「使いたくなるには理由がある」登山者必見!ベルモントの男前ギアたち!

今や登山を楽しむために欠かせない要素の”山ごはん”。レシピはもちろん大切ですが、使うギアにこだわるともっと楽しさが拡がります。今回は、山ごはんの魅力をもっと引き出してくれるベルモントの男前ギアを見ていきましょう。

AD for Outdoor

目次

登山の楽しみを広げてくれる男前ギア

山ごはん 調理
登山の楽しみのひとつとして定番化してきた”山ごはん”。最近では、「山で何を食べるか?」を目的に登山をする人も増えています。

もちろん「何を作るのか?」にこだわることも重要ですが、せっかくなら、山道具にこだわってみるのもおすすめです。
軽さ、収納性、使いやすさ、ユニークな機能など、選ぶポイントはたくさん。

そこで今回、金物の街で知られる新潟県三条市でアウトドアギアを展開している”ベルモント”から、洗練された見た目と絶妙な使える感が人気の男前ギアを5つ紹介します。

使えば快適さがレベルアップする「ヤマタク」

ヤマタク 木製テーブル
2021年春に発売された木製テーブル(桐)の「ヤマタク」。
重さわずか130gながら、天板の大きさはタテ210mm、ヨコ280mmとほぼA4サイズです。

もちろん机がなくても山ごはんはできますが、テーブルで平場を作ると一気に快適さが上がります
ゆっくり食事を楽しむために持っておきたいギアです。

シンプルな構造で迷いなし!

構造がシンプルで、組み立ても簡単。天板を足に差し込むだけなので、慣れれば1分もかからずにさっと組み立てられます。

ヤマタク チタン天板
熱くなったクッカーを置いたり、バーナーを使ったりする時は付属しているチタン天板を使いましょう。
取り付け方法は、穴に差し込むだけ。2枚使ってもわずか205gと軽量です。

テーブルだけでなく、まな板としても使用できる

ヤマタク まな板
素材には、抗菌作用を持った天然の桐が使われており、まな板としても活躍します。
野菜をその場でカットして、本格的な山ごはんを作ることもできますよ。

軽くてコンパクトだから持ち運びも楽

ヤマタク 収納

収納のしやすさも抜かりなし。ザックのサイドポケットにも入るので、持ち運びも問題なしです。

編集部
地面のデコボコがなくなって、平らな場所で調理できるのはとても快適です。

安定感もあるので、ゆったりと山ごはんを楽しめると思います。


「ヤマタク」をもっと見る

使うだけで贅沢気分を味わえる「山専ソロ鉄板」

山専ソロ鉄板
「山頂でステーキ!」をコンセプトに作られた、黒皮鉄板(※1)。

※1)表面を酸化皮膜が保護しており、比較的赤さびなどが発生しにくい

重さ約410gで、サイズはタテ100mm、ヨコ170mmの小型サイズ(トランギアのメスティンと同じくらいのサイズ感)です。

1 / 3ページ