モンベルのタープに関する情報まとめ

モンベル製のタープについてまとめました!ビッグタープ、HXタープ、張り方など気になる情報を掲載しています。ヘキサ、レクタ、ミニなど様々なモデルが販売されているので、ご自身の用途に合わせたタープを選びましょう!


アイキャッチ出典:imgrum

モンベルのタープ

モンベルのビッグルーフレクタ出典:モンベル
日本を代表する登山用品ブランド、モンベル。テントのラインナップは幅広く、登山用はもちろん、ツーリング、ソロキャンプ、ファミリーキャンプ向けと幅広く展開しています。それに合わせてタープも幅広いサイズが用意されています!

モンベルのビッグタープHX出典:モンベル
登山やツーリングでの使用を考えられた軽量設計ながら、生地への負担を低減するよう工夫された縫製で耐久性を上げ、生地に火があたっても燃え広がらないよう難燃加工が施された高い性能も売りのひとつです。また、タープの下で焚火をするためのアイテムも別途で販売されています。

モンベルタープの張り方について

モンベルのタープを張る出典:imgrum
購入前に張り方のイメージを付けたい方は、各商品ページの取扱説明書(PDFファイル)を確認してみましょう!
モンベルのタープ一覧
また、実際にタープを張る様子を動画でアップしている方もいるので、そちらでも確認できます。
【モンベルミニタープHXを組み立ててみた】

【mont-bell ミニタープ 設営編】

【モンベルタープの小川張りについて】

モンベルのタープを小川張りする出典:Yahoo!知恵袋
『小川張り』とは、ポールとタープの間に『セッティングテープ』をかませてタープを設営する方法です(通常はメインポールとタープを連結する)。利点としてはメインポールの位置をタープから離せるので、レイアウトの自由度が向上します。その変わり、タープを支える力点が離れて風に弱くなるので気を付けましょう。

小川張りに必要なセッティングテープ、実際の張り方は動画でチェックしてみましょう!
【タープ小川張りテープ自作動画】
【小川張りっていうの?テントとタープを連結してみよう!】

モンベルのタープまとめ

ポールは別売りになります。下記の表を参考に別途お買い求めください。それでは、実際に使用した方の口コミを交えてタープをご紹介していきます!
%e6%b7%bb%e4%bb%98%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a0%ef%bc%88%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab-%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%97%ef%bc%89

モンベル ビッグタープHX

投影面積が大きく設営が簡単に行えるタープ。タープ以外にも簡易テントや防水カバー代わりにと幅広く使えます。 
ITEM
モンベル ビッグタープHX
<スペック>
・素材:75デニール・ポリエステル・タフタ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
・重量:3.6kg
・カラー:ダークフォレスト(DKFO)/ グリーン(GN)
・構成:タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、張り綱6本、スチールVペグ30 8本
ポールはアルミ製・スチール製からお選びいただけます。
・収納サイズ:約H16cm×D16cm×W68cm
・展開時サイズ:約440cm×500cm

【夏場はやっぱりオープンタープ】
モンベルのウイングタープからSP社のヘキサと買い換えて、モンベルのヘキサに戻ってきました。モンベルのヘキサタープは、裾が長く低くて日差しをさえぎる時間が長く確保できるので実効性があり、簡単に綺麗に張れてとても個性的なのが魅力です。ただ、設置面積が広いため使用出来るキャンプ場が限られることが難点です。夏場に風通しの悪いスクリーンタープを使うよりもオープンタープが断然お勧めです。


モンベル ミニタープHX

居住空間に余裕のあるミニタープHX。ツーリングなど荷物を最小限に抑えたいときに最適です。
※今期の入荷はないそうです(2016年11月現在)


モンベル、ミニタープHX出典:モンベル
<スペック>
・素材:75デニール・ポリエステル・タフタ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
・重量:640g(870g) ※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む重量
・カラー:ダークフォレスト(DKFO)/ グリーン(GN)
・構成:タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、φ2mm反射材入り張り綱6本、19cmアルミペグ8本、ポールはアルミミニタープポール165をお使いください。
・収納サイズ:約23cm×φ12.5cm
・展開時サイズ:約280cm×338cm

モンベル ミニタープ

モンベルのタープの中で最軽量モデルのタープ。トレッキングからソロツーリングなどに最適です。
ITEM
モンベル ミニタープ
<スペック>
・素材:75デニール・ポリエステル・タフタ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
・重量:390g(600g) ※( )内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む重量
・カラー:ダークフォレスト(DKFO)/ グリーン(GN)
・構成:タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、φ2mm反射材入り張り綱4本、19cmアルミペグ6本、ポールはアルミミニタープポール165をお使いください。
・収納サイズ:約21cm×φ11.5cm
・展開時サイズ:約270cm×335cm

【凄く良いです】
寸法は 見れば解りますから ソロキャンプでの ロースタイル用が 本来の用途だと認識しますが 当方は ウイングは張った時の美しさから好きで、遮光効率の悪さから大人数時はレクタやヘキサでファミリーではウイングタープをメインに使ってます。
ケルティノアズタープ16呎やヨーレイカウイングの大型も 持ってますが ワンポールテントの前室代わりの雨よけに…と 購入。 寸法的に ジャストsizeで無駄にスペースを取らず 色も鮮やかで気に要ってます。


モンベル ビッグルーフレクタ

ポールを6本使用する大型の長方形タープ。大人数でのキャンプやアウトドアに最適です。 
ITEM
モンベル ビッグルーフレクタ
<スペック>
・素材:250デニール・ポリエステル・オックス[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
・重量:6.2kg
・カラー:ダークフォレスト(DKFO)/ グリーン(GN)
・構成:タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、張り綱6本、スチールVペグ30 8本、ポールはアルミ製・スチール製からお選びいただけます。
・収納サイズ:約H18cm×D19cm×W78cm
・展開時サイズ:約510cm430cm

【色合いがいいです】
グリーンとダークフォレストで悩みましたがダークフォレストにしました。この緑とも青とも言えない所謂『碧』の色合いが最高です。 レクタタープではスノピや小川、ちょっと落ちますがウェザーマスターなど候補はたくさんありましたが、機能的には優れていてもどれも色合いが茶系でどうしても好きになれずモンベルに行き着きました。スノピなどはフル装備しなければちぐはぐになってしいますが、これならモンベルに限らずコールマンやサウスフィールド、さらにWoolrichやロゴスでも合わせられそうです。特殊加工ではやや見劣りしますが他にはない厚手で頑丈なタープですのでぜひお勧めです!


モンベル ビッグルーフ

大人数でゆったりくつろげるビッグルーフ。天井高を低くすることでビバークとして使用できます。 
ITEM
モンベル ビッグルーフ
<スペック>
・素材:(中央)250デニール・ポリエステル・オックス[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
・重量:6.1kg
・カラー:ダークフォレスト(DKFO)/ グリーン(GN)
・構成:タープ本体1、ポール用スタッフバッグ1、張り綱9本、ペグ13本、ポールはアルミ製・スチール製からお選びいただけます。
・収納サイズ:約H17×D18×W78
・展開時サイズ:約500cm×500cm

【大は小を兼ねる】
ウイングや、ヘキサなど使ってきましたが、最後はやはりこれになりました。ペグの本数や、全体の重量など、いろいろ悩まれると思いますが、タープに限っては「大は小を兼ねる」です。2つ以上の家族が集まればこの大きさが必要ですし、突然の雨には道具達の避難場所にもなります。タープを4種類持っていますが、いろいろ悩むよりこれひとつですませた方が便利です。ちなみに砂浜でもスティークの50cmを13本使用していれば、今のところ風に飛ばされたことはありません。


モンベル ルーフプロテクター

雨天時などの緊急時にタープ内で調理やたき火をする際に煙を外に逃がすタープ。繰り返し洗濯をしても防炎効果が持続します。
ITEM
モンベル ルーフプロテクター
<スペック>
・素材:本体:綿(防炎加工)100%、ロープ:ビニロン、ポール:グラスファイバー
・収納サイズ:約φ8×60cm
・サイズ:112×138cm

モンベル アルミ ミニタープポール 150セット

軽量かつ強度を兼ね備えたアルミ製タープポール2本セット。アストロドームSのひさしを作るのに最適です。
ITEM
モンベル アルミ ミニタープポール 150セット
<スペック>
・素材:6000アルミニウム合金
・重量:449g(2本)
・サイズ:φ14.5×150cm

モンベル アルミミニタープポール165

軽量でいて強度もある165cmのタープポール。対応タープは対応表を確認してください。
ITEM
モンベル アルミタープポール180
<スペック>
・素材:6000アルミ合金
・重量:460g
・サイズ:φ22mm×180cm

【ミニタープHX用に♪】
モンベルさんではミニタープHX用としては165cmが推奨されています。
ただ私はその165cmポールの径13mmに不安を感じたため、こちらの180cm径22mmにしました。
勿論、幕に負担が掛かる事は承知していますが今のところ問題無く使用できています^^(予備含め3本購入しました)


モンベル スチールタープポール180

180cmのスチール製タープポール。コストパフォーマンスに優れています。 
ITEM
モンベル スチールタープポール180
<スペック>
・素材:スチール
・重量:890g
・サイズ:φ22mm×180cm

モンベル タープポール アルミタープポール180

軽量で強度のある180cmサイズのアルミ製タープポール。1本の販売なので対応表を見て必要な本数を確認してください。 
ITEM
モンベル アルミタープポール180
<スペック>
・素材:6000アルミ合金
・重量:460g
・サイズ:φ22mm×180cm

【ミニタープHX用に♪】
モンベルさんではミニタープHX用としては165cmが推奨されています。
ただ私はその165cmポールの径13mmに不安を感じたため、こちらの180cm径22mmにしました。
勿論、幕に負担が掛かる事は承知していますが今のところ問題無く使用できています^^(予備含め3本購入しました)


モンベル タープポール アルミタープポール240

240cmサイズのアルミ製タープポール。軽量かつ強度も兼ね備えています。 
ITEM
モンベル タープポール アルミタープポール240
<スペック>
・素材:6000アルミ合金
・重量:930g
・サイズ:φ32mm×240cm

【使いやすそうなポールです】
コールマンのHexaタープ用に購入しました。5年ほど使用したHexaタープのポールが
強風で折れ曲がったためその代替用です。コールマンのアルミポールと比較しました
が価格はほぼ同じですが、直径が2mmこちらのほうが大きかったので強度的に優れて
いると判断しました。感想ですが、接続も簡単に行えるし、接続した後の強度も全く
問題なさそうなので、強風時でも安心して過ごせそうです。1本しか購入しなかった
のですが、早いうちにもう1本購入し両側ともこのポールにしたいと考えています。


モンベル タープポール アルミタープポール280

280cmサイズのモンベルのタープポール。アルミ製なので軽量で強度も兼ね備えています。 
ITEM
モンベル タープポール アルミタープポール280
<スペック>
・素材:6000アルミ合金
・重量:1.08kg
・サイズ:φ32mm×280cm

【スノーピーク レクタL用ポールとして。】
こちらの商品を1セット所有しておりましたのでもう1セット買い足してレクタLに使用しようと思い購入いたしました。サイドポールはロゴスのプッシュアップポールを4本所有しておりソリッドステークも十分数所有しておりますのであとは、レクタLの幕を購入するだけです。
また、純正ポールよりもお安くパイプ径も大きいので大変満足しております。


モンベル スチールタープポール 280

スチール製のタープポール。コストパフォーマンスに優れた280cmサイズのポールです。
※今期の入荷はないそうです(2016年11月現在)


モンベル、スチールタープポール 280出典:モンベル
<スペック>
・素材:スチール
・重量:1.88kg
・サイズ:φ28mm×280cm

モンベルのタープを持って旅に出かけよう!

モンベルのタープを張って休む出典:imgrum
様々なサイズ展開でバリエーション豊富なモンベル製のタープは1セット持っていればキャンプや登山、様々なアウトドアで大活躍!あなたの用途にあったお気に入りのモンベルのタープを持ってお気に入りの場所へ出かけよう!

Mont-bell Tarp is to moisturize the climbing!
モンベルタープが登山に潤いを!

編集部おすすめ記事


紹介されたアイテム

モンベル ビッグタープHX
モンベル ミニタープ
モンベル ビッグルーフレクタ
モンベル ビッグルーフ
サイトを見る
モンベル ルーフプロテクター
モンベル アルミ ミニタープポール 15…
モンベル アルミタープポール180
モンベル スチールタープポール180
モンベル アルミタープポール180
モンベル タープポール アルミタープポー…
モンベル タープポール アルミタープポー…

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

モンベルのタープ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

hiromasa
hiromasa

神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!今年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!