富士浅間神社

【富士を眺めて】浅間神社巡り×御朱印集めが人気!

2022/11/11 更新

日本人が愛する山といえば富士山ですが、富士山を神格化した神がいるのをご存知ですか?そんな富士山信仰の聖地「浅間神社」は、大注目のパワースポット。壮大な富士山を眺めながら浅間神社を巡り、御朱印集めの旅に出かけよう!

目次

アイキャッチ出典:PIXTA

知っておきたい!富士山と浅間神社の繋がり

富士山本宮浅間大社(富士浅間神社)

出典:PIXTA

古来より富士山は噴火をして、山麓に住む人々に甚大な被害を及ぼしていたとされています。荒ぶる富士山を鎮めるために、富士山の神霊であり火の神または水徳の神とされる木花咲耶姫(別名:浅間大神)をお祀りしたことが浅間信仰の起源とされています。

山岳信仰の地「浅間神社」とは

富士山頂奥宮(富士浅間神社)

出典:PIXTA

富士山は神々のパワーが集まる場所として世界屈指の霊山です。富士山そのものを神として崇拝する浅間信仰の核となる浅間神社は、静岡県、山梨県を中心に全国に1300社ほど設立されています。その総本宮は富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)で、浅間大社奥宮は富士山頂に鎮座しています。なお、富士山8合目からは浅間大社の境内となります。

みんなが集めている「御朱印」とは

御朱印帳(富士浅間神社)

出典:PIXTA

御朱印とは神社仏閣に参拝した証として頂ける、墨書きの文字と押し印の意匠の事。神様やご本尊の分身とも言われ、大変ご利益のあるものです。頂く際には礼儀作法を守り感謝の気持ちを忘れないことが大切です。御朱印代の相場は300円前後となっているので、小銭を用意してスマートに納められるよう準備をして出かけましょう。

1 / 4ページ