テント泊縦走登山に挑戦!気になる疑問をガイドが解決【実践編】

    初めてのテント泊縦走登山を、THE NORTH FACEが応援します!

    仮
    憧れのテント泊縦走登山。いつか挑戦してみたいけれど、実際に計画するとなると不安や疑問がいっぱいですよね。そこで今回、ステップアップを目指す登山者を応援し続けてきた<THE NORTH FACE>と登山ガイドの渡辺佐智さんのサポートのもと、北アルプステント泊縦走に初挑戦する女性チームに準備段階から密着。その様子を全4回の連載にてお届けします。

    連載3回目の【実践編】では、いよいよ2泊3日のテント泊縦走へ。挑戦を通しての学びと共に、山行の様子をレポートします。

    【DAY1】 ワクワクドキドキ感を胸にいざ出発

    栂池自然園|登山口
    実は今回、悪天候により山行日程を一度延期。THE NORTH FACE 中村さんが残念ながら仕事の都合で参加できなくなってしまい、3人での挑戦となった
    1日目は、栂池自然園から白馬大池を目指す、約4時間半の行程です。
    事前チェックで学んだポイントを参考に、メイク道具や食料はわりと軽量化できたと思います。全部で13キロくらいに収まりました。
    荻原
    荻原

    クローズドセルのマットをエアマットに変更して、外付けなしの安全なパッキングができました。

    近場の山で重い荷物を背負って歩くトレーニングもして、準備は万全です。
    吾妻
    吾妻




    登山届を出して、ココヘリの電源が入っていることを確認したら登山開始。しばらくは樹林帯の中、ジグザクの登りが続きます。重い荷物に体を慣らしながら、ゆっくりと一定のペースで。

    歩き方を意識すれば、バテにくい

    ココヘリ THE NORTH FACEモデル
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    歩き出しは、スピードに心肺機能が追いつかないので、ゆっくりとスタートするのがポイントです。

    出発時ってまだ元気なので、つい飛ばしてしまったりするかも……。
    荻原
    荻原

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    縦走を成功させるコツは、行程中の自分のマネジメント。体調や体力は個人によって違うので、その中で「より長持ちさせるためにはどう歩くか」を考えてみるといいですね。

    体力を長持ちさせるような、上手な休憩の取り方はありますか?
    吾妻
    吾妻

    休憩は時間を決めて

    休憩する登山者
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    体が温まって調子が上がっているときは、立ったままでサッと軽い休憩を。十分に時間を取りたいときは腰を下ろして、行動食でエネルギー補給をしたり、軽いストレッチをしたり。

    ダラダラと休むのではなく、時間を決めて休憩すると体への負担も少なく済みます。


    立って休憩するときは、斜面の上側につま先を向ける
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    立ったままでの休憩時は、つま先が斜面の上に向くようにして、ふくらはぎが楽な体勢にすること。

    余計な力を使わない立ち方をするのも、疲れを溜めないためのポイントです。

    つま先の方向まで意識したことはありませんでしたが、本当に楽ですね。
    吾妻
    吾妻

    ハイドレーションでの水分補給が理想的

    ハイドレーションで水分補給する登山者
    今回の縦走のためにハイドレーションを購入しました。はじめて使いましたが、歩きながらでもサッと飲めてかなり楽ですね。おかげで、こまめな水分補給ができています。

    ただ、水の残量が見えないのは不安です。
    吾妻
    吾妻

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    私はだいたい3口を100mlとして、ざっくり調整してます。今回の山行での補給ペースと残量を参考値としてメモしておきましょう。



    あいにくの天候だが、足元には挑戦を応援してくれているかのようにチングルマが咲いていた
    森林限界を越えると、白馬乗鞍岳の姿が目の前に現れるはずが……あたりは真っ白。

    天狗原(てんぐっぱら)の木道を歩く登山者

    霧に包まれた神秘的な風景が、なんだか気持ちを落ち着かせてくれる
    木道歩きが心地よい天狗原(てんぐっぱら)の美しい湿原の中、腰を下ろしてひと休み。行動食でエネルギーを補給したり、ストレッチをしたりと、疲れをためない休憩方法を実践します。
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    しっかりと体をほぐすには、トレッキングポールを使って伸ばすのがおすすめです。



    雨に濡れたワタスゲは、まるでシャンプーした後の犬のよう

    疲労軽減のために、岩場でも余計な筋肉を使わない

    白馬乗鞍岳手前のゴロゴロとした岩場
    天狗原から先は、白馬乗鞍岳までゴロゴロとした岩場を登っていきます。

    岩場の不整地を歩く登山者
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    不整地を歩くときは、どうしても余計な力が入ってしまいがちなので、筋肉のエネルギーを無駄に消費しないような足運びをすることがポイント。例えば……

    ■岩場では、足の骨の真上に体が乗るようなイメージで、つま先とかかとが平行になるような場所に足を置く
     
    ■足を大きく上げないようにする

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    とは言っても、あまり意識しすぎると上手に歩けなくなるので、自分が楽に歩ける方法を見つけてみましょう。

    足の置き方をちょっと工夫するだけで、足への負担が全然違います!
    吾妻
    吾妻


    白馬乗鞍岳
    白馬乗鞍岳山頂では大きなケルンがお出迎え。山頂から見えるはずの白馬岳や小蓮華山、杓子岳の姿も霧の中
     


    池面に映る青空は見られなかったものの、花たちの美しい姿に癒されて自然と笑顔に。霞に浮かぶお花畑がなんとも幻想的
    白馬乗鞍岳のピークを過ぎてしばらく下れば、白馬大池山荘のテント場に到着です。

    テントの設営は対角線の順に


    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    テント設営のコツは、対角線上に作業すること

    まずは風上側の1か所をペグダウンしたら、次は対角部分を固定すると、ピンときれいに張ることができます。ポールの固定やガイラインを張るときも同じです。

    ついつい隣から固定してしまっていました。対角の順番で固定した方が、風にあおられることも少なくて設営しやすいですね。
    荻原
    荻原

    山ごはんでエネルギーもしっかり補給


    壮大な風景を目の前にして食べるごはんは格別
    調理器具は最低限に、蓋はアドバイスをもらったアルミホイルにしました。ごはんもフリーズドライ食品中心にしたので、食事関連が一番軽量化できたと思います。

    栄養面も考えつつ、楽しみになるような好きなものを選んでみました。
    吾妻
    吾妻

    食事からも水分が取れるように、毎食スープも追加しました。
    荻原
    荻原

    翌日の行程確認もしっかりと

    地形図をみる登山者
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    明日は早朝出発です。夜明け前は特に視覚的な情報が限られてしまうので、地形図をみて歩くコースを再確認しておきましょう。

    計画時に記録ノートにメモしておいた、朝日小屋までの危険箇所や分岐も見直してみます。
    吾妻
    吾妻

    撤収のコツは“片づけすぎない”こと

    白馬大池テント場でテント泊する登山者
    撤収が苦手で、あのスタッフサックどこいったっけ?なんて探すのに時間がかかってしまったり。早く片づけるコツってありますか?
    荻原
    荻原

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    収納を細かく分けすぎないことですね。「どこに入れたっけ?」となりやすいので、テント内では衣類・食事・その他くらいでざっくりと分けて、大枠の中で道具を探せるようにするんです。

    そして、出発までの間にあまり片づけをしないこと。

    常に整理整頓しておいた方がいいのかと思っていました!
    荻原
    荻原

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    ヘッドライトやナイフといった暗闇の中で行動するための道具は、すぐ手に取れる枕元に置いておきましょう。ナイフは、暴風などで万一テントが潰れたときの脱出用です。


    テント内
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    その上で、食事をしたら50%くらい、着替えをしたら50%くらい片づけるイメージで、まとめておくのがおすすめ。使用頻度が高いものは、出しっぱなしの方がすぐ見つけられます。

    いずれにせよパッキングするときに全部を片づけなければいけないので、最後に一気にやった方が効率がいいんです。

    ひとつのことをやったらそこで一旦片づけるよりも、結果的にかかる時間が少なくて済むってことですね。
    吾妻
    吾妻

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    特にテント泊縦走の場合、早朝に出発することが多いので、暗い中で準備をしなければならないことがほとんど。どんな風に撤収を進めるかが重要になってきます。

    1日目にかかった「パッキングを始める前」と「パッキングはじめてから出発まで」の時間と、どんな順番で撤収をしたかをメモしておくといいですよ。

    寝る前に翌朝の行動をイメージしながら、時間をどう短縮していくかを見直すと、2日目の撤収がよりスムーズになると思います。

    パッキングは行動予定を踏まえて

    テント泊縦走装備のパッキング
    大枠で分けて道具を探したり、一気に片づけたりする方が、必要なものが迷子になりにくくてパッキングもしやすそうですね。
    荻原
    荻原

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    縦走時は山の中での長時間行動になるので、必要な道具がパッと出ないと命に関わることもあります。自分が行動中にスムーズな対応ができるかどうかを考えてパッキングすることが大事です。

    それから、きちんとパッキングができていないと体幹への負担が大きくなってしまいます。重心に近いところに重いものを入れるなど、セオリー通りのパッキングを心掛けましょう。



    一緒にヨガをしたり、白馬大池周辺を散策したりと、一人では持て余すことも多いテント場での時間があっという間

    【DAY2】 縦走の醍醐味!がっつり歩いてどっぷり山に浸る


    すっかり霧が晴れ、星空を映した白馬大池が送り出してくれた。あまりの綺麗さに眠気も吹っ飛ぶ
    今回の挑戦のハイライトとも言える2日目は、いよいよ朝日小屋までのロングルートを歩きます。10時間半ほどの行程です。




    暗所での行動は、地形図を想像して十分注意すること

    夜明け前の雷鳥坂を登る登山者
    先は真っ暗ですね。計画時に登山道の状況を調べてはいましたが、昨日みんなで地形図を再確認して良かったです。どんな道なのか、なんとなくイメージできます。
    吾妻
    吾妻

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    暗所での行動は、危険な場所に気づきにくかったり、分岐を見逃してしまったり、さまざまな危険性が高まります。

    どんな登山道を歩くのか、危険個所や迷いそうなポイントはないかを事前に確認しておくことが重要です。



    雷鳥坂を登り、小蓮華山へ。足元には朝露を浴びたコマクサ、振り返ると空に浮かぶ白馬大池の姿が。船越ノ頭から見た小蓮華山に続く稜線も見事
    テント場では気にならなかったのですが、自分のヘッドライトが思いのほか暗いことに気がつきました。
    荻原
    荻原

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    暗闇で行動するなら、できるだけ明るく照射距離の長いヘッドライトを選んだり、小まめに現在地を確認したり、ソロを避けるなどの用心も必要です。

    ザレ・ガレ場では体幹を安定させて


    雄大な山並み、湧き立つ雲、日の出、朝焼け、朝日を浴びる草花。一瞬で変わる美しい景色が多すぎて、写真を撮る手が止まらない
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    小蓮華山までは、ザレ場・ガレ場が続きます。

    小石や砂に足を取られて滑りやすいザレ場では、上体の重心が、しっかり腰から足裏全体にかかるようにします。足元を見過ぎず、目線を少し先に向けて。

    ガレ場も同様ですが、大きさの異なる石が重なり合っているので、浮石に気をつけて、膝のクッションを使い小股で歩くといいですね。



    ルートの序盤にして、「縦走に挑戦してよかった!」と思わせてくれる山の偉大さを改めて感じた瞬間
    小蓮華山山頂に到着。鉄剣の背後には、これから向かう鉢ヶ岳と雪倉岳の姿が。白馬岳を眺めるのにも絶好のスポットです。

    鉢ヶ岳・雪倉岳への稜線を歩く登山者

    まさに高山植物の宝庫。気持ちのいい稜線歩きを楽しみながら、どんどん歩みを進める。雷鳥の親子にも遭遇
    白馬岳方面と朝日岳方面の分岐となる三国境を過ぎると、さまざまな高山植物が歓迎してくれます。

    さまざまな状況を踏まえて、先の行動の判断を

    蓮華鉱山道分岐
    蓮華温泉への分岐にて、記録ノートや地図を確認
    この分岐から先はエスケープルートがないので、朝日小屋までこのまま進むかどうか、最終判断するポイントですね。
    荻原
    荻原
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    メンバーの体調や装備、天候、登山道の状況、時間の余裕などを総合的に見て判断するようにしましょう。

    雪渓トラバースは、足元&頭上注意

    雪渓の歩き方
    雪渓付近の風は天然のクーラー。涼やかな空気で暑さを和らげてくれる
    鉢ヶ岳をトラバースして、ちょっとした雪渓を越えたら雪倉岳まではあと少し。
    雪渓を横切るときって、滑りそうで少し怖いです。
    吾妻
    吾妻

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    雪渓を歩く時は、ポコポコとしたくぼみの平らなところへフラットに足をつくようにします。山側の足は真っ直ぐ進行方向にして、谷側の足はつま先を少し谷に向けてややガニ股にするとバランスを取りやすいですよ。

    山側のトレッキングポールはグリップの下の方を短く持ち、谷側はグリップの上を持つと安定します。1本だけの場合は山側の手に持つこと。


    雪渓を渡る登山者
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    斜面を横切るときは、必ず頭上を確認すること。滑落だけでなく雪崩や落石にも注意して、途中で休憩したり止まらないようにしましょう。


    お花畑と登山者
    疲れが見え始め、「まだかなぁ」と弱音を吐きそうになったところで、元気をくれた雪倉岳山頂手前のお花畑

    あいにくの霧で、山頂から立山・剱岳の姿は拝めず
    日本二百名山の一座・雪倉岳に到着。直接の登路がないため、登山者の少ない穴場的な山です。


    ゴールまでもう少し、思わず笑みがこぼれる
    雪倉岳を後にし、赤男山をトラバースして朝日小屋へ。水平道をしばらく歩くと気持ちのいい湿原が点在し、目を楽しませてくれます。


    朝日小屋のテント場のロケーションも抜群

    その日の疲れはその日のうちにケア

    C3fitの「コンフォートカーフスリーブ」
    テント場での体のメンテナンス用に、リカバリーグッズを持ってくるのはアリだなと思いました。

    渡辺ガイドがおすすめしてくれたカーフスリーブが、すごくいいです。昨日も寝る前までつけていましたが、今朝、足がむくんでいませんでした。
    吾妻
    吾妻

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    山行日程が長くなればなるほど、できるだけ早く体を回復させられるようにすることが大事です。

    寝る前にストレッチやマッサージをするのもいいですね。

    昨日、テント場で一緒にストレッチしたのも気持ちよかったですね。心なしか体が軽かったかも!?
    吾妻
    吾妻



    頑張って歩いた1日の終わりに食べるごはんや雲海に沈むきれいな夕日は感慨深い。「テント泊もこれで終わり」と思うと、少し寂しい気持ちも

    【DAY3】名残惜しさもありつつ下山

    朝日小屋 最終日はイブリ山を経由して北又小屋へ下山する、4時間半ほどの行程です。身支度を整えて、いざ出発。






    景色を目に焼きつけて、朝日小屋を後に。「もっとここにいたい」と後ろ髪を引かれる思い
     
    朝日小屋から30分ほどの夕日ヶ原周辺には木道が整備され、小さな池塘や湿原が点在。暖かみのある朝の光が心地よく、優しい気持ちになれる場所
    実は下山の方が苦手なんです。膝が痛くなることがあって。
    吾妻
    吾妻
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    下りも極力無駄な筋肉を使わないようにするのがポイント。膝を痛めやすい場合は、

    ■着地する方の足を乱暴に置かない。足首と膝のクッションを使い衝撃を逃がす
     
    ■膝のねじれによる膝痛予防のためにも、つま先と膝の向きに上体も揃える

    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    これも意識してみましょう。

    鎖場では臨機応変に行動

    鎖場
    下山するだけとはいっても、どんどん変わる道や景色が終始楽しませてくれる
    イブリ山までの尾根には鎖場もあるので、下山も気を抜かずに。
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    鎖場は一人ずつ通過すること。トレッキングポールやサコッシュをしまって、両手を空けます。
    グループ内や他の登山者とも、声をかけあいましょう。

    三点支持で焦らずに。次に足を置くのにいい場所は、体を岩から離した方が見つけやすくなります

    鎖場の下りは足の置き場や掴むところを見つけにくいですが、グループだとサポートしあえるのがいいですね。
    荻原
    荻原
    渡辺ガイド
    渡辺ガイド
    段差の大きいところは一度腰を下ろして足を出すなど、岩場の状況に応じて、より安全な方法で下りてみましょう。
     

    ブナ平
    ブナの木
    天高く伸びるブナの木は圧巻。生命力のみなぎる姿に、最後まで歩きぬ抜くパワーをもらえる
    木漏れ日が差す爽やかなブナ林の中の急登を下れば、ゴールはすぐそこ。


    疲れと安堵感と達成感と、さまざまな感情が入り混じった最高の笑顔でゴール
    北又ダムにかかる赤い吊り橋を渡って少し歩くと、ついに北又小屋に到着。2泊3日のテント泊縦走、無事に完走です。

    挑戦成功のポイントは? 実践TIPSまとめ

    縦走ならではの注意点だけでなく、登山の基本的なノウハウを再確認できた今回の山行。安全に楽しく歩きとおすことができたポイントは……


    次回、テント泊縦走への挑戦を振り返り

    北又小屋
    成功裏に終えることができた、女性チームによる北アルプステント泊縦走への挑戦。楽しいことだけでなく、反省点や改善点もあったよう。

    そこで次回は、今後のさらなるステップアップのために、この山行を振り返ります。どうぞお楽しみに!

     

    Sponsored by THE NORTH FACE


    ステップアップには、振り返りが大切


    楽しい登山のためには、事前準備を怠らず

    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。