《先輩登山者2,093人に聞いた》小屋泊に持っていくべきアイテムランキング!果たして1位は・・・

夕日を見たり、満点の星空を楽しんだり、山の中で泊まるからこそできる特別な体験があります。基本的な装備は調べればわかりますが、気になるのが経験者の声。そこで、「必須じゃないけど、あると便利なアイテムは?」というアンケートを実施しました。今回はYAMA HACK読者の回答の中で多かった、5つのアイテムとその理由を見ていきましょう。

制作者

YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

YAMAHACK 編集部のプロフィール

...続きを読む

緊急事態宣言が発令されている地域やそれ以外の地域においても、政府及び各自治体が呼びかける感染拡大防止対策のガイドラインを必ず確認し、必要であれば外出を控えるようにしてください。

山で過ごすゆったりとした時間。
小屋泊デビューしてみない?

小屋泊 頂上に登ってすぐに下山してしまうのではなく、夕日や夜空を楽しんだり、いつもよりもゆっくり過ごしたり、山の中で泊まるからこそできる体験があります。

山の中で泊まる方法は2種類。
ひとつは自分で衣食住を担いで登る「テント泊」。自然と近い距離で過ごしたり、自分だけのスペースでゆっくりできます。

もうひとつは、山小屋に泊まる「小屋泊」。日帰り登山とほとんど同じ装備で楽しめるので、初めて山に泊まってみたい人にもおすすめです。

尊仏山荘 自然の中にある山小屋ですが、内装やトイレがきれいな場所もあり、小屋の中は意外に快適。

工夫の凝らされた食事を楽しんだり、他の宿泊客と話したりして過ごすのもいい思い出になります。

必要なものは調べたけど………

小屋泊の荷物
楽しい登山に大切なのが、しっかりとした準備。

小屋泊の場合はレインウェアやヘッドライトなど、日帰り登山の基本アイテムに歯ブラシや着替えなどがプラスされるだけ。

そして、忘れてはいけないのが防寒着。山の上では、夏でも気温が低くなることがあるため必ず持っていくようにしましょう。

※2020年より、小屋の利用時に新型コロナウイルス感染防止対策として、「手指の消毒液」「ネックゲイターやマスク」「シュラフカバー」の携行が求められる場合があります。

宿泊する山小屋の情報を必ず調べ、事前に必要なアイテムや小屋の感染対策を確認しておきましょう。

YAMA HACK読者がすすめる!
小屋泊に持っていくべき5つのアイテム

小屋泊にあると便利なアイテム 最低限のアイテムは揃いましたが、せっかくだったら快適で楽しい小屋泊にしたいですよね?

そこで、小屋泊経験者のYAMA HACK読者(回答者:2,039人 複数回答あり)に「必須じゃないけど、あると便利なアイテム」を聞いてみました。

その中には「しっかりと眠るためのアイマスクや耳栓」などの睡眠に関するアイテムや、「タオルや手ぬぐいで布団が直接当たらないようにする」といったテクニックまで。

今回は、その中でも特に多かった上位5つのアイテムを発表します。

第5位:においも気にならず快適!
メリノウール素材のウェア(回答数:326)

メリノウールウェア メリノウール素材のウェアは、天然の防臭機能により汗をかいてもにおいにくくなっています

小屋泊ではお風呂に入れないことも多いため、においにくく着心地も良いメリノウールのウェアを一枚持っておくと重宝するでしょう。

第4位:サッと取り出せるコンパクトサイズの財布が便利(回答数:342)

コンパクトな財布
頑張って歩いたご褒美のビールや山小屋グッズなど、お金を使う機会って意外と多いんです。

財布はポケットやサコッシュに入れて持ち運ぶため、小さいサイズが便利。中には、小さいサイズのジップロックを財布として使うという人もいます。


第3位:カメラや財布など、サコッシュで貴重品もしっかり管理(回答数:687)

サコッシュ
山小屋の中ではザックを置いて移動します。そんな時、スマホやカメラ、財布などの貴重品を入れておくためのサコッシュがあると便利です。

小さくまとめられるタイプのサコッシュもあるので、何を入れるか想像して必要なサイズのものを準備しましょう。

第2位:荷物整理にはスタッフサックが大活躍(回答数:911)

スタッフサック 休日は、たくさんの人で賑わうこともある山小屋。そのため、小分けのスタッフサック(袋)で、荷物がバラバラにならないようにまとめておくことをおすすめします。

中には空気が抜けて圧縮できるものや防水機能がついてるものもあるので、必要なシーンに応じて購入しましょう。

スタッフサックがあるとパッキングが楽になるので、早朝出発の準備もスムーズになりますよ。

第1位:汗やベタベタが気になるのは外にいる時だけじゃない!
ボディシートは必需品?(回答数:1,382)

ボディーシート
今回のアンケートで半数以上の方が「持っていくと良い」と回答したのが、ボディシート。

「自分の汗の臭いが他の人に不快感を与えないようにするためには不可欠」という小屋泊ならではの声や、「お風呂に入れないからその代わりに」「ベタベタ感を軽減」「タオルでスッキリ感は得られなかった」など多くの登山者がその大切さを実感しているようです。

さらに、読者の声として多かったのが「しっかり汚れを拭き取れるけど、優しく拭けるもの」という回答。寝る前など、いろいろなシーンで使うことを想定すると刺激の少ないものが好まれるようです。

ビオレu全身すっきりシート そこでおすすめなのが、花王から発売されている「ビオレu全身すっきりシート」。

「ビオレu全身すっきりシート」の詳細はこちら

汗や皮脂などの汚れをしっかり拭き取ってくれ、お湯をあびたようなスッキリ感が感じられます。

ビオレu全身すっきりシート
さらに天然コットン100%のシートは赤ちゃんの肌にも使えるほどやさしい拭き心地で、一度使うとやみつきになる肌触り。

香料も入っていないので、香りが苦手な人や山小屋のように周りの人と距離が近いときもぴったり。

ビオレu全身すっきりシート
また、できるだけ余計な荷物を持っていきたくない登山では「1枚で顔もからだも全身拭ける」というのもありがたいポイントです

1枚でリフレッシュできるので、10枚入のコンパクトなタイプがあれば十分でしょう。

登山以外のシーンでも、カバンに入れて普段も使ったり、災害時の備えとして家にストックしたりしている人も多いようです。

ちょっとしたアイテムと工夫で快適な小屋泊の思い出を

小屋泊 荷物を少なくして、なるべく軽量化したい登山。でも、ちょっとしたアイテム1つでその快適さや楽しさは変わってきます。
先輩登山者の意見を参考にしながら、楽しい小屋泊を目指してみてください。

「ビオレu全身すっきりシート」の詳細はこちら

オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう

Sponsored by 花王株式会社

取材協力:尊仏山荘