初テントならモンベルが有力候補!初心者におすすめの4モデルを深掘りレビュー(2ページ目)

どのモデルもシンプル構造で設営が簡単!!

今回試した4モデルは、いずれも大きく分けて6ステップで設営が可能。モデルによって設営・固定方法は多少異なりますが、組み立て方さえ覚えてしまえば戸惑うこともありません。
どのモデルも力をあまり必要としないので、女性でも安心して設営できると感じました。

ステラリッジを例とした設営イメージ

撮影・編集:筆者(ステラリッジを例とした設営イメージ)
テント名①ステラリッジ②ルナドーム③ムーンライト④クロノスドーム
設営にかかった時間5分1秒5分47秒5分58秒5分23秒
設営構造吊り下げ式吊り下げ式吊り下げ式吊り下げ式
今回は整った環境での設営でしたが、実際の山ではこの1.5倍以上の時間がかかるかもしれません。設営時の環境やテント泊の慣れ度合いによって時間は異なります。参考程度にお考えください。

時間だけを見ると<ステラリッジ>が優勢ですが、設営時の労力については感覚的に大きな差はなし。
森林限界を越すような環境や悪天候時などを想定しても、これだけの短時間で立てられるテントは十分に「設営がしやすい」と言えそうです

スムーズな設営が可能な理由は「吊り下げ式構造」

モンベル テント形式 比較

提供:mont-bell

「吊り下げ式構造」のテントは、ポールに本体のフックを引っかけていくだけのシンプルな仕組み。素早い設営を可能にしている要因として、この構造が挙げられます。
山岳テントに多い「スリーブ式」と比べ、ポール受けに差し込む際にあまり力を必要としないのも特徴です。

また吊り下げ式はフライシートと本体の空間が広いため、結露しにくいというメリットもあります。

【検証2】過ごしやすい空間があるのは?居住性をチェック!

テント内部

撮影:筆者

続いては各テントの居住空間を確かめてみました。室内の広さはテント泊での快適性に直結してきます。
それぞれのテントでどのような違いがあるでしょうか。

<ムーンライト>が圧倒的な広さを発揮!

ムーンライト テント内部

撮影・編集:筆者

<ムーンライト>は短辺の幅が150cmと長く、「3人寝れるのでは?!」と感じるほどの広さです。
高さは117cmあり、男性が中腰になっても頭が天井に触れることなく、充分なスペースが確保されています。これだけ広ければキャンプやツーリングなど、幅広いアウトドアシーンでも活躍しそうですね。

そしてもうひとつがこちら。

コンパクトなのに広々快適!<ルナドーム>

ルナドーム

撮影:筆者(ルナドームの本体)

スペック以上の広さを感じさせたのが<ルナドーム>。サイズはコンパクトですが、広がりのある室内が特徴です。
これは、側面が垂直に立ち上がる独自のフレーム構造によるもの。一般的なテントのような上部の圧迫感が抑えられ、高い居住性を実現しています。
ルナドーム テント内部

撮影:筆者

また<ルナドーム>は四方から通気ができるのも注目すべき点。
検証時のテント内はサウナ状態でしたが、四方のベンチレーションを解放することで風が通り抜け、熱が逃げていくのがわかりました。夏の暑い時期に重宝する機能ですね。

いずれもソロで使うには十分な広さ。2人で使う場合は…?

モンベル 4大テント 広さ比較

編集:筆者 ※画像をクリックすると大きい画像が見れます

4モデルともに、単独で使うには充分な広さが確保されています。<ムーンライト>は2人でも快適に使えそうですが、逆に一人で使用するには広すぎるようにも感じました。
残りの3モデルは2人使用の場合に窮屈さを感じるかもしれませんが、もう一つ大きい【3型】になると一気に重量が増してしまうため、筆者としてはやはり【2型】がおすすめです。

【検証3】雨天時に大活躍!前室の広さをチェック

テント 前室

撮影:筆者

「前室」とは、テント本体にフライシートを被せた際に入り口部にできる空間のこと。”テントの玄関”とも言える「前室」はテント泊の快適性を左右する大切なポイントです。

雨や雪の侵入を防ぐだけでなく、登山靴やトレッキングポールなどの荷物置き場や調理場としても活躍するスペース。その広さをチェックしてみました。

2 / 3ページ