【げんさんが教える山ごはん】登山でがっつり食べたい!お肉料理レシピ特集

2018/11/05 更新

登山・山ごはん歴は20年以上! そんな山メシの大ベテランで、大人気の山ごはんブログ『山めし礼讃』の著者・げんさんによる、絶品レシピを厳選してご紹介していきます。第7弾の今回は、がっつりエネルギー補給をしたいハラペコさんにぴったりの肉づくし特集!ラップやジップロックを駆使すれば、お肉だって山へ持って行けちゃいます。今すぐビールが飲みたくなるような肉料理オンパレード、ぜひ真似してみてください!

アイキャッチ画像撮影:げんさん

疲れた時は…やっぱり“お肉”!

牛肉と玉ねぎの酒蒸し
撮影:げんさん
登山・山ごはん歴は20年以上! そんな山メシの大ベテランで、大人気の山ごはんブログ『山めし礼讃』の著者・げんさんがYAMA HACKに登場! 毎回テーマを設けて、絶品レシピを厳選してご紹介していきます。第7弾の今回は、がっつり肉肉肉!レシピ特集。スタミナをつけたい時はやっぱりお肉。身近にある材料でできるので、次回の山行で作ると仲間もびっくりしちゃうかも!



山ごはんシリーズの第7回は、肉に特化した、肉のごはんレシピ。山でガッツリ肉を食べたい!という時に食してみたい3レシピをご紹介します。

①山のプルコギ

プルコギ完成
撮影:げんさん
山でも思いきり肉とビールをたのしみたい!そんなときには、王道のプルコギで。テント場で周りから熱い視線が注がれる一品です。

プルコギ材料
撮影:げんさん

【材料】
・ピーマン
・パプリカ
・もやし
・焼肉のタレ
・オリーブオイル
・漬け込んだ牛肉

【作り方】
ピーマンとパプリカ輪切り

撮影:げんさん
ピーマンとパプリカを細切りにし、

オリーブオイルをフライパンにひく
撮影:げんさん
エスビットのフライパンにオリーブオイルをひいて、

ピーマンとパプリカ輪切り
撮影:げんさん
さっと炒めます。

もやしマウンテン
撮影:げんさん
そこに、もやしをマウンテン盛りにして投入。

フタをして蒸し焼きにする
蒸し焼き後
撮影:げんさん
蓋をして蒸し焼きにしたら、一旦取り出し、

肉を焼く
撮影:げんさん
漬け込んで、冷凍してきた牛肉を焼きます。

肉を焼く
撮影:げんさん
牛肉には、コチュジャン、ごま油、酒をふりかけてあって、肉の焼けるこの香りだけでビールが飲めます(笑)
肉に火が通ってきたら、先ほどの野菜もまぜて、

焼肉のたれ
撮影:げんさん
仕上げに、ジュワーッと焼肉のタレを回しかければ、

完成
撮影:げんさん
山のプルコギのできあがり~

プルコギとビール
撮影:げんさん
濃厚なタレと牛肉に、そのうまみをたっぷり吸った野菜のシャキシャキ感。ああ、ビールがとまらない~

【げんさんのイチオシコメント】
なんといっても、焼肉にビールは最高の相性。その焼肉のうまみとタレの味を、野菜にもしみこませて、野菜もガッツリいただける一品です。


②牛肉とねぎの酒蒸し鍋

牛肉と玉ねぎの酒蒸し
撮影:げんさん
牛肉を山のフライパンで炒めると、焦げ付きがないか気になるところ。でも、酒蒸しなら、サッと牛肉に火を通して、やわらかくてあっさりとした肉が楽しめる一品です。

【材料】
材料
撮影:げんさん

【材料】
・牛肉こま切れ
・たまねぎ
・九条ねぎ
・日本酒
・輪切り唐辛子
・塩
・ほんだし
・コンビニサラダ用の和風ドレッシング

【作り方】
玉ねぎくしぎり

撮影:げんさん
たまねぎをくし切りにし、

日本酒を加える
撮影:げんさん
フライパンに入れて、酒少々を加え、

塩をくわえる
撮影:げんさん
そこに塩と、

ほんだし
撮影:げんさん
ほんだしを入れて、

蒸す
撮影:げんさん
酒蒸しにします。

九条ネギ
撮影:げんさん
その間に、九条ねぎをざく切りにし、

九条ネギ投入
撮影:げんさん
たまねぎがしんなりしてきたら、九条ねぎを加え、

牛肉投入
撮影:げんさん
牛肉を山盛り投入。

また酒蒸し
撮影:げんさん
一度蓋をして酒蒸しにし、

和風ドレッシングをかける
撮影:げんさん
火が通ったところで、仕上げに輪切り唐辛子を散らし、たまねぎベースの和風ドレッシングをかければ、

完成
撮影:げんさん
牛肉とねぎの酒蒸し鍋、できあがり~

肉UP
ビール
撮影:げんさん
ああ、絶景の中で、キンキンに冷えたビールと山めし、最高~っ!!

【げんさんのイチオシコメント】
牛肉と酒蒸しにされたたまねぎの甘みがなんともいえず、ねぎと輪切り唐辛子の辛味がアクセントになって、絶品の山ごはんになります。


③山の洋風すき焼き

すき焼き完成
撮影:げんさん
山ですき焼きなんて、最高のごちそうですが、今回は少し趣向を変えて、赤ワインで煮込む、洋風のすき焼きに仕上げてみた山ごはんです。

材料
撮影:げんさん

【材料】
・牛のすき焼き肉
・パプリカ
・たまねぎ
・舞茸
・ズッキーニ
・鴨汁のつゆ
・オリーブオイル

【作り方】
輪切り

撮影:げんさん
ズッキーニは輪切りに、たまねぎはくし切りにします。

ソテー
撮影:げんさん
フライパンにオリーブオイルをひき、切ったズッキーニとたまねぎをソテー。

鴨汁つゆ
撮影:げんさん
そこに、鴨汁のつゆを加えます。

赤ワイン
撮影:げんさん
その間にパプリカを細切りにし、赤ワインを少々、フライパンに入れて、

牛肉
撮影:げんさん
残りの野菜と、牛肉を投入。

完成
撮影:げんさん
肉が煮えたら山の洋風すき焼き、できあがり~

【げんさんのイチオシコメント】
赤ワインをいれることで、コクと牛肉のうまみがパワーアップ。鴨汁のつゆがいい味を出していて、牛肉の甘みをさらに引き出してくれて、もちろん赤ワインとの相性は抜群です。

早速次の山行で試してみよう!

赤身肉
撮影:げんさん
とにかくガッツリ!肉肉肉!!山ごはんレシピ特集、いかがでしたでしょうか?
ガッツリ山を歩いて、ガッツリ食べて、いい秋の山旅を!

他にも気になるレシピが満載! げんさんのブログを見る

山めし礼讃 – 山料理 山ごはんレシピの記 –
▼げんさんのその他のレシピはこちら!

▼山ごはんにおすすめの調味料が知りたい!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

肉料理
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
げんさん
げんさん

ビールを飲むためにテントを担いで山に登り、山ごはんを作るのが趣味。 登山歴、山ごはん歴20年以上。低山からアルプス、日帰りからテント山行まで、四季を通じて休みがあれば山に行き、山めしを作って飲む。夏は北アルプスや南アルプスを中心に、最近は東北の山にも目覚めている。冬は八ケ岳を中心に、美しい景色と美味しい山ごはんのために山へ繰り出す。 著書に「げんさんの山めしおつまみ」(エンターブレイン)、共著に「げんさんとよーこさんの山ごはん」(山と渓谷社)などがある。 山ごはんのブログ 「山めし礼讃」http://yamameshi.doorblog.jp/

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!