カメラリュックはどんなのがおすすめ?女子向け、登山用も総まとめ!

2019/10/31 更新

カメラリュックのおすすめを総まとめしました。女子向け、登山でも使えるもの、2気室のもの、大容量のものなど色々掲載!Hakuba、マンフロット、バンガード、クローム、ロープロなど、人気ブランドのリュックをご紹介しています。


アイキャッチ画像出典:Manfrotto Imagine More_facebook

カメラリュックを選ぶ3つのポイント

カメラで写真を撮影する男性出典:amazon

肩掛けできるショルダーバッグの方が機材の出し入れは便利ですが、一本のベルトで重さを支えているため、荷物が増えると体への負担が増します。そんなときに便利なのがリュックです。両肩、腰に重量を分散できるので、より楽に機材を運搬できます。では、選ぶ際はどんな点に気を付ければ良いのでしょうか?


① どれくらいの容量、サイズが必要なのかを決める

カメラを携えた登山者出典:amazon

カメラリュックには色々なものがあります。大容量のものや、機材と荷物を整理しやすい2気室タイプ、サイドに三脚が固定できるものなどがあるので、ご自身の手持ちの機材や、用途で選びましょう。必要以上に大きい物だと、リュック内部がスカスカになり、中の物が揺れてぶつかり、破損の原因になるかもしれません。


② 身体に合うリュックを選ぶ

普段使いや、ちょっとしたお出かけ程度で、そこまで機材が多くなければあまり気にする必要はありませんが、機材を多く持ち運ぶ、本格的な構造のリュックを使用するなら、身体に合うものを選ぶことが重要です。背面長やフィッティングについてのまとめがあるので、気になる方はそちらで確認してみましょう。


③ ヒップベルトや調整ベルトの有無を確認する

重量が増せば増すほど、リュックの体へのフィット感が重要になってきます。重量が分散できるヒップベルトや、身体へのフィット感を上げることのできるチェストストラップ、ショルダースタビライザーの有無を確認しましょう。また、荷重を支える腰のパッドもしっかりしたものか確認しておきましょう。


カメラリュックのおすすめ14選

街中で使えるようなおしゃれなデザインのモデルも含め、人気ブランドの製品をご紹介していきます!


HAKUBA ブロス

ベーシックな機能性と落ち着いたデザインの3色展開のカメラバッグです。表生地には軽量で上品な光沢感が特徴の高密度ナイロンツイルに、水に強い裏面PVC加工を施した生地を採用しています。
ITEM
HAKUBA ブロス
【スペック】
■容量:12L

シンプルなデザインでビジネスシーンでも違和感なく必要な時にはサイズからサッとカメラが取り出せます。上部は一泊分位の着替えなら入る位の収納があります。
PC,書類の収納スペースもあり見た目によらず色々と入ります。
色々と探しましたが普段から使えるカメラリュックとして今出回ってるリュックの中では最高のデザインだと思います。
ハクバさん、
値段を倍にしても良いのでもっと丈夫で高級感のある素材とチャックにしたものを是非作って下さい!


HAKUBA GWアドバンス ピーク

山登りやハイキングなどに最適なカメラバックパックです。日本人の体形に最適化したハーネス形状や、ワイヤーフレームを搭載しS字曲線を描き背中へフィットする曲面構造の背面システムなど、身体への負担を軽減するさまざまな機能を搭載しています。
ITEM
HAKUBA GWアドバンス ピーク
【スペック】
■容量:25L

カメラリュックとしてはベストだと思います。一泊程度の荷物とカメラが安心して運べます。首が楽になるフックの形状とカメラ保護クッションの容量が改善されれば無敵でしょう。誰にもカメラリュックと思われないのも良いと思います。


HAKUBA トレック

メイン収納部が上下に分かれており、カメラ機材やそれ以外の荷物を機能的に収納することができます。小物収納に適したポケットも充実しており、ハイキングや旅行にも適した仕様になっています。
ITEM
HAKUBA トレック
【スペック】
■容量:20L

エツミ カメラリュック フィールドザック 15L E-4187から買い替え。
一回り大きいですが、容量が増え、出し入れがしやすいです。
真ん中のジッパーで上下に分かれておりカメラ、レンズを上部ストロボ、スタンドのヘッド、バッテリーなどを下部に入れています。
両方に個別の口がついており、ワンアクションでアクセスできます。
1D+24-70mmF2.8L+430EXIIx3+ストロボ用ヘッドx3+予備電池が入ります。
下部は深い作りになっていますが、ジッパーが奥まであり、奥の物も見渡すことが出来ます。
内部もナイロン製で繊維くずなどの心配もなく必要充分な性能があり、コスパの良いカメラバッグです。


Manfrotto NEXTコレクション 13.2L

上下2気室で上段に身の回りのアイテム、下段にカメラ機材を収納することができます。カメラ収納部分に可動式の仕切り付なので、標準レンズ付一眼レフとレンズ2本とアクセサリーを収納可能です。
ITEM
Manfrotto NEXTコレクション 13.2L
【スペック】
■容量:13.2L

ニコンD7200に18-140mmレンズを付けたまま入るバックを探していました。インナーケース(ジッパー式の蓋付き)にレンズフードを付けたままピッタリ入りました。それでも全体の半分しか占めないため容量としては十分です。基本はスリリングバックとして使いますが、取っ手がついているため横向きにしても使え大変重宝します。値段も大変リーズナブルで大満足です。インナーケースを取り出せば、普通のデイバックとして使えます。カメラバックにみえないのも気に入りました。


Manfrotto Streetコレクション 12L

ストリートカジュアルのテイストにぴったりとくる、カーキとデニム柄をベースにインナーに迷彩柄を採用したおしゃれなバックパックです。バックパックは下段にカメラ収納部を設けた上下2室構造で、上段には小物を整理して収納できるポケットを多彩に装備しています。
ITEM
Manfrotto Streetコレクション 12L
【スペック】
■容量:12L

カメラスペースにはNikon D810も入れることができました(難なくチャック閉まるけどちょっと膨らみます)。
カメラ用ではない上部スペースも、バッグサイズの割には大きめで、500mlペットボトルも縦に入れることができます。
背中側には15インチが入るノートPCスペースもあり、デザインも普段使いできるレベルだと思います。
2気室タイプの、軽い撮影用バッグとして、オススメです。


Manfrotto Pro-lightコレクション 42L

Pro-Vシリーズは プロの過酷な使用に耐え得る高い耐衝撃性、耐久性をもった大容量のバックパックです。 軽量・強化素材を採用することで、大幅な軽量化を実現し大型プロ用ビデオバッグでは最軽量となっています。
ITEM
Manfrotto Pro-lightコレクション 42L
【スペック】
■容量:42L

AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+D4を楽勝でイケます。
内部素材も柔らかシルキーです(笑)
小物もたくさん入ります。

VANGUARD HAVANA 41

ハバナ41はバックパックタイプのカメラバックです。日常での使用からトレッキングなどアウトドアでのアクティビティまで幅広いシーンでの使用がおすすめです。街やフィールドで重い機材を持ちながら、活動的に自由に動きたい方におすすめのモデルです。
ITEM
VANGUARD HAVANA 41
【スペック】
■容量:22L

パソコンが入って、カメラシステムが入って、さらに手回り品も入る。
スーツケースなどのハンドルを通すベルトもあるので旅行の時にも持ち運ぶが楽なのでつい購入してしまいました。

パソコンは13インチまでのウルトラブックと書いていますが、14インチのPC(330×220)でも余裕で入りました。
黒系統が多いカメラバッグにおいてこの色で使い勝手の良いものはなかなか無いので買ってよかったと思います。
インナーバッグは取り外しができるので、旅行先でカメラを持たずに歩きたい時なども重宝すると思います。両サイドのポケットも大きいので旅行で水をたくさん持つ必要があるときでも助かります。


VANGUARD Adaptor 45

少ない機材の時は取り出しやすさを優先してスリングバッグに、たくさんの機材を持って行くときは快適さを優先してバックパックにと、アクティブなフォトグラファーのニーズに応えるパックパックです。
ITEM
VANGUARD Adaptor 45
【スペック】
■容量: 9.7L

4.5Lの値段が安かったので購入したが、FDR-AX100のフードを外して収めるのが精一杯だったために、7.6Lを追加購入。
値段的には倍くらいしたが、結果的に大満足。
同梱の仕切りを全て外して、本体とバッテリー(NP-FV100 × 1本 / NP-FV70 × 3本をPSP用ケースに入れて)、SONY ステレオマイクロホン ECMXYST1M(これもPSP用ケースに入れて)、フード(本体から外して)、SDカードケース(6枚入り)、電源ケーブルとリモコン(上部の収納ネットに入れて)をすっきり収納できた。

機材の保護性も十分だし、コンパクトに機材を収納できる作りは、さすが。


Lowepro フリップサイド300

コンパクトで軽量なデザインのフリップサイド300は機材を安心して持ち歩くことができます。内部へは背面から取り出す構造なので、旅先での盗難防止にも役立ちます。バッグ側面のアクセサリーポケットは携帯品やアクセサリーを収納できアクセスも簡単です。
ITEM
Lowepro フリップサイド300
【スペック】
■容量:13L

NIkon D7100 + 70-200mm/f2.8 及び 広角単焦点1本を格納して使用しています。

私の場合日頃は望遠ZOOMの使用頻度の方が圧倒的に高いので、このバッグはレンズ装着のまま格納でき、かつスリムなのでとても重宝します。

逆に言えば、様々な機材を格納するような方々には絶対容量が不足しているのは間違いないと思いますので、注意が必要かと思います。


Lowepro プロタクティック 450 AW

天面、両側面、背面の4方向から機材にアクセス可能なカメラバックです。すばやく機材を取り出せるので撮影の瞬間も逃しません。通気を確保するアクティブゾーンシステムで快適に機材を持ち運べます。
ITEM
Lowepro プロタクティック 450 AW
【スペック】
■容量:19L

頑丈な作り、機能的で整理しやすいです。この商品を選んだ理由は、ヨンニッパを装着したまま7D2を収めることができ、かつ国内線に機内持込み可能な大きさで選びました。高価なのかもしれませんが長く使えそうなので大満足です。


Lowepro プロランナー BP 450 AW 2

仕切りのカスタマイズも楽にできるマックスフィットシステムによって収納性を向上したモデルです。通気を保つ3Dメッシュのハーネスシステムとウエストベルトは、肩と腰に荷重を分散させ快適性を保つので長時間の装着でも疲れにくい仕様になっています。
ITEM
Lowepro プロランナー BP 450 AW 2
【スペック】
■容量: 19L

とにかく縫製がしっかりしており安心感があります。同じプロランナーでBP350AWを使用していましたが、風景写真を撮るようなときに5DmarkⅢに100-400を取り付け、24-70mm、16-35mmを入れ、そのほかにNDやPL小さなストロボ、予備バッテリー、乾電池等々を入れると、もう一杯過ぎてバッグを閉めるのに一苦労でした。そこでフル装備時用にこのBP450AWを購入しました。ちょうどいいサイズで満足しています。現在は350AWと450AWを状況により使い分けています。


クローム NIKO PACK

全天候対応型のラップトップスリーブを搭載のカメラ専用バックパックです。一日がかりの撮影の為に開発されたバックパックで、レンズやフラッシュなどを収納するカスタマイズ可能のコンパートメントと、ケーブルなどを収納できる複数のポケットを搭載しています。
ITEM
クローム NIKO PACK
【スペック】
■容量:23L

多少ラフな服装が許されるセミナーでの映像撮影に必要でいたので購入しました、
かなり大型の三脚しか持っていなかったのですが、肩パッドなどもしっかりしており、
機能性も私が使用する分には十分でした。
贅沢を言えば、小型PCやA4書類が入るポケット部分にもう少しマチがあれば、と願います。
(PCとA4クリアファイルを入れるとパンパンだったので。)


サンワダイレクト 200-BG023

一眼カメラやレンズや周辺機器など、たっぷり収納ができるリュックタイプのカメラバックです。バッグのサイドはカメラ収納部になっており、ファスナーを開ければリュックを下ろすこと無くカメラを取り出す事ができます。
ITEM
サンワダイレクト 200-BG023

商品を手にして予想していたより大きかった。しかし,作りはガッシリしており,リュック1個で着替えやカメラが全て入るので1泊の旅行には良いかもしれません。早速,1泊の撮影旅行に行ってきます。


Amazonベーシック カメラリュック 21.1L

小型一眼レフカメラ本体、レンズ3台、および追加の小さなアクセサリーを収納可能なカメラリュックです。耐久性に優れた黒のポリエステル、ナイロン外装素材を使用していますので、タフな環境にも使用可能です。
ITEM
Amazonベーシック カメラリュック 21.1L
【スペック】
■容量:21.1L

アウトドア用に一眼レフカメラを持ち出すために購入。
バック自体が軽いのでとても良いです。
アマゾンのチャックのとこのロゴもかわいいです。
強くひっぱるとチャックのロゴが取れるので注意。ペンチで直せば全然大丈夫です。

中の仕切りもレイアウトを自由に変えれるので使い易いです。
持ち歩き用として購入しましたが、使い勝手が良いので車にカメラを常備するバックとして活躍中です。
三脚をつける部分が片方固定されてるともっと良かったかな。

腰と胸につける安定ストラップがあるので、
山登り、トレッキング、ハイキングを兼ねての撮影にはぴったりです。
安いわりに秀悦!
重宝します。


女子に人気のカメラリュック6選

ガッチリすぎない、女子でも使いやすいカメラリュックをご紹介します!


ナショナルジオグラフィック カメラリュック オーストラリアコレクション 17.4L

ナショナルジオグラフィックの人気カメラバッグ。オーストラリアの青い海に赤い大地をイメージした配色で、裏地にはユーカリの葉をプリント。仕切りを自由に設定でき、記事もはっ水仕様なので、少々の雨なら問題ありません。

ITEM
ナショナルジオグラフィック カメラリュック オーストラリアコレクション 17.4L

見た目も良く、機材もきちんとおさまります。また背中側のクッションもよく、背負っていて疲れません。
先日、渓谷で撮影中に足を滑らせて背中から転びましたが、このリュックがクッションとなり怪我もせず助かりました。もちろん中の機材も無事でした。
欲を言えば、サイドのポケットのフックがすぐに外れて広がってしまい、中身が落ちる危険があるため、ジッパー式にするなど、確実に狭くできるようにしてほしいのと
ドリンクを入れているときは広げたままなので問題ないです
、上部収納の内側開閉部も開けにくいところでしょうか。


Koolertron 一眼レフカメラバッグ ブルー ブラック

バッグはズックの素材を採用して、 本体は丈夫になり撮影などの出掛けに行くとき潰れ難くなります。一眼レフカメラ収納ケースは付属の間仕切りパッドで、 自由にレイアウトできるので機材の整理が簡単です。
ITEM
Koolertron 一眼レフカメラバッグ ブルー ブラック

これまでは、カメラバッグと別にリュックを背負って出かけていたのですが、
これは上部に手回り品を収納出来るので、荷物が減らせて良いと思いました。
リュックサイドのメッシュ部分にペットボトルも入れられるので、
リュック内部に水ものを入れなくて良いのも利点ですね。


Koolertron 一眼レフカメラバッグ レッド

旅行や通学、買い物やアウトドアでも使えるオシャレなデザインのカメラバックです。機能性と収納性、デザイン性をとことん追求し、肩ベルトは疲れにくい厚めの緩衝剤入り、長い時間で着用しても疲れないよう工夫された仕様になっています。
ITEM
Koolertron 一眼レフカメラバッグ レッド

最近にわかカメラ女子になった妻へのプレゼントに買いました
仕切りが移動できるので、どうするかで悩むのが楽しいらしく
いろいろと変えて使用しています!
とっても容量もあるしバッグのカバーがついているので
どこへでも連れて行っています!
お洒落なのでお気に入りのバッグになりました!


OUTDOOR カメラデイパック01 14.1L

アウトドアリュックサックの定番デザインのカメラバックです。上段のフリー収納スペースには13インチノートPC収納部を装備し、下段のカメラ収納部は左右両サイドアクセス構造で機材を素早く取り出せます。
ITEM
OUTDOOR カメラデイパック01 14.1L
【スペック】
■容量:14.1L

BBfield カメラバッグ

見た目以上に収納力のあるコンパクトなカメラバッグです。仕切りが入っていてメモリーやバッテリーを入れておくポケットも付いているので整理しやすく、軽量なので持ち運びが簡単で片付けに場所を選びません。
ITEM
BBfield カメラバッグ
【スペック】
■容量:11L

収納力も記載通り。クッションもそこそこ。とても軽い。
しかしながら軽量である反面、堅牢性には若干の不安が残ります。タフな使い方をされるかたには「どうかなぁ...」と
とは言え、値段で考えれば非常に良い商品だと思います。


サンワダイレクト ソフトクッションボックス ワイドサイズ

どうしても気に入るリュックがなければ、今お使いのお気に入りのリュックを使えるようにする手もあります!

ITEM
サンワダイレクト ソフトクッションボックス ワイドサイズ

CANON EOS KissX7 に使用しています。

18-55ミリレンズを付けた状態だと写真の様な感じで収まります。

55-250ミリレンズを付けると、同じように入れるのは無理です。

値段の割に、クッション性はあるし、使いやすいです♪


登山で使いやすいカメラリュックとは

カメラリュックを登山で使用する出典:風来堂

通常の登山用リュックは、カメラを持ち運び&使用しやすい構造ではないため、カメラを取り出すためにリュックを降ろす必要があります。そういった煩わしさをなくすため、登山用とカメラ用のリュックの機能が合わさったモデルもあるのでご紹介します。


ノースフェイス テルスフォト 40

本体中央に約10Lの取り外し可能な仕切りつきカメラ収納部を備えたカメラバックです。パック背面中央に1本のフレームを入れ、パック本体の安定性を向上させる仕様になっています。
ITEM
ノースフェイス テルスフォト 40
【スペック】
■容量:40L

やはりこのカメラバッグは、らしくない外観デザインが素晴らしい!
細身のスタイルに、引き締まった黒の生地は滑らかで汚れも着きにくい。
固いカメラの仕切りは、ファスナーで更にしっかり固定されていますが、
取り外せますし、上部にも下部にも移動可能で、好みのレイアウトが出来ます。
表に三脚が取り付けられる仕様ですが、サイドにも取り付け可能。
首の負担ZEROフックも簡単奨着!
動画での詳しい説明は2yosihiroでご覧いただけます。


HAKUBA アルパイン40

本格的な山岳用バックパックの構造を取り入れた山小屋泊まりの登山などに最適な40Lサイズの大型カメラバックパックです。日本人の体形に最適化したハーネスと背中へフィットする曲面構造のアルミニウムフレーム内蔵背面パネルで、身体への負担を最小限に抑え快適な撮影登山をサポートします。
ITEM
HAKUBA アルパイン40
【スペック】
■容量:40L

40リットルの決定版ではないかと思います。
他の方のレビューでハイドレーションチューブを出す穴が無いとありましたが、マジックテープを使った穴がちゃんとあります。
三脚を正面につけれることも大きな特徴ですが、上部気室へのアクセスが難しくなります。
上部気室はあんまりつかわないもの
天面の大型ポケット、最下部気室によくつかうものを入れると非常に使いやすいのではないかなと思います。
ベルト部のボトルホルダーは左右二箇所あるので携行食を入れるなど非常に便利だと思います。


Manfrotto Off road 30L

撮影も山歩きも楽しめるアウトドア仕様のカメラザックです。容量は1日ハイキングにぴったりの30リットルで、より快適にカメラ機材が収納・持ち運べるザック仕様となっています。
ITEM
Manfrotto Off road 30L
【スペック】
■容量:30L

デザインがかっこいいじゃないですか。
しかもそれだけでなく、一眼レフや三脚を抱えていく人にとってのベスト商品でもあります。機能性等他の人と同じ感想です。
ザックのあちこちにカメラマークなどがついており、収納時の機能を簡単に教えてくれています。首の負担が0フックとの相性が抜群なのでそちらも用意するといいと思います。
日帰りや山小屋泊程度なら十分に対応できると思います。オススメですよ。


VANGUARD Kinray 53PR

丈夫で耐候性のあるカメラバックで、悪天候からも機材をしっかり守ってくれます。フロントの大きな開口は機材へ素早くアクセスすることができ、シャッターチャンスを逃しません。背面パネルには通気性の高い素材を使用し快適さをキープしてくれます。
ITEM
VANGUARD Kinray 53PR
【スペック】
■容量:30.5L

この価格でこのサイズは最高です。
300F2.8レンズもカメラを着けたまま入れることができ、他にレンズも収納可能。
中のクッションを取り外しすれば普段使いもでき便利です。


カメラホルダーをザックに着けた男性出典:amazon

また、カメラを持ちやすくするためのアイテムも販売されているので、使う状況によってはこれらのアイテムをお持ちのリュックに組み合わせるのもアリかもしれません。


HAKUBA 首の負担がZEROフック

パックパックに取り付けたフック状のパーツにカメラストラップを引っ掛けることで、首に掛かるカメラの重みをゼロにする画期的な製品です。
ITEM
HAKUBA 首の負担がZEROフック

首に直接当たらないので楽です。装着方法は2種類あります。ZEROフックの穴2カ所にベルトを通す方法と上部をスライドして装着する方法です。
私のバックはスライド方式でないと装着できないのその方法で説明します。写真を掲載していますので簡単にわかると思います^^
上部を押し下げて上に持っていきます。ベルトに滑り込ませます。全部入れたら押し下げて元の位置に戻し「カッチ」と音がするまで押さえます。


COTTON CARRIER ストラップショットEV1

バックパックや斜めがけバックのショルダーストラップにカメラを装着するキャリーシステムです。新仕様EV1はカメラに取付けるハブシステムを改良し、一眼レフから駆体の薄い小型機材まで快適な装着を実現しています。
ITEM
COTTON CARRIER ストラップショットEV1

山歩きのお供として購入しました。
付属のグリップストラップも良いですが、
私はノーマルのネックストラップを利用しています。
唯一困る(使い勝手が悪い)のはリュックを下ろすときです。
カメラを忘れて「よっこいしょ」とリュックを下ろすと、
カメラが「ごろーーん」って転がってしまいます。
それ以外は、理想のツールです!!
山歩きとカメラ好きのご同輩には超お勧めです!


カメラリュックでカメラをもっと楽しもう

バンガードのカメラリュックを背負った人出典:VANGUARD
カメラリュックはタウンユースでの活用においてはもちろんですが、登山等のアウトドアでのアクティブな活動時のカメラ収納にとてもおすすめの商品です。いつでもどこでも気軽に撮影を楽しむことができるので、心に残った素敵な瞬間を逃さず切り取ることができます。

Let’s enjoy easy shooting anytime anywhere with camera backpack.

カメラリュックでいつでもどこでも気軽な撮影を楽しもう

編集部おすすめ記事


        紹介されたアイテム

        HAKUBA GWアドバンス ピーク
        Manfrotto NEXTコレクション…
        Manfrotto Streetコレクシ…
        Manfrotto Pro-lightコ…
        Lowepro フリップサイド300
        Lowepro プロタクティック 450…
        Lowepro プロランナー BP 45…
        クローム NIKO PACK
        サンワダイレクト 200-BG023
        Amazonベーシック カメラリュック…
        ナショナルジオグラフィック カメラリュッ…
        Koolertron 一眼レフカメラバッ…
        Koolertron 一眼レフカメラバッ…
        サイトを見る
        OUTDOOR カメラデイパック01 1…
        BBfield カメラバッグ
        サンワダイレクト ソフトクッションボック…
        ノースフェイス テルスフォト 40
        HAKUBA アルパイン40
        Manfrotto Off road 3…
        VANGUARD Kinray 53PR
        HAKUBA 首の負担がZEROフック
        COTTON CARRIER ストラップ…
        \ この記事の感想を教えてください /
        GOOD! BAD

        関連する記事

        関連する山行記録 byヤマレコ

        カメラリュックを背負った男性
        この記事が気に入ったら
        「いいね!」をしよう
        Ryo

        旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

        登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

        アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

        150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
        アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
        お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!