山でぐっすり眠れてる? 登山のお供にしたい「エアー枕」5種類を比べてみました!

2020/09/18 更新

テントや山小屋での宿泊、ぐっすり眠れていますか? 普段とは違う環境や寝具になかなか落ち着かない…というひとも多いのでは。そんなときに安眠を手助けしてくれるのが「携帯枕」。今回は登山に携行するのに適した特長をもつ軽量・快適なマクラを比較レビュー!Amazonでお手頃にゲットできる格安枕の実力もチェックします。あなたの山行にピッタリの枕はどれ?


アイキャッチ画像撮影:筆者

山での快眠に足りないもの…それは「枕」かも?!

寝袋
出典:PIXTA
山で宿泊するみなさん、快適に眠れていますか?

テント泊においてシュラフやマットといったスリーピングアイテムは必需品ですが、「枕」についてはどうでしょう? なるべく荷物を増やしたくない登山では、ザックや防寒着を代用品として済ませてしまったり、ガマンして枕なしで寝るというひともいるかもしれません。

「携帯枕」で睡眠の質を上げよう!

nemo
提供:イワタニ・プリムス/NEMO Equipment Japan
なくても寝られるけれど、あると眠りの質をグッと上げてくれるアイテムが「携帯枕」。テント泊だけでなく、山小屋でも寝心地のいい「マイ枕」があると安心!
普段と違う環境で眠りづらい、浅い眠りになってしまう……など山での睡眠にお悩みのひとへ、ぜひ提案したいスリーピングアイテムです。

「登山に適した枕」にはどんなものがある?

登山向きの枕と、普段家で使用する枕との大きな違いは「軽さ」と「収納性」。そしてもちろん「寝心地の良さ」も求められます。

さまざまな種類の枕から、登山やキャンプなどアウトドアシーンで使われるタイプの特徴を見てみましょう。

登山向きの枕種類紹介


枕種類表

※画像をクリックすると大きく表示されます
■エアータイプ(空気注入式)
コンパクトに収納でき、軽量さにすぐれた商品が多いエアータイプ。空気を入れる量により高さや硬さの調整が簡単にできます。使用中は空気抜けやパンクに注意が必要。

■セルフインフレータブルタイプ(自動膨張式)
エアーとスポンジを組み合わせ、バルブをゆるめると自動でふくらむ楽々タイプ。ふくらみが足りないときは空気を入れて調整します。エアータイプに比べると重く、かさばるものが多い。

■ウレタンタイプ(中にスポンジが入っている)
スポンジが大きく広がるので口でふくらませるタイプが苦手な方も安心して使えます。パンクや空気もれの心配もなく、フィット感や寝心地は抜群!他のタイプと比べると重く、収納時も大きめなので、登山よりもキャンプでの使用がおすすめです。

■スタッフサックタイプ(中に衣服などを詰める)
スタッフサックと肌触りのよい生地を組み合わせたタイプ。収納袋としても、衣類等を詰めて枕としても使用可能。枕の中材がない分軽量ですが、詰めるものが足りなかったり、中身により寝心地にムラが出ることもあります。

登山には「軽さ・コンパクトさ」に優れた「エアータイプ」がおすすめ!

枕使用シーン
撮影:YAMA HACK編集部
今回は登山で使いやすいコンパクトに収納できる「エアータイプ」で、110g以下(カバー含む)の軽量枕をセレクトしました。下記の条件で選んだ枕を比べていきます。
・【カバーあり】 110g以下
・【カバーなし】 60g以下
・【番外編】 Amazonで1500円以下、110g以下

【洗えるカバー付きで110g以下】清潔・高クッション性をもつ枕

「ブラッダー」と呼ばれる内袋を膨らまして使うエアタイプの枕。カバーを取り外して寝汗や皮脂汚れを洗えるタイプは、清潔さを保って使うことができます。またカバーがあることで、パンクの不安も軽減できるのがうれしいポイント!寝心地のよさが好評の2商品を見てみましょう。

①まるで家の枕のような寝心地が魅力!|<NEMO>フィッロエリート

NEMO物
撮影:筆者
フィールドでの快適性を生み出すテントや寝袋が人気のブランド<NEMO>。フィッロエリートは「エアータイプの枕は頭にフィットしにくい…」と思われる方におすすめです。

ジャージ素材を使ったカバーはしっとり、なめらかな肌触り。カバー内側に入っているプリマロフトの中綿により、より高いクッション性を生み出しています。ブラッダー中央に入ったくぼみ部分に頭が自然と収まり安定した寝心地に。

NEMO説明
撮影:筆者 (左上から時計回りに)裏面、カバー内側の薄い中綿生地、カバーを外した状態、内蔵の収納袋
裏面には高い耐久性の生地を使い、細かいロゴプリントが滑り止めになっています。収納袋は紛失の心配がない内蔵型!カバーは取り外して洗濯ができるので、汚れを気にせずに使えます。

【気になる点】
厚みが8cmとやや薄め。高い枕が好きな方は物足りなさを感じるかも。
①<NEMO>フィッロエリート
価格:5,200円(税別)
重さ:80g(収納袋含む)
サイズ:39×27×8cm
収納サイズ:8×10cm

②すべすべorやわらか。好みの面を使い分け|<COCOON>エアーコアフッドピローウルトラライト

COCOON物
撮影:筆者
肌触りのよいトラベルシーツやライナーに定評のあるメーカー<COCOON>。カバーにはすべすべした触り心地のリップストップナイロン生地と、やわらかなマイクロファイバー生地を採用。どちらの面も内側には薄い中綿を組み合わせているので高いクッション性があり、好みに合わせて使い分けができます。

COCOON説明
撮影:筆者 (左上から時計回りに)裏面のマイクロファイバー地、カバー内側の薄い中綿生地、カバーを外した状態、寝袋のフードに入れたところ
寝袋のフード部へのフィットしやすさが考えられた丸みのある形状も特徴的。中央部にくぼみがあり、サイドが少し盛り上がっているので、頭がスッといい位置に収まる印象。また横向き寝の際には、湾曲状の枕下部が肩にフィットします。ジッパーでカバーを取り外して洗濯可能なので、汗をかいても安心。

【気になる点】
ナイロン生地は肌触りはよいが、滑りやすい。ナイロン地を下にしてマット上で使う場合には対策が必要。ふくらました後バルブをさっと閉じるのが難しい。
②<COCOON>エアーコアフッドピローウルトラライト
価格:3,600円(税別)
重さ:108g(収納袋:4g)
サイズ:37×28×11cm
収納サイズ:8×12cm

【カバーなしで60g以下】軽さと寝心地も追求したコンパクト枕

カバーがない分、軽量さ・収納時のコンパクトさが光る2種類。汚れや肌触りが気になる場合は、手ぬぐいやタオル、着替えなどをカバー代わりにかぶせることで解消できます。

③超軽量45g!仰向けにも横向けにもピッタリな形状|<EXPED>Air Pillow UL/M

EXPED物
撮影:筆者
エアーマットやハンモックなど独自のスリーピングアイテムが揃う<EXPED>からは今回最軽量45gの枕をご紹介!でもポイントになるのは軽さだけではありません。表面にはトリコット生地に滑りにくいようハニカム模様をプリント。カバーなしでもサラサラと気持ちのよい触り心地です。

EXPED説明
撮影:筆者 (左上から時計回りに)裏面、バルブ・マットと接続可能なホール/専用ピンをバルブ内の弁に挿し込む/滑りにくいようハニカム模様がプリントされた生地
息を吹き込みやすい大きめのバルブ。付属のピンをバルブ内部の弁に挿し込むことによりスムーズな排気が可能。両サイドのタブはエアーマットと紐などで連結させられます。
EXPED高さ違い見せ
撮影:筆者
サイドから見ると厚みがずいぶんと違います。この特徴的な形状が、仰向けにも横向きにも対応できるポイント。頭がずれにくいシェイプは、真ん中がへこんでいるので横向き寝の際も耳が押しつぶされず快適です。

【気になる点】
枕の薄い部分は約8cm厚とやや薄く、幅も少し狭くなるので仰向け寝する際には少し小さめに感じた。厚い方は問題なし。
③<EXPED>Air Pillow UL/M
価格:4,200円(税別)
重さ:45g(収納袋:4g)
サイズ:38×27×10cm
収納サイズ:5×12cm

④ストレスフリーの操作性で好みの高さに|<SEA TO SUMMIT>エアロウルトラライトピロー レギュラー

SEA TO SUMMIT物
撮影:筆者
使い勝手のよいアウトドアアイテムが揃う<SEA TO SUMMIT>の枕は、12cmとしっかり厚みがあり高め枕がお好きな方におすすめ!こちらも60gという軽量さ。

空気の出し入れが別々にできる二重バルブは操作がとっても簡単!好みの高さに調節しやすい枕です。カーブしたデザインがいろいろな姿勢で寝た際もフィット感を高めてくれます。
SEA TO SUMMIT説明
撮影:筆者 (左上から時計回りに)裏面、マットの上でも滑りにくい生地、バルブ、滑りにくいようプリントが施された表面
表面は頭がズレにくいよう柄がプリントされており、裏面はマット上でも滑りにくい微起毛の生地が使われています。汚れが気になる場合は手洗いも可能。

【気になる点】
くぼみが浅めなので、もう少し沈み込みがあると寝やすい。裏面の起毛地に髪の毛などがくっつきやすい。
④<SEA TO SUMMIT>エアロウルトラライトピロー レギュラー
価格:3,500円(税別)
重さ:60g(収納袋:4g)
サイズ:36×26×12cm
収納サイズ:5.5×7.5cm

【番外編】Amazonで1500円以下!気になる格安枕の実力は?

アウトドアメーカーのものはいいけれど、やはりちょっと価格が高め。そこでAmazonで見かける格安枕。1500円以下とお手頃価格ですが、寝心地や肌触り、快適性はどうなのでしょう?実力はいかに!

⑤シンプルな機能を持つ大きな枕|<Hikenture>エアーピロー

Hikenture物
撮影:筆者
アウトドアシーンで活躍するアイテムが揃った<Hikenture>。横幅が42cmと今回比べた枕の中では最大サイズながら、軽量コンパクトに持ち運べる枕です。サラッとした肌触りで肌への張り付きもなく寝られます。裏面は滑り止めなどは付いておらずシンプルな仕様。

Hikenture説明
撮影:筆者 (左上から時計回りに)裏面、バルブ、バルブを開けたところ(黒い部分がボタン)、サラリとした肌触りの生地
バルブ内にあるボタンを押すと、空気の逆流を防ぎながら息を吹き込むことができます。

【他商品と比べて気になった点】
・バルブの操作性・・・ぺったりとした形状で息を吹き込みにくい。ふくらますのにも、たたむのにも時間がかかる。
・枕の形状・・・厚みは十分だが、くぼみが浅めなので頭が落ち着かない。もう少し沈みこみがほしい。
・生地感・・・肌当たりを考えると、やわらかさがプラスされると良い。裏面は少しすべりやすい。
⑤<Hikenture>エアーピロー
価格:1,236円(税別) ※2020年9月時点
重さ:83g(収納袋:10g)
サイズ:42×32×13cm
収納サイズ:6×10cm

使いやすさ・コンパクトさ・特長を比較!

バルブの使いやすさは?

バルブ比較
撮影:筆者
山では疲れた状態で使うことの多い枕。空気を入れづらかったり、なかなかふくらまなかったり……なんてストレスは避けたいですよね。また、撤収時はサッと時間をかけずに片付けたいもの。

スピーディーな操作の肝となるバルブの性能を、パンパンにふくらむまでに何回息を吹き込むのか」&空気が抜けてぺちゃんこになるまで何秒かかるかで比べてみました。

バルブは「出っ張っている部分を口でくわえる」(①②)と、「平べったい部分に口をつける」(③④⑤)の2種類のタイプです。
パンパンになるまでの吹き込み回数平らになるまでの排気秒数バルブの使用感
①NEMO3回10秒少ない吹き込み回数でパンパンに!バルブの操作に慣れれば吸気・排気共に楽々。
②COCOON5回12秒吹き込み終わりにサッとバルブをしめないと空気が抜けてしまうので少し焦る。
③EXPED4回13秒逆止弁で空気が抜けないのでふくらましやすい。ピンを使って排気するが、途中から抜けづらくなり時間がかかった。
→ピンの挿し具合が不十分だったようです。弁にしっかりピンを挿し込むことでスムーズな排気が可能とのこと。
④SEA TO SUMMIT4回4秒二重バルブのおかげで吸気・排気共にストレスなく素早くできる。特にたたむ際は一気に空気が抜けてとても簡単!
⑤Hikenture7回15秒バルブ内のボタンを押すと空気抜けせずにふくらませられる。排気には少し時間がかかった。
※上記の数字は、あくまでも筆者(30代女性)が試した結果・使用感です。各商品3回吸気・排気を行った平均値。
いちばん使いやすいと感じたのは④SEA TO SUMMIT。吸気・排気するバルブの段が分かれており、空気量の調節もしやすいです。平べったいバルブですが吹き込みは簡単で、空気抜きの速さもダントツ!

①NEMOのバルブは1段階伸ばしてからくわえるタイプで息を吹き込みやすく、最も少ない回数でふくらませることができるので楽に使えます。バルブの操作も簡単です。
収納時を比べると、出っ張っているタイプのバルブは少ししまいづらさを感じるかもしれませんが、それほど気になるポイントではありません。

収納サイズをナルゲンボトルと比べてみると

枕収納サイズ比較
撮影:筆者
収納袋に入れた状態でナルゲンボトル500ml(17.5cm×6.8cm)と並べてみました。
今回はどの枕も手の平サイズに収納できるため大きな差はありませんが、その中でも際立つのは④SEA TO SUMMITのコンパクトさ!女性の握りこぶしほどのサイズになります。
③EXPEDは薄くたためるので、かさばらない収納が可能
①NEMOは内蔵型で袋がなくなることがないので安心。

②COCOON、⑤Hikentureは大きめですが、その分袋には余裕があり入れやすさを感じました。

項目ごとにランキング&おすすめポイント

軽 さ価 格収納
サイズ
使用時
サイズ
肌触り操作性
① NEMO
② COCOON
③ EXPED
④ SEA TO SUMMIT
⑤ Hikenture
※使用時サイズは面積の数値で比較しています。
さまざまな特徴をもつ枕たちを、項目ごとにランク付けしました。(1位=◎、2位=〇、3位=●)
眠り方や頭のフィット感、どんな枕が好みなのかは人それぞれ。どのポイントを重視するのか、枕選びの参考にしてみてください!

①肌触り&操作性のよさ、どちらもほしいひとには

ITEM
<NEMO>フィッロエリート
重量:80g
収納サイズ:φ8×10cm
使用時サイズ:39×27×8cm
素材:ポリエステルジャージ

軽くて小さく収納できて、触り心地もよいものを探していたので、まさにピッタリでした。


②カバーを好みに合わせて使い分けたいひとには

ITEM
<COCOON>エアーコアフッドピロー ウルトラライト
重量:108g
サイズ:28cm×27cm
収納時サイズ:12cm×8cm

③軽さ重視!いろんな向きで快適に眠りたいひとには

ITEM
<EXPED>Air Pillow UL M
重量:45g
サイズ:38 × 27 × 10 cm
収納サイズ:12×5cm
素材:20Dポリエステル/TPUフィルムラミネート/耐加水分解

人間工学に基づいた作りになっているので、とても快適でした。


④軽さと使いやすさのバランスを求めるひとには

ITEM
<SEA TO SUMMIT>エアロウルトラライトピロー レギュラー
重量:60g
収納サイズ:レギュラー=径5.5x7cm
使用時サイズ:レギュラー=35x26x12cm
生地:TPUラミネート20Dポリエステルストレッチニット

大きさ、肌触り、寝心地、どれも満足です。


⑤お手頃価格&大きめサイズがほしいひとは

ITEM
<Hikenture®>エアーピロー
重量:83g
サイズ: 長さ42×幅32×高さ13cm
収納サイズ:長さ10×直径6cm
素材:ポリエステル

枕をプラスして山でも快適に眠ろう!

提供:ロストアロー/SEA TO SUMMIT
安全な登山は快適な眠りから。軽量コンパクトに持ち歩ける登山向き枕なら、邪魔にもならず睡眠環境を整えることができます。しっかりと眠って疲れを取り、翌日の行動に備えましょう!

こちらの記事もどうぞ


紹介されたアイテム

<NEMO>フィッロエリート
<COCOON>エアーコアフッドピロー…
<EXPED>Air Pillow UL…
<SEA TO SUMMIT>エアロウル…
<Hikenture®>エアーピロー
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

枕アイキャッチ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SISUKO
SISUKO

運動は苦手だけど山は好き。キノコを探しながら歩けば疲れ知らず! アウトドアグッズを見るだけでワクワクしちゃう人間です。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!