「使いたくなるには理由がある」登山者必見の気になる男前ギアたち!

今や登山を楽しむために欠かせない要素の”山ごはん”。レシピはもちろん大切ですが、使うギアにこだわるともっと楽しさが拡がります。今回は、山ごはんの魅力をもっと引き出してくれる5つの男前ギアを見ていきましょう。

    登山の楽しみを広げてくれる男前ギア

    登山の楽しみのひとつとして定番化してきた”山ごはん”。最近では、「山で何を食べるか?」を目的に登山をする人も増えています。

    もちろん「何を作るのか?」にこだわることも重要ですが、せっかくなら、山道具にこだわってみるのもおすすめです。
    軽さ、収納性、使いやすさ、ユニークな機能など、選ぶポイントはたくさん。

    そこで今回、金物の街で知られる新潟県三条市でアウトドアギアを展開している”ベルモント”から、洗練された見た目と絶妙な使える感が人気の男前ギアを5つ紹介します。

    使えば快適さがレベルアップする「ヤマタク」

    2021年春に発売された木製テーブル(桐)の「ヤマタク」。
    重さわずか130gながら、天板の大きさはタテ210mm、ヨコ280mmとほぼA4サイズです。

    もちろん机がなくても山ごはんはできますが、テーブルで平場を作ると一気に快適さが上がります
    ゆっくり食事を楽しむために持っておきたいギアです。

    シンプルな構造で迷いなし!



    構造がシンプルで、組み立ても簡単。天板を足に差し込むだけなので、慣れれば1分もかからずにさっと組み立てられます。

    熱くなったクッカーを置いたり、バーナーを使ったりする時は付属しているチタン天板を使いましょう。
    取り付け方法は、穴に差し込むだけ。2枚使ってもわずか205gと軽量です。


    テーブルだけでなく、まな板としても使用できる

    素材には、抗菌作用を持った天然の桐が使われており、まな板としても活躍します。
    野菜をその場でカットして、本格的な山ごはんを作ることもできますよ。

    軽くてコンパクトだから持ち運びも楽


    収納のしやすさも抜かりなし。ザックのサイドポケットにも入るので、持ち運びも問題なしです。
    編集部
    地面のデコボコがなくなって、平らな場所で調理できるのはとても快適です。

    安定感もあるので、ゆったりと山ごはんを楽しめると思います。

    「ヤマタク」をもっと見る

    使うだけで贅沢気分を味わえる「山専ソロ鉄板」

    「山頂でステーキ!」をコンセプトに作られた、黒皮鉄板(※1)。
    ※1)表面を酸化皮膜が保護しており、比較的赤さびなどが発生しにくい
    重さ約410gで、サイズはタテ100mm、ヨコ170mmの小型サイズ(トランギアのメスティンと同じくらいのサイズ感)です。

    鉄板で焼けば、ウマいし楽しい!



    もちろん肉以外も焼けるので、いろいろ試してみるのもおすすめ。今回はステーキ以外に、揚げ出し豆腐や焼き野菜を楽しみました。
    楽しい鉄板焼きですが使用時は分離型バーナーを使うなど、輻射熱対策も忘れずに。

    厚さ6mmの極厚鉄板、そしてメスティンを蓋として使って蒸し焼きもできるため、分厚い肉もジューシーに仕上げられます。

    気の利いた付属アイテムも見逃せない

    ベルモント 山専ソロ鉄板には、ハンドル(リフター)と持ち運び用のケースが付属しています。



    ハンドルを取り付ける穴が長辺にあるので、持ち上げる時も小さな力で安定します。小さなことですが、こういった細やかなこだわりは長く使っていくためには大切なポイントです。

    また、ハンドルは逆さまにするとスクレイパーにもなるので、鉄板の掃除もできます。

    トランギアのメスティンの中には収納できないですが、付属のケースを使うとメスティンの外側に取り付けて持ち運びできます。
    編集部
    なんと言っても、肉肉肉!
    分厚い鉄板は熱を逃さないので、しっかりと火が通ります
    本当に美味しかった~。

    「山専ソロ鉄板」をもっと見る

    「チタンドリッパー&クッカーセット」で贅沢なコーヒーブレイクを

    組み立て式のドリッパーとコーヒーマグがセットになった、コーヒーに特化したギア。
    極薄のチタン製ドリッパーなど、重さは全て込みで285g。見た目の美しさだけでなく、軽さも光ります。

    コーヒーを美味しく淹れるための細やかなつくり



    コーヒーを淹れる時の基本である「お湯を細くそそぐ」が自然とできるように、クッカーの注ぎ口に工夫が施されています。こういった細やかな作りは、さすが “金物の街“新潟の三条のメーカーといったところ。
    また、そそぎながらコーヒーの量を確認できる隙間もあり、淹れすぎ防止策もバッチリ。
    ※コーヒーフィルターはついてないため、円錐型のフィルターを用意しましょう。
    もちろん、クッカーで調理をすることもできるので、コーヒー以外にも使えます。
    付属のコーヒーカップも保温性のあるダブルウォール仕様なので、温かくておいしいコーヒーを長く味わえるようになっています。

    美しすぎるオールインワン収納



    なにより驚きなのが収納時のコンパクトさ。荷物を小さくまとめたい登山においては、このオールインワン収納は魅力です。
    編集部
    美味しいコーヒーを飲むためとはいえ、たくさんの道具を持って行くのは少し億劫。
    そんな気持ちを忘れさせてくれるコンパクト収納はさすがの一言です。

    「チタンドリッパー&クッカーセット」をもっと見る

    絶妙な使える感がたまらない「チタンシェラカップ深型フォールドハンドル」

    チタン製の軽さ、折り畳み式ハンドルでスタッキングもしやすいなど、シンプルながら使い勝手バツグンのシェラカップです。

    豊富なサイズ展開で好みの大きさを選べる



    サイズ展開は4種類。 容量と重さは、左から 250ml(約57g)、350ml(約60g)、 480ml(約68g)、600ml(約75g) です。

    600mlサイズであれば、110サイズのOD缶も収納できます。

    大きいサイズはラーメンなどの簡単な料理にも使いやすく、小さいサイズはスープを作るクッカーにしたり、とりわけようの食器にしたり、メモリがついているので計量カップとしても使用できるなど、さまざまな用途で活躍します。

    折り畳み式ハンドルの性質上、そうでないものと比べると持ち手の安定性が若干気になりますが、普通に使用する分には問題ないでしょう。
    編集部
    一般的なシェラカップよりも深さがあり、調理などもしやすいです。

    シンプルながら洗練されたデザインは、ギアの所有欲も満たしてくれます

    なにより、スタッキング能力が素晴らしい!!

    「チタンシェラカップフォールドハンドル」をもっと見る

    シンプルだからこそ使い込みたくなる!「チタンクッカー3点セット」



    調理に使いやすい浅型の鍋2つとフライパンがセットになったギア。3点で重さ200gと、ここでも軽量性が光ります。

    料理に合わせて組み合わせを選ぼう



    容量は、左の小鍋が570ml、真ん中の鍋が780ml、右のフライパンが320mlです。
    サイズの展開はMやLなどの、大きいサイズもあります。
    山行スタイルや作りたいごはんに合わせて、持っていく鍋を1つだけするなどすれば、荷物の軽量化も可能です。

    浅型なので、ラーメンやカレーなどの定番山ごはんにもピッタリ。

    使いやすさだけでなく、チタンが持つ質感も心くすぐられる魅力です。
    編集部
    シンプルイズベストとは、まさにこのこと。飽きのこないデザインは、長く使い続けるにはぴったり。使うごとに味がでてくるチタン焼けも楽しめる、男心くすぐるギアです。

    「チタンクッカー3点セット」をもっと見る

    道具にもこだわって、充実した山ごはんを味わおう!

    山ごはんのメニューにこだわることはもちろんですが、道具の選び方でも楽しさは広がります。

    山専ソロ鉄板のような少し変わったアイテムから、チタンクッカーのようなシンプルで使いやすいギアまで、軽量性や収納性、細やかな心遣いなどが光るベルモントの山道具。
    シンプルで美しいギアたちを持って、登山を楽しみましょう。
    ベルモントの商品をもっと見る

    Sponsored by 株式会社ベルモント

    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。