寒くたって、山にいたい!冬向け登山テントの選び方とおすすめ8選

夏にテント泊をしたことのある登山者の中には、「次は雪山でテントを張りたい!」と考えている方もいるかと思います。でも、夏用のテントとの違いは…?そんな疑問をお持ちの方に、選ぶ際のポイントと特徴、おすすめテントを徹底解説します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

冬でもテント泊、したい!

From PIXTA
出典:PIXTA
朝テント場から顔を出すと、朝日にきらきらと雪面が輝いていた…積雪期ならではの素敵な風景です。夏にテント泊をされる方の中には、「冬の登山でもテント泊してみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか?
夏のテント泊登山
出典:PIXTA
しかし、夏用の薄くて軽くて通気性のあるテントしか持っていない…。では一体「冬用テント」とはどのようなものなのか?詳しく解説していきます!

冬用のテントってどう選ぶの?

まずテントは大きく下記の2種類に分けられます。
%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%9b%b3出典:YAMA HACK編集部
シングルウォール…1枚のシートのみで出来ているテント。
ダブルウォール…インナーテントの上にフライシートをかぶせる二重タイプ
冬の山では軽さよりも、丈夫さを優先させる必要があるため、積雪期の一般的な登山においてはダブルウォールのテントを選ぶ方がおすすめです。

「冬用」=「保温性のあるテント」ではない!

From PIXTA
出典:PIXTA
明確に「冬用」と位置付けているテントは少なく、正しくは「雪に対応しているかどうか」が選ぶポイントとなります。「冬用」ではなく「雪用テント」と考えるとわかりやすいですね。主に、下記が選ぶ際注目したい特徴です。

・丈夫であること
シングルウォールは1枚のシート。ダブルウォールはインナー+フライシートの二重構造なので、丈夫さはダブルウォールに軍配が上がります。

・悪天候に強いこと
フライシートやポールの強度が高い、専用の外張オプションがあることなどが大前提です。

・凍結に対する工夫がしてあること
軽量で夏向けのテントは通気性を高めるためにメッシュ生地をふんだんに使用しているものが多いですが、冬はこのメッシュが凍ってしまいます。冬向けのテントはメッシュ地が少ないのが特徴、代わりに通気性は夏向けのものより落ちます。
From PIXTA
出典:PIXTA
忘れてはいけないのは、上記の特徴を満たしているからといって保温性があるということではない、ということ。暖かさを得るためには、雪面から来る冷えをシャットアウトするマットや暖かい寝袋のチョイスも重要になってきます。あくまで、冬向けのテントというのは「積雪期の使用に向いている」という点を押さえておきましょう。

シングルウォールのテントは使っちゃダメ?

From PIXTA
出典:PIXTA
では、シングルウォールのテントは絶対に使ってはいけないのか?と言われればそういう訳ではありません。厳冬期バリエーションルートや、バックカントリーツアーなどで使用されています。共通しているのは、設営に手間取ると危険が及ぶ可能性があるということ。シーンに応じた適切な選択の一つとなる場合もあります。しかし一般登山にかんしては、吹雪や暴風に対してベストな選択とは言えません。

冬でも大活躍!おすすめ登山テントと外張

主に積雪期に使用する場合、専用の外張(スノーフライ)をテントと一緒に使用します。オプションとして外張が用意されている場合が多いです。ここでは一般的な登山の用途でおすすめしたいテントとそれぞれの外張り(スノーフライ)をご紹介します!

モンベル ステラリッジ テント 1型

長年愛され続けるモンベルのテント。トップクラスの優れた耐候性・軽量性・剛性は、多くの登山家から信頼されています。
ITEM
モンベル ステラリッジ テント 1型
定員:1人
組立時サイズ目安:長さ210cm×幅90cm×高さ55cm
収納時サイズ目安:13×13×30cm
重量:約1260g(ペグ等含む総重量約1440g)

2000mくらいのテン場で使っていたので、雨の夜もそれほど気にならなかったが、先日北アルプス大天井岳(2900m)のテン場では、夜に激しい雷雨。
テントから出られない(水はけ悪く5cmくらいの水溜まりの上で寝ている)状態でしたが、浸水はなく快適に眠れました。
朝起きると、周りのテントでは2張りが浸水したらしいです。(デザインのいい海外のメーカーでした)
オーソドックスなテントですが、さすがに日本のメーカーだけあって信頼できます。


モンベル ステラリッジ 1 スノーフライ

ステラリッジテントの耐候性をさらに高めたモデル。耐久性を高め、長く使用できる生地を使用。降雪時にも出入りしやすいなど、各所に工夫されています。
ITEM
モンベル ステラリッジ 1 スノーフライ
定員:1人
収納時サイズ目安:約φ13×31cm
重量:約815g(スタッフバッグを含む総重量842g)

アライテント エアライズ1

優れた軽量性・携帯性で登山者の負担を軽減するテント。あらゆる状況で快適に過ごせるよう設計されています。
ITEM
アライテント エアライズ1
定員:1人
組立時サイズ目安:間口100×奥行205×高さ100cm
収納時サイズ目安:本体29×14φcm、フレーム38cm
重量:約1360g(本体+フレーム+フライシート)

非常に軽くて小さく、組み立ても簡単です。湿度が高い日に多く使ったのですが、本体とフライシートに通気口が付いていますので、上手く使えば結露をかなり防げます。価格分の価値は十分あると思います。


アライテント エアライズ 1 用外張

冬用に設計されたモデルのため保温性、耐風性、耐候性が強化されています。非常に軽いのも特徴。
ITEM
アライテント エアライズ 1 用外張
定員:1人
素材:30dnリップストップナイロン
重量:約570g

コストパフォーマンスのよいテント
少々の積雪ならフライでしのいでいたのですが、行動範囲が広くなるとさすがに外張が必要になってきました。まだ使用していませんが、コンパクトで居住性が高まりそうなので期待しています。


MSR アクセス1

抜群の軽量性で有名な「MSR」のテント。こちらのモデルももちろん軽く、設営も簡単な人気モデルです。
ITEM
MSR アクセス1
定員:1人
組立時サイズ目安:フロア面積:2.13m×0.84m×1.04m
室内最大高:1.04m
収納時サイズ目安:46×15cm
重量:約1600g

オクトス アルパインテント2人用

軽さ、強さ、コストパフォーマンなどの基本的な性能をしっかりおさえたバランスに優れたテント。初心者からベテランまでオススメです。
ITEM
オクトス アルパインテント2人用
定員:2人
組立時サイズ目安:高さ100cm×幅205cm×奥行120cm
収納時サイズ目安:本体14cm×30cm、ポール5cm×38cm
重量:約1,971g

登山でのキャンプではなく、キャンプ場でのキャンプでしたが、組み立ても楽で一人で簡単でした。
ある程度の風にも強くメッシュもあるから虫除けもあるし組み立て、解体共に楽でした。
後ろに穴もあるから換気もできるしとっても気にいりました。エアリーズ程の軽量差はないが、十分だと思いました。


オクトス アルパインテント 冬用外張り

冬用に特化したモデルで、丈夫な生地は撥水加工済み。保温性能も高く、雪山用にバッチリ。
ITEM
オクトス アルパインテント 冬用外張り
定員:1人
素材:30Dナイロンリップストップ
重量:約560g

真冬に使ってみました、フルスカートなのでちゃんと機能してくれます。
雨に弱いのでタープとスタックして使ってますが、中は快適です。
ちゃんと外気との温度差を作り、保温能力も高いです。
冬場のツーリングキャンプには必ず携行して状況に応じてノーマルフライかこちらかを選択しています。
オクトスは結構いいブランドだと思います。


エスパース・マキシム-X 1-2人用

防水透湿素材を採用した快適性に優れるシングルウォールテント。シーズン問わず快適に使えるよう設計されています。
ITEM
エスパース・マキシム-X 1-2人用
定員:1-2人
組立時サイズ目安:間口210×奥行き110×高さ115cm(内寸高110cm)
収納時サイズ目安:本体15cm×35cm
重量:約1.41kg(ペグは別:0.13kg)

エスパース マキシムフライ 1-2人用

簡単に設営でき、コンパクトなスペースに設置できる便利なフライシート。ベンチレーター付きで換気機能もOK。
ITEM
エスパース マキシムフライ 1-2人用
定員:1-2人
素材:30Dポリエステルパワーリップ、ウレタン防水加工
重量:約570g

風の強い日の縦走で使いましたが、飛ぶ気配もなく安心できました


エスパース・ソロ ウインター

上級者のために設計され、快適性を保ちながらも軽量でコンパクト。設営も簡単な内張標準搭載モデル。
ITEM
エスパース・ソロ ウインター
定員:1人
サイズ:間口210×奥行き100×高さ105cm(内寸高100cm)
本体素材:本体:30D66ナイロンリップストップ超撥水加工
重量:約1.35kg(ペグは別:0.1kg)

冬期登山用にテント新調を検討してこちらの商品を購入しました。シングルウォールで内張り付きで軽量、かさばらないという点をクリアしており値段も購入範囲でした。1月下旬から3月にかけて主に2泊3日の行程をメインに複数日で使用します。


エスパース スノーフライ ソロ用

防風保温効果を高めるためのスノーフライ。雪のシーン、風が強い時期などにはエスパーステントと共に活躍してくれます。

ITEM
エスパース スノーフライ ソロ用
定員:1人
素材:30Dナイロンリップストップ
重量:約550g

パイネ G-LIGHT2-3人用 web限定テント6点セット

テント設営に必要な基本装備(本体、外張、フライシート、ボトムシート、テントマットコンパクトL、ペグ12本)がセットになったオトクモデル!
ITEM
パイネ G-LIGHT2-3人用 web限定テント6点セット
定員:2-3人用
本体素材:30dnリップストップナイロンX-TREK
サイズ:130×210×103cm(高さ)
重量:約1530g

ダンロップ プロモンテ VS-20 テントセット

耐久性と軽量性を両立したモデル。オールシーズンに対応し、設営も簡単にできるので人気!
ITEM
ダンロップ プロモンテ VS-20 テントセット
定員:1-2人
組立時サイズ目安:間口205×奥行120×高さ100cm
収納時サイズ目安:本体:直径15cm×25cm、フレーム:直径5.4cm×37cm
重量:約1,690g(本体+フレーム+フライ)

コンパクトで縫製もしっかりしています。登山だけではなく、バイクツーリングにも使っています。組み立てのことをよく考えているテントだと思います。


プロモンテ VL25S 冬用外張

保温性や耐風性を高めて、雪や風をしっかりガード。テントに覆うタイプの外張なので設置も簡単で、居住性がアップします。
ITEM
プロモンテ VL25S 冬用外張
定員:2人
VL・VSシリーズ対応テント用外張(VL23・24・25・VS20対応)
重量:約680g

冬用テントで快適な冬山登山を!

From PIXTA
出典:PIXTA
冬山登山用テントはいかがでしたか?冬山登山は装備も多くなるので軽量でコンパクトなテントを選びたいですね。また厳しい寒さでも快適に過ごせるよう雪風に強く剛性が高いモデルがおすすめです。そして、吹雪の中でもできるだけ早く簡単に設置できるのもポイント。今回ご紹介した冬用テントをぜひ参考にしてくださいね!

紹介されたアイテム

モンベル ステラリッジ テント 1型
モンベル ステラリッジ 1 スノーフライ
サイトを見る
アライテント エアライズ1
サイトを見る
アライテント エアライズ 1 用外張
サイトを見る
MSR アクセス1
サイトを見る
オクトス アルパインテント2人用
オクトス アルパインテント 冬用外張り
エスパース・マキシム-X 1-2人用
サイトを見る
エスパース マキシムフライ 1-2人用
サイトを見る
エスパース・ソロ ウインター
サイトを見る
エスパース スノーフライ ソロ用
サイトを見る
パイネ G-LIGHT2-3人用 web…
サイトを見る
ダンロップ プロモンテ VS-20 テン…
プロモンテ VL25S 冬用外張

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

西穂のテント場
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
小林 真先
小林 真先

長野在住、クライミング・ボルダリング好きのフリーライターの小林真先です。アウトドアとギア、ガジェットも大好き。皆さんのたのしい思い出に役立つ情報を発信していきます!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!