ミリタリーリュックおすすめブランド別20選!

ミリタリーリュックのおすすめをブランド別にまとめました。登山などにも使える大容量リュックも含めてご紹介します!普通のリュックとは一味違ったデザインが魅力のミリタリーリュック。どこでも使えるタフな相棒を見つけませんか?


アイキャッチ画像出典:Angry Mountain Productions

ミリタリーリュックのブランド別20選!3つのおすすめ理由

ミリタリーリュック ①市販のリュックにはないデザイン、柄
元来軍隊で使われるリュックなので、通常のものとは異なったデザインで、一般のものには無い色・迷彩が採用されています。
②MOLLE(モール)システムによる拡張性 モール規格採用のリュック(サイドなどについている横シマのナイロンテープ)ならば、対応のポーチ、ペットボトルホルダーなどを取り付け可能です。
③頑丈な作り
厳しいアウトドア環境を想定して作られているので、非常に頑丈で耐久性にも優れています。

KarrimorSF

カリマー アウトドアメーカーとして有名なカリマーのミリタリーライン。SFとはSpecial Force(特殊能力)を指しており、ミリタリーという過酷な状況を想定した仕様になっています。

カリマーSFのミリタリーリュック4選

ITEM
カリマーSF エックスライト15
【容量】15L
【重量】330g

独特なデザインが目を引く超軽量バックパック。ウエストベルトはポケット付きで、ハイドレーションにも対応。ランニングなどにも使えます。


ITEM
カリマーSF プレデターパトロール30
【容量】30L
【重量】1,300g

強固な1,000デニールのナイロン生地に耐久性・耐水性を強化する加工を施して使用。巾着カバー式の上蓋が雨や砂の侵入を防ぎます。


ITEM
カリマーSF セーバー30
【容量】30L
【重量】1,100g

風変りなマンドレイク迷彩を採用。メインスペースは耐水性を持たせた仕様で、開閉もドローコード式で、素早く荷物を取り出せます。


ITEM
カリマーSF セイバー 75
【容量】75L
【重量】2,700g

大容量のバックパック。ピッケルホルダー、アイゼンなどのホルダーも備えているので、冬季登山にも使えます。耐久性、耐水性も抜群です。


HAZARD4

Hazard4のリュックを背負った男性 元々一般ユーザー向けにナイロンギアを作っていた会社が、司法機関・軍関係向けに立ち上げたブランド。兵士からカメラマン、バイカーなどにも人気の新規ミリタリーブランドです。

ハザード4のミリタリーリュック4選

ITEM
ハザード4 セカンド フロント ロッタブル バックパック
【容量】20L

荷物を瞬時に取り出せるように本体を背面から前方に素早く回転できるように設計されています。フラップ内には多数のポケットがあり、収納性も抜群です。


ITEM
ハザード4 オフィサー フロントバック スリムオーガナイザーパック
【容量】27L

背面には最大15インチのノートPCなどを収納できるポケットが付属。A3サイズまで楽々収納、ポケットも多く、使いやすさ抜群です。


ITEM
ハザード4 ブロードサイドバッグ ユーティリティーポーチ
モール規格対応の製品に取り付け、さらに収納を拡張できるポーチ。他社製品でも、モール規格対応のリュックなどに使用可能です。


ITEM
ハザード4 フリップボトルポーチ
水筒などの収納に適したサイズで、モール規格対応の製品に取り付けます。他社製品でもモール規格対応のリュックなどに使用可能です。

プランBに付けています。 ペットボトルだけでなく、ウォークマンを入れても使っています。 (イヤホンのコードをとりあえず収めて、必要分だけ引っ張って使っています。) 出し入れ口を、紐で絞って締めるので、出し入れしやすいです。 一時的な小物入れにもなるので、いつもプランBに付けてます。


MYSTERY RANCH

ミステリーランチ 究極のバックパックとして名高いミステリーランチは、米軍の特殊部隊などに採用されています。創業者のデイナ・グリーソンは、現在では多くのメーカーに採用されている革新的なアイデアを次々と具現化しています。

ミステリーランチのミリタリーリュック4選

ITEM
ミステリーランチ ワンデイアサルト
【容量】18.5L
【重量】1,260g

ミステリーランチ独自のY字型3ジップシステムをタウンユース用に落とし込んだリュック。大きく開くのでメインスペースへのアクセスが容易です。

デザインが良く、非常にカッコよいです。 また、背中に大きなチャックがあるので、使い勝手も抜群。



ITEM
ミステリーランチ ガンファイター
【容量】21L
【重量】1,097g

特殊部隊で採用されいたデザインをタウンユース用に落とし込んだリュック。パック正面のスティキットポケットにジャケットなどを挟みこめます。

サイズが小さいので普段使うにはちょうど良い。収納が多いので使い勝手が良い。満足の一品。



ITEM
ミステリーランチ スイートピー
【容量】33L
【重量】1,620g

ミステリーランチ独自のY字型3ジップシステムを最初に採用したモデル。背面長を無段階に調整可能なので、自分の体格に合わせて使えます。

これ一つ持っていれば、と思わせるような頑丈さと機能性です。 値段がはるため勇気のいる購入でしたが、購入してよかったです。 日常からアウトドアまで使い倒そうと思います。



ITEM
ミステリーランチ スリーデイアサルト
【容量】33L
【重量】2,300g

米軍の特殊部隊を中心に多数の採用実績のある名作。ウエストベルトはサイドに収納可能なので、使用状況に合わせた使い方ができます。

とても使いやすく、とにかくかっこいい! 思ってたほど重くもなく、大きさもちょうどいいです! 色違いも欲しいくらいです!


CONDOR

コンドル アウトドア・ミリタリー業界で20年以上の企業・軍隊への販売実績を持った老舗ブランド。ミリタリー製品は高価になりがちな中、比較的安価にプロダクトを提供しているのも魅力です。

コンドルのミリタリーリュック4選

ITEM
コンドル アーバンゴー
【重量】1,600g

1,000デニールナイロン生地で頑丈!ウエストベルトは取り外し可能で、モール満載でミリタリー感に溢れたデザインです。


ITEM
コンドル コンパクト アサルトバックパック
【容量】22L

アジャスターを調整することで少量~多量の荷物まで幅広く対応可能。全体的にコンパクトの割には大容量で、色々なシーンで活躍します。

デザイン・収納量ともに気に入りました。 カメラのほか、日帰り荷物分がちょうど入る大きさです。 各調整ベルトの設定に手間取りましたが、横幅がない分、ぶらぶらせずに体にフィットします。



ITEM
コンドル コンボイ アウトドアパック
【容量】20L

メインスペースはパソコン収納を前提としたパッド入りで、メッシュポケットなども付いています。サイド、バックにもポケットがあり大容量です。

丁度、良いサイズがやっと見つかりました! 収納も多いし、コスト的にも理想のバックパックですね!



ITEM
コンドル スリーデイ アサルトバックパック
【容量】50L

3日間の作戦行動のために作られた大容量バッグ。メインスペースを含め7つのポケットがあり、サイドにポーチを付ければさらに容量がアップします。



TASMANIAN TIGER

ドイツ連邦軍をはじめとした、欧州各国の軍隊などの厳しい欲求に応える製品を生み出し続けているブランド。また、独創的なキャリングシステムでも注目されています。

タスマニアンタイガーのミリタリーリュック4選

ITEM
タスマニアンタイガー エッセンシャルパック 6L
【容量】6L
【重量】480g

ハイドレーションシステムに対応しているので、トレイルランニングなどにも使用可能。チェストストラップにホイッスルも装備されています。

スキー時に小さめのパックが欲しかったところ、丁度よいこのパックを見つけ購入。軽く機能的で使用幅が広がりそう。



ITEM
タスマニアンタイガー ロールアップバッグ 6L
【容量】6L
【重量】450g

丸めてコンパクトに収納・携帯可能な軽量バックパック。旅行時の予備に携帯したりと何かと便利なサイズです。


ITEM
タスマニアンタイガー コンバットパック 22L
【容量】22L

3面モール対応で、前面には内部にファスナー付き仕切りのある2つの前面ポーチが付属。ヒップベルトは取り外し可能な作りになっています。

新しいタイプのコンバットパックではサイドにポケットが装備されていますが、旧タイプには着いていません。同じ22Lサイズのアークテリクスアロー22と比べると間仕切りのデザインが違うせいか、容量が大きく感じます。使いやすさはこちらのほうが良いかもしれません。



ITEM
タスマニアンタイガー レイドパックMk2 45L
【容量】45L
【重量】2,600g

蓋上部を含めて4面にモールが装備されていて、拡張性が非常に高い作り。背中への負荷を減らすX1システムが採用されています。

どんどん使い倒せる耐久性

ミリタリーリュック 通常のリュックよりも過酷な環境で使用されることを想定して作られたミリタリーリュックは、どんなシーンでも耐えうる耐久性・信頼性を持っています。長く使えるリュックをひとつ、手に入れてみてはいかがでしょうか?

Very sturdy!militaly backpack

超頑丈!ミリタリーリュック

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ミリタリーリュック
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!