最強レベルの耐久性を誇るGPSウォッチがあると聞いたので、2トンのJeepで踏んでみた!

昨年の秋にリリースされた、SUUNTOの新機種「SUUNTO9」。外観だけでは普通の時計と変わりないように見えるけど、なんでも耐久力がスゴイらしい。それを裏付けるように、メーカーのHPでは、コーヒーをかけたり、馬に蹴られたりされてもビクともしないSUUNTO9を動画で見ることができます。でもしょせんはイメージビデオ。100%信じることはできません。と言うことで、メーカー担当者の許しを得て独自に耐久テストを行ってみました。2トンのJEEPに轢かれたSUUNTO9の運命はいかに。

    SUUNTO最新モデルの耐久性が半端ないらしい

    3月某日のこと。

    世界的に有名なスポーツウォッチメーカー・SUUNTOの担当者から、「最新のGPSウォッチ”SUUNTO9”を紹介して欲しい」と編集部に商品が送られてきました。

    SUUNTO9 耐久性 本当?
    撮影:YAMAHACK編集部
    SUUNTO9の特徴は、GPSロガーを起動させた状態でも最大120時間駆動し続けるバッテリー寿命と、他のGPSウォッチとは一線を画す耐久性

    マイナス30℃の低温下にも耐えることができ、風防(液晶パネル)にはダイヤモンドの次に硬い”サファイアクリスタル”が使われているとのこと。

    とはいえ、最近のスマートウォッチは精密機械でバッテリー寿命はいまいちだしタッチパネルなんて落としたら割れそうなイメージ。

    「本当に大丈夫……?」

    ――そんな不安をよそにSUUNTO9の耐久性を証明するかのようなイメージムービーをメーカーのHPで見ることができました。
    そこには雪山で使っても、砂にまみれても、コーヒーをかけられても、そして、馬に蹴られてもビクともしないSUUNTO9が映っています。しかし、所詮はメーカーが作成したPR向けの動画。第三者の目線でその耐久性を確かめるべく、メーカー担当者に許可を得て検証してみました!
    SUUNTO9の詳細はコチラ

    過酷すぎる!編集部のガチ検証で分かったその実力とは?

    今回は用意したのは3つのテスト。耐寒テスト、耐衝撃テスト、耐荷重テストです。

    それぞれの検証実験を経てもSUUNTO9は無事でいられるのか……。早速、その中身を見ていきましょう。

    検証①:マイナス30℃の冷凍庫に2日以上放置して耐寒性能検証

    雪の中のSUUNTO9
    動画の中でも雪にまみれていた
    「雪山で電子機器のバッテリーが急激に減ってしまった。」

    ――そんな経験がある人は多いはず。低温下ではスマートフォンの充電はアッという間にゼロになるし、アウトドア仕様のコンパクトカメラでさえも、動作に制限がかかることがあります。

    SUUNTO9 低温テスト
    撮影:YAMAHACK編集部(実際には開けた直後の冷凍庫内は、−33.5℃になっていたが…)
    今回は2泊3日の雪山登山を想定し、マイナス30℃の冷凍庫に65時間放置してみました。カタログスペックでは保管時の耐寒温度がマイナス30℃までになっているのでギリギリのラインです。

    雪山でも時計は腕につけることが多いので、ここまで低温になることは滅多にありません。初っ端から過酷なテストをSUUNTO9に強います。

    3日後
    ・・・

     

    ・・・・・・

     

    ・・・・・・・・・

    霜がついたSUUNTO9
    3日ぶりに冷凍庫から取り出したSUUNTO9は外気に触れて霜で真っ白に!恐るおそる取り出して動作を確認してみると、何事もなかったかのように普段通りに動くことが確認できました。冷凍庫の中は最大でマイナス32℃まで下がっていたので、これはカタログスペック以上の成果です。

    しかし、動作が問題なくても寒冷地でバッテリーの減りが激しければそもそも雪山には向きません。実際の減り具合はどうだったのでしょうか?

    常温・同じ充電量から65時間放置したもう一つのSUUNTO9とともに、バッテリーの減り具合を比較してみましょう。

    SUUNTO9 低温テスト
    撮影:YAMAHACK編集部(左が常温、右が検証したモデル)
    充電99%の状態から冷凍庫に3日放置した結果は……なんと残量73%!常温で放置した比較用のSUUNTO9が残量88%なので、わずか15%程度しか差がありませんでした。耐寒テストは見事にクリアしました。
    <検証①の結果>
    ・マイナス30℃の環境下に長時間放置しても全く問題ない。寒さによるバッテリーの減少もほとんどない。

    検証②:コンクリートに叩きつけて耐衝撃性を検証

    登山シーンで使う時計であれば、万が一落としてしまった時を想定して耐衝撃性を備えているのは当たり前。

    崖を転がり落ちるSUUNTO9
    「SUUNTO9」の動画にも、蹴られたり崖から転がり落ちるシーンが頻繁に出てきます。

    ここまで乱暴に扱っても本当に壊れることはないのでしょうか?確認するべくSUUNTO9を思い切りコンクリートに叩きつけてみました。
    耐衝撃検証
    たたきつける瞬間はさすがに罪悪感アリ。念のため蹴ってみます
    勢いよくバウンドするSUUNTO9。すると何かのパーツが飛び散りました。ヤバい、検証テストはこれまでか・・・。

    取れたパーツ
    急いで確認すると、美錠(びじょう)と呼ばれるパーツが外れたのみで、他はどこも壊れていません。普通に操作でき、液晶パネルには傷一つ付いていませんでした。

    傷一つついていない
    さすがダイヤモンドの次に硬いといわれる”サファイアクリスタル”を液晶パネルに採用しているだけあります。外れた美錠も簡単に取り付けられるのでノーダメージといえるでしょう。

    検証②も余裕でクリア。
    <検証②の結果>
    ・コンクリートにたたきつけても蹴っても液晶パネルには傷一つつかない

    検証③:重さ2トンのJeepで轢く耐荷重テスト

    山小屋で外した腕時計を枕元に置いていたら踏まれてしまった、もしくは自分で踏みつけてしまうことって良くあることですよね。でも、その度に壊れてしまったらショックです。

    車に踏まれるSUUNTO9
    「SUUNTO9」の動画ではあらゆる荷重にも耐えられるといわんばかりに、なんと車で踏みつけるシーンまで映っていました。人ならまだしも車はさすがに壊れるのでは……そんな不安を覚えつつも、今回はどんな巨漢が踏んでも大丈夫なことを証明するため、思い切ってJeepを用意。

    JeepとSUUNTO
    使用するのはJeepのラングラー。重さはなんと2100キロ!さすがに2トンのJeepで轢かれたらひとたまりもないでしょう。地面がクッションになっては耐荷重性をフェアに検証できないため、万全を期してコンクリートの上で轢いてみることにしました。

    Jeepで耐荷重検証
    念のため2回轢きました
    「パキパキッ」と悲鳴を上げるSUUNTO9。タイヤの下から現れたのはバンドが外れた無残な姿でした。

    無残なSUUNTO9
    「あぁ、これはさすがにやりすぎた。担当者さんゴメンなさい……。」

    ——後悔の念が脳裏をよぎります。

     

    気まずい空気の中、念のため本体を拾い上げて動作を確認してみました。

    問題なく操作できる
    「・・・アレ?」

    誰もが壊れたと思ったのですが、肝心の本体はビクともせず、じつにスムーズに動きます。しかも液晶パネルをコンクリート面に向けたにも関わらず、傷ひとつ付いていないから驚き。

    轢いた後のSUUNTO9
    さすがにバンドは接続部が壊れたが、時計本体は傷一つつかなかった
    外れてしまったバンドについては、別売りのバンドと交換しておけば本体との接続部の可動域が大きくなるので、壊れることも無くなりそうですね。

    ITEM
    SUUNTO 24MM ATHLETIC 1 SILICONE STRAP
    工具無しで簡単に交換可能なクイックリリース式ストラップ

    <検証③の結果>
    ・2トンのJeepで轢いても液晶パネルには傷一つつかず動作も問題ない。

    過酷な環境でも抜群の安心感

    用意した3つのテストを終えた結果、SUUNTO9は壊れることなく、しかも液晶パネルには傷一つ付きませんでした。極端な検証テストでしたが、その耐久性はまさに本物。さらにテストから2日経ってもバッテリー容量は56%と表示されていたので、圧倒的な長さが自慢のバッテリー寿命にも偽りはありませんでした。

    耐水性(-100m)、気圧計、コンパス機能などはもちろん、GPSログ機能や、手首から心拍数を測定するトレーニング機能など、山でも日常生活でも役立つ機能が詰まったSUUNTO9。あらゆるシーンで活躍するので、一度身につけたら二度と外せない相棒になるはず!

    SUUNTO9公式サイト

    ITEM
    SUUNTO9 Baro
    主な機能:時刻表示/心拍・消費カロリー・正確な高度計測・速度・距離・方角/ルートナビゲーション/スマートフォン着信通知
    液晶/画面操作: カラーディスプレイ/タッチパネル・ボタン操作
    防水: 100m/10気圧防水
    電池: 専用バッテリー(USB充電式)
    駆動時間: 約25時間 (25時間/精度BEST、40時間/精度GOOD、120時間/精度OK)
    サイズ: 50m×50×15.8mm
    保証期間: 2年

    この記事を読んだ人にはこの記事もおすすめ!



     

    Sponsored by SUUNTO

    【取材協力】

    株式会社ダイレイ(業務用冷凍庫提供)

    Jeep(車提供)

     

    文:吉澤英晃

    紹介されたアイテム

    SUUNTO 24MM ATHLETIC…
    サイトを見る
    SUUNTO9 Baro
    サイトを見る
    YAMAHACK 編集部
    YAMAHACK 編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!