安全登山54件

正しく実践しないと危険なピッケルワーク「滑落停止」|プロガイドが教える安全で正しく効率の良い停止方法
ピッケル(アックス)ワークの中でも花形的存在で、雪上訓練などでも体験したいという人が多い滑落停止。しかし 効率の良い方法で実践しないと滑落を止められないどころか、練習ですらケガを負うリスクがある難しい技術でもあり…
鷲尾 太輔
雪崩救助の必需品!覚えておきたい「雪崩対策装備(アバランチセーフティギア)」のトリセツをおさらいしよう
雪山登山に欠かせないのが「雪崩対策装備(アバランチセーフティギア)」と呼ばれる雪崩救助の必需品。ビーコン・プローブ(ゾンデ)・スノーショベル(スコップ)から構成されるアイテムですが、いざ雪崩が発生した際に落ち着い…
鷲尾 太輔
まずはコレだけでも書いて!おさえておきたい「登山計画書」の書き方
安全登山に欠かせないとされている登山計画書(登山届)の記入と提出。けれどもいざ記入しようとフォーマットを見た途端に思考停止…という経験はありませんか。記入項目自体も多く、何を書けばよいか初心者にはわからない項目も…
鷲尾 太輔
子どもとロープつなぎで〈迷子や事故〉を防止!親子登山の不安を解消してくれるロープワークの結び方ガイド
子どもと登山へ行くと、迷子になってしまったり転倒して怪我をしてしまったりと不安が尽きないですよね。そんな時は、大人と子どもをロープでつなぐことで、互いに安心して歩けるようになります。そこで今回はロープつなぎをする…
高橋 典子
日没
【最大5時間も変化!】日が短くなる秋冬。夏との日照時間との違い&リスクを徹底調査してみた
夏山から登山を始めた場合、夏と秋冬とでは“日照時間の差”があることを、意外と見落としがち。でも行動できる時間が◯時間も短くなるとしたら……。リスクとして見落としがちな「日照時間」に着目し、そのメカニズムや季節によ…
橋爪 勇志
〜シャリバテって何?編〜マンガ『クマ先輩とオレ』
ペンギンさんとオヤジアザラシ(通称:オッサン)が一緒に登山へ!いいところを見せようとペンギンさんはいつも以上にハイテンションで進んでいきます。すると、急に体が動かなくなってきて......。悪霊に取り憑かれたと騒…
マイマイ
夏山だからこそ気をつけたい!登山のハイシーズンに潜む「5つのリスク」
登山初心者もベテランもみんなが山へ向かう「夏山シーズン」。登山のハイシーズンとあって冬の雪山よりも気軽に登ってしまいがちですが、実は気をつけておきたいリスクも。リスクを理解して、適切な対策を取ることで避けられるも…
田村茂樹
道迷いアイキャッチ
【実践と対策】低山こそ要注意!「登山道のサイン」を見落とさず歩けるか試してみた
遭難理由No.1の「道迷い」。特に低山での発生率が高いですが、その原因はどこにあるでしょうか?登山用GPSアプリ「ジオグラフィカ」の開発者でもある松本圭司さんが奥多摩の山で「登山道のサイン」を検証しました。ピンク…
松本圭司
子どもと一緒なら持っていきたい!《安心3アイテム》で笑顔あふれる親子登山を
子どもと一緒に山へ行ってみたい。でも、ちゃんと登れるのかな、山を楽しんでくれるかわからない……と悩みや疑問をもっているパパママは多いもの。そこで今回はパパ登山講習会も開いている、近藤謙司ガイドに「安全に登山を楽し…
高橋 典子
【ガイド監修】雪山に行くなら覚えておきたい!もしもの時に備えた雪のドーム「イグルー」の作り方
その日のうちには目的地の山小屋や下山口に辿り着けなさそう、というときために是非とも覚えておいていただきたいのが、なんとかして一夜を明かすビバーク技術。雪の多い山の場合には雪洞を作れますが、雪山でも積雪が少ない場合…
田村茂樹
緊急事態発生!その日に帰れない時どうする?絶対に知っておきたい「ビバーク」の方法
バテて予定よりかなり遅れた、仲間が怪我をした、天候が急変した、道に迷った…その日のうちに下山できなかったり目的地につけない可能性が山では常にあります。夜の行動はリスクが高いので、そんなときは山の中でなんとかして一…
田村茂樹
【ガイド監修】雪山に行くなら覚えておきたい!もしもの時に備えた「雪洞」の作り方
その日のうちには目的地の山小屋や下山口に辿り着けなさそう、というときために是非とも覚えておいていただきたいのが、なんとかして一夜を明かすビバーク技術。雪の多い山の場合には雪洞の方がかなり暖かく、外が大荒れでも全く…
田村茂樹
応急処置 登山
覚えておきたい!登山で遭遇する”有毒危険生物”に攻撃された時の「応急処置の初期対応」
山にはさまざまな危険生物が住んでいます。登山中に不意に襲われてしまった際、驚きや痛さでパニックになるのは避けたいですね。山でできる応急処置を知ることは、大切な命を守ることにも繋がります。今回は危険生物を系統別に分…
emi
リーダー不在の「グループ登山」はNG? 安全に登山をするための方法を考えてみた
複数のメンバーで山に行く場合、「リーダーが必要」というのはよく言われることです。とはいえ、友達同士で、あるいは最近ではSNSで知り合った登山者同士で山に行ったりすることも多いと思います。そのようなときに、どんなこ…
田村茂樹
近藤さん 写真
山での不安がなくなる!?プロに聞いたリスク管理に紐づくある体力の鍛え方とは
山ではリスク管理が重要!ってよく耳にしますよね。安全に配慮しているつもりだったけど、完璧にできているかと聞かれたら自信がない...。そんな不安を持っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、なんと日本山岳…
YAMA HACK編集部 宮下
vクマ先輩とオレ テント泊のマナー編
〜テント泊のマナー編〜マンガ『クマ先輩とオレ』
満点の星空を見るなど、テントを張って過ごす山の夜は格別。多くの人がテント泊を楽しんでいますが、人気のエリアになるとテントサイトは混雑することもしばしば。そんな時は周りの登山者への配慮も大切です。今回は後輩と一緒に…
マイマイ
ガイドと一緒に憧れの山へ!
山の「ガイド」は頼れる存在?難易度にあったガイド選びを教えます!
山のガイドは誰に頼んでも同じだと思っていませんか?実はさまざまなガイド認定制度が存在し、その資格によってガイドできる山や活動範囲が変わるのです。今回は日本山岳ガイド協会のガイド資格の種類を紹介。資格ごとに必要なス…
鷲尾 太輔
ウェアの色編クマ先輩とオレ
〜ウェアの色編〜マンガ『クマ先輩とオレ』
最近では、自分のお気に入りのデザインのウェアを着て登山をすることも、ひとつの山の楽しみ方になってきています。でも、本当に「自分の好み」だけで選んで良いのでしょうか?今回はそんな登山ウェアの色の選び方に関する話です…
マイマイ
自分のペースで歩いてる?「みんなに追い付かないと!」その頑張り過ぎに注意
仲間とワイワイ、グループ登山は楽しいですね。でもちょっと待って、本当に全員楽しく歩いてますか?周りのみんなに必死で追いつこうと必死で登っている人いませんか?「遅れると迷惑を掛けるから・・」「休みたいなんて悪く言え…
黒田猫太郎
〜遭難解説編〜マンガ『クマ先輩とオレ』
前回、ちょっとした油断から危うく遭難しかけてしまったペンギン。帰り道でクマ先輩に「道に迷った時はどうすればよいのか」を改めて教えてもらいました。…
マイマイ
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」