週末利用でも楽しめる!地球を感じる道“ジオパークトレイル”のすすめ

2020年春にできた、京都・兵庫・鳥取の3県をまたぐロングトレイル「山陰海岸ジオパークトレイル」。ただ歩くだけじゃなく、自然について学びながら歩ける魅力満載の道です。今回は3つのエリアにわけて、YouTuberかほさんと一緒に大地のパワーを感じるスポットを訪れてきました。

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

知って、歩いて愉しめる「ロングトレイル」

山陰海岸ジオパークトレイル 登山道や自然散策路、舗装路など歩きながら自然や歴史的文化などを愉しむ「ロングトレイル」。

名前だけを聞くと、数百キロにも及ぶ道を一気に歩くような、少し難易度の高いイメージを持つかもしれません。そういった愉しみ方もありますが、一度にすべてを歩かず短い区間やエリアごとに歩いたっていいんです。

実際に歩く道だけでなく、その土地の歴史や自然の成り立ち、特産物を調べたりしながら歩く旅は近年注目を集めています。

地球のパワーを味わいながら歩ける「山陰海岸ジオパークトレイル」

山陰海岸ジオパークトレイル
2020年春、京都府(京丹後市)、兵庫県(豊岡市、香美町、新温泉町)、鳥取県(岩美町、鳥取市)の3府県をまたぐ山陰海岸ジオパークトレイルが完成しました。

総延長は日本で4番目に長い約230km(2021年12月時点)。全体の70%が舗装路、残りの30%ほどが未舗装の道となっており、山・町・海岸線のトレイル歩きや温泉、海産物、そして多様な日本海の自然を満喫できるロングトレイルです。

一緒に行ったのは登山YouTuberかほさん

山陰海岸ジオパークトレイル
今回は山陰海岸ジオパークトレイルを3つのエリアに分けて、YouTuberのかほさんと一緒に愉しんできました。

かほさん
チャンネル登録者数18万人(2021年12月時点)を超える人気チャンネル「かほの登山日記」を運営する女性登山者。

雪山や北アルプス縦走などにチャレンジする姿だけでなく、里山ハイクや山ごはんなど、登山に関する幅広い楽しみかたを発信しています。

「こんにちは、かほです♪」のあいさつなど、明るく飾らないキャラクターでおなじみ。

自然の力強さと美しさを存分に味わえる!

山陰海岸ジオパークトレイル
ジオパークとは、大地(ジオ)の歴史やそこに生きる動植物の生態系(エコ)、さらにそのエリアで生活をしている人々の産業や文化を知れる場所のこと。

山陰海岸ジオパークは、日本海形成に関わる火成岩類やリアス式海岸、砂丘などのさまざまな海岸地形を目にすることができるのが特徴です
日本海沿岸に点在する名所は長い年月をかけた自然の造形であり、その歴史を感じられるトレイルでした。
かほさん
かほさん

つまり、山陰海岸ジオパークトレイルは、各地の点在する荒々しくも美しい日本海の歴史や砂丘や巨岩・奇岩などの自然の営みをカラダで感じながら歩けるロングトレイルなんです。

それでは日本海の荒々しさが魅力の京都エリア、海岸線からまち歩きまで楽しめる兵庫エリア、砂丘を満喫する鳥取エリアの個性溢れるスポットを見ていきましょう。
京都エリア
①経ヶ岬~②高島オートキャンプ場~③屏風岩~④道の駅てんきてんき丹後~⑤大成古墳~⑥立岩~⑦夕日ヶ浦
 
兵庫エリア
①はさかり岩~②かえる岩(かえる島)~③岡見公園~④余部橋梁~⑤浜坂駅前の足湯~⑥加藤文太郎記念図書館~⑦城山園地
 
鳥取エリア
①鳥取砂丘~②鳥取砂丘ビジターセンター~③滝ケ磯~④大谷西海岸~⑤山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館
 
山陰海岸ジオパークトレイルについて詳しく見る

【京都エリア】大地のパワーや不思議を感じる海沿いのトレイル

山陰海岸ジオパークトレイル京都エリア
京都エリアでは、立岩や屏風岩などの巨岩など、山陰海岸らしい荒々しい景色を見ることができます。

①経ヶ岬

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

丹後半島の先端に突き出した近畿地方最北端。海抜140mの位置にある灯台は、日本に5つしかない貴重な第1等レンズを使用した第1等灯台のひとつで、ここからの景色は「京都百景」に選定されている場所です。

海岸付近には、柱状節理(ちゅうじょうせつり)という噴出した熱い溶岩が冷え固まった時にできる割れ目が特徴的な岩石がたくさん露出しています。
真っ白な灯台と海の組み合わせが絶景でした。

この灯台は恋する灯台にも選ばれているそうなので、私にも近々ロマンスがあるということでしょうか?笑
かほさん
かほさん

近くの駐車場からは階段が付いている舗装されて道ですが、落ち葉や岩が多く濡れると滑りやすいので注意して歩きましょう。

②高嶋オートキャンプ場

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

海のすぐ側にあるオートキャンプ場。テントサイトは芝できれいに整地されていたり、電源付きサイトもあったりといたれりつくせり。

キャンプ場からは「丹後松島」という、波浪により侵食されてできた美しい景観を目にすることができます。
テントを背負うと荷物は増えますが、海の音を聴きながら眠りについたら気持ちよさそうですね。
かほさん
かほさん

③屏風岩

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

硬い安山岩が周りの地層の侵食により取り残されてできた巨岩。岩が海面からそびえ立つような不思議な景色です。
1500万年前のマグマが固まってできたそうで、大地の歴史を感じられる場所でした。
トレイルにはいくつも見どころがあるので、ついつい足を止めてしまいますね。
かほさん
かほさん

④てんきてんき丹後

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

道の駅てんきてんき丹後では美味しい食事やお土産だけでなく、ジオパークについてのさまざまな展示があります。近くを訪れた際は、休憩や情報収集のためにぜひ立ち寄ってみてください。
本当に砂から音がするのかな?と半信半疑でしたが、棒で押すと「キュッキュッ」と音がして不思議な感覚でした。
かほさん
かほさん

⑤大成古墳(おおなる古墳)

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

大成古墳は横穴式石室の古墳群で、全部で18基の古墳があります。海を見下ろす高台にあり、ここからは犬が寝そべった姿に見えるという「犬ヶ岬」も望むことが可能です。
海を見渡せる場所なのですが、昔の人も亡くなった人に良い景色の場所で眠ってほしいとこの場所にお墓を作ったのでしょうか。
かほさん
かほさん

⑥立岩

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

地下から隆起したマグマが固まってできた周囲約1km、高さ20mにも及ぶ巨石。長い年月をかけ波の侵食によって地層が削られて、この美しく力強い柱状節理が生まれました。
高さ20mもある岩は大迫力!砂浜を歩くのが楽しくて歩いていると、波が押し寄せてきて波と追いかけっこ状態に。笑
これも良い思い出ですね。
かほさん
かほさん

立岩のすぐ近くには、聖徳太子とその母である間人皇后(はしうどこうごう)の銅像が。かつて皇后より間人の名が村名として贈られ、里人はそのまま名前を地名にすることをおそれ多いとし、間人(たいざ)と読みかたを変えたという言い伝えがあります。

⑦夕日ヶ浦

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

夕日が美しい景勝地として有名な夕日ヶ浦は、テレビのロケ地としてもよく利用されています。たくさんの人が沈む美しい夕日を眺めていました。
夕日に染まる海を見ながら一日を締めくくるのも良さそうですね。
とにかく景色が良いのでいろいろな角度から写真を撮りました。まさに、映えスポット!
かほさん
かほさん

コース紹介を見る

【兵庫エリア】海岸線もまち歩きも見どころ満載!

山陰海岸ジオパークトレイル兵庫エリア 山陰海岸らしい海沿いのルートだけでなく、気軽に楽しめる足湯や一風変わった駅など、見どころたっぷりです。

①はさかり岩

山陰海岸ジオパークトレイル 海にそそり立つ岩の間に上から落ちてきた岩がはさかった(挟まるという意味)ことから名付けられた奇岩。落ちない岩ということで、合格祈願のシンボルにもなっています。
まさに「はさかる」という名前の通りの不思議な岩でした。
かほさん
かほさん

②かえる岩(かえる島)

山陰海岸ジオパークトレイル
かえる岩は、島の手前にある岩です
溶岩が冷え固まってできた岩が、波によって削られてかえるのように見えることからこのように呼ばれています。昔、航海に出た男たちが「この地に帰る」ということを祈願したとも言われる場所です。
トレイルの途中で立ち寄って、無事に帰れるように旅の祈願をするのも良いですね。
かほさん
かほさん

③岡見公園

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

眺望が素晴らしく、ここから見える香住海岸の夕陽は日本の夕陽百選に選ばれています。春は桜、夏にはシイの群生林や菩提樹やユウスゲが訪れた人を楽しませてくれるでしょう。
香住海岸を一望できる、気持ちの良いポイントです。
昔は離島だったと書かれていたので、長い月日をかけて本土にくっついたと思うと歴史を感じます。
かほさん
かほさん

④余部鉄橋「空の駅」と道の駅あまるべ

slider image
slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

2010年にコンクリート橋梁へ架け替えられるまで、高さ41.5m、長さ309mの谷をまたぐ鉄橋として98年間利用されていました。
2013年には歴史継承と観光拠点とするために旧鉄橋を残しながら空の駅が完成し、2017年にはエレベーターが整備され、地域の人の生活を支える駅としても観光地としても賑わっています。
駅から10分ほど歩いた高台から駅を見下ろすと、背景に空と海があって駅が浮かんでいるように見えました。
空の駅と呼ばれているのも頷けます。

空の駅には昔のレールがあって歩けるのですが、普段歩けないところを歩けるのはテンションが上がりました。
かほさん
かほさん

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

余部鉄橋の麓にある「道の駅あまるべ」では、お土産や現地のグルメを食べることができます。
特に地元・香住のパン屋特製のごまバンズにカニクリームコロッケと香住ガニと野菜を挟んだ”香住バーガー”は絶品!
香住バーガーは歩いている途中で小腹を満たすのにちょうど良いボリューム感。

バンズの表面はサクッとしていて、中はふんわり。お花のカタチをしているのも可愛かったです。
地元のグルメを味わいながら歩けるのも嬉しい。
かほさん
かほさん

⑤浜坂駅前の足湯

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

まちの中を歩くことができる浜坂エリアで立ち寄りたいのが、浜坂駅にある無料の足湯。旅のリフレッシュになること間違いなしです。
歩き疲れて一息つくのにピッタリの足湯。
駅前にあるので、住んでいる人たちの生活感も感じられます。
かほさん
かほさん

⑥加藤文太郎記念図書館

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

登山好きにぜひ立ち寄って欲しい場所が「加藤文太郎記念図書館」。著書『単独行』や新田次郎さんの小説『孤高の人』で知られた、昭和初期の登山家である加藤文太郎の遺品や資料などが展示されています。
こういった場所に立ち寄って歴史を振り返られるのも、ジオトレイルの魅力です。
かほさん
かほさん

⑦城山園地

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

つづら折りを登っていくと展望の良い城山園地に到着。ここからは日本海や漁港を望めます。ベンチも常設されているので、景色を見ながらゆっくりと休憩しましょう。
諸寄港を眺めながらの絶景ティータイムは疲れを忘れさせてくれるひとときです。
地元で食べ物をゲットしたので、食も大満喫しました。
かほさん
かほさん


コース紹介を見る

【鳥取エリア】雄大な砂丘だけじゃない魅力がたっぷり!

山陰海岸ジオパークトレイル鳥取エリアの地図 有名な鳥取砂丘以外にも、日本海らしい景色が見られるバラエティー豊かなエリアです。

①鳥取砂丘

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

日本有数の砂丘として有名な鳥取砂丘。馬の背と呼ばれる標高47mから見下ろす美しい海岸線や風が作る風紋や砂柱など、広さだけではない自然の造形美を味わうことができる場所です。

また、鳥取砂丘の一部は日本有数のらっきょうの生産地で、10月から11月には赤紫色のらっきょうの花がいっぱいに広がって訪れる人を楽しませてくれます。
訪れた日は風も雨も強く、日本海の厳しさを感じることに。
ただ、逆に厳しい環境だからこそ砂の風紋や砂柱を見ることができて貴重な体験でした。
かほさん
かほさん

②鳥取砂丘ビジターセンター

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

見ての愉しむだけでなく、知って愉しむのもジオトレイルの魅力のひとつ。鳥取砂丘のすぐ横には鳥取砂丘ビジターセンターがあり、鳥取砂丘のできかたや自然現象の解説があります。

ビジターセンターで学んでから砂丘を訪れると、いろんな発見ができるのでおすすめです。
「どうして砂丘ができるのか?」という疑問が展示物を見ることで解決できました。砂丘の生物や植物など、新しい発見も。

砂丘とセットで訪れることで、より充実した時間を過ごせると思います。
かほさん
かほさん

③滝ケ磯

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

波によって侵食されてできた海食崖(かいしょくがい)と呼ばれる高い断崖が目の前に広がります。雨が降ると滝のように水が流れ落ち、その姿はとても美しいです。

道は整備されていますが、急な斜面や痩せた場所もあるので注意して歩きましょう。
この辺りは両側に海を感じながら歩けてとても気持ちの良い場所でした。
マグマが冷えて固まった山の斜面は特徴的なカタチで、迫力満点です。
かほさん
かほさん

④大谷西海岸

slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

花崗岩、流紋岩、安山岩、松脂岩、凝灰岩、凝灰角礫岩、砂岩、泥岩など多くの岩石が見られる海岸。ただ歩くだけでなく、いろんな種類を探しながら歩くとおもしろいかもしれません。
ビジターセンターに石の種類の展示があったので、思い出しながら石を集めました。
かほさん
かほさん

⑤山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館

slider image
slider image
slider image
{"pagination":"true","pagination_type":"bullets","autoplay":"true","autoplay_speed":"3000","direction":"horizontal","auto_stop":"false","speed":"300","animation":"slide","vertical_height":"","autoheight":"false","space_between":"0","loop":"true"}

2010年にリニューアルオープンした山陰海岸ジオパークトレイルの拠点。それぞれの地域に点在する自然館やビジターセンターで各エリアの自然環境や歴史について学びながら歩くと、きっと他のトレイルでは味わえない発見ができるようになりますよ。
山陰地方の地質や歴史、日本海の生き物について教えていただき、ただトレイルを歩くよりも深みある旅になりました。

とくにダイオウイカの展示が印象に残っています。ニュースでしかみたことがないので、実物を見たときはこんなにも大きいイカがいるのかと本当にびっくり!
かほさん
かほさん

コース紹介を見る

地球の歴史を知りながら大自然とそこに暮らす人の営みを味わうトレイル

山陰海岸ジオパークトレイル 途中にはビーチ沿いのトレイルもあるので、旅の途中で海水浴をしたり、近くの温泉を満喫しながらゆっくりと歩くのもおすすめです。
230kmと長いので、一度に完歩は難しいかもしれないですが、訪れる季節を変えて少しずつ歩いてみると日本海とその自然のさまざまな一面を見ることができ、楽しみながら歩けるのではないでしょうか。
かほさん
かほさん

そのエリアの自然や歴史について学びながら歩くことで、見える景色の解像度が上がったり、感動の味わいも深くなったりするはずです。

山陰海岸の雄大な自然を感じたくなった人は、少しずつでも一気にでも良いので山陰海岸ジオパークトレイルを歩いてみてください。
山陰海岸ジオパークトレイルをもっと知りたい山陰海岸ジオパークのロゴ
山陰海岸ジオパークトレイルは、スポーツ庁の「スポーツによるグローバルコンテンツ創出事業」の一環として実施しています。

Sponsored by 山陰海岸ジオパーク推進協議会