分離型ガスストーブの大本命!SOTO「フュージョントレック」はコンパクトなのに安定感抜群

2022/03/30 更新

安定感の分離型、コンパクトな一体型、山で使うストーブとしてはどちらも捨てがたいですが、それぞれのメリットを融合した”いいとこ取り”のストーブが、<SOTO>フュージョントレック軽量コンパクトなのに安定して使いやすい山岳での厳しい環境にも適応したこのストーブを、さまざまな角度からレビューしました。

制作者

ライター

黒田猫太郎

近所の山から遠くの山まで、春夏秋冬、毎週のように山で遊んでいたら、いつの間にか25年、山歴だけは長くなってしまいました。山遊び経験を活かした様々なウェアやギアのレビュー、身近な山や自然の魅力を発信していきます。特に「くじゅう連山」や「脊振山地」あたりに出没中。

黒田猫太郎のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像撮影:筆者

分離型ガスストーブは重い?かさばる?

出典:PIXTA(一般的な分離型ガスストーブ)
登山での調理に欠かせない携帯型ストーブ(バーナー)。さまざまな燃料を使うストーブがある中、現在では手軽さからOD缶(ガスカートリッジ)を使うガスストーブが主流です。

分離型は高い安定性がメリット、重くてかさばるのがデメリット

比較
撮影:筆者
ガスストーブには、OD缶の上に燃焼部を接続する「一体型」、OD缶にホースを接続して燃焼部を別に置く「分離型」の2種類があり、以下のようにメリット・デメリットがあります。
分離型一体型
メリットバーナー位置が低く、脚が広がり安定している脚部がないため、軽量でコンパクト
デメリットホース・脚部があるため重くなりコンパクト性に欠けるバーナー位置が高く、安定性が悪い

軽量コンパクトな分離型が誕生!

分離型ストーブと一体型ストーブの比較
撮影:筆者
今回紹介する<SOTO(ソト)>FUSION Trek(フュージョントレック)は分離型のガスストーブ。従来の分離型のメリットは大きなクッカーでも安定して使用できる事ですが、その分、重くてかさばるというのがデメリットでした。

しかし、フュージョントレックは、分離型なのに軽量コンパクトというのが特徴。実際に試して使用感を紹介します。

軽量性と安定性を両立!フュージョントレックの特徴は?

SOTO フュージョントレック
撮影:筆者
フュージョントレックは軽量コンパクトながら高い安定性を持つガスストーブ。しかし、それ以外にもさまざまな特徴があります。ここからは細かく見ていきましょう。

200gを切る軽量性とコンパクト収納

フュージョントレックのサイズ
撮影:筆者
フュージョントレックは182gと軽量。さすがに一体型ほどではありませんが、3本のゴトクを折りたたむとかなりコンパクトになります。

SOTO フュージョントレック
撮影:筆者
付属の収納袋に入れても、18cm角の大きめのクッカーにスッポリ入りました。

2アクション!組立簡単

SOTO フュージョントレックの組立手順
撮影:筆者
組立はとても簡単。「①OD缶に接続」して「②ゴトクを開く」2アクション。収納する場合は、この逆です。
細かい作業は無いので冬山登山用の厚手グローブをしたままでもOKでした。

不整地でも使える3本脚

フュージョントレック
撮影:筆者
ゴトクと一体化した3本の脚でしっかりとバーナーやクッカーを支えます。

不整地
撮影:筆者
脚の先は小さめなので、石が多い河原でも置き場に困りません。「キャンプ場でストーブ置き場を探して一苦労」なんてことも少なくて済みそうです。

クッカーを安定させるゴトクのすべり止め

ゴトク
撮影:筆者
さらに安定感を高めているのがゴトクのすべり止め。深い切り込みなので簡単にはクッカーが横ズレしません。

安定した火力の「マイクロレギュレーター」搭載

マイクロレギュレーター
撮影:筆者
フュージョントレックは「マイクロレギュレーター」搭載なので、冬でも長く安定した火力を保ちます。
ガスカートリッジを使う場合、低温環境やガスの連続使用による気化熱によって、ガスの圧力が低下することがあります。その場合、ガスの火力が弱くなってしまい、お湯がなかなか沸かないなんてことに。その圧力の変化を調整するのがマイクロレギュレーターです。

耐風性に優れるバーナーヘッド

バーナーヘッド
撮影:筆者
風を防ぐこともストーブの火力を安定させるポイントです。フュージョントレックのバーナーヘッドは、短い火足で300個以上の炎口と、すり鉢形状により、高い耐風性を持っています。

OD缶側で安全に火力調整

フュージョントレック
撮影:筆者
フュージョントレックの火力調整用ツマミはガスカートリッジ側。一体型のようにバーナー直下ではないので安全です。しかも長く大きいので、厚手グローブをしていてもつかみやすくなっています。

点火には別途ライターなどが必要なので注意

フュージョントレック
撮影:筆者
軽量化のためなのか、点火装置は付いていません。点火するにはマッチやライターなどの点火道具が必要です。キャンプの場合は点火道具を持っていることが多いですが、登山の場合は持っていない可能性も。忘れて「火が付けられない!」ということがないように注意しましょう。

3本ゴトクの安定感は?大小のクッカーを載せてみました

大小のクッカーを載せてみました
撮影:筆者
フュージョントレックの特徴を見てきましたが、実際にクッカーを使い、安定性やお湯の沸き具合、使用感を確認しました。
使用したクッカーは以下の3種類。
・シェラカップ(200cc)
・小型クッカー(500cc)
・大型クッカー(1.5リットル)

なお、記事内に沸騰するまでの所要時間を記述していますが、気温や風、そのほかの諸条件で変わります。試した日は気温6℃、ときおり北風が吹き付ける寒い日中です。

シェラカップ 200cc

シェラカップ
撮影:筆者
筆者は冷めたスープやコーヒーを温める時、シェラカップを直接火にかけます。

シェラカップ
撮影:筆者
フュージョントレックはバーナーヘッドが大きく、ゴトクの間が広いので、底面直径7.8cmのシェラカップが載るか不安でしたが、なんとか載りました。ただし、ちょっとズラすと落ちてしまいそう。

シェラカップ
撮影:筆者
チタンのシェラカップに200ccの水を入れましたが、沸騰するまで約1分30秒、あっという間でした。

小型クッカー 500cc

小型クッカー
撮影:筆者
ちょっとした調理やカップ麺のお湯など、ソロでの行動でよく利用するチタン製クッカーに500ccの水を入れ沸かしてみました。

小型クッカー
撮影:筆者
底面直径12cmのクッカーを載せてもゴトクが余り、とても安定感があります。

小型クッカー
撮影:筆者
4分で沸騰。煮込み料理を想定して、お玉でお湯をかき混ぜてみましたが、全体が揺れるような気配はなし。安定性に不安はありません。

大型クッカー 1.5リットル 

大型クッカー
撮影:筆者
本格的に調理する場合や、複数人で使用する時に使う1.5リットルのアルミクッカー。さすがにストーブがクッカーに隠れて見えません。

大型クッカー
撮影:筆者
安定感に不安は無く、底面横幅15cm(対角18cm)の重いクッカーをしっかりと支えています。

大型クッカー
撮影:筆者
沸騰するまで約10分。ここまでシェラカップ、500ccクッカーと連続して使っているので、OD缶の圧力は少し下がっているはず。それでもマイクロレギュレーターのおかげで、予想時間内に沸騰しました。お玉でかき混ぜましたが、クッカーのハンドルを持たなくても不安はありません。

SOTO「フュージョン」との違い、使用シーンは?

フュージョン SOTOには、同じ分離型ストーブとして「フュージョン」があります。2モデルの違うポイントをまとめてみました。
フュージョントレック SOD-331フュージョン ST-330
外形寸法幅430X奥行140X高さ100mm(使用時・本体のみ)
幅110X奥行60X高さ100mm(収納時)
幅350×奥行120×高さ90mm(使用時・本体のみ)
幅150×奥行75×高さ90mm(収納時)
ゴトク160mm(外径)、62mm(内径)、3本165mm、4本
重量182g250g
発熱量3.5kW(3,000kcal/h)2.6kW(2,200kcal/h)
使用時間約1.3時間(SOD-725T 1本使用時)約1.5時間(ST-760 1本使用時)
ガスカートリッジOD缶CB缶
点火方式無し圧電着火方式
付属品収納ポーチ
税込価格9,900円9,900円
大きく違うポイントは以下の4点です。
1.ゴトクの数(脚の数)
2.重量
3.発熱量
4.使用するガスカートリッジ

登山で使うならフュージョントレック

フュージョントレック
フュージョンは4本ゴトクで脚も4本、フュージョントレックに比べれば安定性は上です。ただし、接地面が広がり、4点が平行である必要があるので、使用する場所を選びます。トレックは重量が軽く、コンパクトなOD缶を使用、火力の大きさ、3本脚による不整地での使いやすさを考慮すると、

・山岳など様々な厳しい環境で使うならフュージョントレック
・キャンプ場など、ある程度安定した場所で使うならフュージョン

と言えるでしょう。

際立った火力と安定感!煮込み料理に重宝しそう

バーナー
撮影:筆者
寒い屋外でシェラカップ・小型クッカー・大型クッカーと使ってみましたが、とにかく感じたのは火力の強さ、クッカーの安定感です。長く強い火力が維持でき、かき混ぜてもクッカーが安定して安心なので、煮込み料理に重宝しそう。ソロから2~3人程度までのグループのストーブとしておすすめです。

2021年12月のリニューアルで発熱量アップ

フュージョントレック
撮影:筆者
2021年12月出荷分から、ガス噴出口がトリプルからシングルジェットに、発熱量が3.3kW(2,800kcal/h)から3.5kW(3,000kcal/h)へパワーアップしています。もともと高い発熱量がさらに高くなりました。

ITEM
SOTO|フュージョントレック

SOTO公式|フュージョントレック SOD-331

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ



紹介されたアイテム

SOTO|フュージョントレック

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

SOTO フュージョントレック
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」