雲海の条件とは|その原因を徹底解明

雲海の条件を5つにまとめました。だれもがため息をつくような、自然が生みだす美しい雲海の条件を徹底解明してお伝えします!有名な阿蘇やトマムなど、日本で見られる場所もたくさんあります。一瞬の素敵な景色をひと目見てみたい人は、参考にしてみて下さい!


アイキャッチ画像出典:flickr by Kentaro Ohno

雲海とは

雲海撮影:YAMAHACK編集部
山や飛行機など高度の高い場所から下を見ると雲が海のように拡がっています。これが「雲海」で、山々がまるで島のように雲から頭を出している様子からこのように呼ばれるようになりました。雲海は放射冷却などいくつかの条件が揃って初めて発生する自然現象。今回は雲海の発生条件とおすすめの観察スポットをご紹介します。

雲海の発生原理と条件5つ

【雲海の発生原理4つのステップ】
1.放射冷却などで地面が冷える
2.地面付近の水蒸気を含む空気が冷える
3.無風で冷えた空気が溜まる
4.空気中の水分が飽和状態を通り越して霧ができる

【雲海の発生条件5つ】
1.季節:主に春や秋
2.時間帯:夜明け前~早朝
3.気象:湿度が高い・放射冷却がある・無風状態・快晴
4.気温:前夜の気温と次の日の早朝の気温に差がある
5.場所:山間部や盆地

雲海の発生には安定した大気の層が絶対条件です。雲は大気の層より上に上がれないので、自分より低い高度に安定した大気の層があれば雲海を観察するチャンス。雲が雲海に発展するには大量の雲が必要ですね。雲が大量に発生する気象条件と言えば放射冷却。山間部や盆地は放射冷却が起こりやすいので、好条件の観察環境と言えます。

雲海が見られるおすすめスポット10選

[1] 阿蘇ラピュタの道/熊本
本当アニメの世界に入ってしまったかのような現実とは思えない景色です。実態は県道から狩尾地区を繋ぐ幹線道路。走行注意です。
[基本情報]
■住所:熊本県阿蘇市狩尾原野
■アクセス:[電車]JR豊肥線赤水駅下車、車で30分 [車]熊本ICから1時間30分
■電話番号:0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター – 9:00~18:00 – 無休)
■阿蘇市観光協会URL:http://www.asocity-kanko.jp/



[2] トマムの雲海テラス/北海道
雲の上でサーフィンができそう!星野リゾートトマムのサイトには雲海発生確率などの雲海情報があるので参考にしてみてください。
[基本情報]
■住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム
■アクセス:道東自動車道 トマムICより車で約5分
■電話番号:0167-58-1111(星野リゾートトマム – 9:00~20:00)
■星野リゾートトマムURL:http://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/

[3] 日本のマチュピチュ 竹田城跡/兵庫
雲海に包まれた姿がまさに天空の城。”恋人の聖地”としても有名な日本のマチュピチュの雲海は、晩秋が一番発生しやすいそう。
[基本情報]
■住所:兵庫県朝来市和田山町竹田字古城山169番地
■アクセス:[車]和田山ICから国道312号経由で約20分
■電話番号:079-674-2120(情報館 天空の城 – 9:00〜17:00)
■和田山町観光協会URL:http://wadayama.jp/takedajyoseki

[4] 日本一標高が高い国道 渋峠/群馬
渋峠出典:wikipedia
標高2,172m!11月から4月までは通行止めですが、5月と10月は早朝からカメラマンさんたちで賑う絶景スポットです。
[基本情報]
■住所:長野県下高井郡山ノ内町志賀高原渋峠
■アクセス:[車]信州中野ICより志賀中野有料道路を経て国道292号線を志賀高原,草津方面へ約50分
■電話番号:0269-34-2404(志賀高原観光協会)
■志賀高原観光協会URL:http://www.shigakogen.gr.jp/

[5] 富士山/山梨
富士山と雲海出典:大月市
標高が高いので雲海に出会える確率も高いです!八合目の手前から見えることもあり、まさに雲上の登山道!
[基本情報]
■住所:山梨県南都留郡鳴沢村(富士山五合目駐車場)
■アクセス:河口湖IC・富士吉田ICから五合目まで富士山有料道路(富士スバルライン)経由で約40分。五合目から八合目まで登山(4~6時間)。
■電話番号:054-221-3776(富士山総合案内 – 平日8:30〜17:15)
■富士河口湖 総合観光情報サイトURL:http://www.fujisan.ne.jp/

[6] 鎌倉山/栃木県
鎌倉山出典:栃ナビ!
鎌倉山は標高200m程度の里山。ここでも晩秋〜初冬にかけて雲海を見られます。夜中に雨が上がった快晴の翌早朝が狙い目です。
[基本情報]
■住所:栃木県芳賀郡茂木町大字九石
■アクセス:真岡鐵道真岡線 茂木駅より徒歩で約45分/車で約15分
■電話番号:0285-63-5644(茂木町観光協会 地域振興課内)
■茂木町観光協会URL:http://www.motegi-k.com/1/photospot/photospot.html

[7] 大江山鬼嶽稲荷神社/京都
大江山鬼嶽稲荷神社出典:大江観光
11月~12月に発生率が高く、紅葉と雲海の両方が楽しめる贅沢な絶景スポット!鬼伝説にまつわる鬼の洞窟など見所も多いです。
[基本情報]
■住所:京都府福知山市大江町北原
■アクセス:[車]京都縦貫自動車道舞鶴大江ICより約40分 [電車]京都丹後鉄道「大江山口内宮駅」下車 市バス大江山の家行き終点下車後、徒歩約1時間半
■電話番号:0773-56-1102(福知山観光協会大江支部)
■京都府観光連盟公式サイトURL:http://www.kyoto-kankou.or.jp/info_search/?id=582&r=1465524817.053



[8] 秩父盆地/埼玉
秩父盆地出典:西武鉄道
東京から2時間強の大自然!三峯神社から見た秩父盆地の雲海です。シーズン中には雲海観察ツアーも企画される人気スポットです。
[三峯神社 基本情報]
■住所:埼玉県秩父市三峰298-1
■アクセス:[車]関越自動車道 花園ICより約2時間 [電車]秩父鉄道 三峰口駅からバス
■電話番号:0494-55-0241
■サイトURL:http://www.mitsuminejinja.or.jp/index.htm

[9] 国見ヶ丘/宮崎
国見ヶ丘は標高513m。雲海の見頃は秋〜初冬の早朝だそう。”神様の住む町”高千穂は雲海以外も絶景ポイントが多くあります。
[基本情報]
■住所:宮崎県西臼杵郡高千穂町押方
■アクセス:高千穂バスセンターから車で15分
■電話番号:0982-73-1213(高千穂町観光協会 – 8:30~17:30)
■高千穂町観光協会URL:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php

[10] 備中松山城/岡山
日本一高い場所にある天守閣からの雲海!とても雄大です。鎌倉時代のお殿様と同じ風景を見ていると思うと、感動もひとしおです。
[基本情報]
■住所:岡山県高梁市高梁市内山下1(ふいご駐車場から徒歩20分)
■アクセス:[電車]備中高梁駅前観光案内所より観光乗合タクシーで10分 [車]岡山自動車道 賀陽ICから約20分
■電話番号:0866-21-0217(高梁市産業観光課観光振興係)
■高梁市役所URL:http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html

ぜんぶこの目で見てみたい!!

いかがでしたか?幻想的な雲海の観察スポットは、富士山はもちろんのこと、国道やホテル、里山などにもあることがわかりました。本格的な雲海は気象状況や季節,時間などが合わないと見られないレア現象。だからこそ見られたときの感動はとても大きいです。行きたいスポットが見つかったら早速旅の計画を立ててみませんか。

Let’s go to the Sea of clouds seeing!
雲海を見に行こう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

雲海
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!