森乃雫

ドリップコーヒーを山で美味しく淹れるための、こだわりの注ぎ口<楽歩京都>森乃雫

2022/11/15 更新

山で飲むコーヒーは美味しいですよね。特にドリップコーヒーの味わいは格別です。でも、細い湯を注ぐドリップポットを山に持って行くのは、ちょっと難しいもの。そこでオススメしたいのが、マグカップの縁に装着して雫のような湯を注げる『森乃雫』。3Dプリンターで成型されたチタン製、デザインも秀逸なこの道具の使い勝手をレビューします。

目次

アイキャッチ画像:PONCHO

湯を雫のように注ぐことができる道具

雫

撮影:PONCHO

山で食べるカップラーメンがなぜか格別に美味しく感じるように、コーヒーも山で飲むと至極の美味しさを感じます。凛とした空気のおかげか、途中で汲んだ清水で淹れたコーヒーだからか、それとも山をしばらく歩いたことで感覚が澄んだためか。

でも人は貪欲な性質があり、美味しい山コーヒーを、もっと美味しく味わいたいと思うもの。私もそんな性質が強くあるようで、山コーヒーが美味しくなる、上手にドリップできる道具をいろいろと手に入れ、試してきました。

2019年秋に発売された『楽歩京都/森乃雫』

これが森乃雫です

撮影:PONCHO

2020年、新たに手に入れたのが『楽歩京都/森乃雫』です。楽歩京都と書いて「らっぽきょうと」と呼びます。『森乃雫』は、マグカップやクッカーの縁に装着し、慎重に傾けるだけで、ドリップの際に注ぐ湯が、細く、さらには雫のように垂らせる道具です。

これまで、山で細い湯を注いでコーヒーをドリップすることは不可能だと思っていましたが、この『森乃雫』を使ってみれば、驚くほど簡単に細い湯を注げるのです。

しかも淹れたコーヒーはスッキリとして、香りもよく、深みを感じられるものでした。

珈琲を淹れる

撮影:PONCHO

開発したのは楽歩京都・代表の山口 旭さん。定年退職を機に、体力維持のために登山を開始。間もなく山コーヒーにハマり、ドリップコーヒーを美味しく淹れるためのポットや道具を探し、試したところ、山に持っていけるようなものがなかったそうです。

そこで、マグカップやクッカーに装着する注ぎ口を自作。2年の試行錯誤の上で完成。2019年秋に発売したのが、この『森乃雫』だそうです。

表面張力、毛管力、サイフォン効果がポイント

コッフェルに装着

撮影:PONCHO

当初は、割っていない割り箸の間に爪楊枝を差し込み、水路をつくって細い湯を注いでいたといいます。

商品化した『森乃雫』の基本的な仕組みも、その割り箸と同様。表面張力と毛管力、そしてサイフォン効果で湯を吸い上げ、底のない水路を湯が通ることでマグカップやクッカーに伝って湯が滴り落ちることを防いでいます。

細い湯を注げ、美味しいコーヒーを抽出できる理由は“内部構造”にあり

磁石で固定

撮影:PONCHO

内部をよく見てみると、真っ直ぐに伸びた上部分と下方向に落ちる部分の3本の爪に分かれています。上部分を湯が伝うと1分間に120~150ml、下部分に水膜が張る状態だと1分間に60~90mlの湯を注げます。

この湯量の調節によって、コーヒー豆の種類や焙煎具合、豆の細挽き、中挽き、粗挽きに合わせて、好みの抽出時間を操ることがきるのです。

キレイに注がれるお湯

撮影:PONCHO

また注ぎ口の手前にも爪が備わっていて、一定の湯量を注げるガードになっています。少しくらい傾けすぎてしまっても、慎重に湯を注げば、一気に湯が流れ落ちてしまうこともありません。

雫のように垂れるお湯

撮影:PONCHO

『森乃雫』が備えている表面張力、毛管力、サイフォン効果によって、注いだ湯はカーブせず、直下に糸のように、湯量を少なくすれば雫のように垂れます。

しかも山で使っていたマグカップやクッカーをそのまま流用して、上質なドリップが可能。ただ細い湯を注げるだけでなく、一定の量の細い湯を、自在に、誰でもラクに注げるのです。美味しいコーヒーを抽出できるポイントは、ココにあります。

山コーヒーに試行錯誤してきたハイカーなら、この道具のスゴさに間違いなく感動するでしょう。

金属3Dプリンターで成型

どうやって作られたか

撮影:PONCHO

さて、楽歩京都・代表の山口さんに聞くと、この『森乃雫』は実用性、機能性だけでなく、デザイン性にもこだわったといいます。

重量8.5g、サイズW46×H27×D16mmの小さな注ぎ口は、チタン製。人が見て美しいと感じる黄金比、黄金螺旋をデザインに引用。イキモノのような躍動感のある造形は、なんと金属3Dプリンターによる成型で生み出されたものです。

その分、8,000円~16,000円とちょっと高価ではありますが、チタン製のこの細かな造形を見れば納得の価格です。

小籠包ーち

撮影:PONCHO

また『森乃雫』を収納、持ち運びする際に使用できるポーチも別売で「onmo sotoasobi design」から用意されています。焚火に使う火口入れのようポーチの名前は『小籠包ーち』。そう、包んだ形が小籠包のようで、『森乃雫』の雰囲気と相性がぴったりです。

いろいろなマグカップやクッカーで試してみました!

森乃雫で実験

撮影:PONCHO ※実際には、森乃雫をクッカーに装着して、火にかけてはいけません。写真はイメージです。

『森乃雫』は、本体に備わった磁石でマグカップやクッカーの縁に装着、固定します。よってチタン製、アルミ製、ステンレス製のカップ、クッカーに装着して使用できます。

ブランドのホームページにある「装着可能マグ及びポット」のページを見ると、多くのマグ、クッカーで使用できるのですが、直径90mm以上だと、装着した両脇から湯が溢れやすいとも書かれていました。

そこで、手持ちのカップやクッカー、ポットを使って試してみました。

1 / 2ページ