アメダスの防水スプレーが効果抜群!使い方と取扱店のまとめ

防水スプレーのまとめ。服や靴、かばんに使え、低価格なのに高評価なアメダスの防水スプレーの効果的な使い方、取扱店を紹介!成分種類上多くの製品に使えますが、頻度や量を間違えてシミを作らないようにしましょう。大切なアイテムをしっかりケアしよう!


アイキャッチ画像出典:naokohara

アメダスの防水スプレー 成分と効果

買いやすい価格で効果抜群のアメダス防水スプレー!

アメダスの防水スプレー
出典:m-piu.com
防水性が高いと評価されているアメダスの防水スプレー。通常の防水スプレーに比べ、防水のみならず、油からの防汚効果が高いのが人気の理由。生地の柔軟性・通気性を損なうことなく繊維1つ1つがコーティングされ、雨や雪、ホコリなどの汚れを防ぎます。

アメダスの防水スプレー 成分と効果

アメダスの防水スプレーをバッグにかける
出典:globalrakuten
フッ素系は全般に使えるところが利点です。スエード生地・ナイロン生地や、合成革製品、ゴアテックス素材、布系まで幅広く使えます。服、靴、かばん、スニーカーなど色んな製品に使ってあげましょう。

アメダスの防水スプレーの評価は?

アメダスの防水スプレー 効果的な使い方

服や靴を買ったらアメダスの防水スプレーをすぐ使おう

スエード生地の靴にアメダスの防水スプレーをする
出典:thefineyounggentleman
新しい衣類や靴、かばんを買ったらまずやることは防水スプレーを吹きかけることです。そうすることで防水性があがるだけではなく、その後ついた汚れなども落としやすくなり効果がアップします。

注意!アメダスの防水スプレーでシミをつくらないために

間違った方法で靴にアメダスの防水スプレーをして染みる
出典:SLIP-ON Online Shopping
色落ちしたり、ムラができたり、白くなってしまうといった声を聞くことがあります。そのほとんんどの原因はかけ過ぎです。製品が濡れてしまうくらいかけると逆効果なので、表面がちょっと湿る程度に靴ひもなどを含め全体にスプレーしましょう。

アメダスの防水スプレーをより効果的に使うには

服にアメダスの防水スプレーをして弾いている
出典:amazon
まず製品の汚れをしっかりとってあげましょう。汚れをそのままにしてスプレーすると、汚れを一緒に固めてしまい、汚れが落ちなくなってしまうこともあります。1度かけて乾かしてから再度スプレーすることで、効果を倍増させることもできます。

アメダスの防水スプレー 頻度はどれぐらいがいい?

アメダスの防水スプレー3つ
出典:足のともだち
何度も雨に濡れるうちに効果が薄れるだけでなく、晴れの日に使用していてもだんだんと防水性は落ちてきます。使用頻度によりますが、1~2ヶ月に1度はメンテナンスをしてあげましょう。

アメダスの防水スプレー 取扱店は?

アメダス 防水 スプレー 420ml

アメダスの防水スプレーは、Amazonや楽天市場などの通販サイトをはじめ、お近くのスーパー、ドラッグストアに売っていることが多いです。頻繁に使用する人はネットでまとめ買いをしても良いでしょう。

アメダス 防水スプレー 420ml
アメダス 防水スプレー 420ml

¥ 1,452

今まで安価な防水スプレー使っていましたが、靴屋さんで勧められたことがありアマゾンで購入しましたが安価なものと量、効果が全然違います。
スゥエードのスニーカー2足と傘にスプレーしましたが未だたっぷり残っています。
安価なものにはたっぷり濡れるほどスプレーしてくださいと書いてある防水スプレーが多いですがアメダスはしっとりする程度でよいので費用対効果も大です。
出典:Amazon

汚れやすい靴にこそアメダスの防水スプレーを!

step-5-condition-and-recolor-with-saphir-suede-spray
出典:hangerproject
雨の日の登山で、赤土がトレッキングブーツやレインウェアにこびりつき、生地を劣化させてしてしまった…。そんな経験はありませんか?防水スプレーは、雨からあなたを守るだけでなく、大切な登山ギアを汚れから守ってくれる優れもの。レインウェアはもちろん、ザックやシュラフ、ダウンジャケットなど、あなたを守るアイテム達はアメダスの防水スプレーで守ってあげよう!

Let’s spray your favorite shoes!

お気に入りの靴にスプレー

紹介されたアイテム

アメダス 防水スプレー 420ml

アメダス 防水スプレー 420ml

¥1,452 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

あなたにオススメ

関連する山行記録 byヤマレコ

アメダスの防水スプレーを登山靴にかける
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」