<モンベル>おすすめの寝袋はコレ! 定番人気のシュラフを比較

2021/09/30 更新

モンベルシュラフのおすすめモデルを大特集! 人気シリーズの『ダウンハガー650』『バロウバッグ』をはじめ、#2や#3などの「対応温度域」を比較できるように分かりやすくまとめました。それぞれのおすすめシーンとともに、シュラフカバー&シーツ、たたみ方や洗濯方法も紹介します。注目の『ドライシームレスダウンハガー900』、『シームレスダウンハガー80』シリーズもご紹介。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK編集部

種類が豊富! <モンベル>シュラフの選び方

モンベル寝袋シュラフ 国内アウトドア総合メーカー「モンベル」。モンベルからは多くの種類のシュラフ(スリーピングバッグ)が発売されており、どう選べばいいか迷ってしまいます。そこで、主な選ぶ基準をまとめてみました。

【1】対応シーズンで選ぶ

モンベルのシュラフには番号がついていて、主に番号の小さいものが冬使用、番号が大きくなるほど夏向けとなります。

温度番号
作成:YAMA HACK編集部
 
選び方の目安
[極寒地・高所冬山]#EXP [冬山]#0・#1
[3シーズン登山・キャンプ]#2・#3
[夏山・夏キャンプ]#5・#7

【2】中綿の種類で選ぶ

中綿の種類によって重量や収納時の大きさ、値段などが変わってきます。
かさ高を表すフィルパワー(FP)の数値が高いほど空気を多く含むので、保温性があり良質。一般的には600~700フィルパワーのダウンは「良質」、700フィルパワー以上で「高品質」とされています。

モンベルダウン中綿の種類
作成:YAMA HACK編集部
 
選び方の目安
[エクセロフト]重くて大きいが安価
[900FPダウン]軽くて小さいが高価

【3】ストレッチシステムで選ぶ

スーパーストレッチ
モンベル独自のスーパースパイラルストレッチシステム。生地の繊維方向を斜めにし、ステッチ部分に糸ゴムを採用することにより、抜群のストレッチ感を実現したシュラフとなっています。
就寝中の無意識な体の動きにしっかり追従してくれ、伸縮率135%という抜群の伸縮性で、快眠をサポートしてくれます。
スーパースパイラルストレッチ システム採用シリーズ
ドライ シームレス ダウンハガー900(内側に搭載)
シームレス ダウンハガー800(内側に搭載)
シームレス ダウンハガー800 Women’s(内側に搭載)
シームレス ダウンハガー800 ハーフレングス(内側に搭載)
ダウンハガー650
バロウバッグ

【4】寝袋の形状で選ぶ

シュラフ形状 モンベルの寝袋の形状は、大きく「マミー型」と「封筒型」に分かれます。
▼マミー型
体にフィットするので圧迫感がある反面、保温性が高く、軽量コンパクト。
▼封筒型
布団に近い形状で寝袋内部に余裕がある反面、保温性が低く、かさ張る。
選び方の目安
[マミー型]自力で持ち運ぶ必要性があるトレッキングに最適な形状
[封筒型]平地や高原程度で、車やバイクなどで移動するキャンプ向きの形状

【5】ジップの位置で選ぶ

バロウバッグ
提供:mont-bell
一般的にシュラフを開け閉めするジッパーは右側が多いのですが、シームレス ダウンハガー800(#EXP~7)、バロウバッグ(#0~5 ※ロングを除く)は、それぞれ右側ジッパー(Rジッパー)、左ジッパー(Lジッパー)のモデルをラインアップ。それぞれ開けやすい方向を選ぶことができます。
また、R・Lジッパーで接続できますので、家族で連結して使うことも可能。
選び方の目安
[Rジッパー]右利き
[Lジッパー]左利き

モンベルの登山向けシュラフ4シリーズを比較!

モンベルが販売しているシュラフの中で、主に登山向けとされる4シリーズを比較します。

①ドライ シームレス ダウンハガー900シリーズ

ドライ シームレス ダウンハガー
提供:mont-bell
ダウンを中わたに使う場合、ダウンが偏らないように隔壁を作るのが一般的。しかりシームレスダウンハガーシリーズは、隔壁を作らない「スパイダーバッフルシステム」で、その隔壁を失くした構造であることが特徴。

スパイダーバッフルシステム
さらに縫い目がないメリットを活かして、防水透湿素材を使用した防水仕様水に濡れやすい環境でも、シュラフカバーが必要ありません。
おすすめシーン
・雪山や沢登りなど、水に濡れやすい環境での使用
・シュラフカバーを省略して軽量化を目指す場合

②シームレス ダウンハガー800シリーズ

提供:mont-bell
ドライ シームレス ダウンハガー900シリーズと同じく、隔壁を作らない「スパイダーバッフルシステム」を採用したシームレスモデル。防水性はありませんが、軽量コンパクト性を重視したモデルです。

このシリーズには女性専用モデル(#1~5)もラインナップ。女性の体形に合わせて設計されており、余分なスペースを省くことで保温効率を高めています。
おすすめシーン
・軽量コンパクト性重視の山岳登山キャンプ
・荷物が多くなりがちな長期縦走登山など

③ダウンハガー650シリーズ

提供:mont-bell
ダウンハガー3タイプのうち唯一、シームレスではないのがダウンハガー650シリーズ。シームレスシリーズに比べ、軽量コンパクト性や快適性は劣りますが、価格は抑えめで、最初の山岳用シュラフとしておすすめのモデルです。
おすすめシーン
・国内の山岳全般のテント泊に
・初めての山岳用シュラフとして最適

④バロウバッグシリーズ

ダウンの最大の欠点は、水に弱いことやメンテナンスに気を使う必要があることですが、バロウバッグは、表地に耐久性が高い繊維、中綿に「エクセルロフト」という化繊の綿を使用しているので、濡れや汗蒸れによる保温性能の低下を抑えてくれます。
山岳キャンプはもちろん、タープのみテントなしの野営や、車中泊などにも最適。軽量性にこだわった「アルパインバロウバック」も展開しています。
おすすめシーン
・山岳をはじめとして、野営や車中泊に
・メンテナンスを気にせず気軽に使いたい人に

『ドライシームレスダウンハガー900シリーズ』 おすすめ3選

雪山に最適|ドライ シームレス ダウンハガー900 #1

ドライ シームレス ダウンハガー#1
提供:mont-bell
水に強いドライシームレスシリーズの中で最も使用可能温度が低い#1。使用可能温度 -9℃まで対応しているにも関わらず1kgを切る軽さ。表地には防水透湿素材として実績があるゴアテックスを使用しているので、雪山でのテント内結露時にもシュラフをドライに保ちます。

【素材】表地:ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス[表:13デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ]
裏地:7デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
中綿:900FP EXダウン
【重量】864g(892g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】オレンジ(OG)
【収納サイズ】∅16×32cm(5.7L)
【適応身長】183cmまで対応
【快適温度】 -3℃
【使用可能温度】 -9℃

シュラフカバーを省略して軽量化|ドライ シームレス ダウンハガー900 #3

ドライ シームレス ダウンハガー#3
提供:mont-bell
ドライ シームレスを使うと結露対策のシュラフカバーが不要になり荷物を軽量化できます。3シーズンの縦走登山などでテント内の結露が気になるなら、ドライ シームレス ダウンハガー900 #3がおすすめです。

【素材】表地:ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス[表:13デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ]
裏地:7デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
中綿:900FP EXダウン
【重量】557g(582g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(BASM)
【収納サイズ】∅14×28cm(3.8L)
【適応身長】183cmまで対応
【快適温度】 5℃
【使用可能温度】 0℃

ドライ シームレス ダウンハガー900 #3

高身長の人向け|ドライ シームレス ダウンハガー900 #3 ロング

ドライ シームレス ダウンハガー#3ロング
提供:mont-bell
ドライシームレスダウンハガー900には高身長の人向けロングバージョンもあります。身長183cm以上の人はこちらをどうぞ。
なお、シームレスダウンハガー800・ダウンハガー650・バロウバッグにもロングバージョンはラインナップされています。

【素材】表地:ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス[表:13デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ]
裏地:7デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ
中綿:900FP EXダウン
【重量】620g(645g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(BASM)
【収納サイズ】∅14×28cm(3.8L)
【適応身長】198cmまで対応
【快適温度】 5℃
【使用可能温度】 0℃

ドライ シームレス ダウンハガー900 #3 ロング

『シームレスダウンハガー800シリーズ』 おすすめ3選

無雪期の縦走登山に|シームレス ダウンハガー800 #3

シームレス ダウンハガー#3
提供:mont-bell
超軽量シェル素材と、シームレス化によりマイナス1度まで対応するシュラフでありながら、531gという驚きの軽さ。できるだけ荷物を軽量コンパクトにしたい縦走登山に最適。低山なら冬でも使えます。

【素材】生地:10デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・タフタ[はっ水加工]
中綿:800FP EXダウン
【重量】531g(555g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(BASM)、レッド(SURD)
【収納サイズ】∅13×26cm(3.0L)
【適応身長】183cmまで対応
【快適温度】 4℃
【使用可能温度】 -1℃

シームレス ダウンハガー900 #3

3シーズン対応で女性に最適なモデル|シームレス ダウンハガー800 Women’s #3

シームレス ダウンハガーWomens#3
提供:mont-bell
シームレス ダウンハガー800には女性専用モデルがラインアップ。女性の体形に合わせることで、無駄なスペースを無くし、保温効率を高めています。#3は、3シーズンの高地、冬の低山使用できます。
なお、女性専用モデルはシームレス ダウンハガー800シリーズのみで、ほかに#1、#2、#5があります。

シームレス ダウンハガー800 Women’s #3

【素材】生地:10デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・タフタ[はっ水加工]
中綿:800FP EXダウン
【重量】504g(532g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ターコイズ(TQ)
【収納サイズ】∅13×25cm(2.9L)
【適応身長】173cmまで対応
【快適温度】 4℃
【使用可能温度】 -1℃

ミニマリストの3シーズンシュラフなら|シームレス ダウンハガー800 ハーフレングス #3

シームレス ダウンハガー#3ハーフレングス
提供:mont-bell
下半身だけ中綿入りのシュラフというちょっと珍しいタイプのシュラフですが、上半身はダウンウェアを着ることにより、立派にシュラフとして機能します。3シーズン対応で、できるだけ荷物を少なくしたいミニマリストにおすすめです。
【使用イメージ】

ハーフレングス使用イメージ
提供:mont-bell

【素材】10デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・タフタ[はっ水加工]
(中綿)800FP EXダウン
【重量】365g(386g) ※【重量】欄の( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(BASM)
【収納サイズ】∅12×24cm(2.4L)
【快適温度】 4℃
【使用可能温度】 -1℃

シームレス ダウンハガー800 ハーフレングス #3


『ダウンハガー650シリーズ』 おすすめ3選

初めての山岳用シュラフにおすすめ|モンベル ダウンハガー650 #3

ダウンハガー650#3
提供:mont-bell
シームレスシリーズに比較すると軽量コンパクト性に劣るとはいえ、山岳シュラフとしては十分な性能です。このモンベル ダウンハガー650 #3は1年を通して使用することができるので、1つ持っていればとても重宝するオールマイティなシュラフ。山岳キャンプ初心者にはおすすめの製品です。

【素材】表地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ[はっ水加工]
裏地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ
【重量】695g(720g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(BASM)
【収納サイズ】∅15×30cm(4.7L)
【快適温度】3℃
【使用可能温度】-2℃
【適応身長】183cmまで

ダウンハガー650 #3

冬山挑戦ならこちら|モンベル ダウンハガー650 #1

ダウンハガー650#1
提供:mont-bell
冬山のキャンプに挑戦したいならこちらがおすすめ。国内2000m級の冬山に対応する保温力を備えています。雪中キャンプにも威力を発揮します。

【素材】表地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ[はっ水加工]
裏地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ
【重量】1,190g(1,220g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】オレンジ(OG)
【サイズ】R/ZIP(右ジッパー)、L/ZIP(左ジッパー)
【収納サイズ】∅19×38cm(9.5L)
【快適温度】-5℃
【使用可能温度】-12℃

ダウンハガー650 #1

夏の登山に|ダウンハガー650 #5

ダウンハガー650#5
提供:mont-bell
ダウンハガー650の中では、使用可能温度が最も高いため夏山に最適なモデル。そのほか、高原のキャンプにもおすすめ。

【素材】表地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ[はっ水加工]
裏地:30デニール・スーパーマルチ・ポリエステル・タフタ
【重量】575g(599g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルー(BLRI)
【サイズ】R/ZIP(右ジッパー)、L/ZIP(左ジッパー)
【収納サイズ】∅14×28cm(3.8L)
【快適温度】8℃
【使用可能温度】3℃

ダウンハガー650 #5

『バロウバッグシリーズ』 おすすめ2選

3シーズン使い倒したいなら|バロウバッグ #3

提供:mont-bell
メンテナンスが容易で、優れた快適性、保温性、速乾性を併せ持ったシュラフ。3シーズン通して、使用頻度が高い人におすすめです。

【素材】表地:40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ[はっ水加工]
【重量】870g(902g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルー(BLRI)、オレンジ(OG)
【収納サイズ】∅16×32cm(5.1L)
【快適温度】9℃
【使用可能温度】4℃
【適応身長】183cmまで

バロウバッグ#3

夏のキャンプにおすすめ|バロウバッグ #5

提供:mont-bell
こちらは、夏シーズンのキャンプに対応した温度帯。価格もお手ごろ価格なので、シュラフを試してみたい方にもおすすめのモデルとなっています。

【素材】表地:40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ[はっ水加工]
【重量】870g(902g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルー(BLRI)、オレンジ(OG)
【収納サイズ】∅16×32cm(5.1L)
【快適温度】9℃
【使用可能温度】4℃
【適応身長】183cmまで

バロウバッグ #5

『ファミリーバッグシリーズ』 おすすめ2選

おだやかな季節のファミリーキャンプや車中泊なら|ファミリーバッグ #3

提供:mont-bell
キャンプや車中泊など様々な用途で使用できる封筒型スリーピングバッグです。速乾性に優れ、濡れてもすぐに保温力を回復するホローファイバーを使用しています。おだやかな季節のキャンプにぴったりのシュラフとなっています。

【素材】表地:75デニール・ポリエステル・タフタ[はっ水加工]
裏地:75デニール・ポリエステル・タフタ
中綿:ホローファイバー
【重量】1,330g(1,450g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】グリーン(FOST)
【サイズ】最大長190×最大幅75cm
【収納サイズ】42×24×24cm(24.2L)
【快適睡眠温度域】7℃~

ファミリーバック#3

寒い季節のキャンプや車中泊におすすめ|ダウンファミリーバッグ#3

提供:mont-bell
ファミリーバッグ #3のダウンを使用したシュラフとなっています。ダウンなので保温性が少し高くなっており、ダウンの軽やかな暖かさを手軽に感じることができます。

【素材】表地:75デニール・ポリエステル・タフタ [はっ水加工]
中綿:440フィルパワーダウン(ダウン50%、フェザー50%)
【重量】1.207g(1.293g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】タン(LTKH)
【サイズ】最大長190×最大幅75cm 【適応身長】身長183cmまで
【収納サイズ】31×19×19cm(11.2L)
【快適睡眠温度域】3℃~
【適応身長】183cmまで

ダウンファミリーバッグ#3

シュラフカバー&シーツがあるとさらに快適!



シュラフカバー(※1)や、インナーシーツ(※2)があれば、より快適に。おすすめアイテムをいくつか紹介します。なお、シュラフカバーには対応するシュラフがあります。以下の対応表を参考にしてください。

※1 シュラフカバー
シュラフを覆うカバー。防水や結露による濡れを防止し、保温性向上します。
※2 インナーシーツ
シュラフ内で体を包むシーツ。保温性向上とともに快適な肌触りが特長。

■シュラフカバー対応表


提供:mont-bell(画像クリックで拡大)

ブリーズ ドライテック プラス スリーピングバッグカバー

提供:mont-bell
独自の防水透湿性素材ブリーズドライテック™プラスを使用した、防水透湿性にすぐれたシュラフカバー。単体での使用はできません。

【素材】ブリーズドライテック™プラス2レイヤー[PTFEラミネート加工/15デニール・バリスティック エアライト®ナイロン・リップストップ]
【重量】180g(186g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】レッド(HRD)
【サイズ】最大長224×最大幅77cm
【収納サイズ】8×5×18cm

ブリーズ ドライテック プラス スリーピングバッグカバー

ウォームアップシーツ

提供:mont-bell
伸縮性があり、柔らかで肌触りのいいトリコット起毛生地を採用したインナーシーツ。コンパクトに収納できるうえ、保温性が高いので山岳キャンプで重宝します。

【素材】クリマプラス®メッシュ 
【重量】200g(209g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
【カラー】ブルーグリーン(DPSA)
【サイズ】最大長184×最大幅77cm
【収納サイズ】∅9×15.5cm

ウォームアップシーツ

知っておきたい! モンベルのシュラフのたたみ方&洗濯方法

モンベルシュラフの正しいたたみ方(化繊編)

モンベル化繊シュラフ寝袋たたみ方
撮影:YAMA HACK編集部
中わたが化繊のシュラフ(バロウバッグなど)の場合は、ちょっとしたコツがあります。

①.縦に2つ折りにする。
②.足元からクルクルと巻いていく(この時できるだけ小さく巻きましょう)。
③.最後に専用の収納袋に入れて完了。

モンベルシュラフの正しいたたみ方(ダウン編)

中わたがダウンの場合は、たたむ必要はありません。足元のほうからどんどんと収納袋に押し込んでいくだけでOKです。

モンベルシュラフの正しい洗濯方法(化繊編)

浴槽で洗濯
撮影:YAMA HACK編集部
中わたが化繊のシュラフの場合、家庭用中性洗剤を使用して手洗いします。

①.浴槽にぬるま湯をはり、洗剤を入れ、ジッパーを閉めて浸す。
②.足でやさしく踏んで洗い、きれいな水ですすぐ。
③.上から押さえるようにして脱水。
④.吊るすか、すのこなどの上でじっくり陰干し。

モンベルシュラフの正しい洗濯方法(ダウン編)

中わたがダウンのシュラフの場合は、「ダウンクリーナー」などの専用洗剤を使用。家庭用洗剤はダウンの天然油分を落としてしまうのでNGです。

①.浴槽にぬるま湯をはり、洗剤を入れ、ジッパーを閉めて浸す。
②.足でやさしく踏んで洗い、きれいな水ですすぐ。
③.上から押さえるようにして脱水。
④.ジッパーを開け、家庭用乾燥機、または、コインランドリーで乾燥。
⑤.風通しの良い日陰で陰干し。

O.D.メンテナンス ダウンクリーナー 200mL

O.D.メンテナンス ダウンクリーナー 200mL
提供:mont-bell
ダウンウェアやダウンシュラフ専用のクリーナー。ダウンを痛めることなく、しっかり洗浄します。

【液性】中性 
【容量】200mL(一般的なダウンウエア13着分)

O.D.メンテナンス ダウンクリーナー 200mL

モンベルシュラフで快適な睡眠を

寝袋を持った人
撮影:YAMA HACK編集部
モンベルのシュラフは暑い夏から厳しい寒さの冬まで、種類に応じてしっかり対応してくれます。快適なアウトドアの夜を過ごせれば、また一段と楽しさがアップするはずです。自分のアウトドアスタイルに合わせてぴったりのシュラフを見つけてみませんか?

この記事を読んでいる人にはこちらもおすすめ


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    ダウンハガー
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    黒田猫太郎

    IT関連の超インドア人間が、パートナーの影響で山人間に。今では、パートナーよりも山にはまってしまいました。九州を中心に山歴20年。なのに、一向に上級者になる気配が無い、猫好き酒好きのヘタレ山ヤです。パートナー&猫3匹と同居中。愛車ジムニーで山を徘徊中。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」