テント泊縦走登山に挑戦!気になる疑問をガイドが解決【準備編】

憧れのテント泊縦走登山。いつか挑戦してみたいけれど、実際に計画するとなると不安や疑問がいっぱいですよね。そこで今回、北アルプステント泊縦走に初挑戦する女性チームに準備段階から密着。その様子を全4回の連載でお届けします。【準備編】では、装備選びで気をつけるべきポイントを考えながら、出発前の準備を進めていきます。

    初めてのテント泊縦走登山を、THE NORTH FACEが応援します!

    THE NORTH FACE
    憧れのテント泊縦走登山。いつか挑戦してみたいけれど、実際に計画するとなると不安や疑問がいっぱいですよね。

    そこで今回、ステップアップを目指す登山者を応援し続けてきた<THE NORTH FACE>と登山ガイドの渡辺佐智さんのサポートのもと、北アルプステント泊縦走に初挑戦する女性チームに準備段階から密着。その様子を全4回の連載でお届けします。

    初回の【計画編】にて、2泊3日テント泊縦走で北アルプス・朝日岳への山行計画が決定!2回目の【準備編】では、装備選びで気をつけるべきポイントを考えながら、出発前の準備を進めていきます。

    テント泊縦走は何が違う? 押さえておきたい準備のポイント

    THE NORTH FACE テント泊縦走登山
    登山に持っていく装備は、いつも同じとは限りません。2泊以上のテント泊縦走に挑戦する場合、1泊2日の山小屋泊やベースキャンプ型の登山と比べて、以下のような違いがあります。
     
    ①より重い・大きい荷物で稜線を歩くことになる
    ②長時間・長距離歩くことになる
    ③天候変化の可能性が高くなる

     
    さらに、行き先が日本アルプスの場合は、気象条件の厳しさも考慮してウェアなどを選ぶ必要があります。
     
    手持ちの装備
    そこで今回は、1泊のテント泊経験のある読者代表・吾妻さんの装備を例に、2泊以上のテント泊縦走の際に気をつけるべきポイントを考えながら、手持ちの装備で事足りるのか、買い足しの必要はないかなどをチェックしてみましょう!

    ①「軽量化」と「稜線での歩きやすさ」を考えた装備を選ぶ

    テント泊の場合、基本の装備に加えて、テント・マット・寝袋・調理器具などの装備が必要になります。すべての装備を背負って長距離を歩く縦走では、軽量化とパッキングのしやすさを考えたギア選びが重要になってきます。

    ウェアや身の回り品は細かく軽量化を

    渡辺ガイド
    軽量化というと、手持ちの装備を軽量モデルに買い替えるという方法が一番に思い浮かぶかもしれませんが、そもそも不要な装備を持っていかないというのも立派な軽量化です。

    普段の装備が本当に必要かどうかを再チェックするところから始めましょう。


    吾妻
    今回は2泊なので、着替えをどれくらい持っていくか悩みます。日焼け止めや洗面用具、化粧品もどこまで持っていこうかな……



    渡辺ガイド
    着替えは、万が一雨などでびしょ濡れになった場合の予備として、下着・ベースレイヤー・トレッキングパンツ・靴下が1セットあればOKです。


    荻原
    2泊でも着替えは1セットなんですね。夏山だとたくさん汗をかくので、ついつい日数分を持っていってしまいます。たしかに、結局着替えなくて不要だったということがよくあるかも……


    渡辺ガイド
    汗によるべたべた感を防ぐコツとしては、寝るときだけ予備に着替えることです。日中はどうせすぐに汗をかいてしまうので同じものを着るとして、歩く用と寝る用にウェアを分けておくと、快適に眠れるのでおすすめですよ。


    荻原
    その間に歩く用を干したり乾かしたりできますもんね。



    渡辺ガイド
    それから、女性は化粧品や洗面用具をどこまで減らせるかでだいぶ重さが変わります。

    例えば、この日焼け止めクリームを、一回り小さいボトルのものに変えるとか、メイク落としシートなどは、使う枚数分だけチャック袋に詰め替えるのもいいですね。




    吾妻
    細かく見ていくと、削れる所がたくさんありますね。着替えと身の回り品は、こんなにコンパクトになりました!

    フリーズドライ中心の食糧計画なら、調理器具は最低限でOK


    吾妻
    調理器具は、いつもはクッカーセットを持っていくんですが、軽量化するならメスティンと固形燃料の方がいいかな、と悩んでいます。


    渡辺ガイド
    今回はアルファ米やフリーズドライ食品がメインなので、お湯を沸かして注ぎやすいソロクッカーがいいと思います。小さい方のクッカーだけを持っていけば、かなり軽量化できますよ。フタもいらないかも……


    左が軽量化後の調理器具一式。右のクッカーや蓋、メスティンなどは持っていくのをやめた道具
    中村
    お湯を沸かすときは、フタの代わりにアルミホイルをかぶせるとガスが節約できますよ!お皿は小さなシリコン製カップ、ガス缶も2泊なら小さい方で充分ですよね。

    渡辺ガイド
    食料計画にあわせてクッカー類を軽量&コンパクト化しつつ、エマージェンシーアイテムとしても火器類は必ず持って行ってくださいね。

    パーティであれば、クッカーは個人で、ガスや火器は共同装備にして軽量化するのもありです。

    テント泊縦走のバックパックは、軽さだけでなく“背負い心地”も重要


    吾妻
    バックパックはどうでしょうか? 容量は40リットルの軽量モデルで、1泊のテント泊装備ならこんな感じでパッキングしているんですが……


    渡辺ガイド
    装備を外付けしているのが気になりますね。テント泊縦走の装備でただでさえサイズが大きくなるので、引っ掛かる危険もより高くなります。

    すべての装備を背負ったまま稜線を歩くことを考えても、外付けなしでもパッキングできるサイズ感のバックパックが理想です。



    渡辺ガイド
    あと、フレームレスのバックパックは軽くていいんですが、重い荷物を長時間背負うときは、フレームが入ったものの方が疲れにくいですよ。




    渡辺ガイド
    例えば、ザ・ノース・フェイスなら「ウラノス45」がちょうどいいと思います。容量は45ℓですが、雨蓋が上に伸ばせるので結構パッキングにも余裕がでると思います。試しにフィッティングしてみましょう!




    吾妻
    背中にぴったりフィットしています。バックパック自体はちょっと重くなったはずなのに、なんだか軽く感じます!


    渡辺ガイド
    体によくフィットするバックパックを選ぶと、体感的に重さの負担を軽減できますし、荷物のブレによるふらつきも予防できますよ。

    外付けNG!荷物をコンパクトにして、歩きやすいパッキングに


    渡辺ガイド
    スリーピングマットも、クローズドセルタイプは軽い反面かなり嵩張るので、今回はエアマットに変更しましょう。

    でっぱりや引っ掛かりのないパッキングは、稜線や岩場で安全に歩くためにはとても大切なことなんです。


    吾妻
    私、寒がりなんですが、エアマットは底冷えしないでしょうか?


    渡辺ガイド
    製品にもよりますが……マットをシュラフの中に入れて使うのがおすすめです。マットの中の空気が体温で温まって、暖かく感じられると思います。

    ②適切なフットウェア選びと快眠テントで、疲れとケガを予防

    長時間・長距離を歩く2泊以上の縦走では、疲れにくい登山靴や靴下選びが大切。また、翌日に疲れを残さないため、テント場でのストレスを軽減し、快眠できる環境を整えることも重要です。


    登山靴は縦走に適した堅牢なモデルを


    中村
    登山靴は「日帰り向け」「小屋泊向け」「テント泊縦走向け」など、お店でも用途ごとに紹介してくれていたりするので、縦走に適したモデルかどうかわかりやすいですよね。



    渡辺ガイド
    テント泊縦走向けは、ソールもアッパーも堅くて丈夫。重い荷物で長時間歩くときや岩稜帯でも歩行が安定し、疲労軽減やケガ予防に繋がります。

    この靴ならスペック的には申し分ありません! ただ、結構使い込んでいるので、ソールが傷んでいないかチェックしましょう。



    渡辺ガイド
    ソールが結構すり減っていますね。もう少し溝が浅くなったら、ソールを張り替えた方が良さそうです。購入後、何年も経っている登山靴の場合は、ソールが浮いたり、剥がれかけていないかも要チェックです。


    中村
    山でソール剝がれてしまったら、粘着テープなどでなんとか応急処置ができたとしても、縦走中だとのまま長距離を歩くのは厳しいですもんね。


    渡辺ガイド
    登山靴に限らず、使おうと思ったら壊れていた!なんてことにならないように準備とあわせて状態をチェックすることが大切です。

    蒸れにくい&クッション性のあるソックスを選択する

    荻原
    縦走のときの靴下はどんなのがいいんでしょう? 足が痛くならないか心配で、いつも極厚のウールソックスを使っているんですが、夏はちょっと暑くて……


    メリノウール製でにおいが気になりにくい、アイスブレーカーの「ハイク ライト クルー」
    渡辺ガイド
    荷物も重いので、夏であればクッション性のある中厚手程度のソックスを選ぶといいですね。

    暑さが気になる人は、薄手ながら足裏部分のみクッション性を高めた、アイスブレーカーの「ハイク ライト クルー」などもおすすめです。

    厚手すぎて足が蒸れて濡れてしまうと、靴擦れしやすくなってしまうので注意です。

    耐候性・居住性の高いテントで快眠を


    中村
    吾妻さんのこのテントをはじめ、自立式のダブルウォールテントであれば北アルプスの稜線でも問題なく使えると思いますが、他に縦走用のテントを選ぶときのポイントってありますか?


     

    渡辺ガイド
    長期の山行になるほど、睡眠での疲労回復が大切になってくるので、保温と換気のバランスがよく、結露しにくいテントが快眠できておすすめです。です。

    悪天時の設営も考えると、一人でも簡単に設営できることも重要なポイントです。




    渡辺ガイド
    私が愛用しているのは、ザ・ノース・フェイスの3シーズン用テント「マウンテンショット1」です。軽さと居住性・使い勝手のバランスが良くて、とっても使いやすいですよ。


    吾妻
    テント本体のポールを入れる所が、半分だけスリーブになっているのがおもしろいですね!


    渡辺ガイド
    耐候性の高いスリーブ方式と、軽量な吊り下げ式の間を取ったような形ですね。スリーブの端が閉じているので、一人で立てやすいのがポイントです。

    天候に関わらずささっと設営できて、早朝も結露に悩まされないので、長期山行でもストレスが溜まりにくいです。

    テント内の空気の循環がよいので、気温が低い時期の使用はしっかり寒さ対策が必要ですが、夏は特に快適さを感じられます。

    “オプションギア”を活用して、翌日に疲れを残さない

    荻原
    久々のテント泊縦走で、足が持つか心配なんですが……長時間・長距離歩行の疲れを軽減するために持って行った方がいいものってありますか?


    渡辺ガイド
    足への負担軽減のためにも、トレッキングポールはあった方がいいと思います。あとは、サポートタイツやカーフスリーブを使うのもおすすめですよ。


    サポートタイツなどでおなじみのブランド・C3fitの「コンフォートカーフスリーブ」
    渡辺
    私がいつも使っているのは、C3fitの「コンフォートカーフスリーブ(ふくらはぎ用の弾性ストッキング)」です。着用すると血行が促進されるので、疲労回復やむくみ防止にいいんです。テント場についてから、就寝までの間に着用しています。


    荻原
    小さくなるし、疲労で足がむくみやすい人は持っていると便利そうですね!

    ③冷えと悪天に備えたウェア選び

    アルプス登山では、麓と3000m級の稜線との気温差に注意し、汗冷えや低体温症を予防する必要があります。こまめに体温調節でき、乾きやすい素材のウェアを選びましょう。

    また、泊数が増えるほど天候急変の可能性も上がるので、レインウェアの性能も要チェックです。

    夏のベースレイヤーは、薄手メリノウールがおすすめ

    吾妻
    ベースレイヤーとミッドレイヤーは速乾素材のものを使っているんですが、それでいいでしょうか?


    渡辺ガイド
    速乾素材、いいと思います。登山のウェアを選ぶうえで、濡れてもすぐに乾き、汗冷えしにくいことは、低体温症を防ぐための最低条件です。いろんなメーカーからドライインナーが出ているので、活用するといいですね。



    渡辺ガイド
    ドライインナーを着るときは、その上に吸水速乾素材のウェアを重ねると、肌から汗を離す効果が発揮されます。

    長期縦走なら、長く着てもニオイやべたつきが気になりにくいメリノウールをベースレイヤーに選ぶのもいいですよ。


    アイスブレーカー メリノウール Tシャツ
    アイスブレーカーの「150 ショートスリーブ クルー」 150ウエイトの薄手タイプで、夏もサラッと快適に着こなせる
    中村
    ウールって夏は暑くないの?って思う人もいそうですが、調湿性があって夏は涼しく、冬は温かく着られるんですよね。化繊よりサラッとしていて、着心地もいいですし。

    ダウンウェアは軽くてコンパクトだけど、濡れに要注意!

    吾妻
    防寒着はダウンジャケットとダウンパンツを持って行こうと思っています。



    渡辺ガイド
    ジャケットはザ・ノース・フェイスの「アストロライトダウンジャケット」ですね。軽量の薄手ダウンで、夏のアルプスにちょうどいいと思います。



    渡辺ガイド
    ただし、ダウン製品は濡れると保温性が落ちてしまうんです。着替えやシュラフだけでなく、ダウンジャケットも必ず防水バッグに入れて持ち運びましょう。


    中村
    汗で濡らさないよう、こまめに脱ぎ着することも大切ですよね。

    就寝時の防寒は、シュラフとセットで考える


    渡辺
    こっちのダウンパンツは、夏山ならいらないかなぁ……いつもどんな時に使っていますか?


    吾妻
    寝るとき用です。前にテント泊したときはまだ5月くらいだったので、夜は寒かったんですよね。夏のテント泊は初めてなのでわかりませんが、寒がりなので……



    渡辺ガイド
    寝るときの防寒は、シュラフとセットで考えるといいですよ。

    例えば、吾妻さんのシュラフは快適使用温度が1℃の3シーズン用なので、夏山ならダウンパンツなしでも充分に暖かいと思います。

    レインウェアは、動きを妨げないサイズ感が重要

    渡辺ガイド
    テント泊縦走の場合、レインウェアを着たまま長時間行動することもあるので、上下セパレートタイプで、3レイヤーの防水透湿素材を使用したものがおすすめです。

    吾妻さんの使用しているザ・ノース・フェイスの「クライムライトジャケット」は、性能的にばっちりですし、軽量なのもいいですね。


    荻原
    雨じゃなくても防寒着として行動中に着たりもするから、動きやすくて蒸れにくいジャケットがいいですよね。



    渡辺ガイド
    動きやすさでいうと、下には防寒着を重ね着することもあるので、サイズにはやや余裕を持った方がいいですね。岩場で手足を高く上げたときに突っ張ったり、ウェアの裾が出てしまわないかもチェックしましょう。

    意外と忘れがち!レイングローブで防水・防風対策

    ザ・ノース・フェイスの「ジーアールシェルグローブ
    渡辺ガイド
    あと、忘れがちなのがグローブの防水です。悪天時の稜線はかなり寒く、素手や濡れたグローブでは指先がかじかんでしまいます。防寒用グローブの他に、薄手のシェルグローブを持っていくと安心ですよ。

    これも重要!安全登山のための事前準備

    さて、基本装備の確認以外にも出発前にやっておくべき準備はまだあります。


    コースに合わせた追加装備の有無をチェック

    岩稜帯を歩くならヘルメットを持参するなど、コースによって追加するべき装備があります。今回歩くコースの場合、残雪の状況次第では軽アイゼンやチェーンスパイクが必要になる場合も。事前に登山道の状況をしっかり把握しておきましょう。

    保険加入や登山届の提出

    山岳保険の加入と登山届の提出もお忘れなく。また最近は山岳保険に加えて、会員制の捜索ヘリサービス「ココヘリ」に加入する人も増えています。

    THE NORTH FACE | COCOHELI チャリティーモデル
    THE NORTH FACEモデルのCOCOHELI会員証
    マッチ箱サイズのココヘリ会員証を携帯するだけで、遭難時にすばやく居所を特定し提携ヘリなどで捜索してもらえるほか、スマホで気軽に探索できる機能も付いているので、登山やキャンプなどアウトドア全般に使えます。

    体調管理と、感染症対策を忘れずに


    入山前の体調管理はいつでも大切ですが、今年は特にコロナウイルス感染症対策のため、事前の検温など徹底した体調管理が求められます。

    テント泊であっても、マスクや手指消毒液、ゴミ袋、体温計などの対策用品が持ち物として指定されている場合もあるので、山小屋のHPを確認しましょう。

    テント泊縦走準備のポイントをおさらい

    テント泊縦走に向けて、渡辺ガイドと確認した装備選びの考え方。押さえておきたい準備のポイントは……
     


    これで準備は万全! 次回、夏の北アルプステント泊縦走へ


    吾妻
    出発前に何を持っていくか悩みがちな装備ですが、今回は事前にしっかりチェックしたので安心です。


    渡辺ガイド
    さあ、いよいよ次回は北アルプステントでのテント泊縦走に出発です。計画編・準備編で学んだことを活かして、安全に楽しく歩けるよう頑張りましょう!


    次回は山行の様子をお届けします。どうぞお楽しみに!

    Sponsored by THE NORTH FACE


    夏の2泊3日テント泊縦走装備チェックリスト

    記事中では取り上げなかった持ち物もあるので、以下の装備リストを参考にしてみてください。
     
    基本装備
    アイテムポイント
    アンダーウェアドライインナーがおすすめ
    ベースレイヤー速乾素材・メリノウール素材がおすすめ
    ミッドレイヤー速乾素材のものを
    トレッキングパンツ速乾素材のものを
    レインウェア上下防水透湿素材(3レイヤー)のセパレートタイプを
    防寒着ダウンの場合は防水バッグに入れて
    帽子日差し対策に
    着替え1セット(下着・ベースレイヤー・トレッキングパンツ・ソックス)用意
    グローブ防寒用+雨用のシェルグローブもあると良い
    靴下メリノウール素材がおすすめ
    登山靴ソール・アッパーともにしっかりした縦走用、替え紐も用意しておくと良い
    大型バックパック・レインカバーフレーム入りで、容量45ℓ以上のものが理想
    地図・コンパス登山地図だけでなく、2万5000分の1地形図も忘れずに。登山用地図アプリも活用
    防水ノートと筆記用具プランニング&記録用。Hの鉛筆かシャープペンがおすすめ
    腕時計行程管理に重要
    スマートフォン・予備バッテリー防水バッグに入れて
    ヘッドライト・予備電池両手が空き、足元がしっかり照らせるもの(小型ランタンを兼ねても良い)
    タオルまたは手ぬぐい速乾素材のものが使いやすい
    トイレットペーパーチャック袋に入れて防水を
    ゴミ袋密封性があると良い
    水筒またはハイドレーション(水分)歩行中もこまめに水分摂取できる工夫を
    日数分の食料・行動食・予備食フリーズドライを活用して軽量化
    調理器具&食器類食料計画に合わせて軽量化
    テント自立式のダブルウォールテント
    シュラフ寒がりなら3シーズン用がおすすめ
    スリーピングマット外付けしなくてもパッキングできるもの
    ファーストエイドキット持病がある人は常用薬も忘れずに
    ホイッスル緊急用やクマ避けに
    マッチまたはライターバーナーの着火スイッチが使えないときに
    現金・健康保険証緊急用に現金を多めに持っておくこと
    登山計画書家族にも渡しておく
    山岳保険保証内容をしっかり確認して入会
    ココヘリ会員証充電、電源を入れるのを忘れずに
    コースや人により必要な装備
    アイテムポイント
    ゲイター(スパッツ)雨天時や雪上での長時間歩行に
    サポートタイツ・カーフスリーブなど歩行中のサポートや、テントでの疲労回復に
    トレッキングポール長距離歩行の負担軽減に
    ヘルメット岩稜帯を歩く場合は必携
    アイゼン雪渓歩きで使用。傾斜のある雪渓では、前爪のあるアイゼンを
    アタックザックピークを往復する行程がある場合
    虫除け、日焼け止め・メイク&洗面用具必要最低限に厳選し、ボトルを詰め替えるなどの軽量化を
    サングラス顔にフィットし、UVカット、調光、偏光レンズがおすすめ
    携帯トイレトイレや山小屋が少ない山域、トイレが近い人、緊急用に
     

    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。