使ってみた感想は?骨伝導イヤホンの評価とおすすめモデル

鼓膜ではなく骨を振動させることによって音を伝える「骨伝導イヤホン」。耳をふさがないので耳が疲れない、環境音を聞きながら音楽も聞けるなどの良いところがあり、実際に導入する人も増えています。でもどのぐらい音が聞こえるの?音漏れはしないの?ちょっと疑問に感じちゃいますよね。実際に使っている人の感想や、おすすめの使用シーン、モデルをまとめました。


アイキャッチ画像出典:Facebook/AfterShokz

骨伝導イヤホンとは?実際使ってどう?

骨伝導イヤホンを使っている男性
出典:Amazon
ふだん耳から音を聞いているときは、空気の振動が鼓膜を経て蝸牛(かぎゅう)に伝わり脳に届けられています。この振動は骨を通して蝸牛に伝えることも可能で、骨の振動によって音を脳に伝える方法が「骨伝導」です。

音漏れは?骨伝導イヤホンのメリットとデメリット

骨伝導イヤホン
出典:Amazon
骨伝導イヤホンは骨を震わせて音が聞こえるということ…では、音漏れはしないのでしょうか?骨伝導イヤホンのメリットとデメリットもあわせて見てみましょう。

【メリット】
一番のメリットは耳をふさがずに聞けるので、周囲の音も聞きながら聞けること。周りの音が騒がしくても、骨を通して音がきちんと聞こえます。そして、鼓膜をふるわせずに聞けるので、長時間使用しても耳が疲れにくく、耳をふさがないので圧迫感を感じません。

【デメリット】
デメリットは、音漏れしやすいこと。ボリュームによっても変わるので許容範囲内にすることができますが、音漏れすることは否めません。そして、かなり音は良くなっていますが、高級なイヤホンと比べると音質は良くありません。

どんなシーンにおすすめ?

骨伝導イヤホンをつけている女性 骨伝導イヤホンはどんな場面で使うのがいいのでしょうか?おすすめのシーンをご紹介します。

・アウトドアで行うスポーツ時
骨伝導イヤホンは、周囲の音も同時に聞くことができるので、ランニングやサイクリング、登山などのアクティビティ時に、近づいてくる車や自然の音も聞けるので危険の回避につながります。

・車の運転時
耳をふさぐとクラクションや踏切の音が聞こえにくくなりますが、骨伝導イヤホンなら周囲の音が遮断されないので、安全に注意しながら音楽を聞くことができます。

・自宅で長時間音楽を聞く時
通常のイヤホンは鼓膜を震わせるので長時間使用すると疲れてしまいますが、骨伝導イヤホンは疲れずに長時間音楽を聴くことができます。耳を圧迫しないので快適ですし、インターホンや電化製品の音も聞き逃しません。

実際に使っている人の口コミは?

骨伝導イヤホンをつけている男性
出典:Amazon
実際に使ってみた感想はどうでしょうか?シーンごとに口コミを見てみましょう。

【ランニングで使用】

外部の音が聞こえて、ランニングやウォーキングをするとき、道路上で安全に使用できます。

【サイクリングで使用】

とても軽く、ヘルメットやアイウェアとも干渉しません。これまでロードバイクに乗るときには、音楽は聴けなかったのですが、骨伝導なので周辺の音もしっかりと聞こえます。

【自宅で使用】

便利!非常にクリアに聞こえて、身につけていることを忘れてしまうくらい軽く購入してよかったと思います。

有線タイプのおすすめモデル

まずは有線タイプの骨伝導イヤホンのご紹介です。ランニングなどのスポーツ時には線がややじゃまになるのがデメリットですが、Bluetoothのものより安価で、マイクが付いているモデルもあります。

sumeber 骨伝導 ヘッドホン 有線

ヘッドホン部分は汗や小雨程度であれば耐えうる防水性能があるので、ランニングやサイクリング、登山などでおすすめ。ノイズキャンセリング機能もあり、音が小さくてもクリアな音で聞くことができます。
ITEM
sumeber 骨伝導 ヘッドホン 有線
重量:68g
連続使用時間:-

イヤーズオープン 骨伝導イヤホン

日本国内生産のイヤーズオープン。骨伝導イヤホンの中では世界最高レベルの再生帯域があります。耳にかけるフックと耳たぶを挟むクリップで装着するので圧迫感が少ない使用感です。
ITEM
イヤーズオープン 骨伝導イヤホン
重量:82g
連続使用時間:-

Soledpower ボーン伝導ヘッドフォン 有線

アンプを非搭載で軽量の骨伝導イヤホン。スマホに対応した小型マイクがコード部にあり、クリアな音質で会話することもできます。耐汗性、防塵性があるので屋外の使用にもおすすめ。
ITEM
Soledpower ボーン伝導ヘッドフォン 有線
重量:81.6g
連続使用時間:-

Docooler 骨伝導ヘッドセット AUX IN 有線

3.5mmオーディオデバイスに対応しているので、スマートフォンはもちろん、タブレット、ノートパソコンなどさまざまな機器と接続することができる骨伝導イヤホンです。
ITEM
Docooler 骨伝導ヘッドセット AUX IN 有線
重量:59g
連続使用時間:-

aftershokz Sportz 耳骨伝導ヘッドフォン マイク付き

軽量で柔軟性に優れたチタン製のヘッドバンドで、装着性が良く耐久性も高めています。汗や湿気に強くランニングなどのスポーツにもおおすすめ。幅の広いダイナミックレンジ再生と豊富な低音で音楽を聞かせます。
ITEM
aftershokz Sportz 耳骨伝導ヘッドフォン マイク付き
重量:40.8g
連続使用時間:約12時間

Bluetoothのおすすめモデル

次は無線のBluetoothの骨伝導イヤホンです。有線のものより値段が高いですが、ランニングなどスポーツ時に動きやすく便利。普段メガネをかける方には便利なメガネ型のものもあります。

allimity 骨伝導スポーツイヤホン 耳フリー Bluetooth4.1

リーズナブルなので、初めて骨伝導イヤホンを使ってみたいという方にもおすすめ。スポーツのために設計された防汗防滴仕様で、汗や小雨程度なら大丈夫です。
ITEM
allimity 骨伝導スポーツイヤホン 耳フリー Bluetooth4.1
重量:48g
連続使用時間:-

AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

多くの特許を取得し技術開発をしているAfterShokz社の骨伝導イヤホン。独自の技術で音漏れを軽減し、低音の弱さも克服。高い防塵性・防水性があるので、アウトドアでの使用も安心です。
ITEM
AfterShokz TREKZ TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン
重量:約36g
連続使用時間:約6時間

JUHALL Bluetooth 骨伝導ヘッドホン

品質上の問題に対する無料交換保証やオンラインサポートなどのアフターサービスがあり、60日返金保証もしてくれるので、骨伝導イヤホンを試してみたい方にもおすすめ。低音を強化したクリアな高音質を楽しめます。
ITEM
JUHALL Bluetooth 骨伝導ヘッドホン
重量:39g
連続使用時間:-

ODB 骨伝導 イヤホン bluetooth 4.2

弾力性に優れたヘッドバンドだから圧迫感がなく、長時間つけていても快適に音楽を聴くことができます。生活防水を超えるIP4の防水性能があるので、汗をかくスポーツや屋外でも安心。
ITEM
ODB 骨伝導 イヤホン bluetooth 4.2
重量:170g
連続使用時間:約6時間

骨伝導メガネ HORIZON

骨伝導イヤホンがメガネと一帯になったもので、レンズは近視レンズ、老眼鏡レンズなどにも交換可能。おしゃれにも良いですし、普段メガネをかけている人は骨伝導イヤホンをかけにくいのでこれならひとつで便利です。
ITEM
骨伝導メガネ HORIZON
重量:32g
連続使用時間:約3~4時間(音楽を聞く場合)

骨伝導イヤホンで音楽を聴いてみたい!

骨伝導イヤホンをつけて自転車に乗っている人 まわりでじわじわ話題になってきている骨伝導イヤホン。昔より進化していて軽量でクリアな音質になってきています。周りの音も聞こえるから、スポーツや自転車に乗っているとき、登山のときに安心ですし、耳をふさがれないので快適。ぜひお試し下さい!

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!