100円ショップのアウトドアアイテム一覧

コーヒーミルに、メスティン用のあんなものまで!? 100均のアウトドアギアが今年も大豊作【100均パトロール】

2022/04/28 更新

手軽にワンコインで購入できるのが魅力の100円ショップのアウトドアギア。続々と新作が発売される100均ギア市場を今年も大調査しました。今回はダイソーやセリアで見つけたグッズの数々をご紹介。メスティンでの調理がもっと楽になる周辺ギアやミニストーブ、コーヒーメーカー、衛生用品などをワンコインで購入し実際に使用感を試してみました。ハイキングから山小屋、キャンプまで使えるアイテムを見ていきましょう。

目次

アイキャッチ画像撮影:筆者

今年も新作ぞくぞく。100円ショップのアウトドアグッズ

アウトドア用品棚

出典:PIXTA

登山で使えそうなアイテムを100円ショップで捜索する「YAMAHACK100均パトロール」のお時間がやってまいりました!

2022年春に発見したのは、気軽に使えるコンパクトな火器類とメスティン周辺グッズ、そして山小屋やキャンプ、緊急時に役立ちそうなアイテムの数々でした。ダイソーやセリアで発見したYAMAHACK編集部おすすめのギアをご紹介します。

<前回のパトロール記事はこちら>

【Seria】ファイアスターター

ファイアースターター

撮影:筆者

セリアで発見した「ファイアースターター」です。ブッシュクラフトではお馴染みのアイテムで、2つのパーツを擦り合わせることで、火打ち石のように火花を発生させる道具です。

とはいえ、100円のスターター。さすがに形だけじゃないの? と思っていた筆者でしたが、何度か擦り合わせてみると……

\バチチチッ/

ファイアースターターで火種を起こす

撮影:筆者

気合いの入った火花が飛び散るではありませんか!
少々コツは必要ですが、スナップを利かせてマッチのように擦り合わせると、パッと火花が弾けます。そのまま延焼しやすい素材に着火して、火を大きくしていけば火起こしの完成です。いやあ、100円のファイアースターターも侮れません! 恐れ入りました!
着火できました! 100円スターター有能です!

撮影:筆者

山での登場頻度は低いものの、いざという時のためにエマージェンシー用グッズのひとつに加えても良いアイテムです。使用期限もないため、お守りとして持ち運ぶのも良いですね。

【DAISO】アウトドアコーヒーメーカーカップセット

ダイソーのドリッパーセット

撮影:筆者

今回の大本命かもしれません。ダイソーの「アウトドアコーヒーメーカーカップセット(1,000円)」は、ミル、ドリッパーカップがセットになったコーヒー好き必見のギアです。
ドリッパーセット全容

撮影:筆者

筒状の本体をバラバラにすると、カップ×2、ミル、ドリッパーの4部品に分解できます。ミルは挽き方を調整できるため、とことんこだわりたい人にもおすすめ。ドリッパーもペーパーフィルター不要タイプなので、そのまま抽出できます。
それでは実際に注いでみましょう!

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

撮影:筆者

「豆を持参して、山頂で挽きたてコーヒーを飲みたい」という贅沢な欲望を叶えるアイテムでした。

お値段は1,000円と100円ショップ相場で考えると高級商品の部類に入りますが、1,000円でこの美味しさを得られるのならマストバイ。ミルもゴリゴリと調子よく作動し、全体的に値段を感じさせない作りなのも印象的です。

【DAISO】アルコールストーブ

アルコールストーブ

撮影:筆者

ウルトラライトに火器を持ち運びたいときに便利な「アルコールストーブ」。DAISOから発売されているアルコールストーブは40ml(200円)80ml(300ml)の2種類です。
アルコールストーブの中身

撮影:筆者

燃料用アルコールを容器の2/3まで注ぎ、着火して使用します。
アルコールストーブをメスティンに収納

撮影:筆者

メスティン(写真はダイソーで発売されている1合用)への収納も可能です。40ml、80mlタイプともにすっぽりと納まります。
燃料用アルコールとアルコールストーブ

撮影:筆者

燃料となる「燃料用アルコール」は、ドラッグストアなどで入手できます。使用上で注意が必要なのは、消火は自然鎮火のみという点。固形燃料と同じく燃料が尽きるまで火を消せません。

撮影:筆者

満タンまで燃料用アルコールを注いだ場合、40mlと80mlは何分燃焼するのでしょうか。実際に計測してみました。

40ml→約10分で鎮火
80ml→約15分で鎮火

五徳と組み合わせて、お湯を沸かしたり炊飯したりと、”ちょこっと使い”に便利なアイテムです。

もしどちらのサイズを購入するか迷ったら、筆者のおすすめは80ml。燃焼時間はアルコール量で調整できるため、大きめを購入するのが得策かもしれません。

【DAISO】ちょこっとストーブ

ちょこっとストーブ

撮影:筆者

こちらもダイソーから発売されている300円アイテム。このフォルム、固形燃料ユーザーなら「あれっ?」と思うはず。
エスビットとちょこっとストーブ

撮影:筆者

そう、某有名ポケットストーブに形がそっくりなのです。わずかに寸法が異なるだけで、仕様もほぼ同じでした。
ちょこっとストーブ組み立て後

撮影:筆者

ダイソーストーブは脚を直角に開くことはもちろん、
ちょこっとストーブは五徳の幅も変更可

撮影:筆者

一段階内側に開きを調整することも可能。本家と比べて可動部が少々ガタつきを感じましたが、それは価格帯を踏まえて。「念のために持っておこう」に応える、お手軽なストーブです。

山ごはん調理ギアのNewアイテムも

撮影:筆者
「山での楽しみはやっぱりごはん!」という食いしん坊なハイカーは必見です。1年前にダイソーがオリジナルメスティンを発売したことで話題となりましたが、今日はメスティン周辺ギアの層が厚いんです! 編集部が発見した「こんなの欲しかった」アイテムをご紹介します。

1 / 2ページ