【星4つ以上】今、人気の水筒はコレ!おすすめモデルと上手な選び方

水筒が欲しいけど、たくさんありすぎて選べない…。そんな方は必見!★4以上の、人気のおすすめ水筒をまとめました。一言で水筒と言っても、保温・保冷力の高いもの、軽量なもの、洗いやすいものなど特徴は様々。選ぶときにちょっとしたポイントに気をつけておけば、より自分が使いやすい水筒を選べますよ。実際に使っている人の声も参考に、上手に水筒を探しましょう!


水筒選びの4つのポイント

行先や活動内容によって、持参する水筒も最適なものを選んでおきたい。まずは、水筒を選ぶ際に気にしておきたいポイントをまとめてみました。

◆サイズ・容量◆

様々な大きさのおすすめの水筒 容量によってサイズ・重量はかなり変わるので、1日の行動量や行先の天気や気温を調べ、目的に合ったサイズの物にしましょう。

◆保冷効果の有無◆

水筒のおすすめである山専ボトル コーヒーやお茶は温かく、場合によっては水を常温で飲みたいということもありますので、用途に合っているか保温能力などのスペックをしっかり確認しましょう。

◆直飲み・コップ付き◆

おすすめの水筒で飲み物をコップに入れる 最近主流になりつつある「直飲みタイプ」ですが、例えば具の入ったスープを携帯したい場合などはコップ付きが良いでしょう。

◆パッキンの有無◆

おすすめの水筒のパッキンと蓋 パッキンが付いているから横にしても平気!という訳にはいきませんが、パッキンの有無で密閉度は変わるので、鞄に入れたりする場合は有るものを選んだ方が無難でしょう。

水筒|おすすめメーカー別10選

ラーケンのおすすめ水筒 水筒とはいえメーカーごとに容量や機能、デザインもさまざま。各メーカーのオススメ10選をご紹介します。カラーバリエーションが豊富な製品もあるので、しっかり比較検討して選びましょう!

THERMOS(サーモス)

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L
ワンタッチで開けられて、飲み口もフィットしやすい形状。魔法ビン構造で保温力が高く、ロックリング付きで漏れを防ぎます。
ITEM
サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L
●材質:本体/ステンレス鋼 (アクリル樹脂塗装)、フタ/ポリプロピレン、飲み口・せん本体/ポリプロピレン、フタ・せんパッキン/シリコーン
●サイズ:約6.5×7.5×22cm、口径:約4cm
●容量:0.5L
●保温能力:○
●パッキン:○

コーヒーを主に入れて使用しているが、さめにくく6-7時間経っても十分あったかく保温されていた。出典:楽天


サーモス 真空断熱スポーツボトル 1.0L

口径が広く大きな氷も楽に入れられます。2色成型のワンタッチリングでオープン・クローズの状態が一目でわかるので便利。高さのあるモールド底でキズに強い頑丈な構造です。
ITEM
サーモス 真空断熱スポーツボトル 1.0L
●材質:本体/ステンレス鋼
アクリル樹脂
、フタ・キャップ本体/ポリプロピレン、フタパッキン・シールパッキン/シリコーン、ポーチ外生地/ポリウレタン・ポリエステル、ポーチ内生地/ポリエステル
●サイズ:約8cm×8.5cm×27.5cm、口径:4.5cm
●容量:1.0L
●保温能力:○
●パッキン:○

軽さにビックリです。ホルダーも丈夫そうだし、名前シールが付いていてありがたい。出典:amazon

サーモス 山専用ステンレスボトル500ml
秋から冬にかけて山で使われることを想定した保温力の高いモデル。耐久性が高く、ボディリングでグリップが効くためしっかりと握れます。軽量設計なうえにボディリングと底カバーをはずせば更に軽くできます。

ITEM
サーモス 山専用ステンレスボトル500ml
●材質:内びん:ステンレス鋼/胴部:ステンレス鋼
アクリル樹脂塗装
/コップ:ポリプロピレン・エラストマー/口がね:ステンレス鋼/中せん:ポリプロピレン
発砲ポリプロピレン内臓
/内部せんパッキン・外部せんパッキン・ボディリング・ソコカバー:シリコン
●サイズ:約8cm×8cmx30cm 口径:3.6cm 本体重量:約0.39kg
●容量:0.9L
●保温能力:○
●パッキン:○

早朝に沸かしたお湯で 正午くらいに標高1000mの山で使用しました 熱々のカップ麺が食べられて幸せでした出典:amazon



象印

象印 直飲み ステンレスマグ480ml
空気の通り道を確保する「エアーベント構造飲み口」で、飲み物をスムーズに口に運べます。蓋の部分に空気断熱層が施され結露が起こりにくいので、鞄の中が濡れる心配もありません。
ITEM
象印 直飲み ステンレスマグ 480ml
●材質:SUS304、PP、シリコン
●サイズ:約6.5cm×7cm×22cm
●容量:480ml
●保温能力:○
●パッキン:○

一切水漏れしない。通勤時のバッグに入れても全く水漏れしないので助かる。素晴らし技術。出典:amazon

象印 ステンレスマグ 480ml
飲み口は分解して洗えるので清潔に保てます。内面はフッ素コーティングが施されているので匂いや色が付きにくく、丸洗いOK! 大人っぽいゴールドカラーが性別を問わず人気の秘密です。

ITEM
象印 ステンレスマグ 480ml
●材質:ステンレス、ASA、PP
●サイズ:約6.5cm×7cm×22cm
●容量:480ml
●保温能力:○
●パッキン:○

ワンタッチ式のように飲んでる途中で蓋が顔に当たる事もなく、飲み口も広いので、普通のカップのように飲めますよ。出典:amazon


タイガー

タイガー サハラマグ 500ml
タイガー魔法瓶株式会社独自のスピニング技術により、本体約170g実現した軽量モデル!手軽にどこへでも持ち運べます。熱を逃がさない真空層で保温もばっちりです。
ITEM
タイガー サハラマグ 500ml
●材質:内びん=ステンレス鋼、本体=ステンレス鋼
●サイズ:約6.6cm×6.6cm×21.6cm
●容量:0.5L
●保温能力:○
●パッキン:○

軽量、丈夫、漏れない、洗いやすい、においがつきにくい。特にこの軽さはすばらしい。一昔前のステンレスボトルとは隔世の感あります。出典:amazon



SIGG(シグ)

シグ トラベラークラシック
使うごとに味わいが増すアルミ製ボトル。軽量かつコンパクトなのでアウトドアでは大活躍。5種類のキャップを用途ごとに付け替え可能。世界50ヶ国以上で販売される定番型水筒です。
ITEM
シグ トラベラークラシック
●材質:アルミ
●サイズ:約6.5cm×19.5cm
●容量:0.4L
●保温能力:×
●パッキン:×

内部コーティングは全く臭いがつかず、ボトルは超軽いので重さも苦にならずキャップはとてもしっかりしまるのでとても重宝しています。出典:amazon

LAKEN(ラーケン)

ラーケン クラシック シルバー 0.6L
インナー取り外して洗うことが可能。飲み口も約3.3cmと広いので氷も入れやすく、使い勝手は抜群です。シンプルなデザインが人気。
ITEM
ラーケン クラシック シルバー 0.6L
●材質:アルミ
●サイズ:約7.4cm x 19.8cm
●容量:0.6L
●保温能力:×
●パッキン:○

シンプルで見飽きないデザインは、デスクに置いていてもサマになりますし、また近頃の優秀な魔法瓶のキンキンに冷えきった水よりは、身体にもやさしいと思いますので、ウォーターボトルを検討されている方には、おすすめです。出典:amazon

Klean Kanteen(クリーンカンティーン)

クリーンカンティーン ワイドインスレート 20oz
2層式構造で耐久性が高くアウトドアでも安心して使えます。ボトル内部は電解研磨が施されているので飲み物の臭いが残りにくく作られています。
ITEM
クリーンカンティーン ワイドインスレート 20oz
●材質:18-8 ステンレス、ポリプロピレン(BPAフリー)
●サイズ:約22.5cm×7.5cm
●容量:592ml
●保温能力:○
●パッキン:x

真夏のツーリングでシートバッグの剥き出しのポケットに差した状態で数時間経過しても中のものは冷え冷えでした。500ミリペットボトルが余裕で入り、間口が大きいので氷もOK。何より、ステンレスが綺麗で所有感も満たしてくれます。出典:amazon


スタンレー

スタンレー クラシック真空ボトル 0.47L
軍用に使用されている機能性の高さと男らしいデザインが人気のスタンレー。保温力も抜群で、24時間たっても65℃以上の温度をキープできるとされています。
ITEM
スタンレー クラシック真空ボトル 0.47L
●材質 : 本体:ステンレス/栓:ポリプロピレン/フタ:ステンレス(外側)、ポリプロピレン(内側)
●サイズ:262mm×78mm
●容量:0.47L
●保温能力:〇
●パッキン:〇

1リットルの大きいサイズを夫が持っていて、今回は自分用に0,47リットルを購入。氷を入れとくと3,4時間くらいのお出かけだったら冷たいままなので嬉しいです。出典:楽天


水筒持参で水分補給も思いのままに

水筒を持つ手
出典:PIXTA
アウトドアに限らず、暑くなるこれからの季節は水筒持参での水分補給をおすすめします。荷物に水筒が入っていれば、喉の渇きを感じる前に継続的な水分の摂取が可能できて安心です。いつでも好きな飲み物を好きな時に。経済的でゴミも出ない水筒は、身に付くととても便利な習慣です。ぜひお出掛け、通勤、通学用にお気に入りの1本を見つけましょう!

水筒を持って出掛けよう!

Take a canteen anywere you go!

【水筒の関連記事はこちら】


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    おすすめのシグの水筒
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    Kamio
    Kamio

    疲れたら山へ、落ち込んだら海へ。気付けば精神の軸はいつでも自然。「自由」であることが最高の贅沢だから、好きな遊びはサーフィンとバックカントリースキー。大学で環境学を専攻し、都会に暮らしながらも自然と寄り添う生き方を模索中。息子とフィールドで遊びまわる日々を心待ちに、育児も張り切る新米ライター。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」

    OFFICIAL SNS

     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!