました。




山ではお腹がぺこぺこで、すぐに食べたい!というのが本音。栗は事前に自宅で剥いていき、痛みを防ぐためナルゲンや小さめのタッパーに入れて冷たい水で浸して持ち運べばOK。シンプルな味付けだからこそ、素朴な味わいを楽しめる栗ごはん!秋の味覚、ぜひ試してみてくださいね。

▼今回使用した『白米好きの雑穀』を詳しく
こだま食品 こだまいきいき農場

【その他のメスティンレシピはこちら!】


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

栗ごはん
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!