ドイターのザックおすすめ10選と評判・口コミまとめ

ドイターのザックをまとめました。ドイターザックの評判や自転車・登山などで使えるおすすめをメンズ・レディース別にご紹介!口コミや背面長の説明も入っているので見比べてみましょう。フューチュラやエアコンタクトなど、人気モデルを見ていこう!


ドイターザック 3つの評判

ドイツのザックメーカーである「ドイター」は、しっかりした機能を採用しつつ、比較的手の届きやすい価格設定になっているのが特徴です。特に背面長は評判があり、独自の背面長システムを搭載しています。

1.背中はメッシュ構造で通気性がある
汗をかくとあせもになってしまう人もいるので、重要な部分です。

2.独自の背面長システムでフィット感◎
それぞれのモデルごとに異なるシステムが搭載されています。フレーム構造が身体に合うようになっています。

3.重量は軽くは無い、人によっては重く感じる
軽いザック=良い、重いザック=悪い、というわけではないので人によって合う合わないがあります。

ドイターザックのおすすめ10選【口コミ付き】

■ドイター フューチュラ32/フューチュラ30SL
<ハイキング向け>
背面システムは「ドイターエアコンフォートフレックスライトシステム」。荷室から離れた背面メッシュパネルで3方向から通気する、蒸れ知らずのシステムです。フレームは耐久性と柔軟性に優れていながらも軽量です。
ITEM
ドイターフューチュラ32
重量: 1580 g
容量: 32 (+3 sp) ℓ
サイズ: 68 / 32 / 21 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター フューチュラ30SL
重量: 1550 g
容量: 30 (+3 sp) ℓ
サイズ: 66 / 30 / 21 (高さ×幅×奥行) cm


■ドイター フューチュラプロ36/フューチュラプロ34SL
<ハイキング向け>
背面システムは「ドイター エアコンフォート プロシステム」。軽量で柔軟性が高いフレームは、ヒップフィンと一体化していて、動きに追従してフィット。ヒップベルトは旋回するので、大容量モデルにも対応します。
ITEM
ドイター フューチュラプロ36
重量: 1700 g
容量: 36 (+4 sp) ℓ
サイズ: 68 / 33 / 24 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター フューチュラプロ34SL
重量: 1680 g
容量: 34 (+4 sp) ℓ
サイズ: 66 / 32 / 24 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター エアコンタクト45+10/エアコンタクト40+10SL
<トレッキング向け>
背面システムは「ドイター エアコンタクト システム」。背面パッドの通気性の高い中空フォームが、圧縮と開放によって空気の押し出しと吸い込みを行うポンプ効果を発揮。熱がこもらないので、発汗を抑制します。
ITEM
ドイター エアコンタクト45+10
重量: 2430 g
容量: 45 + 10 ℓ
サイズ: 76 / 26 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター エアコンタクト40+10SL
重量: 2350 g
容量: 40 + 10 ℓ
サイズ: 74 / 26 / 20 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター ツアーライト 32/ツアーライト30SL
<ハイキング向け>
背面システムは「ドイターエアコンタクトトレイルシステム+フレックスライト」。背面パッドが左右に分かれているので、中央に煙突状の溝ができ、熱を上に逃がしてくれます。荷重バランスも取りやすいシステムです。
ITEM
ドイター ツアーライト 32
重量: 1250 g
容量: 32 ℓ
サイズ: 65 / 32 / 24 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター ツアーライト30SL
重量: 1170 g
容量: 30 ℓ
サイズ: 62 / 32 / 23 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター ACTライト40+10/ACTライト35+10SL
<トレッキング向け>
背面システムは「ドイター エアコンタクトライト システム」。圧縮と開放で空気を循環する中空フォームの背面パッドが、熱を篭りづらくしてくれます。X形にクロスしたフレームは体型に合わせて調整可能です。
ITEM
ドイター ACTライト40+10
重量: 1670 g
容量: 40 + 10 ℓ
サイズ: 73 / 30 / 23 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター ACTライト35+10SL
重量: 1580 g
容量: 35 + 10 ℓ
サイズ: 70 / 27 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター ACTトレイルプロ 34/ACTトレイルプロ32SL
<ハイキング向け>
背面システムは「ドイターエアコンタクト トレイルプロシステム」。換気機能のある中空フォームの背面パッドを左右に分けて配置。中央に煙突状の隙間を設けることで、更に通気性をアップしたシステムです。
ITEM
ドイター ACTトレイルプロ 34
重量: 1470 g
容量: 34 ℓ
サイズ: 64 / 30 / 24 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター ACTトレイルプロ32SL
重量: 1420 g
容量: 32 ℓ
サイズ: 62 / 28 / 24 (高さ×幅×奥行) cm


■ドイター スパイダー 30
<ハイキング向け>
背面システムは「ドイター エアストライプシステム(ディパック)」。タイル形状の素材にエアメッシュカバーをした背面パッドを左右に分けて配置することで、優れた通気性を発揮します。ウエストベルトは脱着可能。
ITEM
ドイター スパイダー 30
重量: 910 g
容量: 30 ℓ
サイズ: 54 / 32 / 24 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター トランスアルパイン25/トランスアルパイン26SL
<バイク向け>
背面システムは「ドイター エアストライプ システム(バイク)」。た柔軟性の高いステーはフォームと一体化されているので、激しい動きでも背中にフィットしてくれます。接触面を最小限に抑え、通気性も高いです。
ITEM
ドイター トランスアルパイン25
重量: 1100 g
容量: 25 ℓ
サイズ: 48 / 26 / 19 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイター トランスアルパイン26SL
重量: 1150 g
容量: 26 ℓ
サイズ: 48 / 26 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター クロスエアー20EXP
<バイク向け>
背面システムは「ドイター エアコンフォート フレックスライト(バイク)」。全面メッシュ構造の背面パネルを、X形にクロスさせたフレームで荷室から離し、常に3方向からの通気を確保しています。蒸れません。
ITEM
ドイター クロスエアー20EXP
重量: 1050 g
容量: 20 + 4 ℓ
サイズ: 49 / 28 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

■ドイター フリーライダープロ30/フリーライダープロ28SL
<ウィンターパック>
背面システムは「ドイター アルパインバック システム」。フレームは柔軟性が高いですし、ヒップフィンは旋回するので、あらゆる動きに馴染みやすく、荷重を効率良く分散してくれます。背面パッドは脱着可能です。
ITEM
ドイタ− フリーライダープロ30
重量: 1720 g
容量: 30 ℓ
サイズ: 56 / 32 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

ITEM
ドイタ− フリーライダープロ28SL
重量: 1680 g
容量: 28 ℓ
サイズ: 54 / 30 / 22 (高さ×幅×奥行) cm

ドイターのザック選びは背面システム選びから

たくさんのドイターザック出典:Deuter USA
ドイターのザックは重量はありますが、軽量化に走らず、背面システムの整備によって熱の解放や荷重の分散を行い、負荷を軽減しています。100年近い歴史のあるドイターのザック。長く使える1点が見つかりそうです。

Try the “Deuter Backpac Backsystems”!

ドイターザックは背中で語る。

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

道にあるドイターのザック
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
hiroko.ozaki
hiroko.ozaki

お酒と音楽と自然が好き。 ワイン屋を営む傍ら、ヒマさえあれば登山ルートを調べ、週末に行く山の天気に一喜一憂する日々。 いつかどこかで偶然お会いしましょ。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

OFFICIAL SNS

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!