こんなのが欲しかった!軽くなっても、背負いやすさはそのまま。新感覚のバックパックが登場!

テント泊用に大きなバックパックを選ぶとき、バックパック自体が重たいと感じたことはないですか? ある程度の重さを背負うために仕方ないことではあるものの、できれば背負い心地が良くて軽いモデルを選びたいですよね。そんな理想を叶えてくれるバックパックが、今年ドイターからリリースされます。テント泊初心者さんが2泊3日の装備を入れて、実際の背負い心地を確かめてきました

AD for Outdoor

目次

テント泊デビューのバックパックって、やっぱりゴツいやつがいいのかな?

テント泊は重たい荷物を背負う苦労がある分、ほかには代えがたい自由を謳歌できる山登りの醍醐味といえるでしょう。

今回の主人公は、そんな憧れのテント泊に向けて、新たにバックパック(ザック)の購入を考えている初心者さん。日帰りや山小屋泊登山と違い、テントや寝袋といった装備が増えるため、容量の大きなバックパックが必要です。

どんなバックパックを選ぼうとしているのか聞いてみると、実は「重さ」について悩んでいるとか。

ひとりで頭を抱える前に、ここはひとつ、登山の先輩にアドバイスをもらいましょう。

テント泊初心者が先輩登山者に悩みを相談してみました

テント泊初心者・林 和成さん
キャンプからアウトドアに親しむようになり、登山は今年で丸1年。山でご飯を食べるのが楽しみで、山頂でのコーヒータイムは至福のひと時。道具選びのポイントは、いかに快適にすごせるかがいちばん大事。

先輩登山者・YAMA HACK編集長 大迫倫太郎さん
登山歴10年の先輩。テント泊は山に登り始めて3年目にデビュー。毎年5〜6回はテント泊登山を楽しんでいる。北アルプスにある「雷鳥沢キャンプ場」と「朝日小屋」のテント場がお気に入り。

いちばんの悩みは、バックパックの重さ

出典:PIXTA

初心者・林
初心者・林
登山用品店でいろいろ見てきましたが、バックパック自体が結構重くてびっくりしました!
テント泊を見据えると、バックパック自体が重くなりますね
先輩・大迫
先輩・大迫
初心者・林
初心者・林
やっぱり荷物全体の重量をできるだけ軽くした方がいいんですよね?ULタイプのものが軽いから、それにしようかな?
バックパックに入れる荷物の重さはどれくらいになります? ULタイプのものは7kgくらいが目安ですよ
先輩・大迫
先輩・大迫

ULタイプのものなら、荷物の軽量化も必須

二人の会話に出てくる「UL」とは、「Ultra Light(ウルトラライト)」の略。「ウルトラライト」とは、踏破に数ヶ月もかかる長距離歩道を体の負担を減らして歩くために生まれたスタイルで、食料や水などの消耗品を除いた装備の総重量の目安が4.5kg以下になることを指します。

林さんが目をつけた「ULタイプ」のバックパックは、ウルトラライトの考え方を基準にして作られているので、想定以上の重さを背負うと体に負担がかかることも。

初心者・林
初心者・林
私の荷物、どれくらいの重さか分かりません……
いい機会だから、量ってみましょう!
先輩・大迫
先輩・大迫

どうしても重くなるテント泊初心者の荷物

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"false","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

林さんが準備した荷物の重さを計量することに。双眼鏡やサブザックなど「それって必要?」と思う装備もありますが、そのほかのアイテムは標準的。今回は2泊3日分の食料を用意して、一日の終わりに楽しむお酒やおつまみも含んでいます。

実際に量ってみると、どれくらいの重さ?

 

では、どれくらいの重さになるのでしょう?すべての装備を大きな手提げ袋に入れてから、計量器に吊るします。

計量器を支える両方の手が震えるほど、持った感じはなかなかの重さです。

予想以上の重さになんとか耐えてもらい、動かない状態をキープ。すると「10.4kg」と表示されました。

極端に重たいとはいえませんが、いわゆるULタイプのバックパックで背負うと体に負担がかかるかもしれません。

1 / 3ページ