山岳テント66件

お値段にビックリ!? フランス生まれのテントメーカー<SAMAYA>。 その代表モデルの実力とは?
フランスの気鋭ブランド<SAMAYA>から登場したシングルウォールテント。フランスらしい上品なデザインながら、“超”がつく高価格モデルとしても話題です。シングルウォールにつきものの結露問題や通気性、細かなギミック…
高橋庄太郎
シートゥサミット初のドーム型テント「アルトTR1」「テロスTR2」!実際に設営してみてわかったこと
1990年、オーストラリアのパースで創業した『シートゥサミット』。スリーピングバッグやマットをはじめ、アウトドア用の便利グッズを多く手掛け、日本でも昨今、人気上昇中のブランド。そして今年2021年、ブランド初のド…
ポンチョ
赤×グレーがテン場で映える!耐風性抜群の<MSR>ハバハバ NXを徹底リサーチ
ツートンカラー×スタイリッシュなフォルムが、山岳のキャンプ場で目を惹くMSRのテント。その中でも「ハバハバNX」は、軽量で快適、風にも強い非常によく考えられたテントです。そのカッコいいだけじゃない実力を、実際に設…
黒田猫太郎
設営がメチャメチャ簡単!結露に強い超軽量テント<ZEROGRAM>エルチャルテン プロ 2P
<ZEROGRAM(ゼログラム)>の中でも人気のテント「El chalten(エルチャルテン )」シリーズ。超軽量&快適な居住性、結露への強さが好評ですが、何より設営がスピーディーで構造もユニーク。今回は2人用モ…
黒田猫太郎
タニ
ダブルウォールで約1kg!抜群の軽さと通気性が魅力の”日本向け”山岳テント「ニーモ タニ」
すっかり日本でもキャンプ用品ブランドとして定着した感がある<ニーモ(NEMO)>。そのニーモのテントの中でも、日本の山岳シーンのためにデザインされたフラッグシップモデルが<タニ(TANI)>です。軽量でコンパクト…
黒田猫太郎
ノース アイキャッチテント
ザ・ノース・フェイスの登山テントならコレ!軽いのに強い、山での使用にぴったりな4シリーズ
ザ・ノース・フェイスの1~3人向け山岳テントをご紹介。これまで王道ブランドのテントを使っていたけれど、そろそろ新しいモデルにチェンジしたいな…という人は必見です!ベースキャンプから、高山でのテント泊、海外遠征など…
kimi
テント1人用
1人用登山テントならコレ!初めてでも安心の《強くて軽い》モデル10選
今年こそ、テント泊登山に挑戦したい!ただ、1人用のテントといってもキャンプ用や山用、雪山用などさまざまなスペックのものがあり、どれを選べばいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、山での使用を…
ane46
ニーモ テント
ガシガシ使える個性派!ニーモ「クナイ」は広々テントで快適に過ごしたいユーザーにイチ押しの一品
近年、山でも見かけることの多くなったアメリカのアウトドアブランド<ニーモ>のテント。今回登場するのはそんなニーモのコアユーザー向けモデル「クナイ」です。スタイリッシュなシルエットながらも、どこか無骨な印象のある山…
橋爪 勇志
マウンテンショット1を本気レビュー!ソロ泊にぴったりの快適すぎる空間と設営法に驚き
昨年のリリースから高評価を得ている<ザ・ノース・フェイス>の「マウンテンショット」。日本企画の山岳用テントということですが、巷の口コミは本当なのか。気になる実力を実際のフィールドで確かめてきました!…
吉澤英晃
モンベル「ルナドーム」が半端ないっ!超快適な居住性+ガッツリ使い込める山岳テントに注目
<モンベル>のテントといえば、人気の「ステラリッジ」をイメージする人が多いかと思います。しかし、快適性を重視するテント泊ユーザーに激推ししたいのが、同メーカーの山岳用テント「ルナドーム」です!その居住性の高さはま…
橋爪 勇志
ハピテント
担いで軽い、見て美しい、寝て広々! ULハイカー憧れのローカスギア「ハピ」をレビュー
ULハイカー憧れの国産メーカー<ローカスギア>から発売されている、軽く、デザイン性に定評がある「ハピ」。軽量性だけではなく耐久性・フォルムの美しさ・居住面積の広さを兼ね備えた良いことづくめのシェルターです。そんな…
hayashiyuki
どう使えばおもしろい!? 「新しい山道具」として開発した “俺の”1ポールテント
山岳ライターとして活躍中の高橋庄太郎がプロデュースしたテント「YARI 3×3」。広く快適なテント内の空間の使い方、風をコントロールするスカート、革新的な開閉システムなど、誰よりもこのテントを知りつくしている開発…
高橋庄太郎
モビガーデンLIGHT WINGS DAC UL1
春までしか手に入らない、ラクラク設営が自慢の<MOBI GARDEN>新作テントをレビュー!
2020年9月25日に発売されたばかりの<MOBI GARDEN(モビ ガーデン)>の自立型ダブルウォールテント『LIGHT WINGS DAC UL1』。DAC社製のポールをテント外側に配し、レインフライとイン…
ポンチョ
発売から4年経っても色褪せない『ソーラーフォトン2』。たった”849g”のダブルウォールテントの実力とは?
2017年に発売された、英国軽量テントブランド『テラノヴァ』の『ソーラーフォトン2』。2人用、半自立型、ダブルウォール、メッシュパネル最小で、最大重量849g、定価¥57,000。このスペックに迫る他ブランドのテ…
ポンチョ
ビッグアグネステント比較レビュー(フライクリークHV UL2 EX|タイガーウォール UL2 EX|コッパースプール HV UL2)
登山で使うならどれがいい? <ビッグアグネス>の軽量テント3モデルをレビュー
北米発のアウトドアブランド<BIG AGNES(ビッグアグネス)>のテントは、軽量性と居住性を両立し、キャンプやツーリングを楽しむ人をはじめ登山者にも高評価。今回は定番人気の「フライクリーク」「タイガーウォール」…
黒田猫太郎
「安い=それなり」を覆す! 北アルプスで実感、驚きの高コスパテント<MOBI GARDEN(モビガーデン)>
真っ赤に染まる夕景に満天の星空。そして朝日を迎えれば、染まる世界に感じる命の躍動感。そう、山泊にはロマンがあります!小屋泊も良いけど、やっぱり憧れる自由気ままなテント泊。でも、山岳テントってとっても高価。かと言っ…
三宅 雅也
今だから言える「新しい山道具」の開発秘話! “俺の”1ポールテントが店に並ぶまで・・・
毎年発表される「新しい山道具」。しかし、それらはいったいどうやって開発されているのでしょうか? ひょっとして、発売までには失敗も? 四季を通して山へ向かい、山道具に関する記事執筆も多い山岳/アウトドアライター…
高橋庄太郎
これは新しい!!テントとツェルトが融合したファイントラック「カミナモノポール」の実力を試してみた
2020年春、国産メーカー<ファイントラック>から、全く新しい山岳テントが登場!それが非自立式のシングルウォールテント「カミナモノポール」です。不思議な形状が特徴のこのテント、一体どんな機能を秘めているのでしょう…
橋爪 勇志
ニーモ アトム
初テントにおすすめのバランス力!ニーモの「アトム(ATOM)」は簡単快適
最近、少しずつ目にすることが多くなってきたニーモのテント。その中でも初心者向けなのがアトムです。一体どんなところが初心者向けなのか?そのポイントを解説しながら、実際に設営撤収してみた筆者の体験談や感想もご紹介しま…
黒田猫太郎
マウンテンハードウェア
使用実感をガチでレポート! マウンテンハードウェアの「アスペクト2テント」
高機能ウェアメーカー<マウンテンハードウェア>が登山用テントをリリースしていることをご存知ですか? フィールドで見かける機会が少く、ネット上でも詳しい情報がヒットしないので、少々謎に包まれた存在です。果たして実用…
吉澤英晃
登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」