心拍計付きの腕時計が便利すぎ!人気おすすめ19選のまとめ

2019/11/28 更新

心拍計付き腕時計の比較まとめ。自転車やランニングで使えるエプソンやガーミン、スントなどのおすすめ腕時計をご紹介します。精度の高いハイスペックモデルから、格安スマートウォッチまで。GPS付きや防水機能、bluetoothなど+αの機能もしっかり調べて、自分の活用シーンに合うものを選びましょう!


アイキャッチ画像出典:Amazon

心拍計付き腕時計を比較しよう!

心拍計付きの腕時計
出典:Amazon
運動中に自分の心拍数がわかる心拍計付き腕時計は、ランニングや水泳、自転車など色んなスポーツで活躍します。精度が高いものが多く、リアルタイムにわかる腕時計もあるんです! そこで、まず選ぶ際に気をつけたいポイント3つをチェックしましょう。

【1】防水かどうか

水泳などの場面で使用したい時は防水性能をよく確認する必要があります。完全防水から生活防水まで様々なので注意してください。

【2】GPS付きのものもある

GPSが付いていると、自分の現在の場所が把握できたり、どれぐらいの距離を進んだかも把握できます。ランニングや登山をする人などにおすすめです。

【3】Bluetooth(ブルートゥース)は便利機能!

自分のタイムや記録を簡単にスマホで管理することができます。わざわざPCにつないで記録を管理すると、そのうち面倒くさくなることもありますよね。

心拍計付き腕時計 人気おすすめ19選

エプソン PULSENSE PS-600

エクササイズ時だけでなく、睡眠時に至るまで24時間健康状態を把握することを目的としたモデルです。心拍数からは効果的な睡眠のとり方や心のバランスまで色々なことがわかります。
ITEM
エプソン PULSENSE PS-600B/C
■GPS:×
■防水:5気圧防水
■Bluetooth:×

データの記録が手間いらずでよいです。スマホでもPCでも管理できるのがよいです。毎日のワークアウトが楽しみになりました。


ガーミン FOREATHLETE 45

光学式心拍計を搭載したランニングウォッチです。加速度計内蔵で、ピッチやスライド幅といったデータも収集できます。GPSとBluetoothで現在地をリアルタイムに共有できるのも楽しい機能です。
ITEM
ガーミン FOREATHLETE 45
■GPS:◯
■防水:-
■Bluetooth:◯

軽い 機能も十分
初めてのGPSウォッチです。
ランニングを趣味にしており、ペースや距離をすぐに確認できるために購入しました。
装着しているのを忘れそうなぐらい軽いです。
しかも、ガーミンでこの価格にて心拍数もチェックできるので、役立っています。
ランニングやウォーキングがメインの方であれば、これで充分ではないでしょうか。



→次ページは人気のスントを紹介

ガーミン ForeAthlete 935

よりスタイリッシュなデザインが魅力のランニングウォッチです。約49gという軽量性も魅力的で、女性アスリートにもおすすめ。トレーニングの過不足を評価するトレーニングステータス機能に加え、パフォーマンスモニタリング機能も搭載。
ITEM
ガーミン ForeAthlete 935
■GPS:◯
■防水等級:5 ATM
■Bluetooth:◯

自分では健康の為ジョギングをと考え走り始め、やはり走った距離が知りたいと思い何か購入しようと思ったのがきっかけです。
他にも書いている方がいらっしゃいましたが、私にはオーバースペックだと思います。が、ゴルフにも使うことが出来(まだ使ったことは有りませんが)、ウォッチにした際 秒針が付いているというレビューを見たことも有り購入を決めました。
約1カ月使用した感じですが、GPSの捕捉など満足しています。
バッテリーは、ほぼ24時間駆動したままで1日30分位のランニングで使用し1週間で残容量30%位です。
あと、他の機種でも出来るのでしょうがスマホに着信などが有った際、着信音が聞こえないような時も振動で知らせてくれるので大変助かります。


ポラール M200

トレーニング中から日常生活まで、いつでも便利に使えるGPSランニングウォッチです。ディスプレイの視認性が高く、電話着信やSNSの通信もとても見やすく展開してくれるのはとてもうれしい工夫です。
ITEM
ポラール M200
■GPS:◯
■防水:◯
■Bluetooth:◯

大変コストパフォーマンスのいいランニングウォッチだと思います。
GPSの測位には多少時間が掛かりますが、比較的正確ですし、何よりこの値段で心拍数もしっかり取ってくれるので大変重宝しています。
英語表示なので難しいのかなと思ったのですが、ポラールのサイトに行けば、日本語の細かい説明書もありますし、動画で説明もしてくれるので全く問題ないです。
マラソンのレースや練習には欠かせない機能が集約された、いいランニングウォッチだと思います。


ポラール M430

多くの機能を求めるランナー向けの最高水準のGPSランニングウォッチ。手首型心拍計を備え、高度なトレーニング機能を提供し、毎日24時間の活動量を記録してくれます。
ITEM
ポラール M430
■GPS:◯
■防水:〇
■Bluetooth:〇

M430(V800併用で3週間使後感)
トライアスロン用にV800を使用し始めて3年になる.H7心拍センサーとのペアリング不具合でH10に替えて復活したが,H10心拍センサーを使用しての普段の練習は面倒だったので,今回M430を購入した.使用して3週間になる.
M430の6LED光学式心拍計は優れもの.V800で使用していたPolarFlowに簡単に登録できしかも併用でき,それぞれをダイヤリーの中に表示できるので便利.M430をPolarFlowSyncでPCに接続するとPolarFlowのV800用につくっていたスポーツプロファイルがそのままシンクロされた.現時点で気づいた V800のスポーツプロファイルとM430との違いは,トライアスロンがシンクロされないこととV800でプールスイミングで泳法や100mのラップをFlowで表示できていたものが表示されない.M430もプールで使用できるが,M430ではラップ表示は未対応のため表示されないのは仕方ないので,プールスイミングのトレーニングでは,V800とH10を使用したトレーニングですね.
その他は,特に不便は無く,現在は,お風呂や充電以外はほぼ24時間着けたままで,Hrも常時計測している.
M430でのH10心拍センサー使用はためしていない.H10センサーはH7よりペアリングが速いし,PolarBeatで電池残量が表示されるのでBeatの使用もお勧めである.また,Beatを使用するとスマホとH10でトレーニングも出来て,BeatでHrをセンサーに保存する設定にするとFlowにも反映されて超便利である.
以上,V800,M430,H10センサー,H7センサーの使用感でした.H7は廃棄しました.


ポラール M600

フィットネスとスポーツのために設計された防水仕様のWear OS by Google™スマートウォッチです。トレーニングをしながら最新情報を取得できます。
ITEM
ポラール M600
■GPS:◯
■防水:〇
■Bluetooth:◯

心拍計付きGPSウォッチ
H29/11/25に購入し、翌日のつくばマラソンで実践投入。
これまでは同社のM400と胸ストラップ式のハートレートモニターのセットで利用していましたが、フルマラソン等で長時間身に着けていると擦れて傷になったり、冬場の肌の乾燥などで心拍数の計測が不安定になる、ハートレートモニタを忘れた場合にモチベーションが下がる(笑)などの弱点がありました。
今年の9月にいつも通っているランステでM600やM430のレンタルがあり、光学式の心拍数とM400+ハートレートモニタの比較をしたところ、両者にほとんど差がなく、同社の光学式心拍計の完成度の高さがよくわかる結果となりました。
実際にレースで試した結果は心拍数も正確でレースのペース配分にも役立ち、自己ベスト(3時間3分台)更新に貢献してくれました。
また、GPS機能については42.195kmに対して、GPS計測の走行距離が42.78kmと誤差も小さく、GPSウォッチとしての正確性も高いものでした。
操作性についてはランニング中のラップタイムの計測や、表示の切り替えなどのスワイプ操作なども慣れば使いやすかった。
また、液晶表示も日中のレース中でも表示が明るく見やすかった。
ランニングウォッチと言えば、EPSONやガーミンの方が知名度は高いが、スポーツウォッチの印象が強くビジネス向きではない。同社のこの製品はスタイリッシュでビジネスシーンで利用してもオシャレな印象を与えることができます。
今後、Android Wearの改良が進み、より高機能化することも期待できるので、期待値を込めて★5つの評価としました。


スント 3 フィットネス

アクティブなライフスタイルを追求する健康志向の人々のために設計されたフィットネスウォッチです。丈夫で洗練されたデザインが特徴で、優れたフィットネス機能を搭載しています。
ITEM
スント 3 フィットネス
■GPS:×
■防水:30 m
■Bluetooth:〇

軽いです
gps機能は携帯に依存して本体に機能がない代わりに
電池はもちがいいですね
画面は明るいほうではありません


スント アンビット3 ラン

女性にも似合うホワイトカラーもあり。モバイル接続機能を備えたランニング用GPSウォッチ。
ITEM
スント アンビット3 ラン
■GPS:〇
■防水:50 m
■Bluetooth:〇

スント アンビット3 ピーク

登山シーンに欠かせない高度計,電子コンパス,天候予測機能が付いたスポーツウォッチです。ランニング,スイム,バイクそれぞれに特化した機能も備わっている汎用性の高いモデルです。
ITEM
スント アンビット3 ピーク
■GPS:◯
■防水:100 m
■Bluetooth:◯

スント トラバース

スント アウトドアウォッチのフラッグシップモデルです。GPSを活用したナビゲーション機能で、トレッキング時のルートを視覚的に確認できるのはとても便利!大容量バッテリーなので気兼ねなく使えます。
ITEM
スント トラバース
■GPS:◯
■防水:100 m
■Bluetooth:◯

とにかくカッコいい!
機能が多くてまだ使いこなせていないけれど
腕につけた時の存在感がいいです。
思ったより軽いですが、女性には大き目です。
素手につけると一番奥のベルト穴でも少しゆるい感じ。
アウターの上からつけられるようにか、ベルトが長めです。



→サイズも重要!お気に入りは見つかった?

スント スパルタン スポーツ リスト HR

手首での心拍数測定機能とタッチスクリーンを搭載したマルチスポーツ向けGPSウォッチ。日常的なアクティビティと睡眠時間をモニタリングできるので、毎日の生活とトレーニングのバランスを維持するために役立ちます。
ITEM
スント スパルタン スポーツ リスト HR
■GPS:◯
■防水:100m
■Bluetooth:◯

山へ行った感想です
見た目はシンプルでかっこいいです。
実際に標高1,700m程の登山(ランニング含む)で使用しましたが、残りの標高が分かって便利でした。オートポーズ機能は、再開時の反応が悪く、実際の活動時間との乖離がありました。まだ1回だけなので様子を見る必要があるとは思いますが、不満な点はこれぐらいです。平行輸入品ですが、全く問題ありません。


フィットビット Versa

ワークアウトを記録して、エクササイズの効果を高めながら、モチベーションをキープしてくれる機能も搭載。画面をスワイプするだけで、すべてを簡単に操作が可能です。
ITEM
フィットビット Versa2
■GPS:◯
■防水:50m
■Bluetooth:◯

期待以上の機能が有りました
睡眠トラッカーとしての利用目的で買いましたが歩数を数えてくれたりしますし、手入力になりますが体重管理や食事管理等も出来ますので健康管理にも使えます。(歩数もpixel3aでのドラゴンクエストウォークと大差ないのでそれほど大きな誤差は産まないと思います)
単品で見るとまだまだ高いですが、競合製品と比較すると安く、その割に性能は見劣りしていないと思います。


フィットビット Ionic

業界トップクラスのGPS性能を実現。パーソナルコーチング・内臓GPS・心拍計・耐水機能搭載で運動目標達成をリアルタイムにサポートしてくれます。
ITEM
フィットビット Ionic
■GPS:〇
■防水:50 m
■Bluetooth:-

ソーラス レジャー 800

健康維持のサポートを目的とした心拍計測機能付きのリストウォッチです。チェストバンドは使用せず、本体のセンサーに数秒間触れることによって心拍数を計測するタイプ。ウォーキング中などの状態確認におすすめです。
ITEM
ソーラス レジャー 800
■GPS:×
■防水:日常生活用強化防水(5ATM)
■Bluetooth:×

ややこしい
心拍数と消費カロリーを計りたくて購入。心拍数を計るのは簡単なんだけど、いろんな設定するのがとってもわかりづらくて一苦労する。私が使うには機能が多すぎるかも。もっとシンプルで簡単操作なのかなと思ってたけど、使いこなすまでに時間かかりそう。とりあえず心拍数が計れるので買ってよかったかな。


オレゴン SE332

心拍数計測機能の付いた非常にシンプルなリストウォッチです。本体のセンサーに数秒間タッチすることで心拍数の計測をするタイプです。表示文字がとても大きいので、どなたでもストレスなく使えます。
ITEM
オレゴン SE332
■GPS:×
■防水:5気圧
■Bluetooth:×

iWOWN fit i6 HR

ダイナミックな心拍測定機能:心拍センサーを搭載したことで、リストバンドをつけるだけで、24時間心拍をモニターし、その心拍データをAPPとシンクすれば、APPで心拍の状態をグラフ表示で確認できます。
ITEM
iWOWN fit i6 HR
■GPS:×
■防水レベル:IP67
■Bluetooth:◯

よい
購入時のバンドが劣化のため破損したので代わりに購入。
十分使えます。
留め具は金属で、全体としてポリウレタン?
耐久性は低そうかな
一年もったら御の字だと思います。
本体は十分使えている状況なので、あたらしいスマートバンドを購入するよりはお得だと思います。


LETSCOM フィットネストラッカー

自動アクティビティトラッキング:心拍数、歩数、カロリー、歩数、活動分、睡眠の質を自動的に記録。携帯電話のGPSを使ってワークアウトルートの地図を見ることができます。
ITEM
LETSCOM フィットネストラッカー
■GPS:×
■防塵防水:IP67
■Bluetooth:-

Andero スマートウォッチ

本体重量23.5gで軽量、心拍数モニターを搭載したスマートウォッチを付けるだけで、24時間心拍数を自動で記録できます。また、目標を設定すると、一日の消費カロリー、歩数、移動距離などを自動でデータ化できます。
ITEM
Anderoスマートウォッチ
■GPS:×
■防水:IP68
■Bluetooth:◯

TOMTOM TOUCH CARDIO + 体組成フィットネストラッカー

歩数をトラッキングしながら、体組成もトラッキング。自分の体を測定することに興味がある方にも、歩数だけでなく体組成をトラッキングできます。
ITEM
TOMTOM TOUCH CARDIO + 体組成フィットネストラッカー
■GPS:×
■防水:IPX7(防沫/日常生活防水、水泳には非対応)
■Bluetooth:◯

心拍計付き腕時計で自分の体を知ろう!

出典:Amazon
ワークアウトの負荷状況はもちろん、睡眠状態や心の状態までもわかってしまう心拍数。自分の状態を数値的に見てみると気づかなかった不調を見つけられたりと、興味深いことがたくさんありそうです。限界まで無理をしたいとき、絶対に無理をしたくないとき、心拍計付き腕時計なら手軽に状態把握ができて安心ですね。


紹介されたアイテム

エプソン PULSENSE PS-600…
ガーミン FOREATHLETE 45
サイトを見る
ガーミン ForeAthlete 935
サイトを見る
ポラール M200
サイトを見る
ポラール M430
サイトを見る
ポラール M600
サイトを見る
スント 3 フィットネス
サイトを見る
スント アンビット3 ラン
サイトを見る
スント アンビット3 ピーク
サイトを見る
スント トラバース
サイトを見る
スント スパルタン スポーツ リスト H…
サイトを見る
フィットビット Versa2
サイトを見る
フィットビット Ionic
サイトを見る
ソーラス レジャー 800
サイトを見る
オレゴン SE332
サイトを見る
iWOWN fit i6 HR
サイトを見る
LETSCOM フィットネストラッカー
Anderoスマートウォッチ
TOMTOM TOUCH CARDIO…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
hiroko.ozaki
hiroko.ozaki

お酒と音楽と自然が好き。 ワイン屋を営む傍ら、ヒマさえあれば登山ルートを調べ、週末に行く山の天気に一喜一憂する日々。 いつかどこかで偶然お会いしましょ。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!