ユニフレームのテントが他とは違う!おすすめシリーズと口コミは?

ユニフレームのテントをご紹介!口コミとともに、ユニフレームのREVOやSORAなどおすすめテントをまとめました。評判も良く、多くの人に支持されているメーカー製品は楽天やアマゾンでも購入することができます。お気に入りを見つけて設営しよう!


ユニフレームのテントって口コミはいいの?

ユニフレームのテントとタープ
ユニフレームと言えば、ダッチオーブンやファイヤーグリルが有名ですが、実はテントも隠れた人気製品!他とはかぶりたくない、と言うキャンパーにもおすすめなのがユニフレームのテントです。

ユニフレームのテントと寝袋
新潟県燕市に本社と工場を構えているユニフレームは、国産メーカーだけあって多くのアウトドアシーンで使われ、評価されています。そんなユニフレームを代表する2つのテントシリーズをご紹介します!

ユニフレームのおすすめテント REVOと気になる評判

ユニフレーム REVOルーム4プラス

ユニフレームのテント
ユニフレームのテントの前室
タープのメインポールにテントを吊り下げ、タープとテントが一体となった斬新な形をしています。基本的に連結させた状態で使用し、テントに前室も備わっているため、急な天候悪化に対しても強い設計。4人が川の字で並んで寝られる居住性があり、インナーテント下部はメッシュで風通しGOOD!

ユニフレーム REVOルーム4プラス
ITEM
ユニフレーム REVOルーム4プラス
収容人数:4人
展開サイズ(インナー):最大幅390(最小幅225)×奥行200×高さ195cm
収納サイズ:72×36×高さ26cm
重量:5.8kg

ユニフレームのREVOテント 評判は?

今までツールームテント&ユニフレームのタープで、設営に時間と手間がかかっており、こちらのテントを見て悩んだ末購入しました。
狭い区画での設営も、タープから張ったそのロープ内にテントを収められるので形は決まってしまいますが、無駄に考える時間が省けます!
初の設営でしたので、張り方に少し苦戦しましたが、テントの頭をタープポールの先端に引っ掛けてから、淡々とペグを打ち込むだけなので、主人が一人で設営。それにより、私は他の準備や子どもたちを見てあげることが可能でした!
外見もシンプルでオシャレ!他にはかぶらず、とても気に入りました♪
幼児が3人ということもあり、寒からず暑からずの気候でしたが、寝るときにはテント内はものすごい湿気で、朝起きるとテント内水滴がすごかった^^;上に通気口があり、それを開けていたらマシだったかもですが…その点で★ひとつマイナスにしました。
幼児3人含む一家5人にはテント内狭すぎず無駄に広すぎずベストでしたが、湿度的にはアウトだったかもしれません。。
でも、総合してもシンプル、オシャレ、設営&撤収が簡単!収納サイズもコンパクトで軽い(でかいツールームでテントと比較ですが…)とても気に入りました♪これからも愛用間違いなしです♪
出典:楽天市場みんなのレビュー

ユニフレームのREVOテント 設営は動画で確認!

女性1人でも設営できるといった新しいスタイルのREVOテント。参考にしながら挑戦してみましょう。

ユニフレームのREVOテントと一緒に使いたいアイテム

人気なREVOテントとセットで使うともっとアウトドアが楽しめる!そんな商品をご紹介します。

ユニフレーム REVOタープ

MとLがあり、メインポールは240cmで同じ高さ。フライシートのサイズが違います。Mは2~4人に最適で、Lは5人以上でも荷物を置いてゆったりできる広さを持ちます。メインポールのみ使用のベーシックな張り方からサイドポール使用の開放スタイル、プライバシー重視スタイル等、4種類の張り方が可能。
ユニフレーム REVOタープ M
ITEM
ユニフレーム REVOタープ M
収容人数:2~4人
展開サイズ:ポール間最大幅450cm、高さ240cm
収納サイズ:69×17×高さ17cm
重量:5.7kg
スクリーンタープも持っていましたが、お手軽さと開放感を味わいたくて
今回購入しました。
早速キャンプで使用しましたが、小学生2人の家族4人ですが、Mでも十分な広さで大満足でした。初めはLとMで非常に迷いましたが、区画されたキャンプで使用することが多いのと、収納、設置のしやすさでMを選択しました。フリーサイトであればLで大きく張ってもいいと思いますが、区画されたキャンプで使用することが多い方であれば、Mがいいかと思います。
雨にも降られましたが、撥水効果で全く気になりませんでした。
スクリーンタープは出番がなくなりそうです。
かなりお勧めです。 出典:楽天市場みんなのレビュー


ユニフレーム REVOタープ L
ITEM
ユニフレーム REVOタープ L
収容人数:5人~
展開サイズ:ポール間最大幅520cm、高さ240cm
収納サイズ:69×18×高さ18cm
重量:6.1kg
今まで簡単タープしか使用したことがなく、初めての購入です。
設営はYouTubeを見てから建てたので初めてでも20分もかからないくらいでたてられました。
初めて建てた日は快晴でメッシュから見える青空が新鮮でした。
二回目は雨が土砂降りで風もあったのですがしっかり撥水、風も逃げて飛ぶようなことはありませんでした。
張り縄やポールを立てる位置で色んなバリエーションがあるのも楽しみの一つです。
これでこの値段は絶対お勧めです。 出典:楽天市場みんなのレビュー

ユニフレーム REVOフラップ

テントと同じくタープのメインポールに吊り下げて使用。タープの張縄の内側に全て収まるため、新たにスペースを確保する必要がありません。側面全体がメッシュですが、フルクローズも可能です。荷物置き場として以外にも、プライバシー確保や風よけ、キッチンスペース等、様々な用途に活用できます。
ユニフレーム REVOフラップ
ITEM
ユニフレーム REVOフラップ
展開サイズ:奥行140cm、高さ240cm
収納サイズ:径15×48cm
重量:2kg
RevoRoom4の反対側にもスペースが欲しくて購入。
初張りがちょうど雨キャンプだったので、良い荷物置き場が確保でき、タープの下が有効に使えました!
またここに調理台を置けば風にも影響されず調理が可能です。
タープの張りロープの中に有効空間が作れてなかなかに良いと思いました
ヘキサタープや、純正のRevoタープより、長方形のレクタタープと組み合わせれば面白い空間が作れて更にGood!
結構コンパクトに畳めますので、タープ、シングルテント、Revoフラップの3点でバイクにも搭載可能でツーリングキャンプにも使えると思いました。
買って正解でした。 出典:Amazon

ユニフレーム REVOラック

4段のメッシュ状の棚を備えたラック。タープポールに吊り下げ、3方向に伸ばしたバンドをペグダウンして使用。240、260、280cmのポールに対応し、REVOフラップ内でも使えます。また、カラビナを使って小物を引っ掛けることが可能なループをバンドに装備。金属製ペグも付属しています。
ユニフレーム REVOラック
ITEM
ユニフレーム REVOラック
展開サイズ:ペグダウン間 160cm
収納サイズ:径11×33cm
重量:1kg
ちょい置きに丁度いいです。
木製三段ラックはもう要らない。
ドライハンキングももう要らない。
メッシュ生地なので濡れ物でもOK。
revoタープにrevoルーム4、revoラックという自己満足だけど、カッコイイ見栄え。
不満は収納袋が小さめ。適当に畳むと袋に入れにくい。 出典:Amazon

ユニフレームのおすすめテント SORAと気になる評判

ユニフレーム SORA TOUR

ユニフレームの青いテント
ユニフレームのテントとリュック
幕体とフレームを分けての収納で持ち運びが便利な2人用テント。前室が140cmあり、荷物置き場や玄関としての活用に最適。大きく開いて出入りしやすいD型ドアを備え、ドアの入り口にはメッシュ仕様の小物収納ポケットもあります。カップルなどペアでキャンプするのに最適なテントです。
ユニフレーム SORA TOUR
ITEM
ユニフレーム SORA TOUR
収容人数:2人
展開サイズ:220×140×135cm
収納サイズ:幕体 径21×39cm、フレーム 58cm
重量:3.4kg

ユニフレーム SORAファミリー

ユニフレームのSORAテント
(スペック)
収容人数:4人
展開サイズ:540×165×高さ165cm
収納サイズ:28×28×63cm
重量:9.6kg

着脱可能な仕切りでセンターを分けることができるトンネル型のテント。この仕切りの中央には取り外しができる穴が付いており、ちょっとしたやり取りに便利。また、小さい子どもなら通り抜けも可能で、遊び心も感じられる作りです。ベンチレーションやランタン吊り下げフック等も装備し、機能性充実!

ユニフレームのSORAテント 評判は?

マジェスティC-250ccでのタンデムツーリング用に購入しました。
コールマンのツーリングテントやワイドツーリングテント、スノーピークのアメニティドームS、モンベルのクロスドーム4型と迷いました。
最後の決めては、グランドシート付属でテント本体の仕舞幅が短いと言う事でした。
実際使って見たところやはり前室は使いやすく、グランドシートとセットなのでずれる事も無く、マットを引いて前室でねっころがれてしまうので非常によかったです。
室内も2名でも問題ないじゃん。と言う感想で、もしかすると前室に荷物を置いてしまうので、余計そう思うのかもしれません。
ツーリングにてのパッキンは思いのほかよく、カバーに2つのベルトとプラスチック金具がついていて、そこにボールが挟まるのですが、実際ポールと本体を別にするとマジェスティのシート下に入ってしまいました。
非常に満足してます!!
出典:Amazon

他とは被りたくない?そんなあなたにユニフレームのテント

ユニフレームの大きいテント
ユニフレームのREVOはタープとテントが一体となったユニークなモデルなので、他とは違う独特のキャンプサイトにセッティングできるのがポイント。他とは被りたくない!オリジナリティを出したいといった人には是非おすすめです。SORAシリーズも機能的で、家族やカップルで楽しむのに最適な仕上がり。初めての人も違うテントを試したい人も是非チェックしてみて下さい!

Make the camp site unique with UNIFLAME’s Tent !!
ユニフレームテントでキャンプサイトをユニークに!!

紹介されたアイテム

ユニフレーム REVOルーム4プラス

ユニフレーム REVOルーム4プラス

¥44,800 税込

ユニフレーム REVOタープ M

ユニフレーム REVOタープ M

¥19,800 税込

ユニフレーム REVOタープ L

ユニフレーム REVOタープ L

¥23,900 税込

ユニフレーム REVOフラップ

ユニフレーム REVOフラップ

¥12,800 税込

ユニフレーム REVOラック

ユニフレーム REVOラック

¥5,900 税込

ユニフレーム SORA TOUR

ユニフレーム SORA TOUR

¥34,000 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ユニフレームの白いテント
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!