登山に便利なソーラーバッテリー!正しい選び方とおすすめ6モデル

ソーラーバッテリーは太陽光の力でスマホなどのデバイスを充電できるアイテムです。登山などのアウトドアや、非常時にも活躍しますが、正しい選び方を知っていますか?ソーラーパネルの枚数が多い折りたたみタイプのものと、モバイルバッテリーにソーラーパネルがついているものでは、特徴や注意点も変わってきます。ソーラーバッテリーのタイプ別に、おすすめ利用シーンと人気のモデルをまとめました。


アイキャッチ画像出典:Amazon

実は怖い…登山中の、スマホの充電切れ

スマホのバッテリー切れ 登山でスマホの充電が切れた…、モバイルバッテリーを持ってきたけど1回充電したら終わってしまった…そんな時には、ソーラーバッテリーの利用が便利です。

登山中も意外と使う、スマートフォン

登山中にスマホを使う女性
出典:PIXTA
今では生活の一部となっているスマホ。山頂からの風景を写真におさめる、ログをとる、地図アプリで道を確認する、など登山中も街中と変わらない頻度で使用する機会も多いですよね。

もしもの時のためにも、バッテリーは必要!

モバイルバッテリー 登山中に万が一、道迷いやケガをしてしまった場合、電池切れで連絡ができなかったとしたら命にも関わります。また、紙の地図を持っておらず地図アプリだけに頼っていた場合も、電池切れは命取りになってしまうことも。スマホのバッテリーは、下山まで確保しておきたいところです。

1泊以上の縦走登山なら、ソーラーバッテリーがおすすめ

登山でソーラーバッテリーを使っている人
出典:Amazon
日帰り程度の登山なら通常のモバイルバッテリーで充電可能ですが、1泊以上となるとモバイルバッテリーでは足りない可能性も。そんな時には、太陽光で充電できるソーラーバッテリーの利用が便利です。

折りたたみタイプのソーラーバッテリー 利用シーンとおすすめ3選

折りたたみのソーラーバッテリー
出典:Amazon
折りたたみ式ソーラーバッテリーは、複数枚のソーラーパネルがついているタイプのバッテリーです。折りたたむとA4サイズくらいになり、携帯性も〇。蓄電はできないので、光を当てながら発電し、デバイスを充電します。モバイルバッテリーと組み合わせて使用することも可能です。

太陽光エネルギーを電気に変換するときの「発電効率」が高いものほどたくさんの電気を生むことができるので、発電効率の数値にも注目して選びましょう。

登山で使う場合

登山でソーラーバッテリーを使っているシーン 重い荷物を長時間背負って歩く登山では、持って行くものの重量が大事。ソーラーバッテリーも、ワット数が大きくなるほどパネルの枚数が増え重量も増すので、必要なワット数はどのくらいかと、本体の重量に注意して選ぶのがポイントです。

【使用例】
・バックパックのフロント部分に付けて、山行中に充電
・休憩中に広げて充電
・テント場でテントに付けて充電

【注意点】
・登山道が森の中だと、充電に必要な日光が届きにくい
・ワット数が高くなると、その分重くなる

折りたたみタイプのソーラーバッテリーおすすめ3選

RAVPower ソーラーチャージャー 16W
USBポートが2つついており、同時に2つのデバイスを充電できるソーラーバッテリーです。本体に穴が開けられており、バックパックやテントへの取り付けも簡単。小雨程度なら対応できるパネルで、アウトドアでも安心して使用できます。他に24W・3ポートタイプも。
ITEM
RAVPower ソーラーチャージャー 16W
●発電効率:21.5~23.5%
●出力:3.2A(最大値)
●重量:450g
●使用サイズ:65.5cm×24cm×0.4cm
●収納サイズ:24cm×15.5cm×1.5cm

朝日が登り、陽が差し込むと充電パワーが上昇。お目覚めとともに一気に元気快復となる。
軽さ、大きさも適切で、山歩きにもってこいです。
太陽光線の少ない梅雨の空を恨めしく思うこともなく活躍してくれています。


suaoki ソーラーチャージャー 14W
独自技術により接続したデバイスを自動的に検知し、最適な電流で充電可能なソーラーバッテリーです。350gと軽量で、折りたたむと財布ほどのサイズに。本体にポケットがついておりスマホを入れておけるので、落下予防にも。他に7W、60W、100Wのタイプがあります。
ITEM
suaoki ソーラーチャージャー 14W
●発電効率:22~23%
●出力:2.2A(最大値)
●重量:350g
●使用サイズ:63cm×15cm×3cm
●収納サイズ:17cm×15.5cm×3.5cm

他の製品より軽くて、1A以上出るので急速充電対応の機器にも対応できる。
晴れた日なら1.5A以上の出力になる。
ただ、USB端子が他のと違いむき出しになってるので雨に当たらないように注意


Anker パワーポート ソーラーライト 15W
モバイルバッテリーが人気なAnkerのソーラーバッテリーです。独自の技術により、フルスピード充電が可能。USBポートは2つ配置。本体にはループがついており、バックパック等への取り付けもできます。他に21Wのモデルも。
ITEM
Anker パワーポート ソーラーライト 15W
●発電効率:21.5~23.5%
●出力:2.1A(最大値)
●重量:350g
●使用サイズ:48cm×28cm
●収納サイズ:28cm×16cm

アウトドアで使いながらの充電が可能でした、ソーラーも進化しています。 夏の炎天下の下でずっといることは難しいですが春秋などのアウトドアシーンではかなり有用だとおもいます。そして、災害時などでもあると心強いのではないかと思います。


ソーラーパネル付きモバイルバッテリーのおすすめ利用シーン

ソーラーパネル付きモバイルバッテリー
出典:Amazon
モバイルバッテリーにソーラーパネルがついたタイプの充電器です。コンセントからも太陽光からも充電でき、外出中にモバイルバッテリーの充電が切れた…などの非常時に役立ちます。スマホと同じぐらいのサイズでコンパクトに持ち運べるのも便利。

登山で使う場合

バックパックにソーラーバッテリー付きモバイルバッテリーを付けている画像
出典:Amazon
ソーラーパネル付きモバイルバッテリーは、ソーラーバッテリーよりも重量があります。パネルの面積も少なく、それほど多くの電気が生み出せるわけではないので、長期の縦走より、日帰り・1泊程度の登山に持って行くのがおすすめ。

【使用例】
・バックパックに付けて、山行中に充電
・休憩中に日の当たるところに置いて充電

【注意点】
・登山道が森の中だと、充電に必要な日光が届きにくい
・ワット数が高くなると、その分重くなる
・ソーラーパネルの数が少ない分、充電に時間がかかる

ソーラーパネル付きモバイルバッテリーおすすめ3選

RAVPower ソーラーバッテリー 15000mAh
本体にプロテクターがついた、衝撃や水に強いソーラーバッテリーです。15000mAhでiPhone7なら4回以上充電可能。過充電などを自動的に感知し、安全に使用できます。LEDライト付き。
ITEM
RAVPower ソーラーバッテリー 15000Ah
●発電効率:21.5~23.5%
●入力:2A
●出力:2.1A

海外のテントサイトで使用。本体ソーラーパネルによる充電はかなり時間がかかるようだが、携帯太陽光パネル等と併用すれば意外に早く充電できるようだ。裏面の白色LEDも明るい。数日泊のテント山行でも実用に耐えるであろう。


AkeemSolar モバイルバッテリー 22000mAh
3台同時充電ができるソーラーバッテリーです。デバイスを自動で検知し、必要な電流をそれぞれに送ることで効率よく充電が可能です。MicroケーブルとLightningケーブルどちらにも対応できます。
ITEM
AkeemSolar モバイルバッテリー 22000mAh
●発電効率:-
●入力:2.1A(最大値)
●出力:2.4A(最大値)

大容量で3ポートなので、家族全員でも使えます。
普段使い&非常用に家と車にあると良いと思います。


TWONE モバイルバッテリー 20000mAh
雨の日でも使用できる、防水機能付きソーラーバッテリーです。2台同時に充電でき、過充電、過放電を自動で防ぐ機能も。LEDライトがついており、アウトドアで使用するときも便利です。
ITEM
TWONE モバイルバッテリー 20000Ah
●発電効率:-
●入力:2A
●出力:2.4A

災害時の携帯機器の充電を確保したかったので購入しました。
思っていたよりは軽く、衝撃には強そうですね。
もっとも購入してしばらくすると、ライトが点灯しなくなりました。
ライト機能はオマケ程度に考えていたのですが、緊急時の事を考えると心配になり
出店者に連絡を取りました。
対応は良く、迅速に対応して頂けたので満足しております。
商品を見ない通信販売とはいえ、しっかりと保証のある商品の購
入は見逃せないポイントだと
思います。


日帰り登山ならモバイルバッテリーのみでOK!

モバイルバッテリー
出典:Amazon
日帰り登山であれば、ソーラー機能がついていないモバイルバッテリーで十分でしょう。今では100gを切るモバイルバッテリーも販売されています。軽量なものは充電量も少ないことが多いので、容量と重量をチェックして選びましょう。

モバイルバッテリーについてさらに詳しく知りたい方はこちら


山行に合ったバッテリーを持って安全な登山をしよう!

登山でソーラーバッテリーを使っている様子 登山でもスマホが活躍することが多くなった現在。太陽光で充電ができるソーラーバッテリーは、いざという時に活躍します。天気に左右されるものの、持っていると安心なアイテムでもあるので、ぜひ山道具の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

登山でソーラーバッテリーを使っている男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!