【NEWS】スタイリッシュなモノクロテント<MURACO>から山岳用モデルが新発売!

2021/01/30 更新

今までの常識を覆したモノクロテントの<MURACO>。そのMURACOから山岳用テントがリリースされました。今回リリースされたのは、本格山岳向けテントの「RAPIDE X1(ラピードエックスワン)」、高所登山のベースキャンプでの使用を想定した「GUSTAV」。どちらもMURACO独創的なアイデアが光るテントです。それらの特徴をご紹介。


アイキャッチ画像提供:muraco

<MURACO>から山岳用テント 2種類が新発売!

提供:muraco
アウトドアシーンに驚きとともに登場したモノクロテントのMURACO。視認性が高い色が基本だったテントやタープに、黒やグレイを多用したデザインは、今までの常識を覆しました。そのMURACOから、山岳用テントのラインナップが新登場!
まるで白黒写真を見ているようなフォルムに目を奪われがちですが、山岳用テントとしての機能は十分。今回リリースされた「RAPIDE X1」と、「GUSTAV」の特徴をご紹介します。

本格山岳向けテント「RAPIDE X1」

提供:muraco
個人装備として、1人から2人の使用を想定したRAPIDE X1は、移動性重視の、クロスフレーム、ダブルウォール式のドームテント。2020年8月現在、ファブリックのインナーテントとグレイのフライシートのみですが、2020年11月には、ブラック・インターナショナルオレンジのフライシートと、メッシュ生地のインナーテントを発売予定です。

強風時の「ひずみ」を克服した「センターハブ」

提供:muraco
厳しい山岳での使用を想定したクロスフレーム式のドームテントは、強風への対応が最大の課題。RAPIDE X1は、綿密に計算された「センターハブ」の使用で、その課題を克服しました。これにより、強風によるクロスフレームの「ひずみ」を抑制し、テントを安定した状態に保ちます。
RAPIDE X1の最大の特徴と言えるでしょう。

居住性重視の非対称型

提供:muraco
RAPIDE X1のインナーテントは、足先に向かい細くなる形状。また、高さも頭部方向が高くなっている非対称型なので、活動が多い上半身エリアが広く、居住性が高くなっています。

2人用は両側から出入り可能

提供:muraco
長辺に出入口があるタイプのテントの場合、出入口は片方のみの場合が多く、奥側の人は、出入口側の人をまたいで出入りする必要があり、とても不便。RAPIDE X1-2Pの場合は、両側に出入口があるので、その必要はなく、気兼ねなく出入りすることが可能です。また、両側に前室がある形状になるので、前室を広く使うことができます。

素早い設営と撤収が可能なクイックリンク

提供:muraco
インナーとフライシートは、フレームにフックを掛けるだけのクイックリンクを採用しているため、フレームにリンク部分を掛けるだけ。つらい悪天候時の設営、撤収も素早く作業できます。

テント内から開閉可能なベンチレーション

提供:muraco
上部に空いたベンチレーションは、テント内部から開閉が可能になっています。夜、寒くなったらテントから出ることなく内側から開閉でき、とても便利です。
■左:RAPIDE X1-1P  右:RAPIDE X1-2P
提供:muraco

■付属品(1P、2P共通)
フライシート
インナーテント
フレームポール(クロスフレーム × 1, リッジポール × 1)
ペグ(V SHAPED PEGS × 12)
ペグダウン用ロープ × 4
スタッフサック(テント一式用, ファブリック用, ポール用, ペグ用)

RAPIDE X1-1P GREYRAPIDE X1-2P GREY

高所登山ベースキャンプ向け「GUSTAV」

提供:muraco
高所登山のベースキャンプでの使用を想定した「GUSTAV」は、高所での環境に対応しながらも、多人数使用時の居住性を重視した、6本フレームジオデシック構造のダブルウォールテントです。グレイとブラックのツートンカラーが印象的です。

実績あるキリマンジャロ登山ツアー用テントをもとに開発

提供:muraco
GUSTAVは、キリマンジャロ登山のツアー会社の TUSKER TRAIL社が採用しているベースキャンプテントを元に開発。その経験と実績をもとにした設計は期待できるポイントです。

広い居住空間と高い耐風性

提供:muraco
6本フレームジオデシック構造により、高い耐風性を持ちながらも、直立に近いウォールと六角形型のフロアで、少しかがめば大人でも移動できるクリアランスがあります。

 計6ヶ所のベンチレーションによる通気性

提供:muraco
テントに合計6か所配置されたベンチレーションにより、優れた通気性を実現。蒸し暑い気候条件でも快適に過ごせそうです。

前後に配置した広い前室

提供:muraco
テントの前後に配置された前室は、収容人数分の荷物を置いても問題ないスペース。4Pは高さ115cm、6Pは高さ155cmと、高さもそれなりにあるので、悪天候時、前室での作業も余裕です。

■左:GUSTAV 4P  右:GUSTAV 6P
提供:muraco

■付属品(4P、6P共通)
ペグ × 21
ペグダウン用ロープ ×12
グランドシート
スタッフサック(テント一式用, ポール用, ペグ用)

GUSTAV 4PGUSTAV 6P

2020年8月下旬に発売したばかりの山岳テントを要チェック!

提供:muraco
今回ご紹介したMURACOの山岳テントは8月下旬に発売したばかり!チェックするなら早めがおすすめです。この夏、個性的なモノクロテントで山キャンを楽しんでみては?


この記事を読んでいる人にはコチラの記事もおすすめ


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

muraco テント
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!