真田さん
《実録》遭難の原因になったのは意外にも【前向きな気持ち】だった・・・。
2018年12月、南アルプスの間ノ岳で脱水状態になり救助された真田さん(仮名)。「優先すべきものは命」と常に考え、普段から遭難リスクへの対策を行なっています。ではなぜ、そんな真田さんが判断を誤ってしまったのでしょ…
YAMA HACK編集部 大迫
ココヘリ×フォルクスワーゲン
【7月だけ入会金¥0】ココヘリ×フォルクスワーゲンの取り組みがオトクすぎる!
もし遭難した時に早く、確実に自分の居場所を見つけてくれる「ココヘリ」。もはや登山者であれば必ず入っておきたい会員制遭難捜索サービスです。そんなココヘリが7月限定でフォルクスワーゲンとコラボレーション!なんと全員入…
青柳 喬
御嶽山の様子
《あの噴火から5年》とうとう規制解除される”御嶽山”山頂への道
2014年9月に御嶽山が突如噴火。この噴火は死者58名、行方不明者5名を出した山岳史上に残る大惨事となりました。しかし多くの関係者の復興への努力のすえ、今年(2019年)は7月1日~10月16日の間、山頂への立ち…
高橋庄太郎
jRO若村さん取材
遭難捜索を支える男が語る。ーー「行方不明者が家族に与える負担」とは?
警察庁発表の統計によれば、平成29年度の遭難発生件数は2,583件、遭難者数は3,111人。その中の約1.3%にあたる39人が、行方不明遭難です。今回取材したjRO(日本山岳救助機構合同会社)の若村さんは、数ある…
YAMA HACK編集部 大迫
保険
ヤッター!ゴールデンウィークは登山だ!もちろん保険の準備もOKだよね?
待ちに待ったGW。これだけ休みがあれば、他に用事があっても登山の時間を確保できそうですね。ギアやウェアの準備もOK!でも、ちょっと待ってください。保険の準備は大丈夫?ゴールデンウィークは遭難の件数も多く、その捜索…
YAMA HACK編集部 大迫
ドローン取材
テクノロジーが登山を変える!?遭難捜索×ドローンの可能性から目が離せない!
スマホや登山用GPSアプリ、ココヘリなど、山でもさまざまなテクノロジーを見かけるようになってました。その中の1つであるドローン。ダイナミックな写真や映像が撮影できるので、山でも使用している人を見かけます。そんなド…
YAMA HACK編集部 大迫
三輪浦さん
〈那須雪崩事故から2年〉生き残ったからこそ伝えたい”登山の鉄則”とは?
2017年3月27日。栃木県の那須岳で起きた雪崩事故。今回、雪崩事故に巻き込まれながらも救助された、元大田原高校山岳部の三輪浦 淳和さんにお話を伺いました。一時期は部活での登山が怖かったと話す三輪浦さんですが、「…
YAMA HACK編集部 大迫
遭難
なぜ山で遭難してしまうのか。経験者に聞いた実録から見えてきた「登山者が備えておくべき」対策って?
なかなか減らない登山での道迷い遭難。初心者から上級者まで、レベルや登る山に関係なく、少しの油断で道迷いになってしまいます。今回は、2018年8月に山形県の朝日連峰で遭難され救助された方と、救助にあたった山形県警に…
YAMA HACK編集部 大迫
霧の深い旭岳
遭難事故の多い旭岳。なぜ?どこで?実際の事故原因から学ぶ対策方法
北海道最高峰の旭岳。日本百名山にも名を連ねる大雪山の中の一座です。麓から1,600m付近までロープウェイが完備されており、観光客も多い旭岳ですが、実は遭難による死亡者も出ている山。「自分は大丈夫!」その考えが北海…
高橋 典子
中村富士美さん
捜索隊員が語る現場のリアルーー「遭難者と同じくらい大切にしたいこと」とは?
登山者が増えるシーズンはニュースでも「遭難」について多く取上げられます。残念ながらすべての登山者には、遭難のリスクがついてきます。さらに遭難事故の周りには、それによって苦しめられている遭難者の家族の姿もあるようで…
YAMA HACK編集部 大迫
【発見率100%】素早く・正確に遭難者を見つける「ココヘリ」とは?
もし登山中に遭難してしまったとき、山岳保険と登山計画書さえ出していれば大丈夫と思っていませんか?じつはこの2つだけでは、あなたを確実に見つけてくれる保証はありません。さらにもう一つ、すべての登山者に知ってほしい、…
YAMA HACK編集部
ゴールデンウィークに登山する人
【他人ごとじゃない】実は遭難が多い!GWに実際に起きた悲しい事故
いよいよ待ちに待った大型連休!ゴールデンウィークは、普段行けない遠出の登山を計画する人が多い時期です。でも、そこに落とし穴があります。なかなか訪れることのできない山だからこそ、登山を強行してしまい、結果事故につな…
kei noda
烏帽子岳の岩場
「っぶねぇーーー!」登山中に思わずヒヤッとしたリアル体験談
登山中に、思わず「ヒヤっとした~!」なんてこと、ありませんか? 道迷い、体調の変化、装備不足・・・登山は楽しいですが、同時にあらゆるリスクも付き物。今回はYAMA HACK読者アンケートの中から、みなさんの「ヒヤ…
YAMA HACK編集部
登山保険
登山保険の比較12選!種類を知って自分に合ったものを選ぼう
登山保険のおすすめをご紹介!YAMAPやモンベルなど、掛け捨てなどの日帰り用から年間契約のものまで比較してまとめました。ネットで契約できる気軽なものもあるので、単発で山へ行くときも必ず加入しましょう。いざという時…
emi
モンベルの保険を紹介
登山者が選ぶべき《モンベルの保険》はコレ!4タイプを徹底比較
モンベルの保険は全部で4種類あります。掛け捨てできる単発の保険と、長期間補償が続くタイプの保険。それぞれの特徴と選び方、補償内容などをご紹介します。携行品や遭難捜索についても手厚く補償してくれるモンベルの保険、登…
satomi
丹沢 遭難
【実話】丹沢で遭難死した祖母ー「ヤマレコ 」アプリで簡単に出来る道迷い対策とはー
遭難原因1位は、道迷い。登山計画書の提出と山岳保険の加入もまだ十分ではありません。山を愛するすべての人に考えてほしい’’安全登山’’。今回は、丹沢で実際に起きた遭難事故の実録と共に、ヤマレコの安全登山機能を3つの…
YAMA HACK編集部
遭難者を救助する山岳救助隊
【実話】遭難で “200万円”以上 も失った。ウェブで解決する、山岳保険と登山学習とは
増え続ける遭難事故。そして一向に加入者の増えない山岳保険。安全登山のシリーズ最終回は、丹沢で起きた遭難事故の実録と共に、ヤマレコの提案する「登山学習・計画書・山岳保険」まで一元管理が出来るチーム安全登山をご紹介し…
YAMA HACK編集部
山岳救助訓練の画像
【実話】遺体発見まで2週間。WEBですぐに出来る “3つの登山計画機能” とは
登山計画書の提出率は半数にも満たない。山岳保険の加入もまだ十分ではありません。山を愛するすべての人に考えてほしい’’安全登山’’。今回は、丹沢で実際に起きた遭難事故の実録と共に、ヤマレコの安全登山機能を3つのシリ…
YAMA HACK編集部
遭難救助のヘリ
山岳保険おすすめ12選!登山者が選ぶべき《単発契約と年間契約》タイプはこれだ
山岳保険の加入は、登山者、ハイカーのマナーです。もし遭難した場合、捜索費用は莫大になることがあります。そんなもしもの時のために、山岳保険は頼りになります。ここではおすすめの山岳保険と選ぶポイントをご紹介します。…
YAMA HACK編集部
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」