本当に使えるトレッキングパンツの代表格「バーブパンツ」ってどんなパンツ?

2020/10/16 更新

登山用パンツとして幅広い用途で使えるザ・ノース・フェイスの「バーブパンツ」。いったいどんなパンツなのか、その仕様と実際の着用感を細かくチェックしてみました。よく比較されることの多い定番人気の「アルパインライトパンツ」との違いも紹介。いずれも穿きやすさ・使い勝手の良さに定評がありますが、実は、似て非なるモデルなのです。『最初の1本をどれにするか悩んでいる』『トレッキングパンツの買い替えを検討している』そんな人におすすめ。メンズ・レディースだけでなく、キッズモデルも展開しているので、家族で穿くこともできますよ!


アイキャッチ画像撮影:筆者

1本あると重宝するオールラウンダー! ザ・ノース・フェイスの「バーブパンツ」

ノースフェイスロゴ
撮影:筆者
登山ウェアから街着まで揃う人気のアウトドアブランド<THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)>には、トレッキングパンツも豊富にラインナップ。その中でも、「アルパインライトパンツ」と並んで定番人気なのが、いつでもどこでも使えるオールラウンドな登山用パンツ「バーブパンツ」です。

 

ザ・ノース・フェイス バーブパンツ
提供:THE NORTH FACE(バーブパンツ)
公式サイトのバーブパンツの商品説明を、ザックリと抜粋すると…

「高いストレッチ性を持ち、トレッキングシーンをオールラウンドにサポートするパンツ」「防風性と適度な保温力も備えるため幅広いシーズンや用途で活用することができます」

オールラウンドにサポートするパンツとは、一体どんなパンツなのでしょうか?

「バーブパンツ」に搭載されている3つのテクノロジー

バーブパンツ
撮影:筆者
まずは、バーブパンツの“オールラウンド”な性能を支える主な機能を見てみましょう。

①“APEX Aerobic Light”で伸び伸びストレッチ

バーブパンツのストレッチ性APEXstretch バーブパンツは、ザ・ノース・フェイスが開発したソフトシェル素材“APEX Aerobic Light”を採用。ナイロンの風合いを少し抑えた素材感でありながら、高性能な4WAYストレッチ生地(※)です。

登山用パンツでストレッチ性は大事なポイント。タテ・ヨコに伸びる4WAYストレッチにより、足の動きを妨げず、疲労や不快感を抑えます。トレッキングから、大きく足を曲げるクライミングまで、様々なアクティビティに対応可能です。
※2WAYストレッチ生地…縦・横方向の4方向に伸びる生地。これに対し、”2WAYストレッチ”または単なる”ストレッチ”は、ほとんどの場合、横方向のみでカジュアルウェアなどによく使われます。登山は大きく体を動かすので、できれば4WAYストレッチを選びましょう。

②多少の雨天にも対応できる“撥水性素材”

バーブパンツの撥水性water_resisitant
登山では、雨や朝露に濡れた草や笹藪の中を歩いたり、沢を渡ったりと、水と遭遇することが意外と多いもの。そんなとき、撥水性がないとすぐにウェアが濡れてしまい、体温を奪います。

その点バーブパンツは、高い撥水性を備えているので安心。防汚性もありますので、泥水が付いてもシミになりにくい効果が期待できます。

適切に体温調節できる“ベンチレーション”

バーブパンツのベンチレーションventilation 運動量の多い登山では、体温でウェアの内部がかなり暑くなり、汗をかくことも多いもの。そんな時、余分な熱や汗を体外に素早く放出するのがベンチレーション機能です。バーブパンツは、太もも部分の横にファスナーにより開閉できるベンチレーションを配置しています。

実際の穿き心地やサイズ感は? 「バーブパンツ」の特長をレビュー

バーブパンツ
撮影:筆者
バーブパンツのスペックを確認し、高いレベルで登山に必要な機能が備わっていることがわかりました。ここからは、サイズ感や穿き心地、使い勝手など、特長を細かくチェックしていきましょう。

シルエットはオーソドックス

シルエット
撮影:筆者(身長176/ブラックのLサイズ着用)
身長176cmの筆者が実際に着用してみました。タイトでもなく、ルーズでもない、リラックス感があるストレートシルエット。股上は深めで、オーソドックスな着用感です。

登山用サポートタイツや、寒い時期に防寒用のタイツを中に着用しても窮屈に感じない、適度な余裕があるので季節を問わず着用できそうです。

防風性がある適度な厚みの生地

バーブパンツ
撮影:筆者
生地の厚さは中程度、確かに適度な「防風性・保温力・強度」がありそうで、冬は防寒タイツやアウターシェルパンツを併用すれば、1年の多くの期間使えます

また、岩場で擦れたり、山では転倒することも少なからずありますが、これくらいの厚みがあれば、ちょっとしたことでは破れない安心感があります。

しなやかで気持ちのいい着心地

バーブパンツ生地
撮影:筆者
厚い生地にありがちな硬めの着心地ではなく、柔らかでしなやかな生地です。表面は手触りのいいサラっとした感触、化学繊維感が少なく上品な仕上がりなので、街着にも使えそうです。

しっかり撥水

撥水
撮影:筆者
生地表面に水を垂らしてみたところ、見事に水を弾いています。玉のようになった水は傾けると、吸い込むことも無く、全部落ちてしまい、まるで水がなかったかのよう。水も汚れも寄せ付けない感じがしました

肌離れがいい裏地と高いストレッチ性で動きやすい

ストレッチ
撮影:筆者
裏地はサラサラ感があり、汗を掻いても肌離れよさそうな、気持ちのいい素材。2WAYの高いストレッチ性もあるので、ひざを曲げても生地のツッパリ感はまったくなく、体の動きを邪魔しません

簡単に開閉できる左右のベンチレーション

ベンチレーション
撮影:筆者
両方の太もも横に配置されたベンチレーション。全開すると大きく開き、かつ素早く開閉できるので、体温や蒸れの調節を細かく行なうことができます。このあたりの工夫が「幅広いシーズン」使えるポイントのひとつです。

ポケットはすべてファスナー付きなので安心

ポケット
撮影:筆者
ポケットは、前後2カ所ずつの計4カ所。すべてファスナー付きなので、不意に中身を落とすことがなく安心です。ファスナーを閉めることを忘れがちな後ろポケットは、返しが付いているので、開いていても簡単に中身を落とすことがありません。登山中は、ポケットから中身を落としても意外と気付かず、探すことが困難なので必要な機能です。

ベルトはバックルで簡単開閉

バックル
撮影:筆者
ベルトは、ワンタッチタイプのバックル仕様。使用しているときは簡単には外れず、外したい時は片手で簡単に外すことができます

裾を絞るドローコード付き

ドローコード
撮影:筆者
裾にはドローコードが付いています。裾を汚さないように絞るという用途もありますが、クライミングをするときに、裾がかかとにひっかからないようにする為にも必要です。トレッキングからクライミングまで、オールラウンドにこなすための機能のひとつです。

総評|初心者~ベテランまでおすすめ!ストレスのない穿き心地が最大の魅力

バーブパンツ
撮影:筆者
運動性を高める『ストレッチ性』、体を守る『撥水性』『防風性』、そして、快適性を高めるベンチレーションや気持ちのいい着用感など、登山用パンツとしては申し分ないことがわかりました。総合すると、適した着用シーンは以下の通りです。

■バーブパンツが向いているシーンは…
◎日帰りトレッキングから、テクニカルなクライミングまで幅広い用途に対応
◎生地が中手で耐久性が高いので、長期縦走にもよし
◎しなやかで品のある仕上がりなので街着にもOK
 

■バーブパンツが向かないシーンは…
◎中厚手生地で通気性が低いので、盛夏の中低山登山では暑い
◎厳冬期の高所登山では、さらに高い保温力を備えたパンツが必要
(防寒タイツやハードシェルパンツと併用がおすすめ)
 

一番のおすすめポイントは“穿き心地の良さ”

バーブパンツ
撮影:筆者
筆者が一番気に入ったのは、穿き心地の良さ。特に裏地のサラサラ感と、生地のしなやかさは、ずっと穿いていたいと思うほどで、このまま寝てもぐっすり眠れそうな感じでした。様々な高いレベルの機能ととともに幅広いシーズンや用途をカバーする、まさに“オールラウンド”なパンツと言えそうです。

最初の1本を探している初心者から、次のパンツを検討中のベテランまで、多くの登山者におすすめしたい、そんなパンツです。

「バーブパンツ」の製品情報はこちら

バーブパンツタグ
撮影:筆者

定番人気「アルパインライトパンツ」との違いは?

素材は同じで、いずれも撥水性・防風性・ストレッチ性・速乾性に優れていますが、シルエットやディテールが異なります。どちらが自分の理想に叶うモデルなのか、ショップでぜひ穿き比べてみてください。

バーブパンツとアルパインライトパンツの違い
提供:THE NORTH FACE([左]バーブパンツ[右]アルパインライトパンツ
商品名バーブパンツアルパインライトパンツ
シルエットストレート細身テーパード
(膝部分が立体的なパターン)
素材APEX Aerobic LightAPEX Aerobic Light
ウエストゴム
スナップボタン
バックルベルト
ゴム
スナップボタン
ドローコード
ポケット(ジップ付き)前2、後2前2、後1
ベンチレーションありなし
裾のドローコードありなし

バーブパンツ(メンズ)

ITEM
バーブパンツ(メンズ)

普段使いから運動、登山にも
巷では同メーカーのアルパインライトパンツが流行っていますよね。
自分は紐のウエストは嫌いでこちらのバーブパンツは同じ素材でわりと細身にできていてバックル仕様なので履きやすいです♪
アルパインライトパンツとの違い
アルパインライトパンツがテーパードパンツでバーブパンツはストレートパンツです。
バーブパンツは裾がドローコードで絞れるようになっています。
ウエストが紐かバックルか。
バーブパンツはベンチレーションが付いている。
172cmの体重59kgでsサイズでジャストで履けます。
自分はキツいくらいのほうが好みなのでゆったり目が良ければMになるでしょう。
きついくらいのジャストで履いてもストレッチが効いているので全く不快感はありません。


商品名バーブパンツ(メンズ)
型番NB32006
素材APEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)
機能太ももサイド部分にファスナー開閉のベンチレーション仕様、オールラウンドに使用できる、リラックスフィットの定番パンツ
原産国ベトナム
サイズS、M、L、XL、BM、BL
重量445g(Lサイズ)
カラーアスファルトグレー、バーントオリーブ、ブランデーブラウン、ブラック、モアブカーキ、ニュートープ、アーバンネイビー
メーカー希望小売価格14,000円(税抜)

バーブパンツ(レディース)

ITEM
バーブパンツ(レディース)

大満足です
バーブパンツは2本目ですが、ブラックを持っていなかったのでさかいやスポーツさんで購入させてもらいました。
今回、こちらを着て冬の八ヶ岳に登りましたが(アンダータイツ、ハードシェルパンツも着用しました)3枚重ねでも全くもたつくことなく、また蒸れることもなく、快適に山歩きができました。
また、脚長に見えるシルエットなので、タウンユースでもかっこいいです!
ノースフェイスはアルパインライトパンツも人気ですが、バーブパンツはベンチレーションがあるので私は断然バーブパンツ派です!


商品名バーブパンツ(レディース)
型番
NBW31605
素材APEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)
原産国ベトナム
サイズS、M、L、XL、RL、RM
重量415g(Mサイズ)
カラーバーントオリーブ、バロロレッド、ブルーウィングティール、キャラメルカフェ、ブラック、モアブカーキ、ニュートープ、マロンパープル
メーカー希望小売価格14,000円(税抜)

バーブパンツ(キッズ)

キッズモデルは、ベンチレーションなし。ウエストはベルトではなく、内側のドローコードで調節する仕様です。

ITEM
バーブパンツ(キッズ)

大人で150cm痩せ型、小尻。スリムに履きたかったので140黒を購入しました。太もも周りはキツすぎず程よくフィット。丈はくるぶし位です。ウエストだけちょっとキツイ…苦笑。チャックタイプなので伸ばし様が無いですね。馴染んで少しゆるくなってくれるといいな。
でも全体的にストレッチが効いてて、ウエストもヒザもしゃがんだ時に良く伸びます。そこは子供用、動き回る子供に適したストレッチ性です。風や雨を通さない生地で、太もものTNFマークはリフレクターになってます。生地の厚みは思ってた程厚くなく、真冬は中にタイツ履かないと寒いと思います。夏は山ならいいけど街では暑くて着れないでしょう。モデルさんはロールアップしてるから分からないけど、大人用みたいに裾幅を絞るドローコードは付いていません。
春先や梅雨場の雨降って肌寒い日用に欲しかったので満足です。大人の方はウエストだけ注意です。


商品名バーブパンツ(キッズ)
型番
NBJ81855
素材APEX Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)
原産国中国
サイズ100、110、120、130、140、150
重量175g(110サイズ)
カラーブリティッシュカーキ、ブラック、アーバンネイビー
メーカー希望小売価格9,000円(税抜)

THE NORTH FACEのトレッキングパンツをもっと見る


紹介されたアイテム

バーブパンツ(メンズ)
バーブパンツ(レディース)
バーブパンツ(キッズ)
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

バーブパンツ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
黒田猫太郎
黒田猫太郎

IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫2匹と同居中。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!