レッドレンザー製ライト特集!アクティビティで使えるおすすめ23選

レッドレンザー製ライトのおすすめをまとめました。P7.2、T7M、M7、M5、P5.2などの人気モデルを含めてご紹介!軍用ライトと言われる製品群の中でも、レッドレンザー製ライトは値段、性能、コストに優れ、多くのユーザーに支持されています。


アイキャッチ画像出典:レッドレンザー

レッドレンザーのテクノロジー

レッドレンザーのライトを装着した女性 ドイツに本拠を置くLEDライトメーカー「レッドレンザー」。世界中には様々なライトメーカーがありますが、レッドレンザーの特徴は、配光のワイド・スポットを瞬時に切り替えられる「フォーカスコントロール」技術に長けていることです。単四、単三電池、充電式のモデルのラインナップも多く、ランニングコストを低く抑えやすいのも特徴です。
レッドレンザーのフラッシュライト 凹凸のないシンプルで洗練された外観も特徴です。シンプルなデザインはカバン・バッグやポケットから引っ掛かることなくライトを取り出せるので、取扱いを容易にしてくれます。

タイプごとに異なる13のラインナップ

主に野外で使われるライトには、フラッシュライトとヘッドライトの2種類があります。それぞれのタイプによって用途や特徴が異なるので、自分にとって一番必要なライトを見つけましょう。

フラッシュライトシリーズ

フラッシュライトシリーズ一覧表
フラッシュライトとはいわゆる懐中電灯のことで、手に持って暗がりを明るく照らすために用います。スポーツやアウトドアのほか、夜道での歩行やテント設営といった作業には必要不可欠なアイテム。最新のものは少ない消費電力で驚くほどの光量と点灯時間を有します。

ヘッドライトシリーズ

ヘッドライトシリーズ一覧表
ヘッドライトは頭に装着するタイプのもので、暗闇で両手を自由に使いながら明るく照らすことができます。日の出を見るために早朝登山をする、夜の星空ハイクをするといった登山の際には、暗い足元を安全に見通すことができるので重宝します。

レッドレンザー製フラッシュライトオススメ13選

レッドレンザー製のフラッシュライトから高性能モデルやコストパフォーマンスに優れた人気モデルを厳選してご紹介します。用途に合わせてお気に入りのモデルを見つけてみてください。

レッドレンザー D14.2 (水中向け)

高い防水性を持ち、水中を明るく照らしてくれるラッシュライトです。ダイビング時に岩礁の影を明るくできるなど、昼夜を問わずに重宝します。丈夫で腐食に強く軽量なので、水中のみならず湿気の多いところでも使い勝手◎
ITEM
レッドレンザー D14.2
最大~最小光束:60~400ルーメン
最大点灯時間:2~15時間
最大照射距離:80~200メートル
使用電池:単3形アルカリ電池(4個)
防水規格:IPX8
重量:233g

水深35mでの使用に問題ありませんでしたから大深度を好むダイバーでも使えます。明るさも普通に売ってある電池使用のものとしてはトップクラスでしょう。点けっぱなしにはしませんでしたから電池の持ちはまだわかりません。


レッドレンザー F1R

非常に明るくも手のひらサイズでコンパクトなフラッシュライト。充電池を使用しており、従来の乾電池モデルよりボディは長いですが最大1000ルーメンの明るさは抜群でコントラストにも優れるアイテムです。
ITEM
レッドレンザー F1R
最大~最小光束:10~1000ルーメン
最大点灯時間:3~60時間
最大照射距離:20~160メートル
使用電池:専用充電池(Li-ion18650)
防水規格:IPX8
重量:120g

非常にいい買い物をしました。普通の懐中電灯がくらくて使い物にならないと感じるくらいです。充電式というのも便利です。


レッドレンザー K2

キーホルダーとしてカバンに付けられる極小サイズながら、サイズに見合わない明るさと頑丈さを兼ね備えています。日常のちょっとした場面で便利に使えるかわいくてスマートなフラッシュライトです。
ITEM
レッドレンザー K2
最大~最小光束:25ルーメン
最大点灯時間:約4時間
最大照射距離:20メートル
使用電池:LR44アルカリ電池(4個)
重量:20g

単4電池のモデルを使っていましたが、直ぐに壊れたので、こちらに乗り換え。今のところ壊れていない。明るさも十分で軽く、必要十分な機能を保持しています。勝手に付いてしまうようなこともないので価格を考えれば十分ではないでしょうか。キーホルダー部分が壊れないことを祈る。


レッドレンザー M3R

充電タイプのフラッシュライトでランニングコストがかからず、お財布にも環境にも優しいアイテム。乾電池モデルでは出せない明るさと、ワイドとスポットに切り替えができるフォーカス機能が魅力的です。
ITEM
レッドレンザー M3R
最大~最小光束:220ルーメン
最大点灯時間:約6時間
最大照射距離:約130メートル
使用電池:専用リチウムイオン充電池(付属)
重量:約45g

予備電池と一緒に購入。仕事で一日十数回、数分程度使うのでこのサイズがベストでした。同社のP3AFSPのポーチに入れて腰に着けて常備してます。M3Rのポーチより一回り小さいので気に入ってます。7シリーズや5シリーズより小さくて、ある程度明るさも欲しいならこのライトだと思います。


レッドレンザー M7R

7種類の照射モードを使うことができる応用力に優れたフラッシュライトです。従来の大型トーチ並みの明るさを実現し、プロフェッショナルをも満足させる機能性とデザインを備えます。
ITEM
レッドレンザー M7R
最大~最小光束:約400ルーメン
最大点灯時間:約40時間
最大照射距離:約280メートル
使用電池:専用充電池(Li-ion18650)
重量:約200g

仕事柄様々なライトを使って来ましたが、やはり一番いいものだと思います、初期不良などもありますが、性能、値段などからみても妥当な商品だと思います。


レッドレンザー P17.2 (デイリー)

高出力モードや電池を長持ちさせるローモードといった操作性と使い勝手の良さに定評のあるモデルです。片手でも簡単に操作することができ、防水性も備えているので日常的に便利を感じられるでしょう。
ITEM
レッドレンザー P17.2
最大~最小光束:50~450ルーメン
最大点灯時間:30~300時間
最大照射距離:140~420メートル
使用電池:単1形アルカリ電池(3個)
防水規格:IPX4
重量:約773g

キャンプ用に購入しました、少し大きめですが予想より明るく電池も長持ちして便利です、万一の災害時にも防水性があるので使えます、電池も単一電池なので購入も容易です。


レッドレンザー P5.2 (デイリー)

スイッチ操作による調光機能のない、オンオフのみのシンプルなモデル。コンパクトで持ち運びに便利なデザインです。明るさと点灯時間の長さも申し分なく、普段使いで重宝すること間違いなしです。
ITEM
レッドレンザー P5.2
最大~最小光束:140ルーメン
最大点灯時間:4時間
最大照射距離:120メートル
使用電池:単3アルカリ電池(1本)
防水規格:IPX4
重量:約79g

明るさ140ルーメンは日常生活においての暗い場所での仕様だったら文句出ません!フォーカスが変えれるのも素晴らしい!フォーカスを絞ったときに円光のまわりに漏れっぽい明りの輪が見えるくらい。ま、でもそんなことが使用に影響出るわけないので満点です!


レッドレンザー P6.2 (デイリー)

コンパクトで軽量にもかかわらず、明るくてロングバッテリーなのがうれしいフラッシュライト。フォーカス機能を備えるので、ヘッドを回すことで光をワイド、スポットに切り替えることが可能です。
ITEM
レッドレンザー P6.2
最大~最小光束:200ルーメン
最大点灯時間:15時間
最大照射距離:120メートル
使用電池:単3アルカリ電池(2本)
防水規格:IPX4
重量:116g


明るい。眩しい訳ではない。明るいのだ。必要十分な光量がありながら眩しくない。買って損無し。オススメです! 高いけどね。


レッドレンザー P7.2 (デイリー)

日常や作業用として便利な定番サイズのハンディライトです。コンパクトながら非常に明るく、単四電池4本で最大320ルーメンの明るさを有します。テールボタンスイッチも大きくて押しやすいのが◎
ITEM
レッドレンザー P7.2
最大~最小光束:40~320ルーメン
最大点灯時間:1~25時間
最大照射距離:100~260メートル
使用電池:単4アルカリ電池(4本)
防水規格:IPX4
重量:約175g

いい懐中電灯を探してた所この商品に行き着きました、懐中電灯マニア?の方々のレビューを参考に金額とサイズ、明るさを比較してこの商品にしました シッカリした作りで明るさも申しぶんありません。商品の到着も早くいい買い物しました。


レッドレンザー P7R(デイリー)

フローティングチャージシステムによりワンタッチで充電ができ、コストパフォーマンスも高いフラッシュライトです。最大光束が1000ルーメンもあり、真っ暗闇を明るく照らし出してくれます。
ITEM
レッドレンザー P7R
最大~最小光束:20~1000ルーメン
最大点灯時間:2~40時間
最大照射距離:40~210メートル
使用電池:専用充電池 (Li-ion18650)
防水規格:IPX4
重量:210g

ドイツ品質の素晴らしい製品!ズーム機能の明るいライトが欲しくて購入。結局の所満足できるメーカーはこの他にWALTHERかGENTOSしか見当りません。またこのライトの便利な所はOLIGHTの様なマグネット充電ができる所です。また肝心の明るさも1000ルーメンで間違いないと思います。


レッドレンザー T2 (タクティカルライト)

軽量で持ちやすく、頑丈に作られたモデルです。2段階に調光することができ、状況や場面によって明るさを使い分けることができます。防水性もあるので、水回りや湿気のある場所でも安心です。
ITEM
レッドレンザー T2
最大~最小光束:25~240ルーメン
最大点灯時間:4~25時間
最大照射距離:60~180メートル
使用電池:単4アルカリ電池(3本)
防水規格:IPX6
重量:98g

小型で使い勝手が良いので、50Aの配管内の内部詰まり確認~各種設備空調ダクト内点検に重宝してます!電池はエネループプロを使用し毎日使用して大体5日に1回充電してます!また多少の雨や配管からの漏水がかかっても大丈夫です!


レッドレンザー T7M (タクティカルライト)

必要な明るさを調整することができ、実用的な光で照らしてくれるフラッシュライト。ガラスクラッシャーをテール部に装備しているので、車に装備して防災用に一つ備えておくと便利です。
ITEM
レッドレンザー T7M
最大~最小光束:約400ルーメン
最大点灯時間:ブーストモード/2時間、パワーモード/5時間、エコノミーモード/35時間
最大照射距離:約280メートル
使用電池:単4形アルカリ電池(4本)
重量:180g

自動車の検査の仕事をしています。日頃のハードな使用でもしっかり使えています。ちょっと首から下げて使うには重いかな。


レッドレンザー X21.2

明るさ最大1500ルーメンの超強力フラッシュライトです。7つのレンズから驚異的な光を照射します。遠くまで続く道や山を明るく照らすことができます。ワイド、スポットに光を切り替える機能もついています。
ITEM
レッドレンザー X21.2
最大~最小光束:250~1500ルーメン
最大点灯時間:10~50時間
最大照射距離:250~600メートル
使用電池:単1アルカリ電池(4本)
防水規格:IPX4
重量:約1400g

専用ケースがあるので、所有感を満たしてくれる。明るさは、とても単一乾電池4本のパワーとは思えないほど明るさです。車のヘッドライト一個分くらい明るさ!フォーカス機能も投光器並みの広い範囲を照らせます。これを手にすると、手持ちの小さな懐中電灯はおもちゃに思えてきます。そのくらい頼りになる一本です。


レッドレンザー製ヘッドライトオススメ10選

レッドレンザー製のヘッドライトからおすすめの10モデルをご紹介します。特にトレランなどの登山などで使用するヘッドライトはコンパクトながら寿命や明るさ、軽量さが求められます。NEOシリーズやSEOシリーズなど、特徴に合わせて自分にぴったりのヘッドライトを探してみてください。

レッドレンザー H5(デイリー)

軽さと明るさを兼ね備えた、防災や夜の作業用として便利なヘッドライト。照射範囲を変更できるフォーカスコントロールがあるので、明るさの調整が必要な夜の森などでも大活躍しそうです。
ITEM
レッドレンザー H5
最大~最小光束:25ルーメン
最大点灯時間:約25時間
使用電池:単4形アルカリ電池(3個)
防水規格:IPX4など
重量:約116g

最初に買った物は5年ほど使い全く問題なく使えてましたが、釣り場に忘れ再度購入。安いし、車弄りなどにも重宝します。もちろん夜間の仕事や万一の防災、停電、災害にも有効だと思います。


レッドレンザー H7R.2

充電式で環境にもやさしいヘッドライトです。レンズを回転させることでワイド、スポットに光を調節することができ、広角の明るい光を放つことができます。頭へのフィット感も申し分なし。
ITEM
レッドレンザー H7R.2
最大~最小光束:20~300ルーメン
最大点灯時間:4~30時間
最大照射距離:50~160メートル
使用電池:専用充電池 (Li-Polymer)または単4アルカリ電池(4本)
防水規格:IPX6
重量:165g

十分すぎる位明るいです。気になったところとしては、明るさの調整の部分です。最低の明るさでも暗闇の部屋で快適に見え、結構明るい。相部屋の巡視でなるべく部屋を明るくしたくないので、月明かり程度に抑えられるとなお良かった。直接頭につける人なんて少ないのかもしれないけど、さすがにONにして数分で結構熱はでますね。(額に汗かく程度)


レッドレンザー H8R(デイリー)

本格充電式のフラッシュライトで、最大600ルーメンの明るさを誇るアイテムです。明るさ、軽さ、長持ちとバランスが良く高性能なところが人気。妥協しない優れたライトがほしい人におすすめ。
ITEM
レッドレンザー H8R
最大~最小光束:10~600ルーメン
最大点灯時間:10~120時間
最大照射距離:20~150メートル
使用電池:専用リチウムイオン充電池 (Li-ion18650)
防水規格:IPX4
重量:約158g

明るいし電池も長持ちするので仕事に重宝しています。高いけど買って良かったです。


レッドレンザー H14R.2(デイリー)

明るさと頑丈さに優れるヘッドライトです。ヘルメットにも安定した装着が可能。ダイヤルスイッチによって点灯時の明るさ調節機能や、点滅スピードの調節もできるので、さまざまな場面に使えます。
ITEM
レッドレンザー H14R.2
最大~最小光束:60~320ルーメン
最大点灯時間:6~30時間
最大照射距離:100~260メートル
使用電池:単3アルカリ電池(4本)
防水規格:IPX4
重量:約340g

2台目です。色んな機種を試しましたがこれに落ち着きました。明るさ ・タフさ・見た目、どれを取ってもピカイチだと思います。因みに使用状況ですが、建築現場にてヘルメットに付けて使用しています。粉塵や水滴、衝撃が常に付きまとう状況で、一台目は2年近く使用しました。十分な寿命と思います。オススメです。


レッドレンザー NEO(スポーツ向け)

軽量でコンパクトなので早朝や夜道のランニングで使えるヘッドライト。カラフルな蛍光色を用いており、デザインは全5色。おしゃれでかわいらしく、スポーツを楽しみたい人におすすめのアイテムです。
ITEM
レッドレンザー NEO
最大~最小光束:20~90ルーメン
最大点灯時間:10~40時間
最大照射距離:10メートル
使用電池:単4アルカリ電池(3本)
防水規格:IPX4
重量:約88g

早朝、夜のランニングに使用しています。十分明るく、電池収納部は後部にあり、ヘッド部分が軽量構造になっている点がいいです。


レッドレンザー XEO 19R(スポーツ向け)

充電式バッテリーで、USB出力ポートも装備した超強力ヘッドライト。無段階に焦点を調節でき、スポットからフラットまでさまざまな場面に使い分けることができます。延長ケーブルの付属もあります。
ITEM
レッドレンザー XEO 19R
最大~最小光束:200~2000ルーメン
最大点灯時間:4~20時間
最大照射距離:100~300メートル
使用電池:専用パワーバンク
防水規格:IPX6
重量:約472g

レッドレンザー SEO 7R(スポーツ向け)

光源と電池を入れるボックスが一体となった、コンパクトでカジュアルなヘッドライトです。スケルトンカラーでシンプルなデザインが特徴的。USB充電可能な専用充電池パックも付いています。
ITEM
レッドレンザー SEO 7R
最大~最小光束:20~220ルーメン
最大点灯時間:5~20時間
最大照射距離:40~130メートル
使用電池:専用充電池パック (Li-Polymer)または単4アルカリ電池(3本)
防水規格:IPX6
重量:約93g

とても使い勝手良いと思います。バッテリーUSB充電式とバッテリー本体一体型でヘッドランプを探すとかなり選択肢が狭められることになりますが、この商品にして正解でした。重さも気になることはありません。車の整備、キャンプに活躍しそう。


レッドレンザー SEO5(スポーツ向け)

アウトドアに必要な明るさと疲れにくい装着感がうれしいスポーツ向けヘッドライトです。防水性も標準装備なので汗をかいても安心。早朝や深夜の登山やトレイルランニングなどで大活躍間違いなし。
ITEM
レッドレンザー SEO5
最大~最小光束:20~180ルーメン
最大点灯時間:7~25時間
最大照射距離:40~120メートル
使用電池:単4アルカリ電池(3本)
防水規格:IPX6
重量:約105g

LED LENSERは2台目、H7からの買い換えです。H7は約2年使用しましたが当時としては驚異的な明るさで、しかも安価。一度使用すると夜間登山には欠かせないものとなりました。星野撮影をしますので赤色灯つきを別に持って行っていたのですが、今回赤色灯内蔵のSEO5に買い換えとなりました。バッテリーケース一体型となり、H7の最大の弱点であった防水性も強化され、悪天候時の信号など山でも安心して使用できます。H7と明るさはほぼ互角、どちらも2段階配光でそっくりですが、SEOのほうがよりムラのないきれいな丸い配光です。また点灯時間は大幅に伸びました。


レッドレンザー SEO3(スポーツ向け)

機能性と明るさも申し分ない上、コストパフォーマンス抜群な人気ヘッドライト。最大40時間点灯するので非常にエコです。片手で簡単に操作できるので、激しいスポーツ中でも動きを妨げないのがうれしいですね。
ITEM
レッドレンザー SEO3
最大~最小光束:15~100ルーメン
最大点灯時間:10~40時間
最大照射距離:30~100メートル
使用電池:単4アルカリ電池(3本)
防水規格:IPX6
重量:約105g

ナイトランの際にコンクリートの障害物にぶつかり怪我をしたため、購入しました。田舎の外灯のない真っ暗な道路で使用しましたが、エコノミーモードで十分な明るさでした。ヘッドランプの使用は初めてなので、他製品との比較はできませんが、満足しています。


レッドレンザー MH10(アウトドア向け)

付属のカラーフィルターで赤・緑に光の色を変えることができるので、状況対応力に優れるヘッドライト。最大600ルーメンの明るさがあり、夜間や悪天候の中でも安心感のあるおすすめアイテムです。
ITEM
レッドレンザー MH10
最大~最小光束:約600ルーメン
最大点灯時間:約120時間
最大照射距離:約150メートル
使用電池:専用リチウムイオン充電池(Li-ion 18650)
重量:約158g

質実剛健のレッドレンザー

レッドレンザーのライトを装着してトレランする男女 レッドレンザーのライトは機能性が高く無駄のないデザインで、世界中にリピーターが多くいるのもうなずけます。まだ体験した事のない方はぜひ手にとって照らしてみてください。きっとお気に入りのライトが見つかるはず!

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

レッドレンザー D14.2
レッドレンザー F1R
レッドレンザー K2
レッドレンザー M3R
レッドレンザー M7R
レッドレンザー P17.2
レッドレンザー P5.2
レッドレンザー P6.2
レッドレンザー P7.2
レッドレンザー P7R
レッドレンザー T2
レッドレンザー T7M
レッドレンザー X21.2
レッドレンザー H5
レッドレンザー H7R.2
レッドレンザー H8R
レッドレンザー H14R.2
レッドレンザー NEO
レッドレンザー XEO 19R
レッドレンザー SEO 7R
レッドレンザー SEO5
レッドレンザー SEO3
レッドレンザー MH10

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

レッドレンザー
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

yuji.tuna
yuji.tuna

学生時代は子どもと自然体験活動をしており、社会人になってから一人登山にはまっています。登山の魅力は何でしょう…?言語化しないと分からないこと、体験しないと分からないこと、何事もバランスよく経験して考えながら生きていきたいと思っています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!