その雪山ルート、自分に合ってる?ガイドに聞く山選びとそのリスク【雪山チャレンジ・計画編】

夏山編に続き、ステップアップを目指す登山者を応援し続けてきた<THE NORTH FACE>と山岳ガイド馬目弘仁さんの全面サポートのもと、読者と一緒に1泊2日の山小屋泊で雪山登山にチャレンジするという企画を実施しました!計画編・準備編・実践編の3回にわたって、その模様をお届けします!

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

雪山でステップアップチャレンジ

美しい雪山のイメージ
出典:PIXTA
白く覆われた雪山は、登山者を惹きつけてやまない魅力があります。一方で、夏山にはない数多くのリスクがあることも事実。「自分の実力や装備でどこまで行けるのか?」がわからず、二の足を踏んでいる人も多いはず。そんな人に向けてのステップアップチャレンジ企画です。

2021年12月某日。今回の雪山登山チャレンジに参加するメンバーが、ガイドの馬目弘仁さんから直接レクチャーを受けるために、都内にある<THE NORTH FACE>のプレスルームに集結。左から、YAMA HACK編集部の荻原枝里子、読者代表の内山舞さん、THE NORTH FACEマーケティングの中村真記子さんです。

今回は以下の条件で読者の参加メンバーを募集しました。
・アイゼンを着用した日帰りでの雪山登山の経験があり、基本の雪山装備を持っている方
・山小屋・テント問わず、宿泊を伴う雪山登山は未経験の方
・無雪期において、山小屋・テント問わず、宿泊を伴う山行経験がある方

そして、手を挙げてくれた読者が内山舞さんです。雪山はまだ日帰りしか行ったことがないけれど、「冬の富士山にも登ってみたい」、「雪のなかでテント泊をしてみたい」といった目標があり、レベルアップのために、今回の企画に応募してくれました。
内山
内山
11月末に、立山のロープウェイ山頂駅から雄山まで往復した山行が、今までで一番過酷な雪山体験でした。途中からスノーシューが効かないくらいに硬い雪になり、風も強くなって、「ここを滑り落ちたら大変だな」という状況に。でも、そんなリスクと隣り合わせなところに、雪山の魅力を感じました。


THE NORTH FACEマーケティングの中村真記子さんは、トレイルランニングで国内外のレースに参加しているほどの健脚派。雪山デビューはなんと、馬目さんのガイディングによる、テント泊での前穂高岳山行だったそうです。
中村
中村
テント泊で体験した雪山は、「登る」っていうアクティビティ以外のところ、たとえば荷物を持って行くとか、排泄をするとか、そういった行動のひとつひとつが過酷で、達成感が夏山とは比べ物になりませんでした。本能むき出しになれて、面白かったです(笑)。限界のなかで、普段鈍っている五感を発揮できた気がします。


夏山に続き、編集部代表として参加する荻原は、読者の内山さん同様に、宿泊をともなう雪山登山は初体験。今回のチャレンジにも、意気揚々と参加を表明しました。
荻原
荻原
雪山の、真っ白な世界がすごく綺麗だなと思います。あと、冷たい空気が好き。景色が綺麗に見えるし、澄み切った空気が心地よいんですよね。

女性チームの雪山登山チャレンジをサポートする、頼れるガイドはこの方!

「1泊2日の雪山登山にチャレンジしたい」という女性たちを白銀の世界へ誘ってくれるのは、THE NORTH FACEグローバルアスリートである、山岳ガイドの馬目弘仁さんです。

山岳ガイド 馬目弘仁
2009年ネパールヒマラヤテンカンポチェ峰(6,550m)北東壁初登攀、「ピオレドール賞」を受賞した2012年キャシャール南ピラー(6,770m)初登攀など、国内外の山々で先鋭的な登攀を重ねてきた、日本を代表する登山家のひとり。北アルプスの麓・長野県松本市に住み、林業家という生業をもちながら、数年に一度は海外へ趣きチャレンジングな登攀をしたり、若手育成を目的に「アルパインクライマーミーティング」を主催したりと、日本のアルパインクライミングシーンを牽引し続けています。
馬目
馬目
雪山のなによりの魅力は、すべてが白く覆われるところですよね。気温も低く、夏に比べると非常に厳しい環境なんですけど、その厳しさがあるからこその美しさがある。感覚も研ぎ澄まされていきます。夏に比べると人も少ないですし、自分や仲間と向き合う時間になるはずです。

無雪期の登山と違うのは「気温の低さ」

撮影:松元麻希
雪山へ向かう前に改めて知っておくべきことが、「雪山は夏山と具体的にどのように違い、どのようなリスクがあるの?」ということ。馬目さんがもっとも強調していたのは、雪山特有の「寒さ」についてでした。

極寒のなかで自分の身体がどうなるのかというのは、個人差もあるので経験してみないとわからないもの。ガイドの有無に関わらず、自分で自分を管理することが、夏山よりとてもより重要になるわけです。
馬目
馬目
今回目指す八ヶ岳の標高は3,000m近いので、荒れるとマイナス20度以下になることも。風が吹くと体感温度が一気に下がります。実は八ヶ岳は雪山のなかでもとても寒い山なんです。「手先が冷たい」「足が冷たい」という感覚を、自分でしっかり感じ取っていくことが大事だと思いますね。

しっかり体を動かせるように栄養・水分補給するのも凍傷予防の一対策に

雪に触れても濡れを感じにくいパワーメッシュインナーグローブ
撮影:washio dasuke
「寒さに強ければ山で強いわけではありません」と馬目さんは語ります。女性チームも実際に馬目さんの手を握って確認して驚いていましたが、実は馬目さんは冷え性なのだとか。そんな馬目さんですが、これまで凍傷になったことは一度もないそうです。
気温に応じて適切な手袋を用意したり、身体の内側からエネルギーを出すためにしっかり食べたり、充分に水分を補給したりすれば、日本の雪山なら対処できるとのこと。
馬目
馬目
寒さに強いに越したことはないのですが、寒さに弱くても、凍傷は防げます。





夏山にはないリスク、まだまだあります

出典:PIXTA(雪庇)
寒さ以外にも、雪があることで「登山道を見失って遭難しやすい」「滑落しやすい」「雪崩に遭いやすい」などのリスクが雪山にはあります。すばらしい景色を前に達成感や感動を味わい無事に下山するためにも、こうしたリスクに対する知識を深めておきましょう。
・ルート上で起こりうるリスク
滑落、雪崩、雪庇
・天候によるリスク
低体温症・凍傷、雪目、ホワイトアウト
馬目
馬目
リスクをできる限り避けるようにして案内するのが、私たちガイドの役目ですが、そういったリスクの存在を把握しておくことは、雪山のレベルアップに欠かせません。滑落に関しては、歩行技術を習得することで軽減することができます。

今回の八ヶ岳山行で、アイゼンとピッケルの使い方をしっかり学ばせてください!
内山
内山

小さな違和感や不安は、すぐに伝えよう

撮影:松元麻希
リスクが多くある雪山だからこそ、小さな違和感や不安はすぐにガイドや仲間に伝えることも大切だという馬目さん。
馬目
馬目
自分がどんな状態なのかということを、遠慮せずにガイドや同行者に伝えることが大切。仮にガイドと同じ装備をしていても、感じ方は違うはず。積極的に弱音を吐いてほしい。そこはワガママになっていいんです。

「大丈夫?」と聞かれたら、つい強がって「大丈夫です」って言っちゃいますね。限界を超えると、いよいよ無言に……(笑)。山ではワガママになれるように、心がけます。
中村
中村

靴擦れは意外なリスク。事前のサイズ合わせをしっかり

アイゼン
出典:PIXTA
実際に雪山に入ると起こりうるリスクもあります。一つは疲労。体力が落ちれば、通常なら問題ないルートもリスクが高まります。そして、注意をしておきたい意外なリスクが、靴擦れ。事前のサイズ合わせも大切ですが、違和感を感じたら痛くなる前に絆創膏を貼るなど対処が必要です。
馬目
馬目
冬靴の場合、いつもよりも少し大きめの靴を履きます。ソールも硬いので、歩き慣れてないと靴擦れが起きやすい。真冬の稜線上で「靴擦れしました」って言われても、すぐに対処ができないので、痛みがひどくなる前に対処できるのがベストです。

少しでも違和感があったら、馬目さんにお伝えするように気を付けないと!
荻原
荻原

トイレが気になっても、血行不良にならないようにしっかり水分をとる

ビバーク
出典:PIXTA
山行の距離が長くなればなるほど、気になってくるのがトイレ問題。トイレが近くなることを恐れるあまり、水分を摂る量を減らしてしまうと、末端への血行が悪くなって、凍傷のリスクが高まるという悪循環に!勇気をもって、トイレに行きたいと感じたらすぐに意思表示をしましょう。
馬目
馬目
ガイド時は、ツェルトという簡易テントを持って行きますので、そのなかで用を足してもらうことができます。

山を選ぶ基準は?自分に合った山はどう選ぶ?

撮影:松元麻希
目指す山を選ぶ際にはまず、ビギナー同士で行くのか、ベテランと行くのかによって異なります。YAMA HACK編集部として雪山初心者におすすめなのは、ベテランやプロガイドと一緒に行くこと。それを前提に、馬目さんが考えるステップアップの流れを教えてもらいました。

転んでもケガしないような山を選ぶ

北横岳
出典:PIXTA
滑落したら命を落とす危険があるような場所では、ガイドとロープで繋がっていても、足を滑らせてしまったら危険であることに変わりはありません。まずはアイゼンやピッケルなどの道具に慣れるために、転んでも大ケガをするリスクが低い、樹林帯が多い山やなだらかな稜線などを歩くのがおすすめです。
馬目
馬目
まずは平らな場所で、スノーシューを履いて雪のなかで行動することに慣れてみる。それからアイゼンやピッケルを使って、たとえば八ヶ岳の硫黄岳のような山を登ってみるのがよいかもしれませんね。

雪山デビューを飾るなら、初冬の新雪期からがおすすめ

撮影:松元麻希
「雪山」と一口にいっても、時期によって雪のコンディションはまったく異なります。大きくわけると、11月末~12月の新雪期、1~2月の厳冬期、3~5月中旬頃の残雪期の3つ。それぞれの時期によって、見える景色はもちろんのこと、歩くうえで考慮すべきリスクも変わります
馬目
馬目
一番難しいのは、やはり厳冬期ですね。まずは初冬の新雪期から始めるのがおすすめです。それから厳冬期を経験して、残雪期とステップアップするのがいいと思います。


<時期別の雪の特徴と山行のポイント>


馬目
馬目
残雪期は、厳冬期よりも歩行技術が要求されるので、雪崩が少ないからといって安易におすすめできない時期です。

アイゼンやピッケルを使えるかどうかが行き先を決める!

各アイテムにストレッチ性があるため3枚重ねでもストレスなくピッケルを握ることが可能
撮影:washio daisuke
山を選ぶうえで、自分自身の体力を適切に判断することも需要です。同じ距離を歩いても、アイゼンを装着していたり、防寒着なども増えて重さがアップしたバックパックを背負っていると、夏山と比べて疲労感が増すことは間違いなし。自分の体力を把握するためにも、短い距離からルートを設定してみましょう。

そしてなにより、ガイド同伴の有無に関わらず、アイゼンとピッケルを使えるかどうか、つまり滑落の危険性がある場所でも転ばずに通過できる技術があるかどうかで、歩けるルートの選択肢は異なります。




例えば、こんな雪山ステップアップがおすすめ

馬目さんからのアドバイスをもとに、編集部がおすすめする雪山のステップアップのプラン1〜4を紹介します。あくまで一例ですので、自分の体力・技術を鑑みて参考にしてください。今回のチームがチャレンジするのは、ステップ4にあたります。


馬目
馬目
テント泊の場合でも、有人小屋が近くにあるかどうかで難易度は大きく異なりますね。有人小屋があれば雪で水を作らなくてもよいので、燃料も減らせるし、調理などの時間も短縮できます。


 

今回歩く赤岳のルートを詳しく知りたい!


今回チャレンジする赤岳は、いったいどんなルートなの? ガイドの馬目さんに教えてもらいました。上記のステップアップ プランでいうと、ステップ4にあたるコースです。
馬目
馬目
内山さんは、アイゼンやピッケルの使い方にまだ少し不安があるようですが、赤岳登頂の前に、適切な使い方を教える予定ですし、危険個所ではロープで確保しますので、ご安心ください。

南沢ルートから赤岳鉱泉へ。2日目に赤岳にチャレンジ

出典:PIXTA
登山口は「美濃戸口」から。美濃戸山荘まで約1時間、車道を歩きます。ここは非常に凍結しやすいので、チェーンアイゼンを用意するとベター。ゲートを越えたら、登山道が始まります。

美濃戸山荘からは北沢コースが一般的ですが、今回は周遊を楽しみたいので行きは南沢コース、帰りに北沢コースを歩く予定です。沢沿いの南沢ルートで約2時間30分ほどで行者小屋に着き、赤岳が正面に見えます。そして、赤岳と反対方向へ30分ほど下ると赤岳鉱泉に到着して1日目終了です。


2日目は天候が良ければ赤岳を目指します。赤岳鉱泉から行者小屋へは40分ほど。そこから、文三郎尾根を3時間ほどかけて赤岳頂上を目指します。頂上からは地蔵尾根を下ります(天候などの条件次第では文三郎尾根を選択)。順調にいけば、1時間30分ほどで行者小屋へ到着。そして、赤岳鉱泉へ経由で登山口まで戻ります。
馬目
馬目
尾根を半分くらい登ったあたりから斜面が急になります。滑落のリスクを避けるため、そこからはガイドとロープをつなぎます。

ガイドさんとロープでつながっていたら、それだけで安心感がありますね。
荻原
荻原

馬目
馬目
南側と西側の尾根が合流する主稜線に出るあたりから、急に風が強くなります。ここから先は、凍傷にも気を付けないといけない。鎖場も出てきます。ここが、今回歩くルートのなかで最も傾斜がキツく、道もガリガリで核心部ですね。距離は短いんですけど、よく事故が起こるのもこのあたりなんです。

かなり天候に左右されるコースでもあるんですね。
内山
内山

馬目
馬目
天候や雪の状況によっては、赤岳に登らずに中岳や硫黄岳に登るというプラン変更も、考える必要があるなと思っています。



次回は、冬の赤岳を1泊2日の山小屋泊で目指す際に必要な装備について、馬目さんに教えていただきます!

Sponsored by THE NORTH FACE