【NEWS】携帯圏外でも送信可能!<Garmin>からSOS機能搭載のハンディGPSがデビュー

2021/04/14 更新

リスクヘッジに欠かせない<Garmin>ハンディGPSの最高峰シリーズ“GPSMAP”に新モデル「GPSMAP 66i」が登場。衛星ネットワークを利用した双方向衛星通信機能を搭載し、携帯圏外でもメッセージの送受信が可能となりました。さらに、緊急時に救助組織に対してSOSメッセージを送ることができる機能付き。その他にも、従来品よりもスペックがUPした3機種が同時発売。日本全土の山岳地図を搭載していますよ!

制作者

kimi

長野県在住。1人と1匹の息子を育てるママライター。浅間山の麓でやんちゃ兄弟と共に、日々野山を駆け巡る。スノーボードが好きすぎて、夏に雪を求めてニュージーランドへ短期留学した経験あり。2017年からスノボのオフトレとして始めた登山にハマる。出産前は栃木や上信越の百名山が中心、現在は子どもと楽しめる近所の山や散策路が中心。山歩きも好きですが、眺めるのも好き。360℃山ビューの信州、最高。

kimiのプロフィール

...続きを読む


<Garmin>ハンディGPSの新機種が登場!

<Garmin>ハンディGPS
アメリカ発のGPS機器メーカー<GARMIN(ガーミン)>から、最新機能を搭載した「GPSMAP 66i」を含む、4つの新機種がデビュー。いずれも、日本詳細地形図2500/25000がプレロードされているのがポイントです。

安全な登山のために、リスクを最大限に低減してくれるハンディGPSを相棒にしてみてはいかがでしょう。

最高峰シリーズ“GPSMAP”のNEWモデル「GPSMAP 66i」

<Garmin>ハンディGPS
機器上部にクアッドヘリックスアンテナを装備し、安定したGPS受信性能を持つハンディGPSの最高峰シリーズ“GPSMAP”から、新モデル「GPSMAP 66i」がデビューしました。

衛星ネットワークを利用した双方向衛星通信機能

これまでの機能はそのままに、新機能として、自社ハンディGPS“inReach”シリーズに搭載していたイリジウムの衛星ネットワークを利用した、双方向衛星通信機能を搭載。(※別途衛星通信契約が必要)

<Garmin>ハンディGPS
「GPSMAP66i」は、管理サイトで登録された連絡先との間でメッセージの送受信が可能。世界中をカバーしているイリジウム衛星ネットワークを利用し、地球上どの地域からも通信することができます。もちろん、山間部など、携帯電話網のカバーエリア外でも問題ナシ。

アウトドアアクティビティを楽しむ方、山岳ガイド、高圧線保守、探検家など、リスクを伴う移動に対して、備えと安心を提供してくれる頼れるモデルです。

安心のSOS機能も搭載!

<Garmin>ハンディGPS
緊急を要する場合には、24時間365日対応可能な国際的な救助組織GEOSに対し、その場所の位置情報と共に緊急メッセージを送ることが可能。遭難が確認された場合には、民間救助組織と連携して遭難救助活動が開始されます。

 
価格¥98,780(税込)
サイズ16.3×6.6×3.5cm
重量248g(電池込み)
電源内蔵リチウムイオンバッテリー
稼働時間通常使用時:最大35時間、エクスペディションモード:最大200時間
測位衛星GPS/GALILEO/みちびき(補完信号)
アンテナ形式クアッドヘリックスアンテナ
防水機能IPX7
内蔵カメラなし
内蔵メモリ16GB
プレインストール詳細地図1/25000(一部2500)日本詳細地形図(DEMデータ付き)
保存可能ポイント数約10,000ポイント
保存可能ルート数200ルート
保存可能軌跡ポイント数20,000ポイント、250本
電子コンパスあり
気圧高度計あり
デバイス間のワイヤレス通信可能
LiveTrack機能可能(※)
通知機能可能(※)
※:Bluetoothに対応したスマートフォンとの連携が必要です。

 
<GARMIN> GPSMAP 66i

3つの衛星に対応可能! 「GPSMAP 64csx」

<Garmin>ハンディGPS
「GPSMAP 64csx」は、「GPSMAP64scJ」の後継機で、ジオタグ付き8MPオートフォーカスカメラ搭載モデルです。従来モデルと比べ、受信対応衛星にGalileoをプラス。3つの衛星に対応可能にアップデートされています。

メモリも8GBから16GBに増強。機能はアップしつつも、価格は従来モデルと同価格に設定されているのも嬉しいですね! こちらのモデルは、双方向衛星通信機能を搭載していません。

 
価格¥82,280(税込)
サイズ16.0×6.1×3.6cm
重量230g(電池込み)
電源充電式ニッケル水素バッテリーパック(同梱)または単3電池2本(別売)/ニッケル水素/リチウム電池を推奨
稼働時間通常使用時:最大16時間
測位衛星GPS/GLONASS/GALILEO/みちびき(補完信号)
アンテナ形式クアッドヘリックスアンテナ
防水機能IPX7
内蔵カメラジオタグ付き8MPオートフォーカスカメラ
内蔵メモリ16GB
プレインストール詳細地図1/25000(一部2500)日本詳細地形図(DEMデータ付き)
保存可能ポイント数約5,000ポイント
保存可能ルート数200ルート
保存可能軌跡ポイント数10,000ポイント、200本
電子コンパスあり
気圧高度計あり
デバイス間のワイヤレス通信可能
LiveTrack機能可能(※)
通知機能可能(※)
※:Bluetoothに対応したスマートフォンとの連携が必要です。

 
Garmin GPSMAP 64csx

メモリーを増強して登場!「eTrex32x/22x」

<GARMIN>のハンディGPSラインナップの中で、軽量・コンパクト、電池での長時間駆動可能なスタンダードモデルである“eTrex”シリーズからは、2機種がパワーアップして登場。

eTrex32x

<Garmin>ハンディGPS
「eTrex30xJ」の後継機種である「eTrex32x」。メモリを従来の3.7GBから8GBに増強、ボディーカラーも一新されました。

 
価格¥ 65,780(税込)
サイズ10.3×5.4×3.3cm
重量148g(電池込み)
電源単3電池×2(別売), ニッケル水素/リチウム推奨
稼働時間通常使用時:最大25時間
測位衛星GPS/GLONASS/みちびき(補完信号)
アンテナ形式バッチ
防水機能IPX7
内蔵カメラなし
内蔵メモリ8GB
プレインストール詳細地図1/25000(一部2500)日本詳細地形図(DEMデータ付き)
保存可能ポイント数約2,000ポイント
保存可能ルート数200ルート
保存可能軌跡ポイント数10,000ポイント、200本
電子コンパスあり
気圧高度計あり
デバイス間のワイヤレス通信可能
LiveTrack機能なし
通知機能なし
 
Garmin eTrex32x

eTrex22x

<Garmin>ハンディGPS
「eTrex20xJ」の継続機種である「eTrex22x」。従来モデルよりもメモリ増量し、3.7GBから8GBにアップ。NEWカラーで登場しました。

 
価格¥49,280(税込)
10.3×5.4×3.3cm
重量148g(電池込み)
電源単3電池×2(別売), ニッケル水素/リチウム推奨
稼働時間通常使用時:最大25時間
測位衛星GPS/GLONASS//みちびき(補完信号)
アンテナ形式バッチ
防水機能IPX7
内蔵カメラなし
内蔵メモリ8GB
プレインストール詳細地図1/25000(一部2500)日本詳細地形図(DEMデータ付き)
保存可能ポイント数約2,000ポイント
保存可能ルート数200ルート
保存可能軌跡ポイント数10,000ポイント、200本
電子コンパスなし
気圧高度計なし
デバイス間のワイヤレス通信なし
LiveTrack機能なし
通知機能なし
Garmin eTrex22x

Garmin


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ガーミンGPS
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」