最強の保温力!山でも街でも映えるカリマー の《ネビスパーカー》で真冬を楽しもう

2020/11/25 更新

保温性が抜群のダウンウェア。「身体は温めたいけどウェア内の蒸れが気になる…」そんな悩みはありませんか?厳冬期も安心の<カリマー>ネビスパーカーは、高い通気性の生地を背面等に採用することで、バックパックを背負っていても蒸れを気にせず活動できるダウンパーカー。防水性のある生地で悪天候時も安心!ビッグシルエットで街着としても人気の一着をご紹介します。


アイキャッチ画像提供:karrimor

街でも山でも着られるあったかアウターがほしい

冬登山
出典:PIXTA(ウェアはイメージです)
寒さの厳しい冬山に行くのならしっかりと防寒できるウェアが必要。でも防寒性が高くハイスペックさを求めると、街で着るには大げさすぎて浮いてしまうことも。
普段着としても着やすくて、冬山にも対応できる防寒着があればいいのに…」

そんな方におすすめしたいのがカリマーの人気ダウンウェア、「ネビスパーカー」です。

真冬のお供に!究極の暖かさとお洒落なデザイン

ネビスパーカー物3色
提供:karrimor
耐水性のある素材と、伸びがよく通気性をもつ機能素材を組み合わせた悪天候時も着られるネビスパーカー。650フィルパワーのダウンがたっぷり250gも封入された、厳冬期登山にも対応する抜群の保温性をもつダウンパーカーです。

2020年AWモデルでは定番のブラック、アウトドアシーンでも目立つアイス、落ち着いた色のカーキの3色展開。シンプルなデザインとカラーリングにより、街でも気軽に羽織れる1着です。

どんなシーンで着るのがおすすめ?

ネビスパーカー着用画像3
提供:karrimor
元々クライミング用のアウターとして開発されたネビスパーカー。アイスクライミングのビレイ(岩の下で安全確保をすること)中や冬山での休憩など、立ち止まった際の防寒具として最適。ほかにもワカサギ釣りやオーロラ見学など、極寒地で運動量が少ない時のアウターとして大活躍します。

保温性に優れると共に通気性も良いため、街着としても電車に乗ったなどの寒暖差で服の中が蒸れにくく、どこでも快適に着用できるのも魅力の1つ。

山でも実力を発揮!《ネビスパーカー》のスペックを大解剖

ネビスパーカモデル
提供:karrimor
たっぷり封入された650フィルパワーのダウンで保温性バツグン!街着としてだけではなく、冬のアウトドアシーンでも活躍するポイントを見ていきましょう。

①背面、袖下には”蒸れを放出&伸びる”機能素材を採用!

POLATEC説明
提供:karrimor/)(画像左は2020AWモデル、右は2019AWモデル。どのカラーもPOLATEC®NeoShell®部分はブラックです)
背面と袖の下側部分には防水性をもちながら通気性とストレッチ性にすぐれる、POLARTEC® NeoShell®という機能素材を採用。生地の切り替えがデザインのポイントにもなっています。

登山中にバックパックで蒸れやすい背面も、高い通気性が蒸れを軽減。すぐれたストレッチ性が身体の動きを妨げないのも嬉しいポイントです。

②濡れを気にせず着られる、耐水ファブリック採用

ネビスパーカー撥水
提供:karrimor
ダウンを着る時に気になるのは雨や雪での水濡れ。耐水性のある生地を採用しているので、多少の雨雪であればダウンの濡れを気にせずしっかり身体を温められます。

③浸水を防げるダブルフラップ仕様

ネビスパーカーフロント
提供:karrimor
フロントはまずマジックテープで開閉、その下にダブルジッパーがある仕様で浸水も防ぎます。グローブをつけたままでも開け閉めがしやすいよう、ジッパーの引き手も大きめ仕様になっているのが嬉しいポイント。

④袖口や裾からも寒気を入れない

ネビスパーカー裾袖
提供:karrimor
ベルクロで調節できる袖口内側には、寒気や雨雪を防ぐハンドゲイター付き。裾部分に入った片手で操作できるドローコードで、急な雨風にもサッと対応できます。
ネビス裾
提供:karrimor
前身頃よりも後身頃が少し長くなるようにデザインされたラウンドテールカットで、裾口からの寒気が入り込みにくく腰周りもあったか◎。

⑤たっぷりダウンの大きめフードで首周りもあたたか

ネビスパーカーフード
出典:Amazon
デザインのポイントにもなる大きめのフードには、襟元内側までしっかりとダウンが封入されています。口元まで隠れる高めの襟元で首周りの保温もバッチリ。
ファスナー上部内側には別布を配しているため、肌に触れてもひんやりしません。
フード説明
出典(左):楽天市場 SOTOnoHITO、提供(右):karrimor
フードはロールアップ収納ができ、マジックテープで固定させられます。フードを収納して高めの襟ですっきりとした着こなしも可能。

⑥ウェア下の重ね着で、寒暖差にも対応

ネビスモデル
提供:karrimor(2019AWモデル)
重ね着した上から羽織ることを想定したデザインのため、ゆったりとしたシルエットが特徴的。
寒さが厳しい時にはべースレイヤー+ミドルレイヤー+アウターの上から羽織り、気温や天候によってはインナーの量や種類を調節するようにしましょう。

街着としても便利!充実のポケットで高い実用性


ネビスパーカーファスナーポケット見せ
提供:karrimor
内側に1つ、外側に2つファスナーポケットが付き収納力もバッチリ。ポケットのファスナー引き手も大きめで、開け閉めしやすい仕様です。
ネビスパーカーメッシュポケット
提供:karrimor
さらに内側にはメッシュポケット付き。大きめサイズなのでグローブを入れて体温で乾かしたり、ゴーグルを入れたりと便利に使えます。

シンプルデザインが魅力!どんなシーンでもお洒落にキマる

ネビスサイズ感
提供:karrimor
豊富な5サイズ展開がうれしいユニセックスモデル。余裕をもたせた胸元、腰までしっかりと隠れる着丈のためゆったりとしたサイズ感で着こなすことができます。お好みのスタイルや着用シーンに合わせてサイズ選びが可能です。
着丈チェスト裄丈裾まわり
XS7512084112
S7712487116
M7912890120
L8113293124
XL8313696128
提供:karrimor(単位はcm)、表作成:筆者

街でも映えるビッグシルエットが魅力

ネビスパーカーモデル2019
提供:karrimor(画像は2019AWモデル)
アウトドアMIXスタイルにもハマるビッグシルエットで、街着としても人気のネビスパーカー。保温力が抜群のため、タウンユースでは薄手のウェアとのコーディネートも楽しめます。
組み合わせるアイテムによってアウトドアシーンだけでなく、ファッションアイテムとしても着こなしやすい一着です。

ネビスパーカー 2020AWモデルをチェック

シンプルなすっきりとした見た目がシーンを選ばず着こなしやすいネビスパーカー。アウトドアに、街に、大活躍間違いなし!
ITEM
<カリマー>ネビスパーカー
表地:ナイロン100%
裏地:ナイロン100%
中綿:ダウン90% / フェザー10%(650FP,250g)
重量:1,010g
サイズ:XS,S,M,L,XL
カラー:Black,Khaki,Ice

170cm55キロでmサイズを購入し、ややゆったりくらいの理想的なサイズでした。


ハイスペックなネビスパーカーで、真冬も快適に過ごそう

ネビスパーカー着用画像2
提供:karrimor
厳しい環境にも対応できる高いスペックをもったネビスパーカー。山では頼りになる防寒着として、街中ではファッションアイテムとしても着こなせる、幅広く活躍する一着です。十分に防寒対策をして、寒い季節もアウトドアアクティビティを楽しみましょう!

この記事を読んだ人はこちらもチェック


紹介されたアイテム

<カリマー>ネビスパーカー
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ネビスパーカーアイキャッチ画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
SISUKO
SISUKO

運動は苦手だけど山は好き。キノコを探しながら歩けば疲れ知らず! アウトドアグッズを見るだけでワクワクしちゃう人間です。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!