【NEWS】話題の素材グラフェンを採用!カリマーの新作フリース〈GRPN〉シリーズが登場

2022/11/10 更新

英国発祥のアウトドアブランド『karrimor(カリマー)』より、これからの時期に活躍する新作フリースが登場。軽量で熱伝導性に優れる素材「グラフェン」を採用した、この秋冬注目の新シリーズです。登山はもちろん、キャンプや普段使いなど、様々なシーンで活躍してくれますよ。

目次

注目素材を使ったカリマーのフリースが新登場!

英国発祥のアウトドアブランド『karrimor (カリマー)』より、軽量で熱伝導性に優れたグラフェン素材を使用したフリース「GRPN trail mid-layer」「GRPN half zip pullover」 「GRPN zip-up parka」 の3型が発売。

熱伝導性に特に優れ、軽量な〈Graphene(グラフェン)〉を採用したフリースは、汗を素早く外に逃がす通気性と速乾性も兼ね備え、通年着用可能な中間保温着として山行にも最適な一着

ソフトな肌触りと適度な伸縮性を持ち合わせているので、キャンプシーンなどの様々なアウトドアシーンで活躍します。

 

「グラフェン」ってなに?

炭素(=カーボン)原子が網目のように六角形に結びつき、原子1個分の厚さのシートになっているものをグラフェンといいます。

 

グラフェン繊維は、1ミクロン未満の細かい粒子で、人体が自然と放出している赤外線を吸収し、素早く遠赤外線へ変化させます。そのため、強い蓄熱作用世界最速といわれる熱伝導性で、保温機能に優れています。

 

さらに、他のどの素材と比べても軽量で破れにくいといわれ、耐久性も兼ね備えています。

デザインで選べる3型展開

今季の新作アイテムは、ジャケットタイプ、プルオーバータイプ、パーカータイプの3型。各アイテムのメインポケットには抗菌加工素材を採用しています。

GRPN trail mid-layer(GRPN トレイル ミッドレイヤー)


耐久性、熱伝導性に優れたグラフェン素材のフリースジャケットです。リュックサックを背負った際のハーネスによる衣服へのダメージを軽減させる為、肩部分を耐摩耗性に優れたポリエステル素材で補強。

 


肩部分の摩耗ダメージを軽減する仕様の他、チェストポケットもショルダーハーネスに干渉しない位置に設定し、登山での使い勝手を高めています。

価格16,000円(税抜)
サイズS / M / L / XL
重量410g (L)
カラーAluminium / Vintage Blue / Black
素材〈本体〉Easy warmTM 2.0 Graphene(ポリエステル 100%) 〈別布〉Polyester Dyed Typewriter

カリマー公式サイト|GRPN trail mid-layer

GRPN half zip pullover(GRPN ハーフジップ プルオーバー)


同じくグラフェン素材を使用したフリースプルオーバー。重ね着としての着用も想定したリラックスシルエットを採用し、キャンプシーンのみならず、幅広いシーンで活躍する一着。

 

ハーフジップはフラップ付き、袖口はバインダー仕様で、すっきりとしたデザイン。

価格14,000円(税抜)
サイズS / M / L / XL
重量370g (L)
カラーAluminium / Vintage Blue / Black
素材〈本体〉Easy warmTM 2.0 Graphene(ポリエステル 100%) 〈別布〉Polyester Dyed Typewriter

カリマー公式サイト|GRPN half zip pullover

GRPN zip-up parka(GRPN ジップアップ パーカー)


最後は、グラフェン素材のフリースフーディ。高めに設定したフードの前立により首元からの冷気の侵入を軽減します。

 

裾口にはアジャスト機能が設けられ、フィッティングを調整可能。メインファスナーはダブルジッパー仕様です。

価格15,000円(税抜)
サイズS / M / L / XL
重量390g (L)
カラーAluminium / Vintage Blue / Black
素材〈本体〉Easy warmTM 2.0 Graphene(ポリエステル 100%) 〈別布〉Polyester Dyed Typewriter

カリマー公式サイト|GRPN zip-up parka

この記事を読んでいる人には、こちらもおすすめ