【NEWS】わずか14g!登山で手軽に本格コーヒーが楽しめる「ドリッパーホルダー」が新登場

2019/06/05 更新

山で絶景を見ながら、コーヒーを楽しみたいという人は少なくないはず。今回、<リバーズ>から携帯性に優れたドリッパーホルダー「ポンドF」が発売されます。たった14gの軽量ホルダーは、ザックに入れても荷物にならず、登山やトレッキングにも最適。いつでもどこでも本格コーヒーを楽しみたい方必見です!


アイキャッチ画像提供:RIVERS

折りたたんで持ち運べる! “超軽量”ドリッパーホルダー

ドリンクウェアを中心とした製品を展開する日本ブランド<リバーズ>から、山で本格コーヒーが味わえるドリッパーホルダー「ポンドF」が新登場。

POND F_RED_image2
提供:RIVERS([上部]コーヒードリッパー「ケイブリバーシブル」[下部]ドリッパーホルダー「ボンドF」)
<リバーズ>が開発したコーヒードリッパー「ケイブリバーシブル」と組み合わせて使用するホルダーは、折りたたみ式の超軽量モデル。従来の木製ホルダー「ポンド」をリニューアルし、誕生しました。山で絶景を眺めながらコーヒーを楽しみたい方にぴったりのアイテムですよ!

ここに注目! ドリッパーホルダー「ボンドF」

【1】軽くて、持ち運びがしやすい

POND F_3C_影付き
提供:RIVERS(ドリッパーホルダー「ボンドF」)
ポンドFの重量は、わずか14gという驚きの軽さ! ポンドFの“F”は、「FOLD=折りたたむ」を意味しています。材質を木製からプラスチックに変更したことで、ケイブリバーシブルと合わせてもたった88gほど。軽量で持ち運びやすいアイテムは、ウルトラライト志向の登山者にも向いています。

【2】収納がとっても簡単

DSC01164
提供:RIVERS
ポンドFは、収納方法もとっても簡単。まず、ケイブリバーシブルを折りたたんでウォールマグに入れます。その後、2つ折りにしたポンドFを、ケイブの隙間に入れれば完成です。ケイブリバーシブルはシリコーン素材で柔らかいため、簡単に折りたためます。

【3】4種類のマグカップに対応

4種マグカップ
提供:RIVERS
ポンドFとケイブリバーシブルは、<リバーズ>のウォールマグに収納するのがおすすめ。いつでもどこでもコーヒーが楽しめるコーヒーセットが、簡単にできあがります。収納可能なウォールマグシリーズは、以下の4種類です。

1. ウォールマグ デミタ
2. ウォールマグ スリーク
3. ウォールマグ バール
4. ウォールマグ バールソリッド

【4】V字ライン加工で、フィルターが折りやすい

pond f_guide1
提供:RIVERS
ケイブリバーシブルは、他社円錐形ドリッパーに比べて中心角が狭くつくられているので、ドリップ時は内角度に合わせてペーパーフィルターを深めに折る必要があります。V字ラインは、そのサポートをしてくれる機能です。

pond f_guide2
提供:RIVERS
市販のフィルターをラインに合わせることで、簡単に適切な角度に折ることができます。

単品とセット商品の2種類がリリース

DSC01183
提供:RIVERS
ドリッパーホルダーの色は、オリーブ、ブラック、レッドの3色展開。単品だけでなく、ケイブリバーシブルとのセット商品もあります。セット商品は、ポンドFとケイブリバーシブルが同色となるため、自由に色を組み合わせたい人は単品を選ぶといいかもしれませんね。

ドリッパーホルダー ポンドF

ポンドF単品
提供:RIVERS
原材料
 ポリプロピレン
重 量
 14g
サイズ
 W115mm×D66mm×H5mm
カラー
 ブラック、レッド、オリーブ
価 格
 600 円 (税抜)
 

コーヒーポアオーバーセット(ケイブR/ポンドF)

コーヒーポアオーバーセット
提供:RIVERS
原材料
 シリコーンゴム(ケイブ R)、ポリプロピレン(ポンド F)
重 量
 88g
サイズ
 W102mm×H85mm (ケイブ R)W115mm×D66mm×H5mm (ポンドF)
カラー
 ブラック、レッド、オリーブ
価 格
 1,600円 (税抜)
 

CAVEreversible_IMAGE
提供:RIVERS
ケイブリバーシブルは、表と裏で突起の形状が異なる構造。ひっくり返して使用することで、好みに合わせて苦みと酸味を調整できてしまうんです。業界初の画期的な機能であり、コーヒー愛好家から高い指示を得ています。

ケイブセットとマイクロコーヒードリッパー(MCD)の比較

ケイブセットとマイクロコーヒードリッパー(MCD)の比較
提供:RIVERS([左]ケイブリバーシブル[右]マイクロコーヒードリッパー)
<リバーズ>には同じようにマグカップに収納できる製品として、「マイクロコーヒードリッパー(MCD)」があります。以下の表では、両者の違いをまとめました。

 
ケイブリバーシブル&ポンドFマイクロコーヒードリッパー(MCD)
タンブラーへの収納 ○ ○
重 量 88g (ドリッパー&ホルダーの総重量) 37g
1回に抽出できる容量 1〜4杯
(ペーパーフィルターのサイズ次第)
 1杯
(140〜160ml程度)
フィルター ペーパーフィルターが別途必要 ステンレスフィルター (ペーパーフィルター不要)
特 長・シリコーン製ドリッパー採用
・表裏の2パターンのリブにより、苦みと酸味のバランス調節が可能
・本格的なコーヒーが楽しめるアイテム。
・リバーズ製ドリッパー最軽量
・ペーパー不要
・細くお湯を注ぐ必要があることなどから、ドリップビギナーの練習にもおすすめ
 

ケイブリバーシブル&ポンドFは、一度に数杯分のコーヒーが入れられます。本格コーヒーを友人やグループと楽しみたいときに重宝するアイテムです。

【発売日は6月下旬予定】山で気軽においしいコーヒーを!

DSC01235
提供:RIVERS
ドリッパーホルダー「ポンドF」は、2019年6月下旬に発売予定。全国のお取り扱い店と<リバーズ>オンラインストアにて順次販売されます。軽量で携帯性に優れたホルダーは登山にもぴったりなので、ぜひ絶景の中で美味しいコーヒーを味わってみてくださいね。

<リバーズ>公式オンラインストア


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

POND F_RED_image
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
松崎 清央

Webライター・自然体験指導者。新潟在住。市役所を退職後、アウトドア専門学校に入学し、登山、キャンプ、カヤック、自然ガイド、農業などを経験。自然を仕事にする生き方を選ぶ。【得意分野】子ども体験活動の企画・運営、青少年教育・野外教育、人前で話すこと。現在フリーランス。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!