パラコードの結び方・編み方・使い方を特集!

パラコードについてまとめました。パラコードの結び方、編み方の種類、使い方は多様で、アイデア次第で様々な場面で役立ちます!編むのは難しそうですが、パターンを覚えれば単純です。まず手始めに、ご自身のアウトドア道具のカスタマイズをしてみませんか?


アイキャッチ画像出典:Flickr/Adam Meek

パラコードとは

パラコード
出典:WIP
パラコードとはパラシュートコードの略で、その名の通り第二次世界大戦中にパラシュートのラインとして使用されていたものです。例えば、550パラコードならば太さは約4mm、耐加重は約250kgになります。近年はパラコードの知名度も向上し、様々な種類が販売されていますが、アメリカ製のMil-spec準拠のパラコードにポリエステル製は無いので類似品にはご注意を。

パラコードの使い方

◆靴紐代わりに◆
非常に耐久力に優れている紐なので、万が一靴紐が切れたときなどに代用することができます。耐加重にも優れるので、ザック・リュックに荷物を結んだりするのにも使えます。

◆切り出しナイフなどの持ち手をカスタム◆
持ち手に巻きつけることでグリップ力を向上させることができます。クッション性が欲しいならそのまま、不要ならば内部の芯を抜いてしまってOKです。

◆内部の糸を用いる◆
パラコードの中糸 出典:レプマート
パラコードを切断すると細い糸が出てきますので、デンタルフロスとして利用したり、裁縫用の糸として利用することができます。また、短く切ってほぐせば火種になります。
ほんの一部ではありますが、使い方の例を挙げてみました。パラコードは「頑丈な紐」なので、アイデア次第で使い方は無限大です。パラコードを持ち運ぶ手段として何かに結んでおいたり、編む方法がありますので次の項目でご紹介します!


パラコードの結び方・編み方

火をつける
出典:PIXTA
パラコードは切った断面を熱して溶かすことで結び目を留めることができます。必要な長さを確保して結び目を作ったら、切断したところを火であぶって留めてしまいましょう。

<パラコードを持ち運ぶ方法①:パラコードブレスレットを作る>
商品としてよく売られているパラコードブレスレットをDIYしてみましょう!自分だけのオリジナルカラー、サイズで世界に一つだけのものを手に入れましょう。

<パラコードを持ち運ぶ方法②:キーホルダーを作る>
キーホルダー、ランヤードを自作すれば、長さも自由に作れるので大量のパラコードを携帯することも可能です。ご自身の用途にあったキーリング、ナスカンがあればすぐにでも作れます!リング、バックルなどは手芸用品店やホームセンターで手に入るので、自分だけのパラコードアクセサリーの作成は意外と簡単にできるのが魅力です。

パラコードでオリジナルアクセサリーを作ってみよう

パラコードを巻き付けているところ 出典:PIXTA
様々なパラコードの使い方をみてきましたが、お気に入りのものはみつかりましたか?考え方1つで何にでも変身できるアイテムですよね。自分がもっているアウトドア用品に一手間加えてパラコードを使ったオリジナルのアクセサリーを作ってみませんか?

A comfortable Outdoor life Paracord !
パラコードで快適なアウトドア生活を!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

パラコード
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Fujimaki Shin
Fujimaki Shin

縦走登山が趣味の大学生。ワンダーフォーゲル部に所属。登山の魅力にハマり、年間60日を山で過ごす。医療を学ぶ傍ら、Webサービス開発やメディア運営、ライターとしての仕事をしている。https://www.wantedly.com/users/1909549

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!