グループで行くテント泊登山のリアル。しんどさも失敗も絶景も、みんなで分かち合った2泊3日|グループ登山でステップアップ【実践編】

<THE NORTH FACE>がステップアップを目指す登山者を応援する企画。今回のテーマは「グループ登山」。第3回の実践編では南アルプスは白峰三山でテント泊山行へ。

スムーズかと思いきや、失敗やトラブルが発生!仲間でどう対応した?2泊3日でグループ登山の魅力や注意点を存分に学んできました!

 

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

グループ登山でステップアップ企画。いよいよ、実践!


複数の人と一緒に登る「グループ登山」には、単独行とは違った魅力や注意点があります。

うまくいけば何倍も楽しく安全な山行になる一方で、コツや注意点を知らないと、仲間割れしたり、最悪の場合は遭難してしまったりすることも……。

今回のステップアップチャレンジでは、「グループ登山」をテーマに、2泊3日のテント泊縦走を企画。第1回の「計画編」、第2回の「準備編」に続いて、今回はいよいよ「実践編」です!

今までの記事はこちら






今回のグループ登山チャレンジに参加するメンバー。

左から、
・YAMA HACK編集長の大迫倫太郎
・YAMA HACK編集部の杉浦愛実
・読者代表の吾妻梨花さん
・THE NORTH FACEマーケティングの鰐渕航さん

そして、計画や準備をサポートしていただいた登山ガイドの渡辺佐智さんに、実際の山行にも同行して見守っていただきます!

登山ガイド・渡辺佐智さん
登山からバックカントリーまで四季を通じて活躍し、雑誌やテレビなどにも多数出演。日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ、日本雪崩ネットワーク 雪崩業務従事者レベル2などの資格を保有。
 
※参加メンバーは全員PCR検査で陰性確認 ※新型コロナウィルス感染状況を鑑みて、テントは一人一張で使用しました

さあ、目的地へ!と思ったら、いきなり試練が!

今回計画していたのは、2泊3日で飯豊山に登るルート。

準備万端で、あとは出発地に向かうだけ! ……と思いきや、出発3日前の夜に東北で豪雨災害が発生し、帰りのルートが通れないことが判明。

メンバー全員で相談した結果、急遽行き先を変更することに。前泊地に集合後、ルートのポイントや注意点などを再度確認しました。

新たなコースは「日本一高い縦走路」を歩ける白峰三山に


もともと計画していた飯豊山と同等のグレーディング(7C)の縦走路であること、そしてメンバー全員のアクセスのしやすさも考えて、新たなルートは「白峰三山(しらねさんざん)」に決定!

白峰三山とは、南アルプス北部から中部にかけて続く北岳、間ノ岳、農鳥岳の三座のこと。特に、日本で2番目に標高の高い北岳(3,193m)と3番目に高い間ノ岳(3,190m)の間は「日本一高い縦走路」として人気です。

合計距離: 24.51 km
最高点の標高: 3171 m
最低点の標高: 826 m
累積標高(上り): 2481 m
累積標高(下り): -3196 m


1日目は甲府駅からバスで広河原の登山口に向かい、急坂をひたすら登って、北岳山頂手前の「北岳肩の小屋」に宿泊。

2日目は北岳〜間ノ岳〜農鳥岳と縦走して、大門沢下降点から「大門沢小屋」まで標高差約1,200mを一気に下ります。大門沢小屋に宿泊。

3日目は奈良田まで下山すれば、魅力的な温泉が待っています。
※広河原から大樺沢沿いを登るルートは、橋が崩落し、令和4年度は通行禁止になっています。
【渡辺ガイドからのポイント】
北岳は登山者が多いですが、けっこうハードなので滑落事故の多いルートでもあります。
疲れが出やすい2日目の下りで、いかに励まし合うかがグループ登山のポイントになると思います。
暑い中の山行ですが、水場が限られているので、水の調整も大事ですね!

前泊時に荷物分担を相談


甲府駅近くでの前泊時に、共同装備と共有の食材を持ち寄って、荷物を分担します。

今回の共同装備はテント4張、バーナー2つ、クッカー2つ、ガスカートリッジ、おたま、水筒。計画段階ではテントを2人ずつで共有する予定でしたが、時勢を考慮して、1人1張に変更しました。

夕食の食材も分担して持ちます


食事係の大迫が用意した共有の食材も、分担して持ちます。

といっても、朝食・昼食と、夕食の炭水化物は各自で用意することにしたため、共有するのは2日目と3日目の夕食の主菜のみ。

主菜は鍋一つで簡単に作れて、ごはんの進むメニューということで、鶏だしの塩鍋と、麻婆春雨になりました。

軽量化のため、鍋の具材は乾燥野菜を用意。吾妻さんイチオシの麻婆春雨は、軽いうえに手軽に作れて、ごはんにもよく合いそう。
大迫
大迫
登山中に食物繊維を摂るのが難しいので、乾燥野菜をたっぷり使います。

スタート前に天気や危険箇所、水場を確認する!


4時35分に甲府駅前をバスで出発し、約2時間で広河原に到着。歩き始める前に、みんなで地図を見ながら、今日歩くコースのポイントや危険箇所、水場などを確認します。


水を汲み、トイレを済ませて、装備の準備を整えたら、いよいよ出発です!

役割分担を決めていました


グループがまとまるためには役割分担が大事」との渡辺ガイドの助言のもと、第1回「計画編」でメンバーの役割分担を決めていました。

鰐渕さん:副リーダー
吾妻さん:リーダー
渡辺ガイド:気象・医療係
杉浦:記録係
大迫:会計・食事係

役割の内容は以下。みんなで分担することでそれぞれが責任を持って登山に臨みます。


役割分担をおさらいし、登山スタート!

【1日目】広河原より登山開始


1日目は、広河原から樹林帯を登って白根御池小屋を通り、「草スベリ」と呼ばれる草原状の急斜面を標高差500m直登。

その後は展望のよい尾根を歩けば、北岳肩の小屋に到着です。

歩き出しから30分はゆっくり。少し休憩して体調や装備の確認を


リーダーの吾妻さんを先頭に、歩き始めます。メンバーのペースがわからないのと、まだ体が山歩きに慣れていないので、最初はゆっくりめのペースで。

休憩はいつ、どれぐらいとる?


30分ほど歩いたら、一度短めの休憩をとって、メンバーの体調や装備、歩くペースなどを確認します。それ以降は、疲れていなくても1時間に1回程度は休憩を。

仲間としゃべっているとつい休憩が長くなりがちですが、長く休みすぎると逆に歩き出すときに体が重くなります。

小休憩は5〜10分、長いときでも20分程度にしましょう。休憩を始めるときに、リーダーは何分休憩かをみんなに伝えるのが大切。
吾妻
吾妻
5分休憩で、7時45分から歩き始めまーす!

【渡辺ガイドからのポイント】
短い休憩時間のうちに、トイレや行動食の補給、装備の調整、地図の確認などを効率よくできるように、休憩前に何をどの順番でするか自分で考えておくとスムーズです。

メンバーの体調に異変が……!?


2時間ほど歩いたころ、杉浦が少し前傾気味になったり、バックパックのショルダーハーネスを持ったりし始めました。

歩き方のちょっとした異変に気づいた鰐渕さんが「おすぎ」こと、杉浦に声をかけます。
鰐渕
鰐渕
おすぎ、なんかつらそうだけど大丈夫?

だ、大丈夫です。ちょっと肩が痛くて……。
杉浦
杉浦

鰐渕
鰐渕
荷物少し持つよ。もうすぐ白根御池小屋だから、休憩中に調整しようか。



次の休憩時に、経験値の高い鰐渕さんや大迫、渡辺ガイドと一緒に、パッキングとバックパックのフィッティングを調整。


水を持ちすぎていたので少し減らし、杉浦の水筒は大迫のバックパックのドリンクホルダーに入れてもらって、自分で取る形にしました。
杉浦
杉浦
ご迷惑をおかけしてすみません。ありがとうございます……!

こういう時に助け合えるのが、グループ登山です。気を遣いすぎないのも大切ですよ。
渡辺ガイド
渡辺ガイド

登山中、おしゃべりするのが楽?


白峰小池小屋を出ると、この日の核心部である草スベリにさしかかります。ここから約2時間半は急な登りが続きます。
鰐渕
鰐渕
急登、長いな〜。そうだ、しりとりしようか!

いいですね〜! 何縛りにしますか? 山に関係する言葉縛りとか?笑
吾妻
吾妻



第2回の「準備編」で、「いっぱいいっぱいの人は無口になりがちなので、ケアが必要かもしれない」という渡辺ガイドの話がありました。

それでは、山行中はおしゃべりしたほうがいいのでしょうか。
しゃべっていたほうがエネルギーが発散されて、体がよく動く気がしますね。ただ、しゃべりすぎて注意散漫にならないように!
渡辺ガイド
渡辺ガイド

大迫
大迫
しゃべっているとつらいのも忘れるし、しゃべれるペースでしか歩かないから、オーバーペースにならなくていいですね。


slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


小太郎尾根分岐を過ぎて小太郎山(2枚目写真奥)を背に進みます。この日の宿泊地、北岳肩の小屋はもうすぐそこ!



初日の宿泊地、北岳肩の小屋へ


かなりガスってはきたものの、雨が降り出す前に北岳肩の小屋に無事到着!

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


会計係の大迫とリーダーの吾妻さんが小屋にテント泊の受付をしに行き、その間に他のメンバーでテントを張る場所を探します。

今回は1人1張のテントを使うことになりましたが、テントは2人で張ったほうが早いし楽です。

経験値の高い人に教えてもらいながら一緒に張れるのも、グループ登山の魅力。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


吾妻さんのおすすめ、麻婆春雨を大きめの鍋で作って、みんなでシェアして夕食タイム。1つの鍋を囲んでみんなで同じものを食べていると、自然に打ち解けてくるから不思議です。
※作る鍋は一つでしたが、個別に分けて食事をしていました。
【渡辺ガイドからのポイント】
テント場では休んでいる人や、早く寝る人もいるので、基本的には「寝室」と思って静かに過ごしましょう。
テーブルや椅子が別に用意されているようなら、そこで食事をしたり話をしたりしたほうがいいです。

1日目の振り返り。順調な滑り出し。ペースがちょっと速かったかも!?


テントの設営や荷物の整理、夕食が終わって落ち着いたところで、みんなで1日目の振り返りをします。

お互いが何を考えていたかは意外とわからないものなので、言葉にしてみることが大事

この日は天気が崩れてきそうだったので、さくっと振り返りました。
心配していたわりに天気も安定していて、歩きやすい気候だったので、滑り出しは順調だったと思います。

今日のペースは、初めて一緒に歩くメンバーとしては少し速めだったので、もう少しゆっくりでもよかったかな。
渡辺ガイド
渡辺ガイド


<1日目の振り返り>

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"5000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

記録係はこうやってメモしていた


記録係の杉浦は、記録方法を渡辺ガイドに教わって、以下の情報を事前に記入していました。
① 日付と天気予報
以下、チェクポイントごとに
② 予想時刻
③ ポイント名
④ 標高とポイント間の標高差
⑤ 進む方角
⑥ コメント(水場、トイレなど)

当日は歩きながら、実際にチェックポイントにたどり着いた時間と、気になったことをメモしておけばOK!
杉浦
杉浦
メモする時間がないときは、スマホでチェックポイントの写真を撮っておいて後から時間を記入する方法を大迫さんに教えてもらいました。

なかなか時間がなくて、気になったことのメモまでは追いつかなかったです。

明日のことを確認してから就寝


明日はこのコースの山場。最後の傾斜の強い下りを無事下れるかが最大のポイントです。

天気や危険箇所、水場の確認をし、パッキングや体調など不安なことがないかを相談しました。
【渡辺ガイドからのポイント】
日焼けすることで疲れやすくなってしまうことも。体力温存のためにも日焼け止めをしっかり塗るなど対策しましょう。
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


ひと雨降った後はさーっと晴れて、きれいな虹がかかりました。明日も暑くなりそう。

行動時間が長い2日目に備えてみんな早めに就寝するなか、仲間を気にかけるメンバーも。
おすぎは寝れているかな? 彼女は体力はあると思うけど、周りに気を遣って疲れてないかちょっと心配だな……。
大迫
大迫

【2日目】アップダウンの繰り返しと、急な下りの、長い一日がスタート


2日目はコースタイムで9時間5分と行動時間が長いので、まだ暗い4時にヘッドランプをつけて歩き出します。

各自起きてテント内で朝食を済ませ、撤収をして小屋の前に集合。暗くてルートの確認などはしづらいので、前夜に済ませておきました。

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


北岳、中白根山、間ノ岳、西農鳥岳、農鳥岳と、アップダウンを繰り返しながら歩いていきます。農鳥岳ではさすがにお疲れ気味?

とはいえ、スケールの大きな南アルプスの絶景を眺めながらの稜線歩きは最高!

仲間と感動を共有できるのは、グループ登山の最大の魅力です。
吾妻
吾妻
雲海がめっちゃきれい! 富士山も見えました。

今年一番楽しい山旅、すでに更新したわ〜。
大迫
大迫


疲れがだいぶ溜まったところで、今回のルート最大の山場である、大門沢下降点からの急な下りに突入します。ここで円陣を組んで、気合を入れ直します!

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

吾妻
吾妻
よし、みんなで力を合わせて、がんばろー!

各人が地図を持って自立したメンバー同士で歩くのが大事

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


基本的には分岐のたびに、地図とコンパスを出して進む方向を確認します。

特に山頂からはいくつかのルートに分かれていることが多く、間違えやすいポイントなので、しっかりチェックしましょう。
【渡辺ガイドからのポイント】
リーダーに任せきりにせず、全員が地図を確認して、今どこを歩いているのか把握しておくことが大切です。

歩く順番。グループでどうしてる?


今回、4人の歩く順番は、状況や個人の特性を生かして臨機応変にチェンジします。渡辺ガイドは隊の真ん中でさりげなく様子を見てくれていました。

リーダーの吾妻さんが先頭、比較的経験値の低い杉浦が2番目、3番目に大迫、最後尾に副リーダーの鰐渕さんでスタート。

初日の段階で、大迫が歩くペースを調整しやすい最後尾に交代。以降、急な下りが始まる大門沢下降点までは、ほぼこの順で固定していました。

大門沢下降点からは、下りの得意な鰐渕さんが先頭に立ち、リズムよく下山。以降、吾妻さん、杉浦、大迫と続きました。

順番が変わると、雰囲気や気分も変わります。リフレッシュのために順番を交代してもいいかもしれません。

先頭はルートの状況などの声かけをしよう


先頭を歩く人は、ルートの注意点や路面が変化するときに、後続のメンバーに声をかけて注意喚起をしましょう。

最後尾まで声が届かなそうな場合は、伝言ゲームのように後ろに伝えていきます。

「頭上注意」
「左側が切れてます」
「足元滑ります」
「ここから下りです」
「2人すれ違いです」

など、声かけをすると歩きやすく、チームの一体感も出てきます。

グループだからこそ人とすれ違うときは注意!


人数が多いからこそ、細い道でのすれ違いには気を使いたいもの。登り優先、山側に避けるのが基本です。

グループ登山の場合、先頭は自分だけでなく、後続のメンバーも避けられるスペースがあるかどうか確認しましょう。
【渡辺ガイドからのポイント】
荷物の多いテント泊の場合は、荷物がぶつからないよう、バックパックを山側にするのも大事なポイントです。

長い2日目が終了! 助け合って歩ききった達成感を味わう

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


最後少し雨に降られたものの、雨具を出すまでもなく大門沢小屋に到着。雨宿りしているうちに小雨になり、テントの設営を開始します。ところが…。
大迫
大迫
あれ、ヤバい。ペグがない! 肩の小屋のテント場に忘れてきたかも。ガーン…。

ええ〜、大丈夫? ここは風が強くないからペグ全部使わなくても大丈夫だし、何本か貸すよ。みんなから2本ずつ借りれば、何とかなるでしょ!
鰐渕
鰐渕

うん、そうしましょう!
吾妻
吾妻

大迫
大迫
ほんとに? 助かる。これ、一人だったらだいぶヘコんで、しばらく引きずっていたかも…。ありがとう…!

2日目の振り返り。声の掛け合いでチームワークが向上!


2日目は、それぞれのペースをつかめてきたことと、声を掛け合ったことで、チームとしての一体感が出てきました。

長い行程を一緒に歩ききったことも、団結力を高めたようです。

<2日目の振り返り>

slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"5000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


いよいよ明日は最終日。奈良田まで下れば、温泉が待っています!

【3日目】最後まで気を抜かず目的地まで!


3日目は、車道歩き1時間を含む約4時間の下りで、奈良田の里温泉まで歩きます。

13時50分発のバスを目指して、少しゆっくりめに7時スタート。

前日に急斜面を長時間下山して足が疲れているので、みんなで念入りにストレッチをしてから歩き始めます。

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


前日のいい雰囲気とペースを保ったまま、軽快に下っていきます。

途中に何箇所か渡渉点があり、丸太を渡しただけの橋などけっこうワイルドな登山道なので、沢に落ちないように注意!

丸太を渡るのが怖い場合は、沢の状況によっては岩づたいに渡るのもアリ。

グループ登山は他の人の視点を知るチャンス!


今回、渡辺ガイドのトレッキングポールを杉浦が借りたり、行動食を分け合ったりというシーンもありました。

自分とは違う装備や食料を試せたり、それらについて話をしたりできるのも、グループ登山の楽しいところ。

他の人の視点を取り入れることで、自分の登山の幅がグッと広がります。

無事に下山!みんなで登ったら達成感が違った


全員元気で、大門沢登山道入口に到着! ここから車道を1時間ほど歩けば、奈良田の里温泉です。


温泉に入り、昼食を済ませて、ほっと一息。リラックスしたところで、メンバーの本音がこぼれます。
吾妻
吾妻
楽しかった〜! 思ったより調子よく歩けてよかったです。他の人の様子まではなかなか見られなくて、鰐渕さんや大迫さんに任せてしまった部分もあったけど…。

たくさん勉強になりました! みなさんに助けていただいて、ありがとうございました。

自分ではいつも通りのつもりだったけど、周りから見るとつらそうなんだな、つらそうな顔を見せちゃいけないなと…。
杉浦
杉浦

鰐渕
鰐渕
おすぎ、顔青かったもん。つらいときはつらいって言っていいんじゃないかな〜。

自分が足を引っ張っている?そう思わせない「仲間」になっていく登山

大迫
大迫
実際、みんなに「大丈夫?」って声かけられたとき、どう思ってたの?

心配してくれてるんだなってありがたかったですけど、自分のせいでペースが遅れたらまずいって……。
杉浦
杉浦

大迫
大迫
つらいときは早めに言って、みんなを頼っていいと思うよ。僕は吾妻さんやおすぎとか、他の人の成長を見守るのもうれしかったし、みんなの頑張りに感動したよ!

【渡辺ガイドからのポイント】
つらいときに早めに伝えられれば、大きな問題になるのを防げます。「大丈夫?」と聞かれると「大丈夫です」と答えてしまいがち。他のメンバーも「今、どんな感じでつらい?」など、「はい/いいえ」ではない答えをしやすい聞き方を工夫するといいかもしれません。

2泊3日を振り返って。山行後だから仲間に言いたいこと

参加メンバーにそれぞれに伝えたいことを聞いてみました。実はこんなこと思っていたんです。

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"5000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}


弱音を言えること、つらい場面でも助け合えることがグループ登山のよさであることがわかります。

グループ登山でステップアップできたこと

グループ登山って、みんなで1つのミッションをクリアするのが、文化祭みたいで楽しかったです。
大迫
大迫

鰐渕
鰐渕
そうそう。グループ登山は、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」みたいに、悪いほうに行ってしまうこともあるけど、グループであっても各自がベースの知識を持たなきゃいけないよね。

それに、他の人に知識などをアウトプットすることで、自分も曖昧だった部分を学び直せるのを実感できたことがよかったな。

今回のメンバーは、それぞれがグループのためにいろんなことを考えて行動していて、その歯車がうまく噛み合ってました。

これぐらいの人数がいると、グループ登山の醍醐味を味わえて、満足度も高かったですね。

お疲れさまでした!
渡辺ガイド
渡辺ガイド


山登りの楽しさを共有できるグループ登山には、ただ山を歩くだけではない魅力がいろいろ詰まっています。

せっかくグループで登るなら、メンバーそれぞれの能力を発揮してもらわないともったいない!

経験値の低い人が学べるだけでなく、経験値の高い人も、他の人の視点で山を見ることや、人に教えることによって、大きく成長できること間違いなしです。

ぜひ、次回以降の山旅の参考にしてくださいね!

 

Sponsored by THE NORTH FACE